スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

再会、そして別れ・・・最終日

2009/05/07(Thu)


IMG_0273.jpg
ご馳走がい~っぱい♪

午前6時過ぎに携帯のアラームで目が覚める・・・最終日も雨かぁ。

最終日ぐらいは止んで欲しかったなぁと、ちょっとだけ意気消沈しながらも温泉がある10階に向かい、
朝風呂に入ると気持ちもリフレッシュし、雨の日もまた楽しいと開き直りました・・・単純なんです(笑)

その後、1階のレストランで朝食タイム・・・バイキングなので、食って食って食いまくるぞぉー!!

目移りしながら、あれもこれもと取りまくっては食べ、置いてあったオレンジジュースと野菜ジュースは飲み干し、最後にモーニングコーヒーをいただいて、大満足の朝食タイムとなりました・・・ご馳走様でした、とっても美味しかったです♪

IMG_0277.jpg
いただきま~す

さぁ~て、これから何しようかな・・・

甲府駅発の15時46分の電車で帰るので、時間はタップリあります。

外は雨なので、チェックアウトの時刻(10時)まで、部屋でダラダラと過ごす事にしました。

その後、チェックアウトを済ませ、てくてく歩いて甲府駅に戻りました。


信玄公をバックに・・・

この辺りも今回で3回目なので、どこに何があるかはだいたい把握しているので過ごしやすいです。

先ずは本屋さんで山と渓谷をゲットし、
次はスタバでコーヒータイムを楽しみ、マッタリとした時間を楽しみました♪

IMG_0281.jpg
コーヒーの香りに包まれながら・・・

そして、時刻もお昼頃になったので、前回の遠征時に「また来ます」と
約束した甲府駅前のほうとう料理のお店「小作」の女将さんに会いに行く事にしました。

「あの凍傷の・・・」で覚えていてくれているかなぁ・・・

IMG_0282.jpg
今回で3回目

ドキドキしながら店内に入ると相変わらずの盛況ぶり、忘れられていたら恥ずかしいので、空いている席を見つけて、ササッと座りましたが、すぐに女将さんが「指どうなった?」と声を掛けて下さり、「切りました」と両手を見せると、店内に居たほとんどのお客さんの目が点になっているのが分かりました(笑)

僕が来た事をとても喜んで下さり、その事に感動した僕の涙腺もウルウル(涙)1,000km以上も離れたこの地で、こんなにも心配し、再会を喜んで下さる人が居てくれるなんて、とっても有り難い事ですぅ・・・旅人として、こんなに嬉しい事はありません♪

「ゆっくりしていってね」と言われ、二階へと上がって行かれました・・・また会いに来ます♪

さて、今回は何を食べようかな?

「う~ん、悩むなぁー」よし、今回はシンプルにきのこほうとう(1,500円)に決定し、10分ほどで登場!早速、先ずはパクッとひとくち・・・やっぱり、味噌がサイコーだなぁ、おまけにきのこの旨み成分もトッピングされ、更に深みのある味わいに仕上がっていて、と~っても美味しかったです♪

IMG_0287.jpg
きのこほうとう

IMG_0294.jpg
抹茶アイス(300円)

そんなこんなで、甲府でのと~っても嬉しく、美味しい時間を過ごした後、15時46分発、静岡行きの
特急ワイドビューふじかわ10号に乗り込みました…さらば甲府、さらば富士よ、また逢う日まで(涙)

IMG_0295.jpg
駅のホームにて

IMG_0296.jpg
特急ワイドビューふじかわ10号

車窓から見える秀麗な富士の山容に名残を惜しみながら、ガタンゴトンとゆらり揺られて、17時58分、静岡駅に到着。ここから18時12分発の新幹線ひかり481号に乗り込み、19時10分、名古屋駅に到着。ここから19時15分発の新幹線のぞみ51号に乗り換え、車内でコーヒーとポッキーのコラボを楽しみながら、九州の地へと戻って行きました。

IMG_0301.jpg
新幹線ひかり481号

終点の博多駅には22時44分に到着し、ここからは22時52分発の特急有明に乗り込み、
日付が変わる頃、無事に家路に着く事ができ、今回の山旅の幕を閉じました・・・疲れたぁ~♪


今回の遠征で辿ったルート
         
スポンサーサイト

山梨県側に下山・・・4日目

2009/05/06(Wed)


IMG_0214.jpg
埋もれています

午前5時過ぎ、テントを叩く雪の音で目が覚める・・・。

先ずはテントに降り積もっている雪を中からトントンと叩いて落下させましたが、
入口の半分近くは雪に埋もれてしまって、ビクともしません・・・これだから湿雪が降る時は厄介です。

とりあえず、中から押しやれば脱出できるだろうと思い、今朝も食欲が湧かないのですが、何か食べないと元気が出ないので、生姜入りの豚汁をいただきました。ストームクッカーで雪を溶かしてお湯を作り、山専ボトルにほうじ茶を入れ、着替え等も済ませ、防寒対策も万全にしてから、テント内からの脱出を試みる事にしましたが、入口付近に降り積もっている雪を何度か押してみても、なかなか動きません。 次に少し空いた隙間から穴を掘り、何とかフライシートのジッパーを確保する事ができ、無事に脱出する事ができました・・・朝から重労働でした(苦笑)

IMG_0210.jpg
生姜入りの豚汁

さて、外に出ると本日も相変わらずの吹雪で、昨日歩いてきたトレースも消え、踏み跡1つありません。あまり楽しくもないので、早く下山しようと思い、テントに降り積もっている雪を除去し、無事に撤収作業を終えると、8時20分に下山開始(-4℃)GPSと勘を頼りにしながら慎重に下り、標高2,600m付近まで来ると、雪から氷雨に変わり、氷つぶてを真正面から浴びると、とても切ない気分になるほど痛いです(苦笑)おまけにグローブ&登山靴の内部も完全に濡れてしまいました。それでも我慢して歩いて、10時14分、吉田小屋との分岐地点(標高2,444m)に到着(-3℃)ここまで来れば、ゴールももうすぐなので、慌てず騒がず、ゆっくりと休憩してから出発。

IMG_0217.jpg
真っ白

IMG_0222.jpg
七合目の公衆トイレ(標高2,650m)

IMG_0224.jpg
樹林現る(標高2,450m)

IMG_0226.jpg
往路を振り返る

IMG_0230.jpg
吉田小屋との分岐地点

この頃になると、氷雨から雨に変わり、雪に埋もれた林道をてくてく歩き、11時16分、悪天候にも関わらず、観光客で賑わう富士山河口湖口の五合目(標高2,307m)に下山する事ができました(-3℃)

IMG_0231.jpg
雪に埋もれるトンネル

IMG_0232.jpg
あと少し・・・

早速、記念撮影を済ませ、雨を避けられる場所を探していたら、県営五合目総合管理センターにある休憩舎を発見したので、こちらで荷物の整理等をさせていただく事にしました。せっせと作業をしていると、職員の方が「山から下りて来たの?」とか「どこでビバークしたの?」とか聞かれたので質問に答え、作業を再開していたら、先ほどの職員の方が再来され、「これ食べたら少しは温まるから」とお菓子をいただき、「ストーブ入って暖かいから中で休憩すると良いよ」とか優しい言葉を掛けていただきました・・・ありがとうございます♪せっかくなので、作業が終了すると、お言葉に甘えさせていただき、極楽浄土のような暖かい室内で、先ほどいただいたお菓子に下鼓を打ちながら美味しい時間を過ごす事ができました。

_MG_3026.jpg
やっと着いたぁ~♪

IMG_0236.jpg
標高2,300m付近だとは思えないほど賑わっていました

IMG_0239.jpg
小御岳神社

IMG_0237.jpg
なぜか、梅宮辰夫が・・・(笑)

2009050601.jpg
人の優しさでポッカポカですぅ♪

その後、下山後の祝杯は早い方が良いと都合の良い理由を考えて、富士急雲上閣にて、無事に下山できた事をお祝いして、チャーハンをつまみに、瓶ビールで乾杯~♪そんなこんなで、バスの発車時刻まで楽しい時間を過ごしました。

IMG_0240.jpg
ささやかな祝杯♪

そして、13時40分発の河口湖行きのバスに乗り込み、ゆらり揺られて、14時28分、河口湖駅に到着。 ここから14時46分発の富士急行上りの電車に乗り込み、事前に予約をしていた今宵の宿である「天然温泉 甲斐路(かいじ)の湯 ドーミーイン甲府」を目指しました・・・温泉♪温泉♪

IMG_0241.jpg
いざ、甲府へ・・・

途中、大月駅で乗り換え、ガタンゴトンと揺られて、16時44分、甲府駅に到着。ここから宿までは歩いて15分ほど掛かるので、雨も降っているし、都会のジャングルは道に迷いやすいので、今日は楽をしてタクシーに乗り込み、7~8分ほどでドーミーイン甲府に到着。

IMG_0242.jpg
ドーミーイン甲府

フロントで宿泊手続き(朝食付き:5,400円)を済ませて部屋に移動すると、消臭スプレーも設置してあり、かゆいところに手が届く、とても良い宿である事を確信しました♪早速、湿っているシュラフ等を広げ、シュッシュッと消臭スプレーをかけてから、10階にある大浴場に向かいました。泉質は低張性弱アルカリ性高温泉、ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉で、天然温泉大浴場、サウナ、露天風呂、水風呂があり、とってもキレイで、日頃は長風呂が苦手なのですが、マッタリとした時間を過ごす事ができました♪

_MG_3035.jpg
和室

_MG_3038.jpg
乾燥中

_MG_3040.jpg
温泉♪

その後、フロントでクロネコヤマトのボックス(220円)を購入し、装備の一部を送るように手配を済ませて、いざ、夜の街へ・・・。フロントでいただいたお散歩マップを頼りにぶらぶら散策して目に飛び込んできたのが、「新しいタイプの居酒屋 笑笑(わらわら)」の看板でした。お腹もペコペコだし、ここに決~めたぁ♪早速、カウンターに座り、先ずは生ビールをご注文して、「お疲れ様~」と笑顔で乾~杯・・・くぅ~、五臓六腑に染み渡るぅ♪メニューを見ながら、あれもこれもと頼んで、ガツガツ食べた後、最後は抹茶パフェで締めました・・・これだけは譲れない(笑)

IMG_0267.jpg
夜の街へ・・・

IMG_0265.jpg
ここに決~めた♪

IMG_0250.jpg
先ずは生ビールで乾杯♪

IMG_0248.jpg
笑笑サラダ

IMG_0252.jpg
串焼盛合せ

IMG_0251.jpg
チーズ串

IMG_0255.jpg
海老フリット

IMG_0256.jpg
串カツ盛合せ

IMG_0260.jpg
やっぱり、お茶漬け♪

2009050602.jpg
頑張った自分へのご褒美♪♪

2009050603.jpg
僕も好き♪

帰りは、たっくさんの鯉のぼりが垂れ下がり、なぜか加山雄三の「海・その愛」が流れるアーケード街を「海よ~♪俺の海よ~♪」と上機嫌で口ずさみながら、ほろ酔い気分で歩いて、途中、ファミリーマートに寄り道をしてからホテルへと帰りました。

IMG_0268.jpg

部屋に帰り、テレビを付けると、「大魔神」の映画をやっていたので、スイカバーをお供にドキドキしながら見入りました(笑)その後、10階にある大浴場(15時から翌朝の10時まで入浴可)に入浴してから就寝しました・・・最終日に続く。

IMG_0271.jpg
お気に入り♪
         

剣ヶ峰を目指して・・・3日目

2009/05/05(Tue)


_MG_2968.jpg
富士市内の夜景

午前2時46分、何度目かの携帯のアラームで目が覚める・・・眠たいなぁー(テント内の気温-5℃)

外は小雨が降っているようで、テントを撫でるように落ちる雨音を聴きながら、しばらくの間、ボ~と過ごした後、外の様子を伺おうと入り口を開けると、小雨が降っているにも関わらず、富士市内の夜景を望む事ができたので、パシャリと撮影タイム♪その後、テント内に戻り、携帯で天気予報をチェック・・・やっぱり、下界は今日明日共に雨で、山頂部は雪マークが付いていました。上は吹雪だな・・・そう確信し、アルファ米にお湯を注いで戻るまでの間、オリジナルチャイでホットなひとときを過ごしました。10分ほどで戻ると、これにクリームシチューをトッピングしていただきました・・・僕はコーンシチューの方が好きかな。

その後、後片付け等々を済ませ、凍傷を負った箇所の冷え性対策の為、両手足に足用カイロを貼り付け、お医者さんに1日6錠までと言われた血管拡張剤を2錠服用し、防寒対策は万全にして、いざテント外へ・・・。テントを手早く撤収し、6時10分、富士山の最高所である剣ヶ峰(標高3,776m)を目指して新六合目(標高2,500m)を出発(-3℃)

_MG_2976.jpg
宝永山も雪化粧
 
運が良い事に先ほどまで降り続いていた雨は止み、ちょっと安心しながらも、また今すぐにでも降ってきそうな雰囲気だったので、この隙に少しでも上に進んで行こうと思い、少しペースを上げて先を急ぎました。無雪期時はジグザグに登る登山道も積雪期はトレースが真っ直ぐ上に続いているので、かなりキツいのですが、その代わり、短距離で標高を稼ぐ事ができるのは嬉しいです。それに適度にクラストした雪面はアイゼンがよく効いて登りやすく、ハァハァと息を切らせながらも順調に標高を稼いで、8時59分、標高3,058m付近に到着(-4℃)この頃になると雪が降り始め、残っているトレースが消える可能性がありましたが、基本的に真っ直ぐ登ると良いので、気合いを入れ直してから出発しました。

_MG_2978.jpg
久しぶりの雪♪

_MG_2984.jpg
標高3,058m付近から往路を見下ろす

ですが、すぐに吹雪となり、強風と降雪に耐えながらの登りはキツく、100m上がってはひと休みを繰り返しながらも黙々と登り続け、14時15分、やっと、富士宮口登山口の山頂である浅間大社奥宮(標高3,720m)に到着(-7℃)今日の雪は湿っているので、カラダやザックに付着すると、そのまま凍りつくので非常に厄介です・・・雪男の誕生です(苦笑)グローブや登山靴も内部まで濡れ始めましたが、今回はウールのグローブを中間に装着しているので、あまり冷たく感じません・・・さすがは天然素材です♪足の方はジンジン痛むのですが、まだ我慢できるので、とりあえずは大丈夫そうです。

_MG_2992.jpg
雪に埋もれる九合目の鳥居

氷化した標高3,670m付近

_MG_2995.jpg
宮口登山口最高所へ・・・

_MG_2996.jpg
雪に埋もれた浅間大社奥宮

_MG_2997.jpg
お店も雪の中


さすがは大荒れの時の標高3,700mオーバー、厳冬期を彷彿とさせるようなメガトン級の烈風が吹き荒れていました・・・スッ、スゴイ。おまけにホワイトアウト状態で数十㎝先も見えず 、もちろんトレースや目印も無いのか消えてしまったのか、全く見当たりません。仕方がないので、GPSに夏道をルートナビさせながら慎重に進む事にしました・・・が、目の前の雪壁に気付かずにぶつかって雪まみれに(苦笑)

その後もあちらこちらを動き回って、ようやく富士山の最高所へと続く斜面を発見!


_MG_3000.jpg

この斜面を登り切れば、ついに、ついに・・・。強風に耐えながら、1歩、1歩、ゆっくり、ゆっくりと歩き、少しずつ山頂が近づいて来ると、再び雪峰のピークに立つ事ができる喜びで目頭が熱くなり始め、それでも最後まで気を抜かずに斜面を登り切って、15時24分、日本最高所の剣ヶ峰(標高3,776m)に登頂&日本一の標高差を制覇する事ができましたが、気温-10℃の中、お祝いに猛吹雪の歓迎を受け、立っているのもツラいのですが、それでも、スッゴく嬉しいです♪♪

_MG_3001.jpg
富士山測候所


日本一高~い鯉のぼ~り♪

あの手この手を使い、何とか無事に記念撮影を終える事ができました。さて、本来ならば、強風時のお鉢巡りは避けるべきなのですが、山梨県側の吉田口へと下山するには必ず通らなければならないので、GPSに夏道をルートナビさせながら、慎重に進む事にして、15時50分、剣ヶ峰に別れを告げました・・・さらば、また逢う日まで♪

_MG_3011.jpg
ヤッター♪♪

さぁー、これからが大変、視界ゼロに等しいホワイトアウトの中、強風に耐えながら、ルートを探して進まなければいけません。突風には細心の注意を払いながら尾根を歩き、しばらく進むと、目の前に立ちはだかるはまさに風の壁・・・さすがに突破する事は無謀と判断し、斜面に沿いながらトラバースし、膝上までのラッセルに励んで、17時13分、吉田口の下降地点である浅間大社奥宮久須志神社(標高3,720m)に到着。確実に現在地が分かる場所に辿り着く事ができて、ホッとする事ができましたが、今宵の宿泊地である吉田小屋(標高2,300m)まで、まだ標高差1,420mあるので、休憩はお預けで、急いで下り始めました・・・凍りついたザックが重い(苦笑)

_MG_3012.jpg
烈風吹き荒れるお鉢巡りコース

_MG_3016.jpg
浅間大社奥宮久須志神社

_MG_3018.jpg
下山ルート

_MG_3019.jpg
最高所の狛犬は大変です

これからは下るだけなので、タタッと行けそうなのですが、今日は朝食後、塩熱飴Sportsを5~6個とこんぺいとうを数個しか口に入れていなかったので、シャリバテで足に力が入らず、何度も転倒しながらジグザグ道を真っ直ぐ下り、標高3,400m付近まで下って来ると周囲も暗くなり始め、そろそろヘッドランプを用意しておいた方が良いかなと思ったのですが、少しでも早く標高を下げたかったので、真っ直ぐ、真っ直ぐに下って、標高3,300m付近で、「あっ、しまった」とルートを間違えた事に気付きました。真っ直ぐと思い込んでいたのですが、先ほどの標高3,400m付近から左に曲がらないといけなかったんです・・・間違ってから「そうだったんだよね~」と思い出しましたが、後の祭り(苦笑)でも、間違えたと言えども、無雪期時の下山専用の登山道なので、このまま下っても大丈夫だと判断し、緊急避難所の石室もあったと思うので、今宵はその辺りでビバークする事にして、血管拡張剤を2錠服用し、ホワイトアウト&ブラックアウトの最悪のコンディションの中、18時35分、ヘッドランプの灯りとGPSを頼りに出発。ですが、右に行ったら良いのか、左に行ったら良いのかが全く分からず、とりあえず、GPSのルートではジグザグになっていたので、真っ直ぐ下っていたらそのうち合流するだろう・・・と思って下っていたのですが、全然合流する気配はなく、GPSを見ると、むしろ遠ざかっているような気がしました。これではダメだと立ち止まり、今まで歩き回って得た情報を基に平面な地図を頭の中で立体化し、この付近の地形などを予想して、だいたいのルートを把握してから再出発。

_MG_3022.jpg
標高3,464m付近にある山小屋

_MG_3023.jpg
夕闇が迫る標高3,400m付近

その予想は見事に当たり、夏道に近づき始めたので安心しましたが、傾斜80度ぐらいの軟雪の斜面をトラバースしていた時、突然、足元が崩れて滑落し、漆黒の闇が続く奈落の底へ・・・。すぐにピッケルを何度も打ち付けて止めようとするのですが、雪が柔らかくて思うように止まりません。そのうち、スピードも加速し始め、これはさすがにヤバイと思い、今度はシャフトを雪面に突き刺し、1度では無理、2度目でも無理、他に手が無いので諦めずに3度目で、スローモーションのように速度が低下し、停止させる事に成功しました・・・ホッ。数十mは滑落したと思いますが、GPSで現在地を確認すると、このままトラバースして行くと夏道に合流できそうだったので、気を取り直して先を急ぎました。何も見えないおかげで、次の1歩も崩れ去るかもしれないという恐怖もなく、石橋を何度も叩きながら渡るような気持ちで軟雪の斜面のトラバースを続けていると、再び足元が崩れて滑落・・・。今度は加速し始めるのが早かったのですが、先ほどと同様にシャフトを雪面に突き刺し、10mほど滑った付近で停止させる事に成功しました・・・(汗)

その後も細心の注意を払いながらトラバースを続け、20時1分、無事に登山道と合流する事ができ、辛うじて残っている夏道の痕跡を見失わないように下って、20時12分、緊急避難所の石室に到着(標高2,914m)もちろん、石室は雪に埋もれて使用不可なので、どうせ誰も来る事はないだろうと思い、登山道にテントを設営する事にしました。ピッケルをスコップ代わりにパパッと整地を済ませ、強風に邪魔されながらもスノーアンカーの手助けで、テントの設営も無事に完了。

凍り付いたままのザックをテント内に入れた後、飲料用の雪をビニール袋に詰め込んでから、自分も登山靴を履いたままでテント内に逃げ込みました。すぐにザックからストームクッカーを取り出して、雪を溶かしながら温まりました・・・ふぅ~、疲れたー。

しばらくの間、ボ~と休憩してからマットを敷いて登山靴を脱ぎ、ダウンベスト&パンツに着替え、やっとひと息つく事ができ、夕食タイム・・・残っているキャベツ、ニンジン、ベーコンで今宵はラーメンを作りましたが、1/3ほど食べたところで、疲労が原因なのか、胃が受け付けずに戻しそうになったので、これ以上は食べないようにしました。ですが、何か食べないと元気も出ないので、食後のデザートに白桃を食べてから夕食タイムを終了しました。

その後、登頂のお祝いにオリジナル焼酎のお湯割りを1杯だけ飲んで、ささやかな祝杯としました・・・柑橘系の味わいに非常に癒されますぅ♪そんなこんなで楽しい?時間を過ごした後、携帯で天気予報を確認すると、明日も山頂部は雪マーク、下界は雨マークにガッカリしながらも、明日の下山後の楽しみを夢に見ながら就寝・・・4日目に続く。
         
Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。