五竜岳からキレット小屋へ・・・6日目

2010/07/25(Sun)


午前3時7分、寒くて目が覚めたので前室にぶら下げている温度計を見てみると、気温は8℃。今回の遠征ではシュラフを使用しなかったり、使用しても半身を入れるだけの日々だったのですが、今朝は冷え込んだようで寒かったです・・・。とりあえず、お湯を沸かして、ほうじ茶を飲むと、ようやく寒さから逃れる事ができました。その後、徐々に寒さに慣れて大丈夫になったので、本日も五竜岳から先のG4、G5の難所越えが待っているので出発はなるべく早くしたいのですが、小屋泊の方々とトイレが兼用なので混雑に巻き込まれたら、30分近くのロスは間違いないので朝食は割愛し、着替え&テント内の片付け、テントの撤収までパパッと終わらせ、斜面を15分ほど登って、山荘に到着。すでに小屋泊の方々で賑わっていましたが、山荘の朝食は5時以降が多いので、まだ5時前の今だったら空いているはずなので、早速、トイレに駆け込んでみると、案の定、空いていたので、ゆったりと用件を済ませる事ができました(笑)小屋の外に出ると夜が明け始めていたので、目覚めのアクエリアス(500円)を飲みながら夜明けのショーを楽しみましたが、朝焼けしていたのが気になります。キレット小屋に辿り着くまで天候が悪化しないと良いのですが・・・。

2010072501.jpg
剱岳方面

2010072503.jpg
朝日に照らされる剱岳

2010072505.jpg
唐松岳

2010072504.jpg

とりあえず、まずは目の前の難所の通過に集中する事にして、5時26分、いつものようにロキソニンを飲んで小屋前を出発(8℃)今朝は強風が吹き荒れていたので岩場の通過がちょっと心配だなーと思っていたら、すぐに牛首と呼ばれるナイフエッジの岩稜の通過が待ち構えていました。朝からシンドイな~と思いながらもクサリを伝って慎重に通過しました。


牛首をトラバース

2010072510.jpg
コマクサが群生する斜面

その後、赤茶けたザレ場の斜面をコマクサに見惚れて転倒しないように下って、7時2分、最低のコルに到着したので、こちらでホッとひと息ついてから先を急ぎました。この先の白岳への登りは先ほどまでとは変わり、ダケカンバやシラビソが生い茂る中をジグザグに登る登山道だったので、周囲の風景を楽しみながら登って、8時18分、遠見尾根への分岐がある白岳の頂稜に到着。

2010072511.jpg
白岳の頂稜より

こちらから五竜山荘までは目と鼻の先で5分ほどで到着(12℃)早速、受付でカップラーメン(お湯あり:300円)とポカリスエット(500円)を注文して、ズルズル~と美味しくいただきました♪

2010072512.jpg
五竜山荘

2010072513.jpg
最近のお楽しみ♪

さて、お腹も満たされ、エネルギーもチャージされたので気合いを入れ直して、8時38分、五竜岳の頂を目指して出発。最初はそびえる五竜岳などを眺めながら登っていたのですが、登るにつれて段々と傾斜が増し始め、岩ゴロゴロの登山道に変わってきたので滑落しないように足元に注意しながら、G0やG2の大きな岩峰を黒部谷側に巻きながら登って、9時56分、五竜岳(2,814.1m)に登頂(20℃)

2010072514.jpg

2010072515.jpg
ダイナミックな山塊の五竜岳

記念撮影を済ませてから憩われていた5名のグループの方々と談笑しながら周囲の絶景をカメラに収めていたのですが、知らず知らずに崖の方に足を運んでいたみたいで、グループの方に「危ないよ~」と心配されてしまいましたが、見入って足を踏み外してしまうほど素晴らしい眺望なんですよ、五竜岳の山頂は(笑)

2010072516.jpg
ニッコリ♪


山頂から剱岳方面を望む(クリックで拡大)

このグループの方々も今日はキレット小屋にお泊まりとの事なので、小屋で美味しいビールが飲める事を誓い合って、10時16分、名残惜しかったのですが、ロキソニンを飲んで気合を入れ直してから五竜岳山頂をあとにしました。ガレたジグザグの急斜面を落石しないよう慎重に下って、10時46分、最低のコルに到着。こちらから見上げるG4は荒々しく大変そうだなーと思いながらも先を急ぎました。

2010072520.jpg

2010072519.jpg
聳え立つG4の岩峰

慎重に登って、11時20分、G4の岩峰のピークに到着。
せっかくなので、10分ほど展望を楽しんでから先に進みました。

2010072522.jpg
G4

2010072523.jpg
G4の岩峰のピークまであと少し・・・

2010072524.jpg
G4の岩峰のピーク

この先からはクサリ場やハシゴ場があったりして大変でしたが、いつの間にかG5の岩峰のピークは通り過ぎて、12時37分、北尾根ノ頭(2,560m)に到着。展望にも恵まれたので、こちらで10分ほど休憩してから出発。

2010072525.jpg

2010072526.jpg

2010072527.jpg

2010072528.jpg
踏み外し注意!!

2010072529.jpg
ガスが湧き上がる

2010072530.jpg
北尾根ノ頭

天候が持ち直したかのように思えましたが、口ノ沢のコルを通過する頃には再び周囲はガスに包まれてしまい、いよいよ夕立が来るような雰囲気だったので、足早にキレット小屋を目指しました。三段登りの岩峰を乗り越え、二段のクサリ場もクリアーして、1つ目の岩峰を回り込み、2つ目の岩峰を回り込むと、「オォ~、キレット小屋」と笑顔になりつつも最後まで気を抜かずに進んで、14時30分、無事にキレット小屋へ到着。

2010072540.jpg
二段のクサリ場

2010072531.jpg
岩峰を回り込むと・・・

2010072532.jpg
キレット小屋発見!!

2010072533.jpg
無事に到着♪

こちらにはテント場がなく、今宵は小屋泊なので宿泊(素泊まり:6,400円)の手続きを済ませ、部屋に移動しようと登山靴を脱いでいると、僕の大きなザックを見られた方々から「どこから来たの?」と聞かれたので、「日本海の親不知海岸から登って来ました」と言ったら、皆さん驚かれ、そして、褒めて下さいました♪さて、こちらのキレット小屋、大変な場所に建っているのに室内はとってもキレイで、敷布団から毛布、枕まで準備されています。飲料水も宿泊者には無料で提供されるし、自炊室や乾燥室も完備、生ビールはありませんが、キ~ンと冷えた缶ビールもあるので、急峻の岩場で出逢った桃源郷のようです♪

2010072534.jpg
キレット小屋内

部屋に行くと、先ほど褒めて下さった方々が目の前に居られたのでご挨拶をしてから自分の場所に腰を下ろしました・・・ふぅ~。それから着替えや荷物の整理をしていくのですが、動作の一つ一つに周囲の視線を感じるので、ちょっと緊張しました(笑)靴擦れの治療まで終えたのですが、膿みが出始めており、このまま放置していたら破傷風にならないか、ちょっと心配なので、今夜から抗生物質も飲む事にしました。抗生物質は3錠あるので、今夜から毎夜飲み続けても下山日まで足りるのですが、痛み止めのロキソニンも残り3錠なので、明日以降は朝昼で飲んでいたのを朝だけに減らさないといけません・・・。

さてさて、明日の準備も終えたので、おつまみセットを持って自炊室に行き、窓から外の様子を伺ってみると小雨がパラパラ降っているようで、明日の八峰キレット越えがいささか心配でしたが、自炊室では五竜岳の山頂でお会いしたグループの方々と1組のご夫妻が晩酌タイムを楽しまれていたので、僕もビールを片手に仲間に入れて貰いました♪

2010072535.jpg
今日は豪華にまぐろのチーズフランク♪

「もうすぐ子供が生まれるんですよ」と言ったら、
ご夫妻からは出産祝いに缶ビールをおごって頂きました・・・ありがとうございます♪

2010072536.jpg

しばらくすると皆さんは夕食に行かれたので、僕も夕食の準備をする事に・・・今宵はボロネーゼパスタと『スープなしあわせ ぎゅっとしあわせ2009』から『柚子仕立ての和風とろみスープ』を作って美味しくいただきました。

2010072538.jpg
パルメザンチーズが味の決め手

夕食後、珈琲を淹れていたら、先ほどのグループのリーダーの方が来られたので珈琲をご馳走したら、お礼にと、オールレーズンやパン、オニオンスープなど、たくさんの食料を頂きました・・・わらしべ長者の気分ですが、ありがとうございますぅ~♪

2010072539.jpg

そんなこんなで楽しい時間を過ごしてから部屋に戻り、19時30分、早々と就寝・・・6日目に続く。
         

不帰ノ嶮を越えて・・・5日目

2010/07/24(Sat)


午前4時30分、携帯のアラームで目が覚める。ベンチレーターから外の様子を伺ってみると、本日もガスに包まれていました・・・。とりあえず、お湯を沸かして『スープなしあわせ ぎゅっとしあわせ2009』の『北海道たまねぎのオニオンコンソメ』をを飲んで軽く朝食を済ませて着替えているとお隣さんから話し声が聴こえてきました。なんでも今日は天候が悪くなるとか・・・ホントかなぁ~。半信半疑でしたが、稜線上は風が強く吹いているようだったので半身だけ雨具を着用し、テント内の片付けを済ませて外に出ると、いつものようにパパッとテントを収納して、ロキソニンを飲んで、5時59分にテント場を出発(9℃)

2010072401.jpg
テント場

2010072402.jpg
ガスが晴れるも・・・

予想通り、稜線上は風が強くて寒かったのですが、動けば汗もかくので雨具は羽織らずに先に進みました。途中、左側の尾根に上がるような道との分岐に差し掛かりましたが、ガスっていて確証が持てなかったので、そのまま登山道沿いを進む事にしましたが、これが失敗でした。しばらく進んでも杓子岳への登り口に辿り着かないのでGPSで確認してみると、やっぱり、先ほどの分岐を左に進むべきでした。「戻るかなぁ~」と思いつつも、今更戻るのも嫌なので、他にルートがないか、GPSで確認してみると、ちょっと先に杓子岳に登る道があるようです!早速、その道との分岐まで行き、この場にザックをデポして、7時16分、杓子岳に向けて出発。重荷から解放されたので、ザレ場の道を駆け上がって、7時32分、杓子岳(2,812m)に登頂しましたが、ガスに包まれて何も見えないので記念撮影だけ済ませ、滞在時間僅か4分で往路を辿って先ほどの分岐まで戻りました。

2010072403.jpg
展望ゼロの杓子岳山頂

2010072404.jpg
下りていると晴れてきました・・・

出発の準備をしていると男女3人グループが来られたのですが、この方々も杓子岳の登り口を見逃してしまったとの事、「こちらからも登れますよ」と教えたら、とても喜んでいただけました。

2010072405.jpg
鑓ヶ岳

先に進むにつれ、天候も徐々に回復してガスも薄れていき、
8時46分、鑓ヶ岳(2,903.1m)に登頂する頃にはスッカリ晴れ渡っていました(15℃)

2010072406.jpg
下界は雲の下

2010072407.jpg
群生するミヤマオダマキ

2010072408.jpg
絶景も見え始める

2010072446.jpg
鑓ヶ岳までもう少し

2010072409.jpg
鑓ヶ岳にて

せっかくの大展望なので、30分ほどゆっくり休憩する事にしました。こちらは携帯電話(docomo)の電波が届いたので、奥様に生存確認のメールを送ったりしながら楽しく過ごして、9時28分、唐松岳を目指して再び歩き始めました。

2010072410.jpg

しばらくは広がる絶景を見ながら気持ちの良い稜線歩きを楽しんで、「もうすぐ天狗山荘だなー」と考えていたら、なぜか鼻血が・・・。この場でザックを降ろしてティッシュを出すのも面倒なので、山荘までガマンしようと歩いていたら、前から来られた5人グループの方がティッシュをくださいました・・・ありがとうございます♪途中、初見のウルップソウの姿の可愛らしさに歓喜しながら先に進み、雪田を通過して、10時16分、天狗山荘に到着。

2010072411.jpg
ウルップソウ

2010072412.jpg
雪田

2010072413.jpg
天狗山荘

食堂に行ってみると、『入口にはご自由にお使い下さい』との貼り紙が・・・登山客にとても優しい山荘です!さて、栂海新道を歩いている時から、カラダがカップラーメンをとても欲していたのですが、朝日小屋や白馬岳頂上宿舎には置いておらず、今まで食べる機会がありませんでしたが、この天狗山荘の食堂にはちゃんと置いてありました(お湯なし:300円、お湯あり:500円)すぐにお湯ありで、クー(450円)と一緒にご注文しましたが、う~ん、やっぱり、美味しいな~♪きっと、カラダが手っ取り早く塩分を補給できる食べ物として、カップラーメンを選択したんでしょうねぇ(笑)

2010072414.jpg

この天狗山荘、すぐ横には天狗池や雪田があったりして、水が豊富にあります。山荘の近くにテント場もあるようなので、機会があれば、テント泊でのんびりと数泊してみたいなーと思いながら、10時42分、後ろ髪を引かれながら先へと進み、20分ほどで、天狗ノ頭(2,812m)に到着(19℃)

2010072415.jpg
天狗池

2010072416.jpg
イワオウギが咲く登山道

2010072417.jpg
天狗の頭

この先から『天狗ノ大下り』と呼ばれるガレ場の下りで、落石せずに進むのが困難なほど足下が崩れやすかったのですが、幸いにも上からも下からも来られる登山客は居らず、ゆっくりと下って、12時32分、不帰キレットに到着。

2010072418.jpg
天狗ノ大下り

この先からいよいよ不帰ノ嶮の核心部に迫りますが、この頃になると周囲は再びガスに覆われてしまい、目の前にそびえる不帰ノ嶮は不気味に立ちはだかっていました。

2010072419.jpg
不帰ノ嶮

気を引き締めて気合いを入れ直し、12時42分に出発。まずは一峰に取り付くのですが、岩を持って体重をかけるとグラッと動いたりするところが多く、こちらは剱岳や槍穂間のキレットから比べると、ちょっと岩が脆いような感じがします。垂直壁への登りがあったりして大変でしたが、クサリもあるので考えていたよりも困難ではなく、30分ほどで一峰のピークに到着。

2010072420.jpg
一峰を見上げる

2010072421.jpg
一峰のピークにて

5分ほど休憩して先を急ぎましたが 、クサリ場があったり、スリリングなハシゴ渡りがあったりと気が抜けない場面が多々ありましたが、14時33分、ニ峰の北峰を通過、そして、14時52分、ニ峰の南峰に到着。

2010072422.jpg
ガスに包まれる二の峰

2010072424.jpg
下界では見慣れない標識(笑)

2010072425.jpg

クサリ場の連続

2010072426.jpg

2010072427.jpg
ハシゴ渡り・・・壊れないかなぁ(苦笑)

2010072428.jpg
こんな場所にもライチョウが生息していました♪

2010072429.jpg
二峰の北峰

2010072430.jpg
二峰の南峰

緊張の連続で、さすがに疲れたので、10分ほど休憩して出発。天候が悪化する前に、この不帰ノ嶮は抜けておきたいと思いながら先を急ぐのですが、幾つもの小ピークを越えても、一向に三峰のピークに辿り着きません。疲労がピークに達し始めた頃、少しガスが薄くなって目の前にピークが見えました。

2010072431.jpg

2010072432.jpg
足を滑らせないように・・・(汗)

2010072433.jpg
見えてきたピーク

「あれが三峰のピークかぁ~」と眺めていたら頂上に人影が見えたので、「あれっ、この時間帯に三峰に人が居るなんて、おかしいなぁ~」と思い、「ひょっとしたら、怪我をして動けなくなったのかも・・・到着したら無線機で救助要請をして」などと考えながら先を急ぎ、16時06分、三峰と思われるピークに到着しましたが、立派な標識が立っているので回り込んで見てみると、なっ、なんと、唐松岳(2,996.4m)の山頂でした・・・いつの間にか、三峰のピークは通過していたみたいです(苦笑)先ほどの人影は山頂から下って15分ほどの場所にある唐松岳頂上山荘から登って来た登山客でした。悲しいような嬉しいような、ちょっと戸惑いが隠せない登頂でしたが、とりあえずは安全圏に来れたので安堵しました♪

2010072434.jpg
唐松岳山頂にて

展望もないので、手早く記念撮影を済ませると、16時27分、唐松岳頂上山荘に向かいました。

2010072435.jpg
山頂直下

2010072436.jpg
山荘へ続く道

2010072437.jpg
コマクサ

登山道脇に咲き乱れるコマクサを愛でながら、20分ほどで山荘に到着。

2010072438.jpg
唐松岳頂上山荘

テントの受付(500円+トイレ利用料200円)を済ませ、生ビール(850円)とつまみのチーズたら(250円)を購入して、外のベンチで晩酌タイムを楽しんでいましたが、雨が降り始めたので、グィッと飲み干して、受付で煮沸済みの水2リットル(500ml:150円)を2リットル、入口の自動販売機で缶ビール(350ml:550円)を購入して外に出ると雨は止んでおり、このチャンスを逃すまいと、テント場に急いで向かいました。

2010072439.jpg
これが楽しみです!!

さて、この唐松岳頂上山荘のテント場は祖母谷(ババダニ)温泉からの登山道に沿ってあるのですが、手前の方は空いていないので、かなり下の方まで下らないと空いていません。結局、10分ほど下った場所にテントを張るスペースを見出して、無事に設営完了。その後、テント内に荷物を搬入していたら、再び雨が降り始め、間一髪セーフで濡れずに済みました・・・ホッ。

2010072440.jpg
急斜面に広がるテント場

2010072441.jpg
無事に設営完了・・・ふぅ~

2010072442.jpg
今回は長年愛用で年季の入ったKEENのニューポートでくつろぎタイム♪

労いの珈琲タイムを楽しんだ後、今宵の夕食タイムはアルファ米にレトルトのすき焼き丼をトッピングしていただきましたが、やっぱり、アルファ米はカラダに合わないようです(苦笑)

2010072443.jpg

2010072445.jpg

その後、お口直しに晩酌タイムを楽しみ、21時過ぎに就寝・・・5日目に続く。

2010072444.jpg
好きです 北海の味
         

白馬岳へ・・・4日目

2010/07/23(Fri)


午前2時30分過ぎに目が覚めたので外の様子をベンチレーターから伺ってみると、ガスっているものの雨の心配はなさそうなので、ホッとしました。もう少しだけ寝ようかなと思ったのですが、本日も行程は長いので、このまま出発の準備に取り掛かる事にしました。今朝はあまりお腹が空かないので朝食は割愛して、シュラフ等を片付けて着替え等を済ませた後、テントの撤収作業を手早く済ませて、いつものようにロキソニンを飲んで、4時5分に出発(13℃)

すぐに朝日岳との分岐がある水谷のコルを水平道に進路を取るのですが、水平とは名ばかりでアップダウンの連続です・・・。早朝からなかなかツラいところですが、まだまだ残雪が多く、雪渓を歩く場面が多いので、踏み抜きや滑落などに気を付けながら集中して歩いていたら、あっと言う間に時間が過ぎ、5時54分、朝日岳との分岐に到着。

2010072301.jpg
赤ペンキを目印にして歩く

2010072337.jpg
朝日岳との分岐

休憩はせずに先に進んで、6時20分、小桜ヶ原に到着したので、5分ほど休憩して歩き始めました。天候はいまいちでしたが、登山道脇にはハクサンコザクラやエゾリュウキンカ、チングルマ、ミネウスユキソウ、イヨフウロ、オタカラコウなど多くの花々が咲いていたので、あちらこちらで道草をしながら楽しく歩き、その後、殺風景な岩屑の斜面を黙々と登って、9時56分、雪倉岳(2,610.9m)に登頂(15℃)

2010072302.jpg
木道が続きます

2010072303.jpg
エゾリュウキンカ

2010072304.jpg
ミネウスユキソウ

2010072306.jpg
天候も回復の兆し

2010072307.jpg
雪倉岳へ最後の登り

2010072308.jpg
雪倉岳にて

記念撮影を済ませた後、登山靴を脱いで、30分ほど大休憩してから先に進みましたが、この頃には天候も回復し、真っ青な気持ちの良い青空が広がっていました。

2010072310.jpg
白馬岳を望む

2010072309.jpg
雪倉岳を振り返る

絶景を堪能しながら30分ほど下って、雪倉岳避難小屋に到着。せっかくなので、小屋内を拝見させていただいたのですが、なかなかキレイで驚きましたが、非常時のみ利用可との事です。

2010072311.jpg
雪倉岳避難小屋内

避難小屋から20分ほど歩くと、チングルマ、コバイケイソウなどのお花畑と雪渓の雪解け水が流れる、とても素敵な場所に辿り着いたので、先を急ぎたい気持ちはありましたが、このまま通過するだけでは非常に勿体ないので、大休憩をする事にしました。スーパーデリオス(浄水器)で2リットルの水を濾過して飲料水にしたり、お花畑を撮影したり、雪解け水で冷やしたタオルでカラダを拭いたり・・・シアワセ~♪

2010072312.jpg
いざ白馬岳へ

2010072314.jpg
水量豊富に流れています

2010072315.jpg
出発まで冷やしておきます

2010072316.jpg
コバイケイソウ(背景の山は白馬岳)


チングルマのお花畑(クリックで拡大)

その後もしばらくの間、お花畑にウットリしながら楽しい時間を過ごして、12時26分、本日2度目のロキソニンを飲んで、目の前にそびえる白馬岳の頂を目指して出発。雪渓のトラバースではだいぶ気温が上がっていたので雪がグズグズで足下が崩れたりしないか、ドキドキしながらのトラバースでしたが、ゆっくり、確実に進んで無事に通過する事ができ、15時7分、三国境に到着(20℃)

2010072318.jpg
雪渓をトラバース

2010072319.jpg
絶景に見惚れながら

2010072317.jpg
ハクサンイチゲ

2010072320.jpg
鉢の鞍部から往路を望む

2010072321.jpg
三国境

10分ほど休憩して先を急ぎ、馬ノ背と呼ばれる露岩帯も無事に通り抜け、16時20分、白馬岳(2,932.2m)に登頂(16℃)あいにく、周囲はガスに覆われてしまって展望はありませんでしたが、ようやくここまで辿り着く事ができた達成感と本日の残りの行程は下るだけという安堵感から

「う~ん、感無量」

2010072322.jpg

2010072323.jpg
馬ノ背が続きます

2010072324.jpg
ブロッケンも出現

2010072325.jpg
白馬岳にて

20分ほど休憩して、本日の幕営地である白馬岳頂上宿舎のテント場を目指して下り始めました。

2010072326.jpg
白馬山荘を眼下に

あとは下るだけ・・・とは言っても、さすがにこの時間帯になると疲労度はピークに達しており、気持ちは先に行けども、カラダはなかなか思うように進みません。それでも白馬山荘でひと休みして更に頑張って下って、17時10分過ぎに白馬岳頂上宿舎への分岐に到着したので下ってみるのですが、テント場への入口は分かっても受付をするところが案内板もないので分かりません。おまけに建物のあちらこちらには宿泊者以外立ち入り禁止の立て札ばっかり・・・。仕方がないので大雪渓側に下ってみると、ようやくテント場の受付の看板を発見しましたが、なぜ、上の方にテントの受付場所を知らせる看板が一つもないのか不思議です・・・登山者は大雪渓からだけではないと思うんですけどねぇ(苦笑)

2010072327.jpg
食堂入口

食堂兼テントの受付にて、テント泊の受付(500円)を済ませた後、
まずはやたらと高い唐揚げ(450円)をつまみに生ビール(900円)で乾杯。

2010072328.jpg
ビールは高いとは思わないのですが・・・(笑)

ほろ酔い気分になった後、食堂前にある自動販売機で缶ビール(350ml:550円)とアクエリアス(500ml:450円)を購入してからテント場に向かいましたが、朝日小屋と違って、こちらはかなり多かったのですが、入口付近に場所を見出して無事に設営完了。

2010072329.jpg
自動販売機

2010072330.jpg
テント場付近に咲き乱れるミヤマオダマキ

2010072331.jpg
テント場

先ほどの受付の人の話では飲料水は黄色のタンクから汲んで下さいとの事だったのですが、誰も汲んでおらず、皆さん、水入れを持って、どこか違うところに汲みに行かれている様子だったので、女性の方に聞いてみると大雪渓側にちょっと下ったところに雪渓の雪解け水がたくさん出ているとの事でした・・・。とりあえず、今日は夕暮れが良さそうなので水汲みは後回しにして、近くにある丸山(2,768m)まで登ってみる事にしました。8分ほどで到着しましたが、夕暮れを鑑賞しようと大勢の宿泊客で賑わっていました。その隙間に陣取って風強い中を待機していると、とっても素敵なショーに出逢う事ができましたぁ♪


暮れゆく剱岳(クリックで拡大)


杓子岳とかなとこ雲(クリックで拡大)

※かなとこ雲とは・・・成長した積乱雲の頂上部分が平らに広がったもの

2010072334.jpg
夕暮れ

1人、2人と帰る中、最後の最後まで粘って、夜の帳が下りる頃に下山開始。


夕焼け小焼け(クリックで拡大)

途中、大雪渓側にちょっと下って、雪渓の水を5リットル汲んでからテント場に戻りました。先ほど食べた唐揚げのおかげであまりお腹も空かないので、今宵はベビーバーグをフライパンで焼き、ケチャップをトッピングして、ビールと一緒に美味しくいただき、21時過ぎ、ほろ酔い気分で就寝・・・4日目に続く。

2010072336.jpg
         
Calendar
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

Web PhotoGallery


Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
Advertisement