スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

黒部五郎岳を越えて・・・最終日

2013/08/17(Sat)


午後23時40分、携帯のアラームで目が覚める・・・ふぁ~、よく寝た!

すぐに外の様子を伺うと、予想通り、満天の星空(^o^)

急ぐ気持ちを抑えつつ、抜き足差し足、
静かに撤収作業を進めて、0時52分にキャンプ場を出発(4℃)

予定ではあと一泊、もう一度、薬師峠キャンプ場で泊まる予定にしていましたが、初日のあまりの混雑具合に閉口したので、強行軍ですが、今日中に折立まで下山する事にしました・・・。

黒部五郎岳の山頂までのルートには、稜線を辿るコースとカール内を辿るコースの二通りのコースがあるのですが、闇夜の行軍で景色は堪能できないので、どちらを辿っても構わないのですが、カール内を辿るコースの方が30分ほど早く山頂に立つ事ができるので、こちらをチョイス!

2013081701.jpg
黒部五郎岳カールコースへ

最初は樹林帯の中を歩き、しばらくすると、雪解けの水なのか、
幾つかの沢を渡りながら標高を稼いで、4時前に黒部五郎岳の肩に到着。

2013081702.jpg
黒部五郎岳

2013081703.jpg
立山方面

ここまで来れば、山頂まであと少し、
稜線を辿って、4時22分、黒部五郎岳(標高2,840m)に登頂(4℃)

2013081704.jpg
モーニング珈琲タイム♪

昨日、黒部源流の水で作った水出し珈琲を温めて、モーニング珈琲に舌鼓を打ちながら、
絶景を期待して夜明けを待つも、雲に邪魔されて、パッとしない夜明けとなりました(苦笑)

2013081705.jpg
槍・穂高連峰遠望

2013081707.jpg
黒部五郎岳にて

さぁ~、今日も長丁場、気を取り直して、5時43分に出発。

2013081706.jpg
笠ヶ岳

一旦、黒部五郎岳の肩まで戻り、北ノ俣岳を目指します。

2013081709.jpg
トウヤクリンドウ

中俣乗越までは下り、それから登り返して、8時29分、赤木岳に到着。

2013081710.jpg
中俣乗越付近から赤木岳、薬師岳を望む

ここから陽射しが厳しくなり始め、ペースもガタンと落ち込み、
30分に1回の休憩を挟みつつ、頑張って歩いて、9時39分、北ノ俣岳(上ノ岳)に到着(24℃)

2013081708.jpg
北ノ俣岳(上ノ岳)を望む

2013081712.jpg
北ノ俣岳(上ノ岳)にて

行動を開始してから早9時間・・・。

さすがに疲れたので、登山靴とソックスを脱いで、20分ほどクールダウン。

2013081711.jpg
エネルギー補給

この北ノ俣岳を越えれば、あとは楽々コースで太郎平小屋まで行けると思っていたのですが、だらだらと続く稜線歩きは、暑さも相まってキツく感じられてバテバテでしたが、薬師岳の雄大な山容やハクサンイチゲの群生に励まされながら、11時54分、ようやく、太郎平小屋まで戻って来る事ができました。

2013081713.jpg
薬師岳がグッと近づく

2013081714.jpg
有峰湖

2013081715.jpg
疲れたぁ~

2013081716.jpg
ハクサンイチゲ

2013081717.jpg
絶景が広がる

2013081719.jpg
太郎山から望む薬師岳

2013081720.jpg
太郎平小屋

ここから折立の登山口までは3時間ほど、このままの状態ではキツイと思い、1時間ほど昼食を兼ねた大休憩をとる事にしました。ソーダスパークルを取り出して炭酸水を作り、シュワッと一気飲みすれば、疲労も炭酸の泡と共に消え、昼食にカップヌードルに切り餅を1個トッピングして、久しぶりに力餅ラーメンを作って食べれば、エネルギーの補給は完璧、最後に水出しアイス珈琲で締めたら、元気も湧き出て、再び歩き続ける事ができるようになりました(^o^)

2013081721.jpg
今回、利用したクーラーバッグ

2013081723.jpg
ソーダスパークル

2013081722.jpg
昼食タイム♪♪
2013081724.jpg
魅惑のアイス珈琲(^o^)

黒部五郎岳にお別れして、13時ジャストに下山開始。

2013081725.jpg
ニッコウキスゲ

時折、睡魔に襲われながらも往路を頑張って歩き、三角点のあるベンチには、14時55分に到着。

2013081726.jpg
登山口まで 遠いなぁ~

2013081728.jpg
三角点から薬師岳遠望

2013081727.jpg
ソルティライチ

ここで薬師岳とお別れなので、最後の1本となったソルティライチを飲みながら、その山容を目に焼き付けてから下山開始。太陽が傾き始めたとは言えども、樹林帯の中はまだまだ暑く、下山後のコカ・コーラを楽しみにしながら歩いて、16時8分、無事に下山する事ができました。

2013081729.jpg
樹林帯の登山道

2013081730.jpg
くぅ~、コーラがウマイ(^o^)

下山後、有峰林道入口付近にある亀谷温泉『白樺ハイツ』で汗を流すと、富山駅方面へ・・・。

2013081731.jpg
白樺ハイツ

住所:富山県富山市亀谷1-10
TEL:076-481-1301
営業時間:10:00~21:00(受付は20:00まで)
入浴料金:600円

2007年の北アルプス遠征の時に教えて貰った『勝駒』という日本酒を探しに行ったのですが、近年、人気が出て、特にお中元シーズンの今頃は、どこにも置いていないとの事でした。仕方がないので、たまたま入った石川酒屋さんのオススメの地酒を2本ほど購入し、ついでに「日本酒に合う地産のオツマミは何かないですか?」と尋ねたら、「えびよねが良いよ」と教えて貰いました。「えびよね??」と思いつつ、真向かいにあるスーパーに行って探すのですが、見つからず、店員さんに尋ねてみるも首をひねるばかり・・・。「困ったなぁ~」と思っていたら、酒屋のご主人が心配になって、わざわざ来て下さいました・・・ありがとうございます♪

どうやら、僕の聞き間違いのようで、すぐに分かりました(汗)

『えびよね』は商品名ではなく、『蛯米水産』という会社名との事。商品名は『黒作り』という、イカの胴体にイカの肝臓とスミを合わせて、熟成醗酵させた塩辛で、富山県でしか作られていない珍味だそうです。日本酒によく合うとの事で帰宅してからが楽しみです(^o^)

2013081733.jpg
今回の遠征の戦利品(^o^)

再訪を約束して酒屋のご主人と別れると、一般道をぶらぶらと走って、小杉インターから高速道路に入り、明日は渋滞はないだろうと予測し、今宵は無理をせず、パーキンエリアで車中泊、缶ビールでささやかな祝杯をした後、21時過ぎに就寝・・・。

2013081732.jpg
尼御前サービスエリアの能登いか明太子丼

翌朝、午前3時から走り始め、1,000kmの道程を
14時間ほどかけて走り切り、無事に帰宅する事ができました。

         
スポンサーサイト

黒部源流へ・・・3日目

2013/08/16(Fri)


今朝は急ぐ必要もなかったので、昨日までの疲れを癒すべく、身体が欲するだけの睡眠をとるようにして、アラームをセットしていなかったのですが、午前4時17分、意外と早く目が覚める。

気温は1℃前後と冷え込みましたが、風がないので、あまり寒く感じません。さて、朝起きて真っ先にやっておかなければならない事は所要を済ませる事!急いでトイレに行って、5番目をゲット。これから芋づる式に多くなるので、早め、早めの行動が大事です。無事に用事を済ませてから出て来る頃には長蛇の列が続いていました(苦笑)

スッキリしてテントに戻ると夜も明けていたので、外で朝食タイム!!本日は、富山県の名物ブラックラーメンをご用意(^-^)ちょっとピリ辛でしたが、今朝のように冷え込んだ朝にはピッタリで、身体が暖まって美味しかったです♪

2013081601.jpg
黒部五郎岳

2013081602.jpg
富山ブラック

2013081603.jpg
意外とアッサリしていますよ♪

モーニングコーヒータイムも楽しんだ後、
テントを撤収、パッキングまで済ませて、6時55分に出発(6℃)

2013081604.jpg
雲ノ平キャンプ場にて

本日も晴天に恵まれ、前方に水晶岳(黒岳)を眺めながら、
気持ちの良い青空の下を、のんびりと歩いて先へと進みます。

2013081606.jpg
水晶岳(黒岳)

2013081607.jpg
ライチョウ

2013081608.jpg
ウサギギク

相変わらずの重荷でしたが、さすがに3日目ともなると身体が重荷に慣れてくるので初日ほどの苦しさはありません。それに祖父岳との分岐を過ぎた付近からの展望はとても素晴らしく、目の前に黒部五郎岳、振り返れば、薬師岳の迫力ある山容、これぞ、待ち望んだ、雲上の楽園、雲ノ平の景観です(^o^)

2013081610.jpg
雲上の楽園を歩く

2013081609.jpg
薬師岳

 いつも亀足ですが、今日はより一層、亀足になりつつ、絶景を堪能しながら歩きます。やがて、登山道脇に夏山のオアシス・雪渓が現れたので、これはさすがに無視する事はできず、休憩タイム・・・冷たくて、気持ち良い~♪

2013081611.jpg
雪渓にて

雪渓周辺にはチングルマなどの花々も多かったので、
写真を撮りながら戯れて過ごし、30分ほどで誘惑を振り切って出発(笑)

2013081612.jpg
チングルマ

2013081613.jpg
スノーブリッジ

コバイケイソウが咲き乱れる急坂を下って、9時30分、
今回の遠征の目的地である待望の黒部源流に辿り着きました\(^o^)/

2013081614.jpg
鷲羽岳とコバイケイソウ

2013081615.jpg
カラマツソウ

早速、ソーダスパークルを取り出して炭酸水を作り、
シュワッと飲み干せば、これが甘露、甘露、とっても美味しい♪

2013081616.jpg
黒部源流・雲ノ平入口

2013081617.jpg
黒部源流にて

あまりに美味しいので、何事かと、ポカンと口を開けて、こちらを見ていたご夫婦にもお裾分けしたら「美味しい」と喜んでいました(笑)カルピスを作ってがぶ飲みしたり、白桃ゼリーを食べたりしながら楽しい時間を過ごして、源流の水を水出し珈琲用に入れてから出発(21℃)

2013081618.jpg
カルピス・パイン

2013081619.jpg
白桃ゼリー

2013081620.jpg
水出し珈琲・・・出来上がりが楽しみ(^o^)

ここから三俣山荘までは、水の流れる音が心地好い急登が続いていましたが、昨日の薬師沢出合からの急登に比べたら、大した事はなく、ミヤマトリカブトやクルマユリなどの花々を愛でながら、ゆっくりと登って行きます。三俣山荘近くで、山ガール二人組と擦れ違い様にクスッと笑われたので振り返ると「今まですれ違った中で一番大きな荷物ですよ」と、素敵な笑顔で言って頂きました(^-^)

2013081621.jpg
見上げる三俣蓮華岳

2013081622.jpg
沢沿いを登る

2013081623.jpg
ミヤマトリカブト

2013081624.jpg
クルマユリ

2013081625.jpg
三俣山荘と三俣蓮華岳

コースタイム通りに登れて、10時50分、三俣蓮華岳キャンプ場に到着(18℃)

2013081626.jpg
三俣蓮華岳キャンプ場

2013081627.jpg
エネルギー補給

小休憩してから三俣蓮華岳を目指して歩き始めました。

2013081628.jpg
三俣蓮華岳を目指して

双六小屋方面へと続く巻道ルートとの分岐がある三俣峠には、40分ほどで到着。

2013081629.jpg
三俣峠

この斜面を登れば、本日の登りは終わりかな・・・
そう思うと力も湧き出て、12時35分、三俣蓮華岳に到着。

2013081630.jpg
三俣蓮華岳にて

山頂は登山客で大賑わいだったので、目の前に広がる景色を堪能しながら、
ノンビリ・・・とはせず、『井村屋の水ようかん』でエネルギーを補給しただけで出発(17℃)

2013081631.jpg
井村屋の水ようかん

この三俣蓮華岳、黒部五郎岳、北ノ俣岳と続く黒部源流左岸に連なる山々を辿るコースは、ダイヤモンドコースと呼ばれているとの事、どんな絶景が広がっているのか、今からとっても楽しみです♪ちなみに、三俣蓮華岳は、富山、岐阜、長野の三県境にあります。

2013081632.jpg
ダイヤモンドコースへ

吹き抜ける高山の風が心地好い稜線歩きを楽しみ、13時7分、三俣山荘からの巻道との合流部である黒部乗越に到着。ここから黒部五郎小舎までは1時間ほどの道程、あと一息、頑張ろう・・・。

2013081633.jpg
黒部乗越

グングン下がり、樹林帯の中に入ると、先程までの心地好い涼風と景色はシャットアウトされてしまったので、非常に暑い。あまりの暑さにギブアップしそうになった、14時15分、黒部五郎小舎に到着・・・助かった♪

2013081634.jpg
黒部五郎小舎

早速、テントの受付をしようと思ったのですが、小屋に宿泊する人の黒部五郎小舎 受付で大混雑していたので、先に設営してから夕方にでも再訪しようと思い、歩いて数分の所にある黒部五郎キャンプ場に向かいました。キャンプ場はまだ時間が早いので、意外と空きスペースがあったので、気に入った場所に設営する事ができました。

2013081643.jpg
黒部五郎キャンプ場

水場で身体を拭いた後、せっかく早く着いたので、ちょっと遅めの昼食を作る事に・・・。

本日は、ジントニック&ジャージャー麺を作りましたが、ピリ辛が食欲を刺激しました(^-^)

2013081635.jpg
ソーダスパークルで炭酸水を作る

2013081639.jpg

その後、カンパリソーダで疲れを癒しつつ、夕食の準備を開始!!

2013081637.jpg
香る、大人のあらびき(バジル)


2013081638.jpg
乾杯~\(^-^)/

夕食は、黒部源流の美味しい水を利用して、白米を1合炊き、
以前、佐伯市の友人に頂いていた『至福の翼カレー』をトッピングして出来上がり♪

2013081640.jpg
炊飯中

2013081641.jpg
至福の翼カレー

2013081642.jpg
カレーライス

先ほど、昼食を食べたばかりでしたが、
さすがは山食の定番・カレーライス、ガッツリと胃袋に入りました(笑)

お腹いっぱいになったところで、食後の運動も兼ねて、黒部五郎小舎までテントの受付(500円)に行きましたが、さすがにこの時間帯は混雑しておらず、スムーズに受付を済ませる事ができました。

2013081644.jpg
黒部五郎小舎

テントに戻ると、お待ちかねの晩酌タイム!

2013081645.jpg
黒部五郎キャンプ場

カシスオレンジ、カンパリオレンジ、ザ・パーティーなど、
残っている材料を駆使して、少しでも軽くなるように飲み干していきます(笑)

2013081647.jpg
ザ・パーティー

おつまみは,缶つま☆レストランから『牛肉のバルサミコソース』をチョイス!!

2013081646.jpg
牛肉のバルサミコソース

2013081648.jpg
カシスオレンジ

そして、最後の締めは屋久島の焼酎『三岳』を
黒部源流の美味しい水で割り、美味しく頂いて終焉<(_ _)>

2013081649.jpg
三岳

しばらくすると、小雨がパラついてきたのですが、
「明日の山行に影響はないだろう」と安心して、19時15分に就寝・・・最終日に続く。


         

雲上の楽園へ・・・2日目

2013/08/15(Thu)


午前0時30分に目が覚める。

本日の行程は、薬師岳に朝駆けピストンした後、雲ノ平キャンプ場まで歩く12時間の長丁場、今回の縦走で一番の頑張りどころです。 昨日、焼いていたこっぱもちを食べ、所要まで済ませて、1時30分に静寂のキャンプ場を出発(8℃)

先行して見えるヘッドランプの光はH氏で間違いないだろう・・・。樹林帯の急登をマイペースで登って、2時11分、薬師平に到着(5℃)木道を歩いて薬師平を通過すると、再び登りとなり、稜線を乗り越えて、2時57分、薬師岳山荘に到着。

この時、周囲はすでにガスの中・・・御来光、大丈夫かなぁ~。

2013081501.jpg
薬師岳山荘

砂礫の斜面を40分ほど登ると、ガスの中から現在は利用不可の避難小屋が目の前に現れました。この避難小屋を目印にして、GPS&地図で現在地を再確認してから出発。ホワイトアウトの中、稜線を黙々と歩いて、3時58分、薬師岳の頂(標高2,926m)に登頂(4℃)

先行していたH氏と再会し、ガスの中、御来光を拝める事を祈って待機しましたが、想像していた感じにはならずに残念(苦笑)これから立山方面に行かれるH氏とはここでお別れ、互いの山行の無事を祈って、5時29分に下山開始。

2013081503.jpg
ガスに包まれての御来光

2013081504.jpg
モルゲンロートの薬師岳山頂

2013081505.jpg
薬師岳にて

下るに従って、ガスは晴れ始めて黒部五郎岳方面も見えるようになったので気分も上々、シットリと濡れて美しいハクサンイチゲやチングルマなどの花々を愛でながら往路を辿って、薬師峠キャンプ場には、6時59分に帰り着きました。

2013081507.jpg
黒部五郎岳&北ノ俣岳

2013081508.jpg
ハクサンイチゲ

2013081509.jpg
薬師峠キャンプ場

ゆっくりと撤収作業を進めて、7時57分、北アルプス最奥の秘境『雲上の楽園』とも呼ばれる雲ノ平を目指して出発。先ほどまでの身軽さはなく、ズッシリと重いザックに、足を引きずるような感じで木道を歩いて、20分ほどで太郎平小屋に到着。

2013081510.jpg
太郎平小屋

2013081511.jpg
水場

登山道脇に水場もありましたが、薬師峠の水場に比べると温かったので、ここでは補給はせずに先を急ぎました。黒部五郎岳方面との分岐を薬師沢小屋方面に進路をとり、コバイケイソウやニッコウキスゲの群生に目を奪われながら、第一徒渉点の橋を渡り、第二徒渉点の橋付近で、黒蜜きなこ餅&カルピス・パインをお供に小休憩・・・美味しい~(^o^)

2013081512.jpg
コバイケイソウ

2013081513.jpg
ニッコウキスゲ

2013081515.jpg

2013081516.jpg
第一徒渉点の橋付近

2013081517.jpg

2013081518.jpg
第二徒渉点の橋

2013081519.jpg
カルピス・パイン

更に進むと、なだらかな傾斜の木道が続く、カベッケヶ原に着いたのですが、
その分だけ距離が長くなるので、重荷を背負っている僕にはちょっと辛く感じます(苦笑)

2013081520.jpg
カベッケヶ原

2013081521.jpg
カベッケヶ原を歩く

2013081523.jpg
ベンチもあります

雰囲気のいいカベッケヶ原を過ぎ、11時30分、薬師沢小屋に到着(21℃)

2013081524.jpg
薬師沢小屋

「暑い、暑い」もうたまらないので、クーラーバッグから
みかんゼリー&ソルティライチを取り出して、クールダウン(^o^)

2013081525.jpg
みかんゼリー&ソルティライチ

この先の薬師沢出合から雲ノ平までは、樹林帯の急登が2時間以上も続くので、昼食によもぎ大福を食べながら、40分ほど大休憩してから出発。それにしても、こんな奥地の小屋でも缶ビール1人1本の制限があるなんて「雲ノ平ではどうなるんだろう~」と、一抹の不安を抱えながら薬師沢橋を渡り、難所のハシゴを下って、雲ノ平へと続く、右斜面の登山道に取り付きました。

2013081526.jpg
よもぎ大福

2013081527.jpg
これが楽しみなのに~と思った人も多々居るのでは・・・(笑)

2013081528.jpg
薬師沢出合吊橋

2013081529.jpg
難所のハシゴ

2013081530.jpg
急登の始まり

30分も経たないうちに、噴き出す汗で全身ずぶ濡れ、やっぱり、一番暑い時間帯での樹林帯の急登は、あまりにも暑くて、ノックアウト寸前、10分登っては小休憩を繰り返しながら、14時25分、雲ノ平の果て、木道の末端に到着。

2013081531.jpg
樹林帯の急登が延々と続く

2013081532.jpg
ゴゼンタチバナ

2013081533.jpg


「あぁ~、バテたぁ~」

Tシャツを脱いで絞ってみたら、ジャ~と汗が・・・暑かったもんなぁ~(苦笑)

2013081534.jpg

でも、これからいよいよ楽園へと足を踏み入れるので、ちょっとドキドキ、胸も高まります。20分ほど休憩してから歩き始めると、文字通り、水を指すかのように雨がポツポツ・・・。本降りになろうが、すでに汗でずぶ濡れだから、あまり気にせず、『雲上の楽園』を満喫する事にしました。まず最初にあるのはアラスカ庭園、楽しみにしながら歩いていたのですが、実際に辿り着いてみると、「これが??」と思えるほど、大した事なくてガッカリ・・・。

2013081535.jpg
アラスカ庭園

その後、途中で会った登山者も「アルプス庭園も大した事はなかった」と言われていたので立ち寄らず、真っ直ぐ進んで、16時14分、雲ノ平山荘に到着(12℃)外のテラスで生ビールを片手に憩う登山者を横目に見ながら、テント泊の受付(500円)をパパッと済ませて、30分ほど先にある雲ノ平キャンプ場に向かいました。

2013081536.jpg
群生するコバイケイソウ

2013081537.jpg
雲ノ平キャンプ場・・・奥の山は祖父岳

コバイケイソウの群生に目を奪われながら歩いて、16時20分に到着。案の定、キャンプ場は満員に近く、どこか空きスペースはないかと探していたら、単独の女性のテントの前に張れるスペースを発見したのですが、声を掛けるのがニガテで最初は諦めようかな・・・と思ったのですが、背に腹は代えられず、思い切って「ここに張らせて貰ってもいいですか?」と声を掛けたら、快く了承して頂きました・・・ホッ。直ぐにテントを設営して、トイレの確認や水汲みを済ませてから、ウインナー&ジントニックで乾杯~\(^-^)/

2013081538.jpg
雲ノ平キャンプ場

2013081540.jpg
ウインナー&ジントニック

『雲上の楽園・・・なのかな?』到着を祝して、
今宵は『ザ・パーティー』&『カンパリソーダ』をご用意!!

2013081541.jpg
ザ・パーティー

気分良く飲んでいたのですが、やたらめったら蚊が多いのには閉口、殺虫剤で対抗するのですが、ここでテント泊するには、蚊取り線香が必携です(苦笑)そうこうしているうちに、今まで小康状態を保っていた天候も悪くなり始め、雨が降り始めたので、晩酌タイムはお開き、テント内に逃げ込んで、楽しみにしていた雲ノ平が想像していた感じと違っていて、ちょっとガッカリしつつも、明日の黒部源流を楽しみにしながら、18時36分、テントを叩く雨音を子守唄代わりにして就寝・・・3日目に続く。

2013081542.jpg
カンパリソーダ

         
Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。