スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

ススキ草原の湧蓋山へ

2008/09/28(Sun)


_MG_0042.jpg
神々しい夜明け

午前4時過ぎの長者原周辺は晴れ、
満天の星空が広がる絶好の登山日和でした♪

週末辺りから朝晩の冷え込みも厳しくなり始め、やっと秋らしい気候になってきたので、「今日はススキ草原を歩きながら頂上を目指したいなぁ~」という事で、小国富士の名称で知られる湧蓋山頂(標高1,500m)を目指して、4時36分、一目山登山口(八丁原)を出発(12℃)

今朝の気温も12℃前後と肌寒かったのですが、暑がり&汗っかきの僕にはとても登りやすく、長い間待ちわびた絶好の登山シーズンの到来だね!とほくそ笑みながら薄暗い登山道を夜露を散らし、ヘッドランプの助けを借りながら足取り軽やかに駆け抜けて、5時32分、膝下がビッショリ濡れた状態で、みそこぶし山(標高1,296m)に到着・・・風がそよそよと少し肌寒い(10℃)

夜明けまでまだ時間があるので、カラダを冷やさないように山シャツを羽織り、モーニングコーヒーの準備を手早く済ませた後、先日、久しぶりに発見したきなこよもぎ餅を2個、口の中に放り込んで懐かしい味を楽しみながら夜明けを迎える準備完了!しばらくすると、三俣山の横の方から久しぶりとなる神々しいご来光・・・オレンジ色の光に包まれて、カラダも心もポッカポカ♪

さて、光合成を楽しんだ後、モーニングコーヒータイム~♪

朝日に照らされ、金色に輝くススキ草原を見ていると、いつも思い浮かぶのが宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』の1シーン(ナウシカが王蟲(オーム)の群れに飲み込まれ、その後、金色に染まった王蟲の触手の上に立つシーン)で、「ラン、ラン、ララランランラン♪」と口ずさみながら珈琲を堪能した後、上空に広がり出した雲に一抹の不安を感じつつ、6時59分、目の前にそびえる湧蓋山頂を目指して出発。

ちょっと下ると、黒い肌が魅力の牛さんにジッと見つめられたので、「オハヨー」とご挨拶したから先を急ぎました・・・これで帰りに登山道をトウセンボされる事はないでしょう(笑)そんな牛さんを遠目に見ながら、ススキ草原を満喫しながらてくてく歩いて、杉林の中へ・・・すぐに林道と合流し、7時37分、これまでの緩やかな草原歩きが一転、標高差300m弱、山頂まで延々と急登が続く湧蓋山登山の一番の難関である湧蓋越の取り付きに到着(14℃)

この頃になると、太陽も顔を出し始め、「これは汗だくになるな・・・」と覚悟を決めて登り始めました・・・もちろん、短パン&半袖の涼しげなスタイルで♪

案の定、すぐに額から汗がダラダラ流れてきましたが、暑い暑いと言っても、真夏のような暑さではなく、どこか心地良い暑さなので、暑がりな僕でも登りやすく、登山道脇に咲くヤマラッキョウやホソバノヤマハハコ、マツムシソウ、ママコナ、そして、僕の大好きなリンドウなどの花々を愛でながら堪能しながら、ゆっくり、ゆっくりと登って、8時9分、女岳(標高1,430m)に到着(20℃)

ここまで来れば、山頂はもう目の前でしたが、その前にちょっと小腹が空いたので、お茶菓子タイム・・・本日は長崎銘菓であるカステラせんべいをご用意♪バリボリと食べると、口の中にカステラの香ばしさが広がって、とっても美味しい!その後も1つ2つと味わった後、あんまり食べると昼食が入らなくなるので、グッと我慢して、8時34分に出発。

ススキに彩られた痩せ尾根の登山道を抜けると、最後の登りが待ち構えており、最後まで気を抜かないよう慎重に慌てず騒がず、ゆっくりと登って、9時2分、湧蓋山頂に到着・・・晴れてよかったなぁ♪

貸切の山頂で、恒例の山頂標識とのツーショット撮影を楽しんだ後、ザックを下ろし、登山靴とソックスも脱いで快適♪快適♪そのまま裸足で山頂を散歩したのですが、これがなんとも開放的で気持ち良くて、足元に所狭しと咲き乱れるリンドウを愛でながら楽しい時間を過ごしていると、貸切だった山頂も徐々に登山客が増え始め、気が付けば、あちらこちらから楽しい声が聴こえて来る大賑わいの山頂になっていました・・・う~ん、居心地が良くて、いい感じ♪

そんなこんなで持ち場に戻り、本日2度目の珈琲を飲みながら天気予報をチェックしてみると、あっ、お昼から雨マークが・・・最近、雨に付き纏われているなぁ(苦笑)確かに先程まで上空に広がっていた青空も雲に覆われ始めているので、これは予報通りに進むな。そうなると、あんまり長居はできないので、時刻はまだ10時30分頃でしたが、早めの昼食タイムをする事に・・・本日のメニューは鶏スキうどんをご用意♪食材は鶏もも肉、白菜、えのき、白ネギ、うどん、卵で、白ネギ以外は予め切っていたので、パパッとクッカーに放り込んで、しばらくの間、グツグツと煮込んで完成!!

さて、早速、ズルッ、ズルズル・・・くぅ~、とっても美味しい♪

やっぱり、ちょっと涼しくなった山頂で食べる鶏スキうどんは極上の味わいですぅ。そんなこんなで、あっと言う間に完食した後、食後のデザートにはやっぱり巨峰だよね!という事で、こちらも美味しくいただきました・・・ゴチソウサマでした♪

さて、そんなこんなでお腹もパンパンに膨れたところで、周囲もガスに覆われ始め、天候も怪しくなってきたので、手早く後片付けを済ませ、11時11分、山頂を後にしました・・・。

帰りも登山道脇に咲き乱れる花々を愛でながら湧蓋越をゆっくり下って、杉林を抜け、再び、ススキ草原を気持ちの良い風に吹かれながら、のんびりと歩いて、12時14分、みそこぶし山に到着(20℃)ここまで来れば、登山口まであと少しなので、ガスかかる九重連山を見ながら、15分ほど休憩してから先を急ぎました。

出発するとすぐにポツポツと降り始めましたが、これはパラッとしただけですぐに止み、「本降りになる前に・・・」と足早に歩いて、途中、咲き始めたナギナタコウジュに誘惑されるも、13時27分、雨に打たれる事もなく、無事に下山する事ができました・・・ホッ。

d9e1cead.jpeg
朝日に照らされる草原

_MG_0049.jpg
湧蓋山頂を望む


_MG_0051.jpg
怪しげな雲が広がる・・・これが夜明け前だったら良かったのにぃ(笑)

_MG_0059.jpg
秋深まる湧蓋山頂付近

_MG_0067.jpg
美味☆カステラせんべい

_MG_0078.jpg
山頂までもう少し・・・

_MG_0092.jpg
山頂にて寛ぎタイム♪

_MG_0104.jpg
秋を満喫するリンドウ

_MG_0146.jpg
本日の昼食タイム~♪

_MG_0153.jpg
ススキに彩られる登山道

_MG_0160.jpg
咲き始めたナギナタコウジュ
         
スポンサーサイト

トレッキングで温泉巡り♪

2008/09/14(Sun)


2008091401.jpg
スガモリ越えより

午前6時過ぎの長者原は曇り、
昨晩から降り続いていた雨は止んでいました・・・ラッキー♪

でも、あまり長くは持ちそうにないので焦る気持ちを抑えつつ、手早く準備を済ませ、6時30分、駐車場を出発。アケボノソウが咲き始めたタデ原湿原をぶらぶら散歩しながら自然研究路経由でスガモリ越コースへ・・・。

気持ちの良い汗をかきながら20分ほど登ると、坊原を歩くショートカットコースとの分岐地点に到着しましたが、雨露で2週連続ずぶ濡れになるのは避けたいので曲がらずにこのまま鉱山道路を歩く事にしました。再び黙々と登り続けて、7時34分、やっと大曲登山口からの合流地点に到着(19℃)

冷たいポカリスエットで喉を潤してから出発。

鉱山道路をてくてく歩いていると、ほどなく先程曲がらずに通過した坊原経由のコースとの合流地点を通過、その後、噴煙を上げる殺伐とした硫黄山を正面に望みながら歩き続け、目の前に立ちはだかるスガモリ越も足元に気を付けながら、ゆっくり、ゆっくりと登り続けて、8時23分、スガモリ峠の休憩所に到着(20℃)

大船山も九重山群、三俣山西峰も望む事ができたのですが、どこか霞みがかって、スッキリとした眺望ではなく、「思ったより早く崩れるかも」と思いつつ、今宵は中秋の名月なんで"Welcome, the full moon"と題して、お団子片手にモーニングコーヒータイム♪「今晩晴れますように・・・」とお願いしたのですが、多分、却下される事でしょう(笑)そんなこんなで楽しい時間を過ごした後、8時55分、法華院温泉山荘を目指して出発。

この頃になると、大船山は完全に雲隠れしてしまい、登山道脇に咲くイタドリを愛でながら北千里浜を歩き、その後、急な下りも坊ガツルを眼下に眺めながらのんびりと下って、9時33分、法華院温泉山荘に到着(20℃)早速、店員さんに「温泉は何時から入浴できますか?」とお尋ねすると、「10時30分頃かな」との事・・・う~ん、1時間近くあるなぁ。

とりあえず、天候も気になるので昼食タイムを前倒しで楽しむ事にして、このまま待機する事にしました。ベンチに腰掛け、登山靴とソックスを脱ぎ、すっかりリラックスモードで昼食作り・・・今日は山食の定番中の定番であるラーメンをご用意♪今日はトッピングする具材は何もないのですが、自販機でビールを購入して、出来上がったラーメンの横に置くと、豪華な昼食タイムの始まり、始まり~♪プシュッとひとくち頂くと、思わずニヤリ(笑)具がないラーメンも立派なつまみに早変わり! ゴクッゴクッ、ズルズルとご満悦していると、前方からデッカいザックを背負われたご夫婦が登ってこられたので、「坊ガツルでテント泊かぁ~、イイなぁ~♪」と羨望の眼差しで見ていたら、すれ違う時に「matsuzakiさん?」と声を掛けられ、「はて?」と思っていたら、以前、赤いグローブが縁でお知り合いになったhigetiasさんご夫妻でした・・・初めまして~♪

さて、リラックスモードの姿を見られて、ちょっと恥ずかしかったのですが、せっかくお会いできたので、和菓子をお供に楽しいお喋りタイムの始まり、始まり~♪しばらくすると、雨もポツポツ降ってきましたが、珈琲を飲みながらの楽しい山談義の前ではあまり気にならなかったのですが、あまり足を引き止めてしまってはいけないので、最後の締めに草加せんべいをバリボリと食べてからお別れしました・・・またの再会を楽しみにしています♪

その後、片付けを済ませ、売店で入浴料の500円を支払い、脱衣所へ・・・。

大船山は見事に雲隠れしていましたが、雨の日の温泉はいつもより気持ち良くて贅沢な気分になるのはなぜだろう・・・帰りの事を考えなければ(笑)

そんなこんなで、いつもより長風呂をしてしまい、ちょっとボ~としていますが、
本降りになる前に帰ろう・・・と、11時45分、法華院温泉山荘を後にしました。

先程まで降り続いていた雨はほとんど止んでおり、手に持った傘はほとんど出番もなく、樹林帯の急登に突入して、息を弾ませ、気持ちの良い汗をかいて、12時30分、雨ヶ池に到着・・・多くの登山客の方々で賑わっているなぁ♪

さて、楽しみにしていたヤマラッキョウは全体的にまだ早かったのですが、登山道脇で咲き乱れるマツムシソウの花々に秋の深まりを感じたり、平治岳をバックに自己主張するコオニユリなどの花々を愛でながら歩いて、13時20分過ぎ、雨ヶ池を後にしました・・・雨が心配。

その後、樹林帯の滑りやすい登山道を慌てず騒がずゆっくりと下って、14時6分、無事に下山する事ができました・・・が、樹林帯を抜けると、すぐにポツポツと降り始めたので足早にタデ原湿原を通り抜けて、駐車場へと戻りました。

手早く後片付けを済ませた後、長者原ヘルスセンターへ・・・。

売店で入浴料の350円を支払って、2階にある浴場に・・・湯船からは目の前にそびえる三俣山と星生山を望む事ができて、ロケーションは抜群♪他の入浴客の方との山談義にも話が弾み、少し逆上せ気味で上がった後は、1階の食堂に移動して、生ビール(550円)と鳥天定食(850円)でお風呂上がりの極上のひとときを過ごしました♪

2008091402.jpg
スガモリ越休憩所にて

2008091403.jpg
ちょっと早めのお月見♪

2008091404.jpg
殺伐とした北千里浜

2008091405.jpg
坊ガツルを眼下に

2008091406.jpg
ちょっと早めの昼食タイム♪

2008091407.jpg
法華院温泉山荘

2008091408.jpg
秋深まる坊ガツル

2008091409.jpg
咲き始めたヤマラッキョウ

2008091410.jpg
存在をアピールするコオニユリ

2008091411.jpg
タデ原湿原のアイドル的な存在のアケボノソウ

2008091412.jpg
鳥天定食

         

大船山に行って来ました。

2008/09/07(Sun)


2008090701.jpg
牧野道より

午前9時過ぎの岳麓寺登山口付近は曇り、蒸し暑い朝でした・・・。

駐車場に到着すると真っ先にブヨやアブが襲来しましたが、事前に準備は完了していたので、車から下りるとすぐにザックを背負い、ブヨやアブが飛び交う中、9時31分、駐車場を出発(苦笑)

ダラダラと登りが続く牧野道を、途中、牛さん達のトウセンボに遭いながらも、カワラナデシコやミヤコグサ、キンミズヒキ、マツムシソウ、キツネノマゴ、クサフジ、アソノコギリソウ、ヤマハッカ、マルバハギ、カワラナデシコなど多くの花々を愛でながら、ゆっくりと登って、10時23分、牧野道の最終地点に到着(25℃)

ここから先は蒸し暑い樹林帯になり、大汗をかきながら登って、11時20分、入山公廟分岐に到着・・・帰りに立ち寄る事にして、ここではスルー。この頃になると陽射しも差し込み、上空には青空も見え隠れしており、スポット光を浴びるミズヒキの美しさに感動しながら気持ちの良い樹林帯を歩いて、11時35分、鳥居窪に到着(25℃)

上空に青空が見えるものの山頂付近はガスったり、晴れたり・・・ちょっと天候が怪しげ。時刻はお昼頃でも昼食は山頂までお預けなのですが、さすがにお腹が空いたので、ザラメせんべいとこんにゃく畑(アセロラ)を片手にお菓子タイム♪バリボリと美味しく頂き、お腹の機嫌も直ったところで、12時5分、大船山頂を目指して出発・・・晴れますように~。

オオマルバノテンニンソウやイヨフウロを愛でながら急登を黙々と登り、標高1,600m付近にある岩のテラスまで来たところで休憩タイム・・・ふぅ~、ガスっているのは残念だけど、風が気持ちイイなぁ♪その後も黙々と登り続け、パッと広がる青空に胸躍ったり、登山道に覆い被さるように成長しているミヤマキリシマに四苦八苦しながら登って、13時35分、大船山頂に到着・・・やっと着いたぁ♪

が、「ふっ、見事に360度真っ白(苦笑)」

とりあえず、気持ちを入れ替えて、待望の昼食タイム・・・本日は生ハムとスライスチーズだけのシンプルなハムチーズパン、デザートにはピオーネをご用意♪ガスが晴れたり、再びガスったりの一進一退を見ながらのんびりと味わいながら食べていると、上空からポツポツ・・・最初は気のせいかな?と思っていたのですが、次第に雨足は強くなり始め、その後、一旦は止み、太陽も顔を出したのですが、再び降り始めたので、「これはイカン」と、パンとピオーネを急いで口に詰め込んで昼食タイムを終えた後、14時6分、慌しく山頂を後にしました・・・。

雨露がたっぷり付いた覆い茂る草木のおかげで、全身ビッショリになりながら、黙々と下り、15時13分、鳥居窪に到着(16℃)この頃になると雨は止んでおり、しばらく休憩していると太陽も顔を出し始め、柔らかな陽射しに包まれての休憩は何よりのご褒美でした♪

途中、登りではスルーした入山公廟に立ち寄ってお参りを済ませた後、苔むした石段を滑らないように下り、その後も順調に歩き続け、薄暗くなった樹林帯を抜けて、16時41分、牧野道終点に到着・・・5分ほど休憩して出発。

膝を痛めないようにゆっくりと牧野道を歩き、帰りは牛さん達のトウセンボには遭いませんでしたが、代わりにブヨの熱烈な歓迎を受けながら逃げるように足早に下って、17時28分、無事?ではなく、両足の数箇所を噛まれて下山(車に避難)する事ができました(苦笑)

2008090702.jpg
パッと晴れるも・・・

2008090703.jpg
ガスが迫り来る

2008090704.jpg
劇的に晴れないかなぁ・・・


本日の昼食タイム~♪


登山道を彩るオオマルバノテンニンソウ


秋の気配が色濃く漂う鳥居窪
足元にはウメバチソウの小さな蕾も♪


再び青空が広がる
         
Calendar
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。