池巡り・・・2日目

2009/07/19(Sun)


↓↓進化したストームクッカー↓↓
IMG_00028.jpg
ストームクッカー☆ガスバージョン

IMG_00027.jpg

_MG_0248.jpg

午前2時過ぎ、風が強くなったようでテントのバタつく音で
目が覚めたので、念の為、4本の張り綱を追加して補強してから再び就寝zzz

そして、午前8時過ぎに起床・・・うぅ~ん、よく寝た~♪

今朝は雨こそまだ降っていませんが、山の方は濃いガスに覆われており、予報通り、このまま悪天候になるような雰囲気でした。なので、今朝はのんびり、しばらくの間、ボ~と過ごした後、お腹は空かないので朝食はパスして、ブレンド豆をミルでゴ~リゴリ~♪と挽いてから、『ニューカントリー102』でモーニング珈琲タイム♪

「う~ん、イイ香り」

やっぱり、テントサイドで飲む珈琲は格別な味わいです!

さて、ダラダラと過ごした後、9時40分過ぎにキャンプ村を出発して、大浪池登山口の駐車場に移動・・・

相変わらずの人気でほとんどが埋まっていましたが、なんとか無事に駐車する事ができて、ひと安心。

IMG_00029.jpg


これも時代の流れでしょうか・・・

↓詳しい情報は九州地方環境事務所へ↓
http://kyushu.env.go.jp/to_2009/0527a.html

いつものようにパパッと準備を済ませ、10時5分に登山口を出発(19℃)この頃からパラパラと降り始めましたが、今日は休憩所までなので雨具は着用せず、傘をさしながら気持ちの良い樹林帯を歩いて、10時40分、休憩所に到着(14℃)

IMG_00031.jpg

肝心の大浪池はガスの中で拝む事ができず、そのうち一瞬でも見れるチャンスがあれば良いなぁーと待っていたら、急に雨足が強くなり始め、土砂降りに・・・。急いで休憩所に逃げ込み、難を逃れましたが、今日は不安定な天候のようなので、今日はあちらこちらを散策せず、この休憩所に立て篭もって、大浪池の姿が見れる事を待つ事にしました。

そうと決まれば、早速、珈琲タイム~♪

今朝はブレンドを飲んだので、マンデリンを飲み事にしました。今日はちゃんとミルを忘れずに持参したので、
雨音に合わせながら、ゴ~リゴリ~♪と挽いてから、『ニューカントリー102』で美味しくいただきました♪

IMG_00032.jpg

その後も雨は降ったり止んだりを繰り返し、大浪池は姿を見せる気配もありません。こればっかりはどうしようもない事なので、もう昼食を食べてから帰ろうと思い、昼食の準備開始!本日は食材に中華麺、キャベツ、カマボコをご用意。これらをフライパンに放り込み、パパッと炒めると、香ばしいソース焼きそばの出来上がり~♪

IMG_00033.jpg

まずはパクッと・・・しようとしていたら、外の様子に動きがあり、パッと出てみると、ガスが晴れ、大浪池の全貌が見えているではないですかー!!カメラを片手に急いで撮影タイム・・・ガスが良い感じで、より一層、神秘的な雰囲気が漂っています♪

_MG_0256.jpg

が、この数分後、再び、堰を切ったかのような豪雨が降り始め、びしょ濡れになりながら休憩所に退散しました(苦笑)これで心置きなく食事ができると、早速、パクッとひとくち・・・くぅ~、この麺のパリッとした食感、たまりません♪夢中で食べ続け、あっと言う間に完食・・・ふぅ~、満足、満足♪

_MG_000207.jpg
貸切で珈琲タイム♪

食後の珈琲タイムも楽しんだ、13時30分過ぎ、降り続いていた雨が止んだので、今のうちにと、
13時55分、休憩所を後にして、タタッと下って、14時24分、無事に下山する事ができました。

IMG_00034.jpg

この後、霧島市内に車を走らせ、Aコープにて、食材プラスアルファの確保を済ませた後、せっかくなので、霧島市霧島温泉健康増進交流センター『神乃湯』で汗を流してからキャンプ村に戻りました。

IMG_00035.jpg
プラスアルファ①

IMG_00036.jpg

テントサイドに戻ると、ビールで1杯やりながら、夕食の準備開始!!

IMG_00038.jpg
あぶり焼きチキンは食材&つまみに大活躍♪

IMG_00037.jpg
プラスアルファ②

今宵の食材にはあぶり焼きチキン、かぼちゃ、タマネギ、オクラ、アスパラ、きぬさや、いんげん、えのき、ぶなしめじをご用意し、昨夜と同様に蒸し焼きを作る事にしましたが、今日はご飯類も食べたいので、今回は風に弱いけど、高燃費のアルコールバーナーをストームクッカーに装着して蒸し焼きを作り、傍らでは、火力が強いガスバーナーでチャーハンを作るという、夢の2バーナーシステムを導入しました♪

IMG_00039.jpg

チャーハンは明日の朝食分まで作り終えた頃、
蒸し焼きも出来上がったので、熱いうちにと、早速、いただきま~す

ハフ、ハフ、熱いけど美味しい~♪

IMG_00040.jpg

グビグビとビールも進み、とってもイイ気分の夕暮れ時となりました♪

その後、キャンプ場の温泉にも入り、
お風呂上りの1杯も堪能した後は、テント内で珈琲タイム

ランタンの優しい灯りに包まれての珈琲タイムはまさに極上のひととき♪

_MG_000208.jpg
こんな感じで楽しんでいま~す♪

今宵は22時過ぎ頃まで寛いでから就寝しました・・・最終日に続く。

_MG_000209.jpg
夜は静かに更けてゆく
         

池巡り・・・初日

2009/07/18(Sat)


_MG_0199.jpg
正解は『大幡池』でした!

Nikoさん○大正解○、さすがですね~

正解者のNikoさんには絶景を見ながらの
珈琲タイムとマスターの流暢なトークをプレゼントしますね♪


↓↓霧島連山トレッキング☆本編の始まりです↓↓

IMG_00015.jpg

徹夜明けで勝ち取った貴重な休日、
眠い目を擦らせながら、走りに走って辿り着いた先は『えびの高原』

さて、今回の遠征の目的は霧島連山に点在する池を巡る事なのですが、まず最初は以前、復活祭の時に326さんNikoさんご夫妻からオススメしていただいた『大幡池』と最近また美しいエメラルドグリーンに戻った新燃岳頂上直下の池を巡る事にしました。

という事で、パパッと準備を済ませて、新湯林道入口を8時2分に出発(18℃)朝食代わりにポッキーを食べながら、舗装路を5分ほど歩くと、秘湯の匂いプンプンの国民宿舎新燃荘に到着。この先から未舗装路に変わり、気持ちの良い樹林帯の平坦路をてくてく歩いて、8時54分、涼しげな沢に到着(15℃)ここで顔を洗い、スッキリしてから出発。

IMG_00016.jpg

IMG_00017.jpg

ここから先、難所?の丸太橋を無事に越えるとやや急勾配になり、エゾハルゼミの大合唱に聴きながら楽しく登って、9時47分、獅子戸岳と新燃岳の鞍部に到着(14℃)ここからひと登りして、10時12分、新燃岳の山頂に到着しましたが、肝心のエメラルドグリーンの池はガスの中・・・。でも、待機しているとガスが晴れて、チラッと見る事ができました・・・ラッキー♪

IMG_00018.jpg
デンジャラス?

IMG_00019.jpg
新燃岳の稜線

_MG_0167.jpg

_MG_0177.jpg

これで心置きなく次の目的地に行けると、10時33分、足取りも軽やかに出発。タタッと下って、先ほどの鞍部に戻り、大幡池に向けて出発。この頃から青空や太陽も姿を見せ始め、ミヤマキリシマに覆われてちょっと狭い登山道を悪戦苦闘で乗り越え、11時45分、大幡山に到着(18℃)肝心の大幡池はまだ見えず・・・くぅ~、気分が盛り上がるなー。

IMG_00020.jpg

そして、少し進むと、
ついに、ついに、本日の目的地である大幡池が姿を見せました…オォ~、心が躍るぅ♪

_MG_0189.jpg

_MG_0190.jpg

池の傍まで行けそうだったので、早る気持ちを
必死に抑えながら、安全第一で下って、12時9分、大幡池に到着(19℃)

_MG_000205.jpg

↑↓う~ん、このロケーション、たまんないなぁー↓↑

_MG_000206.jpg

さすがは霧島連山常連の326さん&Nikoさんご夫妻が絶賛する場所です・・・スッゴく気持ちイイ~♪

他に誰も居ないので、このロケーションを独り占めにしながらの昼食タイム!

本日はキャベツ、しいたけ、ぶなしめじ、うどんをご用意・・・
これらをフライパンに放り込み、最後に小ネギと卵をトッピングすると、焼きうどんの出来上がり~♪

_MG_0208.jpg

ではでは、早速、パクッとひとくち・・・やっぱり、気持ちの良い場所で食べるランチは美味しいなぁー♪

_MG_0211.jpg

そんな大満足の昼食タイムでしたが、この後、大事な大事な物を忘れた事に気付く・・・

それは、珈琲豆を挽く為の『ミル』を忘れてしまったー

う~ん、やっぱり徹夜明けはダメですね~(苦笑)

でも、普通だったら諦めるのですが、この大自然に囲まれた大幡池の影響でしょうか。ここはワイルドに珈琲豆(本日はマンデリン)を石で叩き割って、ゴ~リゴリ~と石臼のようにして挽いてみました(笑)早速、お湯を沸かして淹れてみると、ちょっと薄めでしたが、これが意外や意外、美味しいんです・・・場所が美味しく感じさせるんですね~♪

_MG_0214.jpg

そんなこんなで、楽しい時間を過ごした後、13時28分、名残惜しいのですが、天候も心配だったので下山を開始する事にしました・・・また逢いに来ます♪下山路もミヤマキリシマに行く手を阻まれながらも、終始笑顔でニコニコ下って、16時23分、無事に下山する事ができました。

_MG_0224.jpg
大幡山より韓国岳を望む

下山後、向かった先は『えびの高原キャンプ村』

IMG_00023.jpg

連休中はこちらでテント泊する事にして、
受付で2泊分の2,200円(800円+協力費300円×2)を支払い、いざ、フリーテントサイトへ・・・。

パパッと設営を完了し、まずはプシュッとビールで乾~杯♪

_MG_0239.jpg
スナフキン参上!!

IMG_00025.jpg
カロリーが気になるお年頃なので・・・(笑)

その後、キャンプ場内にある温泉(入浴料は宿泊費に込み)に入りに行きました。建物は古く、浴室や脱衣所は狭いのですが、一応、露天風呂もあり、熱さも僕好みだし、こういう感じの温泉もなんか好きだなぁーと思いながら、ゆっくりと浸かりました♪

IMG_00024.jpg

温泉から出ると、売店でスーパードライの350ml(400円)を購入し、
テントに戻ってからプシュッとお風呂上りの1杯を堪能しました・・・ウマイ!!

だいぶほろ酔い気分になりながら、今宵の夕食の準備開始。食材には鶏肉、アスパラ、ぶなしめじ、しいたけ、いんげん、オクラをご用意。これらの食材を鍋に放り込み、20分ほどグツグツと煮込み、最後にチーズをトッピングすれば、美味しい鶏の蒸し焼きの出来上がり~♪

IMG_00026.jpg

ではでは、再び、プシュッとビールを開けて、いただきま~す♪

オッ、見た目はアレですが、中身は美味しい・・・ビールによく合います!

そんなこんなで、お腹も心も満たされた夕食タイムでしたが、睡魔の甘~い誘惑に打ち勝つ事ができず、20時30分過ぎ、えびの高原初日の夜は早々と就寝する事になってしまいました・・・くぅ~、残念ですが、2日目に続く。

_MG_0244.jpg
キャンプファイヤ~!!
         

涼を求めて、宝満山へ

2009/07/12(Sun)


IMG_0470.jpg

午前8時30分過ぎの竈門神社付近は曇り、
山頂部にもガスがかかり、ちょっと怪しげな天候でした・・・。

とりあえず、駐車料金の400円を支払い、神社で
「天候が回復しますように~」とお願いして、9時2分に出発(20℃)

梅雨の空は気まぐれ、天気予報は当てにならず、困った時は山の神様頼りですね♪

IMG_0471.jpg

前回に来た時よりも、グッと深みを増した緑に盛夏が近い事を感じながら、気持ちの良い汗をかいて、9時44分、水場に到着(16℃)すぐに冷たくて美味しい湧水をゴクゴクといただきました・・・こののどごし、たまりません♪せっかくなので、持参したかりんとうを食べながら、しばし憩いで先を急ぎました。

IMG_0472.jpg

この後、百段ガンキの急登にも負けずに登りつめ、10時17分、7合目の西院谷に到着(15℃)

こちらで5分ほど休憩して、汗を引っ込ませてから出発。

IMG_0474.jpg

IMG_0476.jpg

この先のガスに巻かれるアジサイの花々の妖艶な美しさに
ウットリしながらマイペースで登って、10時46分、宝満山の頂上に到着(15℃)

IMG_0479.jpg

IMG_0485.jpg

IMG_0494.jpg

残念ながら、周囲はガスに覆われており、眺望はゼロでしたが、
そんな事は気にせずに、ミルでゴ~リゴリ~♪と、お楽しみの珈琲タイム~♪

本日はカリタの『ニューカントリー102 』というちょっと変わった珈琲セットをご用意しました。

IMG_0488.jpg
カッコイイ~♪

この『ニューカントリー102』は、外観はパーコレーター、淹れ方はペーパードリップという感じですが、これがお互いの良いところだけをチョイスしているようで、とっても美味しいんです♪とっても雰囲気が良いので、最近、野外での珈琲タイムでは、コレの出動回数が多くなりました(笑)

ステンレスなので、ちょっと重いのが難点かな・・・

IMG_0493.jpg
コレがとっても美味しいんです!

そんなこんなで珈琲も出来上がり、「くぅ~、美味しい」と、ニコニコしながら一人で悦に入っていたら、「アッ」とバッタリお会いした福岡のAさん♪「今日はお一人なんですか?」とお尋ねすると、今日は単独との事だったので、「昼食ご一緒にどうですか?」とお誘いして、11時28分、キャンプ場近くの水場に場所を移して、昼食タイム♪

さて、本日は『涼を求めて』なので、『涼』と言えば、夏はやっぱり『そうめん』でしょう・・・ということで、先ずは麺を茹で、次に湧水で麺を冷やし、小ネギ、わさび、しょうがをトッピングした麺つゆでツルッと美味しくいただきました・・・これこそが日本の夏ですぅ♪♪

IMG_0498.jpg
ただいま冷却中~

IMG_0500.jpg
日本の夏

食べ終わった後はもちろん、食後の珈琲タイム~♪この『ニューカントリー102』にAさんも興味津々なようで、「コレ、めっちゃイイですよ~」など、カリタの営業マンのようなトークでA さんに売り込みました(笑)そんな楽しい時間はあっと言う間に過ぎ去るもので、時計の針は13時過ぎ、パパッと後片付けを済ませ、13時28分に下山開始。

IMG_0520.jpg
賑わうキャンプ場

IMG_0504.jpg
群生するオオバギボウシ

IMG_0516.jpg

下山路の話題はもちろん『劔岳 点の記』でAさんと大いに盛り上がり、2合目まで楽しく下山する事ができました。2合目に車を駐車しているAさんとはここで「また山でお会いしましょう」と言ってお別れし、その後もてくてく歩いて、14時41分、1合目まで下りて来た時、無性に珈琲が飲みたくなったので、涼しげな沢の隣でお昼下がりの珈琲タイムを楽しんで、15時54分、無事に下山する事ができました。

IMG_0521.jpg

IMG_0526.jpg
 分解した状態のニューカントリー102

IMG_0529.jpg
竈門神社守ってます

IMG_0532.jpg
生命力

IMG_0533.jpg
梅雨明けはまだかなぁ~


         
Calendar
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

Web PhotoGallery


Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
Advertisement