スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

宗像四塚縦走

2011/02/27(Sun)


昨晩はhigetiasさん&mamatiasさん宅にて、飲み過ぎない程度に宴会を楽しみました♪

2011022601.jpg

次はぜひ坊ガツルでお願いしますね♪

城山登山口に7時20分過ぎに到着。本日はこちらを起点にして、城山~金山~孔大寺山~湯川山を巡り、下山後は公共機関を使いながら、再びこの登山口まで戻って来るこのコース、4つの山、それぞれはどれも標高500mも満たない山々ですが、歩行距離は14km、累計標高差は1,400m近くになるという登り甲斐のある縦走路のようで、とっても楽しみです!!

朝食をとりながら準備を済ませて、7時42分に登山口を出発。

2010022701.jpg
城山登山口・・・駐車場(5台ほど駐車可)、水場&トイレもあります

城山までは地元の方々の散歩コースみたいで歩きやすく、
ウォーミングアップには最適で、ゆっくりと歩いて、30分ほどで城山(標高369m)に到着。

2010022702.jpg
赤馬山古城址の城山山頂

こちらから石峠へと下り、金山に登ります。

2010022703.jpg

気持ちの良い樹林帯に心癒されながら歩き、8時55分、金山南岳に到着。

2010022704.jpg
金山南岳

2010022705.jpg
展望も良いです♪

こちらから10分ほど登って、金山北岳(標高317m)に到着。

2011022729.jpg
気持ちの良い縦走路


2011022730.jpg
金山北岳・・・次に目指す孔大寺山を望む

再び下って、9時51分、一旦、車道の地蔵峠に出ます。

2010022706.jpg
軽快なリズムで歩く

2010022707.jpg
ツバキ花咲く縦走路・・・ちょっと遅かったかなぁ~

2010022708.jpg
振り返ると、すでに金山が遠くそびえる・・・

2010022709.jpg
金山登山口

車道を横断して、今度は孔大寺山の登山口を登り始めるのですが、お腹が空いたので、どら焼きを食べながら、10分ほど休憩してから先を急ぎ、10時47分、宗像四塚最高峰の孔大寺山(標高499m)に到着しましたが、展望は今までで一番ありません。ですが、心地良い風が吹き抜けていたので、休憩するには最適な場所でした♪

2010022710.jpg
こちらも歩くのが楽しい♪

2010022711.jpg
孔大寺山

先に休憩されていた二人組のご婦人と山談義に花を咲かせながら、5分ほど会話を楽しんで出発。この先から再び下るのですが、長い急坂で、設置してあるトラロープの助けを借りながら、転倒しないようにゆっくりと下り、11時54分、車道の垂見峠に到着。

2010022712.jpg

再び車道を横断して、今度は宗像四塚最後のピークとなる湯川山へと取り付きます。

2010022713.jpg
垂見峠

2010022714.jpg
面白い木々にウットリ

縦走路に立ち並ぶ木々に目を奪われながら、
ゆっくりと標高を稼ぎ、12時31分、アンテナ基地に到着。

この先から山頂直下まではかなりの急登が続き、今までの疲労も重なって、かなりシンドイです。

2010022715.jpg
最後の難関

そして、12時54分、湯川山(標高471m)に到着。

2010022716.jpg
お疲れ様でした♪

夕方から雨との天気予報も気になるところでしたが、
せっかく苦労して登ってきた湯川山、すぐに下るのは勿体無いので、こちらでランチタイム!!

僕とhigetiasさんはカップヌードル、mamatiasさんはオニギリを
頬張るだけの簡単な食事でしたが、達成感の後の食事はとっても美味しいものですね!!

2010022717.jpg
二人仲良く、展望を楽しむ

名残は惜しいものの、雨には遭いたくないので、12時31分、下山開始。山頂から急坂を下ると、その先から倒木などで登山道が荒れていましたが、higetias隊長の適切な判断で迷う事もなく、14時5分に林道を横断後、こちらから7分ほどで登山口がある承福寺(公衆トイレあり)に到着。

2010022718.jpg
急坂

2010022719.jpg
弥勒尾の峰

2010022720.jpg
一応、登山道です(苦笑)

2010022721.jpg
湯川山登山口

せっかくなので、宗像四塚縦走を達成したと余韻にゆっくりと浸りたかったのですが、こちらからバス停までは15分、バスの時刻が門前バス停発14時24分だったので、トイレに行かれたhigetiasさんを待たずに、mamatiasさんとマスターは猛ダッシュ・・・すぐに追いついて来られましたが(笑)

2010022722.jpg
承福寺付近より

2010022723.jpg
スイセン咲く

2010022724.jpg
菜の花畑

2010022725.jpg
higetiasさん、乗り遅れますよぉ~

猛ダッシュしたおかげで、14時23分、門前バス停に到着。誰も乗り遅れる事なく、
無事に終点の西鉄バス赤間自動車営業所(15時5分着)まで行く事ができました♪

2010022726.jpg
門前バス停~赤間自動車営業所:料金510円

ですが、この辺りからポツポツと雨が降り始め、あっと言う間に本降りになってしまいました。

2010022727.jpg

縦走し終わった後だったので、雨が降っても憂鬱になる事もなく、
車道を気持ち良く歩いて、15時19分に城山登山口に戻る事ができました。

その後、higetiasさんオススメの脇田温泉・湯乃禅の里(入浴料:800円)に立ち寄りました。

higetiasさんと山談義に花を咲かせながら、
ゆっくりと湯船に浸かり、カラダの芯まで温まってから帰路に着きました。

2010022728.jpg
脇田温泉・湯乃禅の里

綿密な計画を練って下さったhigetiasさん、ありがとうございました♪
         
スポンサーサイト

英彦山周遊

2011/02/22(Tue)


午前10時30分過ぎの別所駐車場は快晴、絶好の登山日和でした。

英彦山は学生時代、1度登っただけで今まで登る機会がありませんでした。

「また登ってみたいなぁ~」という気持ちだけはあったんですけどねぇ・・・。

という事で、今回は縦走した気持ちを抑えつつ、
英彦山神宮(奉幣殿)にお参りして、正面登山口から山頂を目指す事にしました。

パパッと準備を済ませて、10時45分、駐車場を出発、
車道を10分ほどてくてく歩いて、英彦山神宮入口に到着。

2011022201.jpg
英彦山神宮入口

ここから息を弾ませながら石段を登って、11時5分、英彦山神宮(奉幣殿)に到着。

2011022203.jpg
英彦山神宮(奉幣殿)

2011022202.jpg
梵鐘

2011022204.jpg
4合目付近

道中の安全と家内安全を祈願してから出発。3合目付近まで雪がなかったのでスムーズに登ってこれたのですが、この先からはアイスバーンになっているので、多少、緊張が強いられます。アイゼンでも装着すれば大丈夫なのですが、あいにく、今日は持ち合わせていません。途中で拾った木々をダブルストックにして、キックステップで先へと進み、11時50分、5合目の中津宮に到着。こちらには宗像三女神の市杵島比賣命(イチキシマヒメノミコト) 多紀理毘賣命(タギリヒメノミコト) 多紀津比賣命(タギツヒメノミコト)が祀られています。

2011022205.jpg
中津宮

この辺りまで来ると、登山道からの展望も開け、
気持ちの良いスノートレッキングを楽しむ事ができます。

2011022206.jpg
登山道より

2011022207.jpg

2011022208.jpg
立ち木ビューティフル♪

2011022209.jpg
気持ちの良い登山道

2011022210.jpg
あの~木、気になるぅ~♪

2011022211.jpg
稚児落付近・・・トレースはバッチリ

開銭の跡(下乗)という入山料を徴収していた
場所を過ぎて、12時23分、産霊(ムスビ)神社(行者堂)に到着。

2011022212.jpg
こちらには井戸水があります

小休憩した後、再び登り始めますが、とても歩きやすく、笑顔がこぼれてしまいます。

2011022213.jpg
青天へ続くスノーライン

そして、12時37分、英彦山神宮の上宮、中岳(標高1,188.2m)に到着。

2011022214.jpg
上宮

2011022217.jpg
中岳にて

2011022216.jpg
山頂からの展望

休憩所があるので、こちらで珈琲タイムを楽しむ事に・・・

2011022215.jpg

本日の昼食は、行動食のドーナツだけで済ませます。

2011022218.jpg
珈琲がウマイッ!!

ゆっくりと珈琲タイムを満喫して、13時30分に隣の南岳を目指します。

2011022219.jpg
南岳

途中、中岳と南岳の鞍部付近に雪庇ができていましたが、トレースを外さなければ落ちることもないので、何事もなく無事に通過し、斜面もキックステップで登って、13時43分、南岳(標高1,199.6m)に到着。

2011022220.jpg
南岳への登り

2011022221.jpg
南岳

雪解けで滑りやすくなった登山道にやや苦戦しながらも
先へと進み、14時9分、材木石付近まで下りて来ると、雪はほとんどありません。

2011022222.jpg
南岳山頂直下

2011022223.jpg
鎖場

2011022224.jpg
材木石

2011022225.jpg
ホントに材木みたい!?

材木石のは火山で噴出したマグマが急に冷えて固まった時にできた安山岩の柱状節理で出来上がったとの事。今更ながら、自然の織り成す造形美に驚いてしまいます。足取りも軽やかに先に進み、14時59分、虚空蔵分岐に到着。せっかくなので、立ち寄ってみる事にしました。

2011022226.jpg

100mほど登って、虚空蔵がある岩屋に到着。

2011022227.jpg

この先には・・・


石仏が祀られています

厳かな雰囲気の中で休憩した後、先を急ぎ、15時35分、英彦山神宮に到着。

2011022229.jpg
歩きやすい登山道

2011022230.jpg
ワイルドな休憩所

2011022231.jpg
英彦山神宮

この後、英彦山宝物展の駐車場の先に見つけた遊歩道?を
てくてく歩いて、15分ほどで別所駐車場まで無事に戻る事ができました。

2011022232.jpg
遊歩道?
         

井原山散策

2011/02/21(Mon)


古場岳の井原山登山口から井原山に登ってきました。

IMG_5551.jpg

登山口付近には駐車場がないので、ちょっっと先にある駐車スペースを利用し、10時22分に出発。

IMG_5552.jpg
山頂まで50分とはお手軽♪

踏みしめる雪の音を楽しみながら、沢沿いの登山道を登って、10時50分、布巻林道と合流。

IMG_5554.jpg

この先から、所々でズボッと落とし穴に嵌りながらも、11時30分、井原山の山頂に到着。

IMG_5558.jpg
意外にも積雪量が多い

IMG_5562.jpg
山頂まであと少し

IMG_5565.jpg
山頂にて

IMG_5566.jpg
雷山を望む

IMG_5567.jpg
三瀬峠方面

IMG_5571.jpg
昼食はカップヌードルとおにぎり♪

IMG_5573.jpg
ゆっくりと珈琲タイム

1時間ほど、のんびり過ごして、13時34分に下山開始。

IMG_5574.jpg
雪解けの登山道

帰路は雪が解け始めたので登山靴の中まで
グッショリ濡れながら、13時34分、無事に下山する事ができました。
         
Calendar
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。