スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

星生山に行って来ました。

2008/08/31(Sun)



夏の終わりはカレーライス♪

正午過ぎの長者原は午前中まで降り続いていた雨も上がり、
雲の切れ間から太陽も顔を出すお天気となりました・・・ラッキー♪

が、天気予報ではお昼から雷注意報も出ていたので、登ろうかorこのまま帰ろうか・・・色々と検討した結果、大曲登山口から星生新道経由で星生山を目指す事にしました。ただ、遠くの方でもゴロッと音が聴こえたり、雨がパラパラ降ってきたら、その時点で目の前に山頂があっても、即時撤退という条件を決めて、12時49分、大曲登山口を出発。

午前中の雨の影響でズルズルな急登を草木の助けを借りながら、気持ちの良い汗をかいて、13時27分、見晴らしの良い台地に到着(25℃)山頂付近は相変わらずガスったままですが、大きな天候の変化もなさそうなので、ポカリスエットをグビッとひと飲みして先を急ぐ事に・・・。

ここから先は視界も開け、足元に気を付けながら、時折、立ち止まっては周辺から聴こえて来る音に聞き耳を立てて、「大丈夫、大丈夫」と確かめては登ってを何度か繰り返していると、稜線上にポッと出て、最後の斜面を駆け登り、14時6分、星生山頂に到着(18℃)夏の終わりは山頂で・・・という楽しみは早朝からの予想外の雨で諦めていましたが、今、星生山頂に立つ事ができて、とっても嬉しいなぁ♪

さて、嬉しい反面、お腹も空いたので、早速、昼食タイム・・・夏の終わりに食べる昼食メニューにはオーソドックスなカレーライスをご用意!パクッとひとくち食べると、夏の思い出が口いっぱいに広がって、くぅ~、ウマい♪かなりお腹が空いていたので、ガツガツと食べ続けて、あっと言う間に完食・・・ふぅ~、お腹いっぱい!その後、ガスったり、晴れたり、かくれんぼを繰り返す久住山や三俣山を眺めながら、コーヒータイム・・・至福のひとときですぅ♪しばらくすると、太陽も顔を出し始め、「このまま晴れるのかな?」とも思ったのですが、「退き際が肝心」と言い聞かせて、今日は潔く撤退する事に・・・15時23分、下山開始。

足取りも軽やかに下山していると、見晴らしの良い台地まで下ってきた辺りから、ポツポツと降り始めたので本降りになる前に下山しなければ・・・と、踏ん張りの効かない登山道に何度か滑りながらも足早に下って、16時20分、無事に下山する事ができました・・・ホッ。


ガスかかる久住山


三俣山を望む


夏山・・・また来年。
         
スポンサーサイト

南アルプス観光・・・最終日

2008/08/17(Sun)


2008081701.jpg
モーニングコーヒータイム~♪

午前6時過ぎ、パチッと目が覚める・・・。

ベンチレーターから外の様子を伺うと、
曇ってはいるものの昨晩からの雨は止んでいる模様。

テント場から200mほど離れた場所にある綺麗なトイレで洗面等を済ませた後、昨日もお世話になったお向かいの休憩所に移動して、コーンスープで簡単な朝食タイム・・・なぜか今朝はものすごくコーンスープを美味しく感じたので、残っていたコーンスープ3袋全部飲み干しました(笑)

お腹もご満悦になったところで、いつものモーニングコーヒータイム~♪珈琲の香りを楽しみながら、旅程表を見ながら、本日の乗り換えの時間などをインプットしたり、久しぶりにゆっくりと流れる時間を過ごす事ができました!

その後、テント場に戻り、撤収作業を開始。バス停も目の前なので慌てる事もなく、作業をのんびりと楽しんで、ザックへのパッキングも無事に終了・・・ホッ。とりあえず、バスの時刻までまだまだ時間があるので、再び休憩所へ舞い戻り、コーヒータイムを楽しみました♪

そんなこんなで楽しい時間を過ごした後、8時46分、芦安温泉郷がある市営芦安駐車場行きのバス(510円)に乗り込み、運転手さんや料金徴収係の方と九州の話などで楽しいおしゃべりをしながら、ゆらり揺られて、9時8分、市営芦安駐車場に到着。

降りる時、「オススメの温泉はありますか?」とお尋ねすると、「この道を10分ほど下ったところに金山沢温泉があるよ!」との事、おまけにその温泉から20分ほど歩いたところにある夜叉神観光案内所横にあるバス停で待っていたら、甲府駅行きの快速バスが通過する時に停まってくれるという情報と通過時刻も調べていただきました♪

「助かります、ありがとうございました♪」とお礼を言って、見送られながら金山沢温泉を目指して歩き始めました。下りなので歩くのは負担ではなく、道路脇に咲き乱れるシデシャジンなどの花々を愛でながら、ゆっくりと歩いて、9時22分、金山沢温泉入口に到着しましたが、10時から営業開始と聞いていたので、近くにあるベンチに腰掛け、コーヒータイムをしながら待つ事にしました・・・。

横を流れる川のせせらぎの音をBGMに珈琲を飲んでいると、10時前なのに何台かの車が駐車場に入り始め、車から降りた方々は次々に店内へと入られたので、「10時前なのにOKなのかな??」と思い、パパッと後片付けを済ませて、9時46分、いざ温泉へ・・・が、時間前というのが気になって、中に入れずに入口付近をウロウロしていると、店員さんが「どうぞ中へ」と声を掛けて貰って、ようやく店内へ・・・意外と小心者ですから(笑)

そして、入口にある受付で入浴料の550円を支払い、ザックを入口付近にデポしてから脱衣所へ・・・。急いで衣類を脱ぎ捨て、いざ浴場へ突入開始!早る気持ちを抑えつつ、まずはカラダを丹念に洗い終えた後、内湯をスルーして、まずは露天風呂にドボン・・・くぅ~、サイコ~♪目の前には緑生い茂る森、眼下には川が流れ、ロケーションもベリーグッド!日頃は長風呂が苦手なのですが、さすがに本日はゆっくりと浸かって、今回の山旅の疲れを癒しました・・・これから始まる乗り換えという最大の難所に備えて(笑)

さて、極上のひとときを過ごし終わると、ちょっとお腹が空いたので、食堂で山菜そば(600円)をご注文・・・う~ん、この素朴な味わいが美味しいなぁ♪お腹も膨れたところで、時刻は10時50分過ぎ、そろそろ出発しないとバスの通過時刻に間に合わなくなると、11時1分、金山沢温泉を後にしました・・・。

25分ほど道路をてくてく歩いて、無事に夜叉神観光案内所横にあるバス停に到着。用心の為に観光案内所でも「隣のバス停に居たら、バスは停まってくれるんですよね?」とお尋ねすると、「停まりますよ」との事で安心して待っていると、11時34分過ぎ、ザックを背負って「まだかなぁ~」と、バスが来る方向を見ていると、なぜかバス停の100mほど手前で停車している・・・「はて??」と不思議そうに見ていると、ほどなくバスは発車、だんだ近付いてきて、そのまま通過・・・。

しばらくの間、ポカ~ンと開いた口が塞がらず、呆然と立ち尽くす・・・。

「えっ??」と、やっと我に返り、夜叉神観光案内所に再度この事を尋ねに行くと、「あれっ、停まりませんでしたかぁ?」と無責任な返答・・・この人の言葉を信じていただけに、さすがにムカッ(怒)とりあえず、文句の1つでも言ってやりたい気分でしたが、文句を言ったところで現状の問題は解決しないので、再び、バス停に戻り、次の通過時間を調べると、次のバスが通過するのは3時間後・・・。とりあえず、次のバスに乗車する事ができれば、電車の時刻には間に合うのですが、定刻にバス停に来ていたのに、なぜ、自販機しかないこのバス停で3時間も待たなければいけないのか・・・なんか納得できない。できるだけの事をやってダメだったら諦めて、次のバスを待とうと思い、まずは近くのタクシー会社に電話してみると、今は全部出払っていて、戻って来るのは1時間30分後との事・・・くぅ~、残念(涙)

「どうしてもダメかぁ~」と落ち込みながら、時刻表を見つめていると、山梨交通バス敷島営業所の電話番号が載っていたので、ダメもとで電話してみると、オォ~、繋がった!とりあえず、この経緯を説明すると「申し訳ございません、当方のミスです。今からお迎えに行きます」との事・・・「すいません、助かります」とお礼を言って、電話を切って待つ事30分弱「お待たせしました」と、山梨交通バス敷島営業所の方が来られ、無料で甲府駅まで送っていただきました・・・ありがとうございますぅ♪

ところで、なぜ、バスが停車しなかったのか、その理由を車内でお聞きしたのですが、このバス停でデカイザックを背負っている登山客はみんな広河原行きだと運転手が誤認識してしまうとの事、僕ら遠方から来ている者は時刻表を信じて計画を立てているので、次回からこのような事がないように改善をお願いします・・・と、お願い&お礼を言ってから甲府駅に降り立ちました。

さて、降り立ったものの甲府駅前は都会のジャングル・・・

「う~ん、これから何しようかな?」と考えながら歩いていると、「matsuzakiさん?」と声を掛けて来る方が・・・「こんな都会のジャングルに知り合いの人が居たかな??」と恐る恐る声がする方向を見てみると、「あっ、薬師岳小屋で一緒だった方♪」この都会のジャングルで不安な気持ちでいっぱいだった時のこの偶然の再会はスッゴく嬉しくて、せっかくなので信玄公をバックにパシャッと記念撮影♪オススメのお店「甲州ほうとう小作」も教えていただき、「ありがとうございましたぁ♪」とお礼を言ってお別れした後、早速、このお店に・・・くぅ~、生まれて初めてのほうとう、楽しみだなぁ♪

店内に入ると、ほぼ満員でしたが合席で座らせて貰って、まずは生ビール(600円)と串焼盛(750円)をご注文・・・ゴクッゴクッと喉を鳴らして、プァ~とご満悦♪そして、2杯目の生ビールと一緒に雷団子(300円)を追加ご注文・・・ちょっとピリ辛でしたが、こちらも美味しい♪そして、ほろ酔い気分になった頃、いよいよ、生まれて初めてとなるほうとうをご注文・・・次はいつ来れるか分からないので、ちょっと奮発して、熊肉のほうとう(3,000円)をオーダーしました!

注文してから10分ほどで熊肉のほうとうがご登場!!

生まれて初めてのほうとう&熊肉・・・「一体、どんな味なんだろう??」と
考えながらのドキドキワクワクの一口目・・・オッ、ほうとう、めっちゃ美味しい

具沢山なんだけど、やっぱり、カボチャが決め手かな!さて、お次は熊肉・・・パクッと一口、オッ、臭みがあるのかと思えば、そんなのは全然無くて、少し硬めながらも、あっさりしていて美味しいなぁ♪どんな味かと言えば、牛肉から脂身を抜いた感じで、ビーフジャーキーにちょっと似ているかなぁ。それにしても、このほうとう、ボリューム満点で、なんとか食べ終わる頃にはお腹はパンパンに膨れ上がっていました(笑)

その後、あちらこちらを散歩した後、15時46分、特急ワイドビューふじかわ10号に乗り込み、3度の乗り継ぎも寝過ごす事なく、無事にやり遂げて、日付が変わった頃、無事に自宅へと到着する事ができました・・・ふぅ~、疲れた♪

2008081704.jpg
金山沢温泉

2008081702.jpg
露天風呂

2008081703.jpg
素朴な味わいの山菜そば

2008081705.jpg
甲州ほうとう小作

2008081706.jpg
熊肉のほうとう

2008081707.jpg
熊肉をアップで♪

2008081708.jpg
甲府駅の武田信玄公
         

鳳凰三山縦走・・・2日目

2008/08/16(Sat)


2008081601.jpg
薬師岳山頂より

午前3時30分、携帯のアラームが鳴る前にパチッと目が覚める・・・ホッ。

すぐにマットを持ち、音を立てないように抜き足差し足で歩いて小屋の外へ・・・ワォ~、満天の星空♪

早る気持ちを抑えつつ、手早く準備を済ませて、4時33分、薬師岳小屋を出発(13℃)

薬師岳山頂までは10分ほどで到着するのでのんびりと登って、山頂直下まで来た時、「あっ、フィルム忘れた」と忘れ物に気付いたので、韋駄天の如く、走って小屋まで戻り、すぐに登り返して、4時39分、薬師岳山頂(標高2,780m)に到着。

今回の山旅で初めてとなる快晴の朝であり、山頂で迎える最後の朝だけど、やっぱり感無量♪夜明けまでの時間を色んな事を思い出しながら旅の思い出の余韻に浸りながら過ごして、予定時刻よりもちょっと遅れて、待望のご来光・・・くぅ~、眩しい♪今日の富士山が今までで一番ビューティフル♪しばらくの間、ゆっくりとした時間を過ごした後、6時19分、小屋に戻りました。

10分ほどで小屋に戻り、出発の準備をしていると、小屋の方に話しかけられたので楽しく談笑した後、7時8分、お世話になった薬師岳小屋(標高2,700m)を後にしました・・・また逢う日まで♪

気持ちの良い青空の下、富士山や白峰三山を見ながら、後ろ髪を引かれるように歩く速度も遅くなり、ゆっくり、ゆっくりと周囲に広がる風景を目とカメラに焼き付けながら下って、7時50分、標高2,436m付近にある南御室小屋に到着(26℃)こちらには冷たくて美味しい水がホースから出ているので、五臓六腑でたっぷり味わってから出発。

その後も気持ちの良い木漏れ日の中をてくてく歩いて、10時3分、杖立峠(標高2,200m)に到着(18℃)この頃になると、だいぶお腹が空いてきたので、早朝に水を入れて準備をしていた梅わかめご飯を取り出して、ちょっと遅めの朝食タイム・・・この梅の風味がなんとも絶妙♪お腹もいっぱいになったところで、10時25分に出発。

しばらくは気持ちの良い風が吹き抜けてたいした汗もかかずに快適だったのですが、クマザサが斜面を覆い始めた辺りから無風状態で蒸し暑くなり、汗ダラダラで下り、「あぢぃ~」と我慢も限界に達し始めた、11時21分、標高1,793m付近にある夜叉神峠小屋に到着(20℃)「ふぅ~、やっと着いたぁ♪」と安堵して、風に揺れるヤナギランを見ながら優雅にコーヒータイム~♪「う~ん、サイコー」と満足して、12時25分、夜叉神峠小屋を後にしました。

再び、樹林帯の緩やかな下りをゆっくりと歩いて、
13時13分、無事に下山する事ができました・・・やったぁ♪

この後、登山口のすぐ近くにある夜叉神ノ森でソフトクリーム(300円)に下鼓を打ちながら、テント泊(500円)の受付を済ませて、テント場に行くと、誰も居らず貸切状態・・・ラッキー♪すぐに設営するも時刻は14時過ぎ・・・上空を遮る物は何もないので非常に暑い(苦笑)

とりあえず、お風呂♪お風呂♪と、
先程、テントの受付をした夜叉神ノ森へ・・・。

入浴料の600円を支払い、お風呂へ・・・こちらのお風呂は家庭のお風呂をちょっと大きくしたような感じの浴室でしたが、お風呂に入れるだけで有り難い・・・貸切だったのもラッキー♪そんなこんなで久しぶりのお風呂を楽しんだ後、お風呂上がりの瓶ビール(900円)をぐぃっと飲み干して、その後、ざるそば(750円)に下鼓を打った後、テント場に戻りました・・・ふぅ~、満足♪満足♪

時計の針はまだ15時過ぎ、「さて、これから何しようかな?」

「まずはゆっくりとコーヒータイムを楽しもう♪」と登山口の入口にある休憩所に移動して、コーヒータイム・・・今日までの山行の余韻に浸りながら飲み珈琲は極上な味わいでした♪その後、ニ杯目、三杯目の珈琲を味わい終える頃には、時刻は17時過ぎ・・・そろそろ夕食の準備をするかな。

今夜は南アルプスで最後のディナーなので、豪華?な「松坂牛のビーフカレー」をご用意♪大好物のカレーに下鼓を打った後、バーボン片手に今回の山旅に酔いしれた後、雨がポツポツ降り始めたので、テント内に退却した後、すっかり早寝が習慣付いてしまった為、睡魔には勝てず、19時30分過ぎに就寝・・・最終日に続く。

2008081602.jpg
秀麗な富士山

2008081603.jpg
金色に輝く薬師岳山頂

2008081604.jpg
絶景をバックに♪

2008081605.jpg
観音岳を望む

2008081606.jpg
絶景を心ゆくまで堪能♪

2008081607.jpg
大岩をシルエットに富士山を望む

2008081608.jpg
お世話になった薬師岳小屋

2008081609.jpg
薬師岳山頂を振り返る

2008081610.jpg
南御室小屋

2008081611.jpg
気持ちの良い樹林帯

2008081612.jpg
目の前に広がる絶景

2008081613.jpg
ちょっと遅めの朝食タイム♪

2008081614.jpg
夜叉神峠小屋

2008081615.jpg
コーヒータイム~♪

2008081616.jpg
縦走してきた山々を眺める・・・くぅ~、感無量(涙)

2008081617.jpg
薄暗い樹林帯を歩く

2008081618.jpg
夜叉神峠登山口

2008081619.jpg
夜叉神ノ森のお風呂♪

2008081620.jpg
お風呂上がりのビールタイム♪♪

2008081621.jpg
ざるそば

2008081623.jpg
テント場でのんびり寛ぐ

2008081622.jpg
本日の食材

2008081624.jpg
南アルプス遠征最後のディナー
         
Calendar
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。