坊ガツルまでトレッキング

2011/03/19(Sat)


長者原から坊ガツルまでトレッキングして来ました。

本日の天候は曇りでしたが、
予報ではお昼前から晴れるとの事だったので、好天を信じて、8時5分に駐車場を出発(5℃)

2011031901.jpg
雲隠れする三俣山

雪も姿を消し、ちょっと寂しげな雨ヶ池越でしたが、先に進むと、
数は少ないもののマンサクの黄色い花々が登山道を彩っていました♪

2011031902.jpg
マンサク

マンサクだけでなく、厳しい冬を乗り越えたツクシシャクナゲも立派な蕾を膨らませていました!!

2011031903.jpg
ツクシシャクナゲの蕾

上ばかりを見ていると見逃してしまう、
大きな葉っぱに守られながら成長する、ツクシショウジョウバカマの蕾。

2011031904.jpg
ツクシショウジョウバカマの蕾

_MG_5852.jpg
参考までに、開花したツクシショウジョウバカマ(今年は4月中旬頃になるかな~)

春を満喫しながら、9時24分、雨ヶ池に到着(4℃)

この先からドロドロになった所や残雪が凍りついた所があり、
ちょっとヒヤヒヤしましたが、無事に通過して、9時57分、坊ガツルに到着。

2011031907.jpg
雨ヶ池の樹林帯

今日は『野焼き』でしたが、地面が乾かないとの事で来週の26日に延期になったとの事でした。

午前中、外で珈琲を飲んでいたら、長くは続かなかったのですが、
30分ほど小雨が降ったので、中止になって良かったのかもしれません。

2011031908.jpg
平治岳を見ながら・・・

山々も雲隠れしてしまったので、避難小屋で昼食を食べながら、天候が回復するのを待ちます。

2011031909.jpg
昨夜が鴨鍋だったので、その残りのスープを利用して雑炊を作りましたが、ウマイッ♪

その後、青空は望めませんでしたが、天候も回復し、心ゆくまでマンサクを楽しむ事ができました♪

~坊ガツルのマンサク~
全体的に蕾が多かったのですが、↓咲いているところ↓は7~8分ほど咲いていました。

野営場入口付近は固い蕾、鳴子川沿いは他よりも開花が早いようです。

他に立中山山麓にも点々と黄色い花々が見えていました。

2011031905.jpg
白口岳をバックに

2011031906.jpg
マンサクの海にそびえる大船山

気が付けば、時刻は14時過ぎ・・・

再び、天候が悪化する前に下山して、15時40分、無事に長者原まで戻る事ができました。

2011031910.jpg
坊ガツルから雨ヶ池に登る途中にもマンサク発見!!

2011031911.jpg
蕾を膨らませるアセビ
         

坊ガツルでテント泊・・・2日目

2011/03/06(Sun)


午前6時過ぎ、テントを叩きつける雨音で目が覚める・・・(テント内の気温-1℃)

2011030601.jpg
悪天候の2日目

昨日の天気予報では夕方から雨だったので、午前中に撤収すれば良い・・・と思っていたのですが、予報は大きく外れて、昨日の快晴はどこへやら、今日は早朝から暴風雨です(苦笑)最初から雨だったら、急いで撤収する事もないので、気持ちを切り替えて、先ずはチャイを作って暖まります♪

それから朝食の準備をするのですが、昨日のキムチ鍋に、
ご飯、卵、ニラ、小ネギをトッピングするだけなので、とっても楽チンでした!!

2011030602.jpg
キムチ雑炊

お腹いっぱい食べた後は、もちろん、モーニング珈琲タイム!!

2011030603.jpg
雨の日はなぜかいつも以上に珈琲が美味しいです♪

雨音をBGMに、珈琲を飲みながら、ゆっくりと過ごした後、9時20分過ぎに撤収作業を開始して、30分ほどで終了。昨日は4張ほどあったテントも、この時間帯にはすでに誰も居ません。ちょっと寂しい気持ちになりながら、10時7分、春雨に打たれての下山開始。

2011030604.jpg
次回は快晴の時に・・・

2011030605.jpg
雪解け・・・ひと雨ごとに春も深まってゆく事でしょう

相変わらず、強風が吹き荒れて寒かったのですが、
おかげで雨ヶ池の登りでは大汗をかく事もなく、10時59分、雨ヶ池に到着。

2011030606.jpg
雨ヶ池

長者原までの下りは雪が水を吸ってアイスバーンのようになっており、大変滑りやすくなっていましたが、石の上を飛びながら、凍っている箇所を避けて歩く事ができたので、アイゼンを装着する事もなく、12時7分、無事に下山する事ができました。
         

坊ガツルでテント泊・・・1日目

2011/03/05(Sat)


午前11時過ぎの長者原は快晴、気持ちの良い青空が広がっていました♪

逸る気持ちを抑えながら登る準備をした後、
イチゴジャムをトッピングした食パンを2枚食べてから、12時ジャストに駐車場を出発(9℃)

2011030501.jpg

小春日和の中、春到来を肌に感じながら、
木道をテクテクと歩いて樹林帯に突入したのですが、まだまだ雪が残っていました。

2011030502.jpg
残雪の登山道

今日は最初から半袖での行動したが、それでも大汗をかきながら歩き、13時18分、雨ヶ池に到着(8℃)雨ヶ池は残雪少なく、もうすでに春に移行していました。整備して歩きやすくなった登山道でしたが、途中、雪が解けてドロドロになっている箇所もあり、滑らないように恐る恐る、慎重に通過しました(苦笑)

坊ガツルに下る途中に新設されたベンチからは
残雪の大船山を望め、雲の動きも面白かったので、しばらくの間、ウットリと眺めていました。

2011030503.jpg
新設されたベンチより

残雪の樹林帯を楽しみながら歩いていると、休憩している10名ほどの団体さんがおり、僕のザックを見て、ビックリしながら、「どこで泊まるの?」「何kgあるの?」「半袖で寒くないの?」などと質問攻めに遭いました(笑)

2011030504.jpg

その後は静かな山麓歩きを楽しんで、14時3分、坊ガツル野営場に到着。

2011030505.jpg

ザックを降ろすと、すぐにスナフキンの設営開始!!
今日は風もなく、穏やかだったので、スムーズに作業が進んで、あっと言う間に設営完了。

2011030506.jpg
青天にそびえるスナフキン

その後はもちろん、白口岳を眺めながら、マッタリとアフタヌーン珈琲タイム♪

2011030507.jpg
この角度から眺める白口岳が一番お気に入り

2011030508.jpg
ラジオを聴きながら、のんびりと過ごします♪♪

時計の針が16時を過ぎた頃、法華院温泉山荘に向かいます。雪肌を脱ぎ、少し物足りない山肌を見せる平治岳でしたが、見ているだけで心が躍るのは息吹の準備が進んでいるからなのでしょうか。何度も振り返り見ながら、1人ニコニコしながら歩いて、15分ほどで法華院温泉山荘に到着。

2011030509.jpg
今年のミヤマキリシマはどうなんでしょう・・・気になり始めるのも春になった証拠ですね(笑)

受付で入浴料の500円を支払い、脱衣所でパパッと衣類を脱ぎ捨てると、いざ、浴場へ・・・。延岡市から来られているテント泊の方が1人居られるだけでガラ~ンとしています。湯船に浸かっていると、この方から話し掛けられ、その後、熊本市から来られている同じくテント泊の方と山談義に花を咲かせて、楽しい時間を過ごさせていただきました♪

温泉から上がり、貸切の談話室に移動すると、夕映えの大船山を見ながら、晩酌タイム!!

2011030510.jpg
くぅ~、たまりません (o⌒∇⌒o)

ゆっくりと楽しんだ後、暗くなる前に野営場へと戻りました。

2011030511.jpg
アーベントロートの大船山とスナフキン

絶景に酔いしれた後、夕食の準備開始!!

2011030512.jpg
ユニフレームのライスクッカーで白米を炊きま~す♪

先日、今冬を振り返ってみたら、
1度もキムチ鍋を食べていない事に気づいたので、今回のメインはキムチ鍋に決定!!

2011030513.jpg
食材

~キムチ鍋~
豚肉 100g
キムチ 200g
白菜 1/4
白ネギ 1/2本
ニラ 1/2束
モヤシ 1袋
シイタケ 2枚
エノキ 1袋
木綿豆腐 1丁
キムチ漬けの素 100ml
コチュジャン 適量
味噌 適量
ごま油 大さじ1

最初にごま油で豚肉を炒め、次にキムチ、シイタケを炒めた後、
スープ、他の食材も投入して、しばらくの間、グツグツと煮込み、キムチ鍋の出来上がり~♪

2011030515.jpg
辛そう~

口から火を吐くといけないので、火消しに梅酒、スーパードライ、黒霧島もご用意!!

2011030516.jpg
手前にあるのは、お手製の肉味噌とマグロ昆布

IMG_5808.jpg
ちなみに↑こんな感じ↑です・・・これだけで、ご飯何杯でも食べれますよ( ̄~ ̄;)

そんなこんなで、お腹いっぱいになりながら、
坊ガツルの楽しい夜は更けてゆくのでした・・・2日目に続く。
         
Calendar
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

Web PhotoGallery


Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
Advertisement