スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

九州脊梁山地最高峰へ・・・最終日

2013/09/23(Mon)


昨晩が遅かったので、今朝はゆっくりと午前6時30分過ぎに起床・・・。

朝食と昼食分のドライカレーを作って食べた後、モーニングコーヒーに
舌鼓を打ちながら、ゆっくりと準備を済ませて、7時5分に広河原登山口を出発(17℃)

2013092301.jpg
広河原登山口

出発していきなりの急登に心折れそうになりながらも、キツイ分だけ
一気に標高を稼ぐ事ができるので、自分を鼓舞しながらグングンと登って行きます。

2013092302.jpg

やがて、周囲の風景も杉林から自然林へと変わり、朝陽も射し込めると、薄暗かった登山道もパッと明るくなり、それが無性に美しくて、心も身体も小躍りしてしまいます(^∇^)

2013092303.jpg

2013092304.jpg
ヒメシャラ

2013092308.jpg
ブナ林

ブナの木々の温かい歓迎を受けながら
斜面を登り終えて、7時45分、標高1,502m付近の尾根に到着(12℃)

2013092307.jpg
サルノコシカケ・・・座れるかなぁ~

2013092311.jpg
標高1,502m付近

腰掛けるのに、ちょうど良い倒木があったので小休憩、
ウイダーinゼリー』でエネルギーを補給してから先に進みました。

2013092312.jpg
ウイダーinゼリー

標高1,538m付近で、平家山・京丈山方面からの登山道と出合い、更に15分ほど進むと、
九州ではめったにお目にかかる事ができないという『イチイ』の巨木と出逢う事ができました♪

2013092314.jpg
歩きやすい登山道

2013092309.jpg
青空に映える白骨樹

2013092310.jpg
イチイの巨木

しばし鑑賞してから先を急ぎ、ツクシシャクナゲの群落帯を抜け、斜面をひと登りして山頂の祠をロックオン、そして、9時52分、九州脊梁山地の最高峰である標高1,738.8mの国見岳の山頂に到着(11℃)

2013092315.jpg
ツクシシャクナゲが出現

2013092316.jpg
ツクシシャクナゲの群落帯

2013092317.jpg
山頂の祠をロックオン!!

2013092318.jpg
国見岳の山頂にて

あいにくの曇り空でしたが、う~ん、感無量\(^-^)/

さて、ちょっと早いのですが、せっかくなので、
色づき始めたドウダンツツジを眺めながらの贅沢なランチタイム(^o^)

2013092319.jpg
色づき始めたドウダンツツジ

2013092320.jpg
ドライカレーとむぎ茶

食べ終わる頃には青空も見え始め、
あっと言う間にアイスコーヒーが似合う天候に模様替え♪

2013092321.jpg
アイスコーヒーには青空がよく似合う(笑)

青空が広がって気持ちの良い天気となり、山頂で昼寝でもしながらノンビリと過ごす・・・のも良かったのですが、9月後半と言えどもまだまだ暑いので、「早く下りて沢に飛び込みたい」という気持ちが勝ってしまい、10時30分に下山開始。

2013092322.jpg
さらば、国見岳

ピストンばかりも面白くないので、
下山路は、杉ノ木谷コースを利用する事にしました。

2013092323.jpg
杉ノ木谷コース

山頂から5分ほど下った所にある『力水』という名前の水場がありましたが、枯れてしまっているようでした。そう言えば、登りに利用した広河原コースにも、地図上では2箇所、水場が記載がありましたが、実際にはどこにあったのか、全く分かりませんでした・・・こちらも枯れてしまったのかなぁ~。

P9230144.jpg
試してみたいけど、ないものは仕方がない(苦笑)

紅葉狩りと気持ちの良い森林浴を楽しみながら50分ほど下ると、自然林とお別れして薄暗い杉林の中へ・・・。大規模な崩落地を横目に見ながら、自然林、杉林の中を交互に下って、12時3分、杉ノ木谷登山口に到着。

2013092325.jpg
紅葉狩り

2013092324.jpg
ブナ林

2013092326.jpg
崩落地

2013092327.jpg
荒れた車道

2013092328.jpg
杉ノ木谷登山口

杉ノ木谷登山口から広河原登山口までは、林道歩きを20分ほどの距離、
黄葉を楽しみながら歩いて、12時25分、無事に広河原登山口まで戻って来る事ができました。

2013092329.jpg
黄葉真っ盛り♪


2013092330.jpg
広河原登山口

下山後、林道近くの沢で水浴びを楽しみ、下益城郡美里町にある
『石段の郷 佐俣の湯』で、3日間の疲れを癒してから帰路に着きました(^o^)

2013092331.jpg
心身ともにサッパリ♪

2013092332.jpg
走りやすい内大臣林道・・・ダンプも通るので要注意!!

2013092333.jpg
林道入口から3km付近

2013092334.jpg
実りの秋ですね~

2013092335.jpg
佐俣の湯

住所:熊本県下益城郡美里町佐俣705
TEL:0964-46-4111
営業時間:10:00~21:30
入浴料:500円
大駐車場完備

         
スポンサーサイト

白髪岳・・・2日目

2013/09/22(Sun)


2日目は、球磨郡あさぎり町にそびえる『白髪岳』の頂を目指します。

『白髪岳』の呼び名の由来は、冬に人吉盆地から眺めると、
山頂一帯が樹氷に覆われて白く輝いている姿を老人の髪に例えられた事から付いたとの事。

今回、この山に登りたいと思ったのは『白髪岳』という呼び名の由来に惹かれて・・・ではなく、『伐られた事のないブナの純林がある』との事だったので、「一度、見てみたいなぁ~」という好奇心からでした(^o^)

国道219号線からのアプローチは長く、榎田林道、第二炭焼林道と詰めて行って、登山口には、午前8時2分に到着(ドコモの携帯は繋がります)当然の事ながら、トイレや水場はありませんが、バスが駐車できるスペースもあり、マイカーであれば、20台ほど駐車できそうなほど広々と快適な登山口でした。

2013092201.jpg
未舗装ながら走りやすい

2013092202.jpg
登山口近くの唯一の難所

2013092203.jpg
白髪岳新登山口

3連休中日だから「誰か登っているのかなぁ~」と思っていたけど、誰も居ない・・・貸切だぁ~♪

こちらの登山口には、今居る新登山口とその手前400m付近にある旧登山口とがあり、旧登山口の方が自然が濃いとか・・・。新登山口と旧登山口は徒歩で5分ほどの距離なので、帰りの楽しみにして、登山届の箱の中にあるノートに記帳してから、8時30分に新登山口を出発(23℃)

2013092204.jpg
登山届の箱

2013092205.jpg
新登山口

真っ先にある『マムシに注意』の看板に気も引き締まり、右に植林地を見ながら歩き、登山口から10分も歩けば、自然林に覆われた登山道に早代わり(^o^)ヒコサンヒメシャラとヒメシャラの違いを考えながら歩いて、8時48分、標高1,233mの猪子伏(イノコブシ)に到着。

2013092206.jpg
ドキッ(汗)

2013092207.jpg
ヒコサンヒメシャラ

2013092208.jpg
ヒメシャラ

2013092209.jpg
猪子伏

猪子伏を過ぎると、適度なアップダウンがある尾根道となるのですが、
気持ちの良い風が吹き抜け、登山道は歩きやすいので快適に歩く事ができます。

2013092210.jpg
歩きやすい登山道

『行こうか休もか気モミノ木』で、ひと休み(笑)

2013092211.jpg
モミの木

この先から常緑樹の代表選手アカガシと落葉樹の代表選手ブナが混在する
樹林帯を標高1,374mのピークまで登ると、お楽しみのブナの純林の始まりです(^o^)

2013092212.jpg
ブナの純林

心癒されながら先へと進み、9時43分、三池神社に到着。

2013092214.jpg
三池神社

こちらに祀られている神様は、
雨の神様として球磨の人々から信仰されているとの事。

ひと休憩してから山頂を目指して歩き始めたのですが、この付近は、新潟県の親知海岸から北アルプスを目指して歩いた時、たくさんのマムシに遭遇した栂海新道に雰囲気が似ているので、マムシが居ないか、よ~く目を凝らしながら注意して進みます。

2013092215.jpg
気持ちの良い登山道

先ほどまでのブナの純林も良かったのですが、
この先からのブナの純林は、更に気持ちが良いです(^o^)

2013092216.jpg
ブナの純林が続く

2013092217.jpg
ブナの大木
太陽の光が射し込んで、ブナの木々が
光のドレスを纏っているかのように輝いて、とても美しいです♪

2013092218.jpg
光り輝くブナの森

そんなこんなで、10時8分、標高1,416.7m白髪岳の山頂に到着(19℃)

2013092219.jpg
白髪岳山頂にて

2013092220.jpg
枯れ木も美しい

ちょっと早いけど、ブナの純林に興奮しっぱなしでお腹も空いたので、ランチタイム\(^-^)/

本日は時間に余裕があるので、
チキンライス&コカ・コーラのコラボ・・・美味しい~♪

2013092221.jpg
やっぱり、米が美味しいなぁ~

食後のコーヒータイムまで楽しんでから、11時4分に下山開始。

2013092222.jpg
福よかパイ

途中、紅葉を見つけて「今年の紅葉は早いのかな、遅いのかな・・・」などと一喜一憂しながら、下山時もブナの純林を余す事なく楽しみ、途中でお会いした地元の登山者の方から「旧登山口の方は荒れているから通らない方がいいよ」とアドバイスを貰ったので、それに従って、猪子伏から先も往路を下って、12時24分、本日も無事に登山口まで下りる事ができました。

2013092223.jpg
歩きやすい登山道

2013092224.jpg
遠くに市房山

2013092225.jpg
心癒されるセラピーロードみたい(^o^)

2013092226.jpg
紅葉一番乗り

2013092227.jpg
深緑のブナ

2013092228.jpg
ヒメシャラのトンネル

2013092229.jpg
新緑の頃にも登ってみたいなぁ~

下山後、五木の子守唄で有名な熊本県球磨郡五木村にある『道の駅子守唄の里 五木』のすぐ近くにある『五木温泉 夢唄』で汗を流してから、あいにくの土砂降りとなりましたが、以前から行ってみたいと思っていた五家荘まで足を伸ばしてみました。

2013092233.jpg
道の駅子守唄の里 五木

2013092234.jpg
五木温泉 夢唄

住所:熊本県球磨郡五木村2672-54
TEL:0966-37-2101
営業時間:11:00~21:00
料金:400円
定休日:火曜日

2013092231.jpg
樅木の吊り橋

2013092232.jpg
紅葉時はキレイだろうなぁ~

最終日は、九州脊梁山地の最高峰・国見岳に登るべく、熊本県上益城郡山都町にある広河原登山口を目指して移動していたのですが、内大臣林道入口には通行止めの看板が・・・。お昼に山都町役場に林道の通行状況について問い合わせた時には、何も言っていなかったのですが、おかしい。でも、「通行止めの看板があるからいけないんだろうなぁ~」と、「近くの京丈山にでも登るかな・・・」とガッカリしながら引き返していたのですが、やっぱり、せっかく来たんだし、「通行止めになっている3km先まで様子を見に行ってみるかな・・・」と考え直して行ってみると、工事車両は入っているものの、全然、普通に通行する事ができました・・・ふぅ~。

2013092236.jpg
内大臣林道入口

日付も変わった頃、広河原登山口に到着・・・疲れたなぁ~(苦笑)

焼酎の水割りを1杯だけ飲んでから就寝・・・最終日に続く。


         

市房山・・・1日目

2013/09/21(Sat)


午前7時過ぎの市房キャンプ場付近は晴れ、
気温も14℃前後、暑くも寒くもない、秋らしい絶好の登山日和でした♪

2013092101.jpg
市房キャンプ場

ゆっくりと準備を済ませて、7時28分に駐車場を出発。

道路を5分ほど歩くと祓川橋があり、その先に神社の鳥居、登山者記録箱がある登山口に到着。入口に設置してある看板には『山頂から二ツ岩までの縦走は山腹崩壊の為、危険なので避けるように・・・』という注意書きが・・・縦走できるのを楽しみにしていたのに、残念だなぁ~。

気を取り直し、登山届を提出してから、いざ市房山の頂へ・・・。

2013092102.jpg
祓川橋

2013092103.jpg
登山者記録箱

2013092104.jpg
入口に設置してある看板

縦走ができなくて、ちょっと意気消沈気味のスタートとなりましたが、そんな事はすぐに忘れてしまうほどの立派な大杉(市房杉)に出逢いました♪幹回り4m82cm、大きさ第31位の大杉を皮切りに、独立した木としては最大の幹回り7m98cm、第2位の大杉、そして、居心地の良い音色を醸し出す渓流を過ぎると、実質幹回りが最大の幹回り8m6cm、大きさ第1位の大杉との出逢い(^o^)「ここは屋久島か」と思えるほどの立派な木々が立ち並び、屋久島以外にも、こんなにステキな場所があったんだなぁ~と関心&感激しつつ、久しぶりにとても楽しい山歩きができました♪

市房神社参道の大杉は、樹齢800~1,000年の老杉が52本あり、幹回り6m越えの大杉は、全部で21本あるとの事です。ちなみに、一番大きな杉は、昭和43年に皇居新宮殿の天井版として献上された、樹高50m、幹回り10mの大杉だったそうですよ(縄文杉は、幹回り16.1m、樹高30m)

2013092105.jpg
登山口から最初の大杉【幹回り:4m82cm 大きさ:第31位】

2013092106.jpg
【幹回り:6m54cm  大きさ:第14位】

2013092108.jpg
独立した木としては最大【幹回り:7m98cm 大きさ:第2位】

2013092110.jpg
上部が二股に分かれている【幹回り:7m48cm 大きさ:第4位】

2013092111.jpg
居心地の良い音色を醸し出す渓流

2013092112.jpg
実質幹回り最大の杉【幹回り:8m6cm 大きさ:第1位】

雰囲気の良い清々しさ満点の樹林帯を昼寝できそうな大きな切り株に驚きながら歩き、市房神社入口駐車場分岐を過ぎ、古めかしい石段のある3合目の八丁坂を駆け登って、9時1分、4合目にある市房神社に到着。

2013092113.jpg
マイナスイオンいっぱい\(^-^)/

2013092114.jpg
樹林帯にそそり立つ市房杉

2013092116.jpg
昼寝できそうな大きな切り株・・・小人になったような錯覚になります(笑)

2013092117.jpg
大杉に見守られながら

2013092118.jpg
3合目の八丁坂

2013092119.jpg
岩とのコラボも♪

2013092120.jpg
市房神社・・・お岳さんとも呼ばれているとの事

さてさて、ここからが本格的な登山道、急登の始まりです。神社の裏側から登り始めたのですが、天候は一寸怪しげな曇り空に変わってしまいました。丸木の階段やロープの助けを借りながら、気温は15℃前後ながら、全身から汗が噴き出るのが止まりません(苦笑)息を弾ませながら頑張って登り、9時49分、6合目の馬ノ背に到着。

2013092121.jpg
丸木の階段

2013092123.jpg
5合目付近

2013092124.jpg
5合目と6合目間にあるベンチ

2013092125.jpg
6合目の馬ノ背

馬ノ背は気持ちの良い風が吹いて居心地が良かったので、10分ほど休憩してから出発。この先も登山道は狭く、急登が続いたのですが、7合目を過ぎると傾斜は緩くなり、霧雨が降る中、樹林帯の中を鼻歌交じりで楽しみながら登って、11時14分、標高1,720.8mの市房山頂に到着(13℃)

2013092127.jpg
ヒメシャラ

2013092128.jpg
色づき始めた木々

2013092129.jpg
8合目付近

2013092130.jpg
9合目付近・・・山頂まで5分、頑張るぞぉ~!!

2013092132.jpg
市房山頂にて

急登で疲れたので、早速、ランチタイム(^o^)

と言っても、今日は二ツ岩まで縦走する計画だったので、
簡単にできるカップヌードル(カレー味)とコカ・コーラですけどねぇ~(苦笑)

2013092133.jpg
やっぱり、コカ・コーラは美味しいなぁ~

さてさて、食後にコーヒータイムを楽しんでから、リンドウやママコナを愛でながら、山頂から縦走路を5分ほど歩いた所にあるチョックストーンの『心見ノ橋(ココロミノハシ)』まで行ってみました。この橋は『心の清い人しか渡る事ができない』と言われ、内心渡れるか、ドキドキしながら登って来たのですが、一応、ちゃんと渡れたので、心のどこかでホッとした次第でした(笑)

2013092134.jpg
今日は和菓子とのコラボ

2013092136.jpg
心見ノ橋

2013092137.jpg
証拠の写真(汗)

2013092138.jpg
この先から立入禁止

2013092139.jpg
ママコナ

2013092135.jpg
リンドウ

山頂に戻ると、13時3分に下山開始。パラパラと降っていた雨も止み、太陽も顔を出し始め、鹿との出会いも楽しみつつ、名残を惜しむかのように、ゆっくり、ゆっくり、気持ちの良い汗をかきながら歩いて、15時39分、無事にキャンプ場の駐車場まで戻って来る事ができました。

2013092140.jpg
山頂からの眺め

2013092141.jpg
趣のある枯れ木

2013092142.jpg
鹿との出会い・・・今後、どう付き合っていくか、大きな課題です

2013092143.jpg
歩きやすい登山道

2013092144.jpg
ミックスゼリーでエネルギー補給

2013092145.jpg
大杉に見送られて・・・

下山後、キャンプ場近くにある『湯山温泉・元湯』で汗を流しましたが、
3連休初日なのに混雑とは皆無で、ゆっくりと疲れを癒す事ができました(^o^)

2013092146.jpg
湯山温泉・元湯

868-0703
熊本県球磨郡水上村大字湯山1458-3
TEL:0966-46-0555
営業時間:10:00~20:00(冬期は10:00~19:00)
駐車場:30台
定休日:毎週水曜日

その後、今宵は市房山の見晴らしの良い、市房ダム某所にて宿泊♪

2013092148.jpg
残念ながら、市房山は雲隠れ

明日への英気を養いつつ、晩酌タイムを楽しみ、
前日の寝不足のおかげで、19時過ぎに就寝と相成りました・・・2日目に続く。

2013092147.jpg
最近は瓶ビールがお気に入り\(^-^)/

         
Calendar
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。