スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

ミヤマキリシマを求めて・・・2日目

2009/05/31(Sun)


_MG_3199.jpg
夜明け

午前3時、携帯のアラームで目が覚める・・・前室の気温3℃

すぐに外の様子を伺うと、満天の星空が広がっていました。今日の朝駆けの成功は約束されたようなものだ・・・と、洗面等を手早く済ませ、3時38分にテント場を出発。

昨日の雨でズルズル&ベチャベチャな登山道に悪戦苦闘しながら、慎重に、慎重に登って、4時34分、大戸越に到着・・・ふぅ~、疲れた。ひと休みしたい気分でしたが、夜明けまであまり時間もないので、すぐに取り付き、南峰を目指して登り始めました。

咲き誇るミヤマキリシマにウットリしながら、
ゆっくり登って、4時58分、南峰に到着・・・濡れたカラダでは、ちょっと寒い(1℃)

南峰の撮影ポイントには、すでに多くのカメラマンがスタンバっておられ、
その中にはbocciさんや原園さんのいつもの見慣れた姿もありました・・・おはようございます。

肝心の夜明けは10分ほど朝寝坊して登場し、
その後は雲に覆われ始めました・・・山の斜面を流れる滝雲がビューティフル♪

_MG_3205.jpg

場所を本峰方面に移して、ゆっくりと撮影タイムを楽しんだ後、5時48分、本峰に到着(1℃)山頂には数名のグループと青いヤッケを着た方が・・・よく見たら、木下さんでした。今日は北尾根コースを登って来られたとの事、こちらもズルズルで、いつもより時間が掛かったとの事でした・・・お疲れ様でした。ガスで隠れた三俣山の出番待ちとの事だったので、上空に見え隠れする青空に一喜一憂しながら一緒に待機していると、南峰の撮影を終えられたbocciさん&原園さんも到着されました。

_MG_3209.jpg

その後もおしゃべりしながら待っているのですが、なかなか晴れてくれません。ですが、願いが通じたのか、しばらくすると、太陽がチラチラッと顔を出し始めたので、僕とbocciさんと原園さんは、山頂からの風景を撮りたいと言われる木下さんを山頂に置いて、本峰の先端部へと移動しました。三脚を構え、その瞬間を今か、今かと狙っているのですが、なかなか晴れてくれませんでしたが、コーヒーを飲みながら待機していると、陽射しが注ぐようになり、あとは三俣山の登場を待つだけでしたが、待てども待てども姿を見せてくれません。そのうち、higetiasさん&mamatiasさんご夫妻や大船山の山頂で熱い夜を過ごされたnonoさん&kehyさんご夫妻も到着され、談笑しながら待っていたのですが、タイムリミットの10時を過ぎても三俣山を拝む事ができなかったので、あとは残っている方々にお任せして、 10時9分、higetiasさん&mamatiasさんご夫妻と下山開始(5℃)

_MG_3230.jpg
絶景を見ながら・・・

_MG_3240.jpg

_MG_3242.jpg

途中、山頂で1人で待機中の木下さんにご挨拶した後、譲り合いの精神で南峰まで戻り、ミヤマキリシマに名残を惜しんでから下り始めました。上から大戸越を見下ろすと、予想していたよりも混雑はしていないようでした。とりあえず、急傾斜の滑りやすい下山道を慎重に下って、11時過ぎ、誰も怪我をする事もなく、無事に大戸越まで戻って来る事ができました。

_MG_3249.jpg
南峰斜面のミヤマキリシマ

_MG_3252.jpg
賑わう大戸越

せっかくなので、ミヤマキリシマに彩られた南峰斜面を見ながら、魅惑のコーヒータイム~♪をしていたら、アッ、大分の女性の方、それに先日、黒岳でバッタリ再会した大分のSさんにKさん、ギャラリー茶屋でよくお会いするご夫婦の方・・・花が縁で色んな方々と再会できるって、素敵な事ですね♪

_MG_3251.jpg
コーヒータイム♪

さて、名残惜しいのですが、まだまだ楽しみが残っているので、12時過ぎ、賑わう大戸越をあとにして坊ガツルに戻り始めました。higetiasさんを先頭に、mamatiasさんを真ん中に、後続は僕が受け持って、早朝よりも歩きやすくなった登山道をゆっくり下って、12時50分過ぎ、転倒する事もなく、無事に坊ガツルまで戻って来る事ができました♪

_MG_3260.jpg
到着~

_MG_3261.jpg
平治岳をバックに・・・

さて、さすがにお腹も空いたので、早速、平治岳を見ながら昼食タイム♪

higetiasさんはアルファ米をフル活用され、美味しいリゾットを作られました・・・ご馳走様です♪僕は食材にエリンギ、ぶなしめじ、タマネギ、ニンジン、ニンニク、スパゲティを用意して、きのこパスタを作りました♪他にも朝食に食べ忘れていたピザもフライパンで温めて美味しくいただきました!デザートの甘夏も美味しくいただいた後、お昼下がりのコーヒータイムを楽しもうとしていたら、下山中の ぎんさんを発見し、談笑しながら楽しいひとときを過ごしました♪

_MG_3263.jpg
リゾット

_MG_3266.jpg
きのこパスタ

_MG_3267.jpg
忘れられていたピザ・・・(笑)

_MG_3270.jpg
デザートタイム♪

_MG_3272.jpg
共同作業で手早く撤収♪

_MG_3282.jpg
kehyさん撮影

その後、テントの撤収作業を手早く済ませていたら、nonoさん&kehyさんご夫妻が帰路に着かれていたので、少し談笑した後、kehyさんに平治岳をバックにパシャリと写していただきました・・・ありがとうございます♪そして、16時1分、リラックスタイムを終えられたしんちゃんご夫妻と一緒に下山開始(13℃)大船山に見送れながらてくてく歩き、大船林道との分岐でしんちゃんご夫妻と「またお会いしましょうね~」と再会を楽しみにお別れし、雨ヶ池までの登りを気持ちの良い汗をかきながら頑張って、16時47分、雨ヶ池に到着。西日を浴びて更に輝く新緑にウットリしながらも、higetiasさん&mamatiasさんご夫妻と楽しいおしゃべりに花を咲かせて、18時18分、無事に下山する事ができました(10℃)

_MG_3283.jpg
名残を惜しむ

_MG_3287.jpg
雨ヶ池入口より北峰を仰ぎ見る
         
スポンサーサイト

坊ガツルでテント泊・・・1日目

2009/05/30(Sat)


_MG_3141.jpg
ガスってます

本日は瀬ノ本方面から長者原を目指したのですが、岩井川岳登山口の駐車場や牧の戸峠駐車場は飽和状態で路上にも車が溢れかえっていました・・・さすがはミヤマキリシマシーズンのくじゅうです。

肝心の長者原駐車場もほぼ満車状態で、あちらこちらを探し回って、やっと、大駐車場の片隅に駐車スペースを見つける事ができたので、無事に駐車完了。ホッとしていると、今度は小雨がパラパラ降り始め、本格的に降り出すのでは・・・と心配していたら、坊ガツルでテント設営中のmamatiasさんから晴れ始めた内容のメールがナイスタイミングで届き、、そんな心配を一蹴して、坊ガツルへと誘っていただきました(笑)

いつものように手早く準備を済ませて、12時53分に駐車場を出発。タデ原湿原をタタッと駆け抜け、樹林帯に突入し、登山道脇に咲き乱れるギンリョウソウを愛でながら、新緑のトンネルを登って、14時2分、雨ヶ池に到着(13℃)

_MG_3143.jpg
新緑の登山道

_MG_3149.jpg
ラブラブなギンリョウソウ

間もなく、本格的に雨が降り始めたので、傘を差しながら足早に歩き、
泥んこ登山道も無事にクリアーして、15時18分、坊ガツル野営場に到着。

_MG_3154.jpg
本降りに・・・

_MG_3157.jpg
雨ヶ池のミヤマキリシマ

_MG_3160.jpg
坊ガツル

色とりどりのテントが野営場を埋め尽くさんばかりに設営されてあり、mamatiasさんの姿を探していると、僕の姿に気付いていただいたまめ。氏が手を振っておられたので、そちらに向かいました。ぴろ氏も居られ、higetiasさん&mamatiasさんご夫妻は山に登られていて不在との事でした。とりあえず、まめ。氏から富士山登頂記念にと、ブルボンから発売の富士山限定☆エリーゼをいただき、腹ごしらえを済ませると、テントの設営開始。今宵の宿はぴろ氏の横の空いているスペースに張らせていただく事にしました。幸い、日頃の行いが良いのか、降り続いていた雨も止んでいたので、楽しみながら、ゆっくりと設営する事ができました♪その後、まめ。氏からキャンパー犬・ナナちゃんの飼主のしんちゃんを紹介していただきました・・・初めまして~♪

そんなこんなで荷物の整理等々をしていると、大戸越まで泥んこ遊びを楽しまれてきたhigetiasさん&mamatiasさんご夫妻も帰宅されたので再会を喜んだ後、まめ。氏&ぴろ氏はご馳走を作られていたので、「温泉帰りにいただくので残していて下さいね」とお伝えして(笑)、higetiasさん&mamatiasさんご夫妻と一緒に法華院温泉山荘へと向かいました。

_MG_3167.jpg
マイホーム♪

おしゃべりを楽しみながら、てくてく歩いて、15分ほどで到着。

_MG_3170.jpg
チラッと姿を見せる三俣山

_MG_3177.jpg
咲き誇るミヤマキリシマ

談話室は人でごった返していたので、「きっと浴場も人で溢れかえっているだろうなぁー」と覚悟して、受付で入湯料の500円を支払って、いざ温泉へ・・・ドキドキ。脱衣所でパパっと服を脱ぎ捨て、怖いもの見たさで戸を開けると、湯舟は人で埋まっていましたが、肌と肌が触れ合う究極の状況(笑)ではなく、カラダを洗いながら待っていたら、タイミング良く1人出られたので、そのチャンスを逃さないようにザブン・・・湯加減が僕好みでイイ感じ~♪最初はhigetiasさんとだけ話していたのですが、ミヤマキリシマの話題がキッカケに、他の方々とも山談義に花を咲かせて、楽しいひとときを過ごす事ができました♪

しばらくすると、再び混雑し始めたので上がる事にしました。

脱衣所を出ると、湯上がり美人のmamatiasさんがお待ちになられていたので、自販機の釣り銭切れに悩まされながらも、500mlのエビス顔等を無事にゲットし、談話室へ・・・本降りになってきたなぁ。談話室は先ほどまでの混雑はなく、空いているテーブルに座り、「さぁー、乾杯」をしようとしていたら、雨に打たれた登山者が2人入って来られたので見ていたら、フードを脱がれたその顔は、なんと、なんと、nonoさん&kehyさんご夫妻でした・・・雨の中、ご苦労様でした。せっかくなので、「一緒に乾杯しましょう♪」とお誘いして、5人で乾~杯♪楽しい話を肴にすると、ビールも美味しくて、グビグビ進みますぅ~(酔)

_MG_3180.jpg
宴会セット

その後、まめ。氏&ぴろ氏も登場し、
お二人が温泉から上がった後、2次会の場所を坊ガツルへと移しました。

帰宅すると、しんちゃんにお願いして、nonoさん&kehyさんご夫妻のザックを夜露に濡れないように、タープの下に置かせていただきました・・・ご好意に感謝ですぅ♪そして、すぐに料理の準備開始。まめ。氏&ぴろ氏のご馳走は、僕らの帰りがあまりにも遅かったので食べてしまわれたとの事、とても残念でしたが、こちらは次回の楽しみにして、2次会の始まり、始まり~♪この頃になると、月や星も望めるようになったので、ホッと安心しました。さて、2次会の方が豪華に、higetiasさん&mamatiasさんご夫妻の絶品鍋料理&ワインに、最近、のんべーになりつつあるように感じるぴろ氏持参のお酒、これから大船山に星景写真撮影に行かれるnonoさん&kehyさんご夫妻の貴重な食料であるちらし寿司&おにぎり、僕は食材に鶏のもも肉、かぼちゃ、タマネギ、ニンジン、ピーマン、エリンギ、えのき、ぶなしめじ、チーズを用意して、山でお初となる鶏の蒸し焼きを作りました。背後からの熱い視線に緊張しながらも、無事に作る事ができ、皆さんに喜んでいただいたので、ホッとしました(笑)

_MG_3184.jpg
今宵のディナー

そんなこんなで楽しい宴を過ごした後、星に誘われて、今から大船山を目指されるnonoさん&kehyさんご夫妻を見送った後、23時30分過ぎに就寝・・・2日目に続く。
         

ミヤマキリシマを求めて・・・扇ヶ鼻編

2009/05/24(Sun)



沓掛山付近は4~5分咲き

午前7時30分過ぎの牧の戸峠周辺は雲が多いものの晴れていました。

下の段の駐車場は満車でしたが、上の段はまだ半分近く、
駐車スペースが空いていたので楽々駐車する事ができたので安心しました。

無事に駐車できた事に安堵しながら、パパッと準備を済ませ、
バームクーヘンとコーヒーで簡単な朝食をとった後、8時4分に駐車場を出発(12℃)

コンクリートの急登を、ゆっくり、ゆっくり、汗をかかないように登って、8時28分、第1展望台に到着。新緑に彩られた沓掛山北斜面にエールを貰い、更に登り続けて、9時10分、第2展望台に到着(13℃)ここから先は涼しげな短パンスタイルにチェンジしてから出発しました。

あちらこちらではミヤマキリシマが咲き始めていたので、足を止めてはウットリを何度も繰り返して、9時40分、扇ヶ鼻分岐に到着(15℃)本日の目的地は扇ヶ鼻なのですが、このまま行くのは、ちょっと早いので、久住分かれ避難小屋まで足を延ばす事にしました。途中、西千里浜でお会いした3人グループのご婦人方とおしゃべりを楽しんで、10時5分、久住分かれ避難小屋前のお気に入りのテラスに到着(10℃)

_MG_3056.jpg
虫害も見当たらず、良好な状態です♪

_MG_3065.jpg
扇ヶ鼻山頂を望む

_MG_3068.jpg
星生西斜面をバックに

↓ミヤマキリシマに負けず、新緑の山肌もキレイです↓
_MG_3063.jpg

_MG_3069.jpg

_MG_3071.jpg
岩と新緑のコラボにもウットリしてしまいます♪

早速、久住山を見上げながら、ミルでゴ~リゴリ~♪と珈琲タイム♪本日は久しぶりにモカ・マタリをご用意しましたが、やっぱり、このモカ独特の酸味は極上の味わいでした♪そんなこんなで楽しい時間を過ごしていたのですが、カラダもだいぶ冷えてきたので、10時48分、扇ヶ鼻山頂を目指し、久住山に背を向け、往路を戻り始めました。

_MG_3073.jpg
珈琲タイム♪

_MG_3077.jpg
星生山頂を望む

再び、西千里浜で今度は岡山県から遠征中のご夫妻とお会いし、ミヤマキリシマの話題で盛り上がりました♪その後もミヤマキリシマと同様に咲き始めたイワカガミやマイヅ
ルソウ、ツクシドウダン、ウスノキなどの花々を愛でながら、ゆっくりと登って、11時42分、扇ヶ鼻山頂に到着(10℃)さすがにお腹も空いたので、風を避けれる場所で昼食の準備開始。先ずはアルファ白米をお湯で戻し、卵を溶き、パパッと炒めて、具材&ソースを混ぜ合わせれば、チキンライスの出来上がり。これに味噌汁も追加して、美味しくいただきました♪その後、食後の珈琲タイムを楽しんでいると、山頂部にガスがかかり始め、怪しげな雲に覆われ始めたので、楽しみにしていたお昼寝タイムを却下して、13時47分に下山開始(8℃)

_MG_3080.jpg
扇ヶ鼻山頂付近は1分咲き

_MG_3081.jpg
こちらは2分~3分咲き

今年の扇ヶ鼻はほとんどがまだ堅い蕾ながら、
蕾の数も多く、状態も良好で、この状態を維持して咲くのであれば、
久しぶりに扇ヶ鼻のピンクの絨毯が見れるのでは・・・と、期待しています。

扇ヶ鼻山頂付近のピークは10日~14日後でしょうか・・・
ピークがちょうど山開きに重なると、賑わって嬉しいなぁと思っています♪


_MG_3089.jpg
寛ぐつもりでギョサンを持参したのですが、今日は風が冷たくてちょっと寒かったですぅ(苦笑)

_MG_3095.jpg
ランチタイム

帰路も多くの花々と戯れながら楽しく下って、15時51分、無事に下山する事ができました。

_MG_3098.jpg
咲き始めたマイヅルソウ

_MG_3113.jpg
イワカガミ

_MG_3120.jpg
扇ヶ鼻山頂付近は蕾が多く、これから咲き始める事でしょう♪

_MG_3126.jpg
霧と新緑のコラボもビューティフル
         
Calendar
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。