スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

吹雪の立山連峰

2014/05/05(Mon)


午前4時過ぎに起床、外の様子を伺うと、今にも雨が降ってきそうな空模様でした。気温は5℃、標高3,000m付近は、確実に雪・・・いや、吹雪かな(苦笑)という事で、立山三山の主峰・雄山(標高3,003m)の頂を目指すことにしました。扇沢駅から室堂までは、立山黒部アルペンルートを利用するのですが、午前6時30分が始発なので、混雑を避ける為に30分ほど早く扇沢駅に行ったのですが、すでに長蛇の列・・・考える事は、皆さん一緒ですねぇ(笑)関電トローリーバスに乗り込み、赤沢岳(標高2,678m)の下を通って、16分ほどで黒部ダムに到着。黒部ダムからケーブル乗り場がある黒部湖までは、小雨が降る中を15分ほど歩きました。

2014050501.jpg 2014050502.jpg

2014050503.jpg 2014050504.jpg


2014050505.jpg 2014050506.jpg

2014050507.jpg
黒部ダム

黒部平までは、最大勾配31度、駅間標高差373mを登下降する日本で唯一のケーブルカーを利用しました。黒部平から大観峰までは、立山ロープウェイで標高差488mを一気に登り、大観峰から室堂までは、日本で最高所(標高2,450m)を走る立山トンネルトロリーバスで立山山頂直下を通過し、室堂には、8時ジャストに到着。

ごった返すターミナルをすり抜け、外に出ると、オッ、白銀の世界・・・というよりも、ホワイトアウト(苦笑)

手早く準備を済ませて、8時27分に出発(-1℃)

2014050508.jpg 2014050509.jpg

2014050510.jpg

2014050511.jpg 2014050512.jpg

2014050513.jpg 2014050514.jpg

アイゼン、ピッケルは、まだ必要ないので着用せず、今日は日帰り装備なので、ダブルストックでグングン登って行きます。途中、スノーボーダーのボードが滑り落ち、下を歩いていた人が受け止める場面に遭遇しましたが、本来、こういう事は、大変危険なので、してはいけないそうです。そんな事もありつつも、テンポ良く登って、9時17分、一ノ越山荘に到着。

2014050515.jpg 2014050516.jpg

2014050517.jpg
一ノ越山荘

この頃になると、猛吹雪となり、完全な冬山の装い。この山荘までで登頂を断念する人も多々居たのですが、アイゼンとピッケル、目出し帽で完全武装してから出発。時折、吹き付ける突風に気を付けながら、技術面で問題になるような場所はないので、ルートを外さないように丁寧に登って、10時8分、無事、雄山に登頂する事ができました!

2014050518.jpg 2014050519.jpg

2014050520.jpg 2014050521.jpg


さすがは、悪天時の3,000m級の山、雪というよりも、氷の礫がマシンガンのように打ち付けてきます。これは、さすがにたまらんなぁ登頂の余韻に浸る間もなく、そそくさと下山開始したのですが、サングラスは凍りついて使い物にならず、「ゴーグルを持って来るべきだったなぁ~」と、ちょっと後悔しながら、ルートをミスらないように下って、10時58分、一ノ越山荘まで戻って来ました。お昼が近い事もあり、お腹も空いたので、山荘内で休憩させて貰い、カップヌードル(お湯付)を購入して、昼食タイム♪

2014050522.jpg 2014050523.jpg

五臓六腑に染み渡りますぅ~(^∇^)

2014050524.jpg 2014050525.jpg

食後のコーヒータイムまで楽しんでから往路を歩いて、12時9分、室堂に到着。室堂ターミナル屋上と立山自然保護センターまでは、『雪の回廊』と呼ばれる4m、全長70mの歩行者専用通路があったので、ちょっと散歩してから観光客で賑わう立山黒部アルペンルートを利用して、扇沢駅まで戻りました。

2014050526.jpg 2014050527.jpg

2014050528.jpg 2014050529.jpg

2014050530.jpg 2014050531.jpg

2014050532.jpg 2014050533.jpg

2014050534.jpg 2014050535.jpg

本日も大町温泉郷にある『湯けむり屋敷 薬師の湯』で汗を流した後、1,000kmオーバーの道程を走って帰路に着きました<(_ _)>

2014050536.jpg
         
スポンサーサイト

鹿島槍ヶ岳へ・・・2日目

2014/05/04(Sun)


午前0時40分に起床したものの風が強い(テント内の気温-6℃)

「出発を遅らせようか・・・」と悩んだのですが、予定通り、1時35分に出発(-9℃)冷池山荘から布引山(標高2,683m)までは、アイゼンとピッケルを使いましたが、布引山から先の登山道は積雪していなかったので、アイゼンを外してから登って、4時7分、鹿島槍ヶ岳南峰(標高2,889.1m)に登頂(-11℃)

2014050401.jpg
鹿島槍ヶ岳南峰

山頂は強風が吹き荒れており、厳冬期のような厳しい寒さ・・・。

2014050402.jpg
五竜岳方面

2014050403.jpg
鹿島槍ヶ岳北峰の夜明け

2014050404.jpg
モルゲンロートの剱岳

2014050405.jpg
爺ヶ岳方面

2014050406.jpg
鹿島槍ヶ岳南峰にて

薄手で作業していたら、すぐに指先は動かなくなったり、持って来たダウンジャケットを着らずに撮影していたら、低体温症の徴候が出てきたので、撮影が一段落してから急いでダウンジャケットを着用し、保温に努めたのですが、しばらくは動けず、ジッと待機していました。30分近く経つと、ようやく動けるようになり、6時6分に下山開始。

2014050408.jpg
立山連峰

眼下に広がる絶景を眺めながら、ゆっくり下って、7時50分、テント場に到着(9℃)余っている食材を全て使い、朝食から豪華なメニューがズラリと並びました・・・お腹いっぱい(笑)

2014050410.jpg 2014050413.jpg

2014050411.jpg 2014050412.jpg


モーニングコーヒータイムを楽しんでからテントの撤収を開始したのですが、昨日の雨と今朝の低温のおかげで、ガチガチに凍りついていたので、スノーアンカーの撤収にかなり手こずりましたが、どうにか無事に撤収する事ができて、10時18分に出発(14℃)

2014050414.jpg
鹿島槍ヶ岳を眺めながら・・・

時折、ズボッと雪に嵌まりながら登って、12時1分、爺ヶ岳南峰まで戻って来ました。ジャンクションピークには、幾つものテントが設営してあり、もう1つのベースキャンプ地のような雰囲気です。南尾根は日当たりが良く、下山路は腐れ雪になっていたので、足場が非常に不安定で、何度かズルッと滑ってヒヤッとしましたが、15時39分、無事に下山する事ができました。

2014050415.jpg 2014050416.jpg

2014050417.jpg

2014050418.jpg 2014050419.jpg

2014050420.jpg 2014050421.jpg

2014050422.jpg 2014050423.jpg

2014050424.jpg 2014050426.jpg

2014050425.jpg
ショウジョウバカマ

「明日はどうしようかな?」

とりあえず、明日の事は明朝考える事にして、大町温泉郷にある『湯けむり屋敷 薬師の湯』で汗を流した後、市内のスーパーにて、食料等を買い出しして、ささやかな宴会をして就寝・・・明日に続くかも!?

2014050407.jpg
         

鹿島槍ヶ岳へ・・・初日

2014/05/03(Sat)


前日に1日かけて、1,000kmオーバーの道程を走り抜けて、辿り着いた先は、北アルプス(^o^)

午前4時46分、扇沢付近は晴れ、キンと冷え込んだ朝でした。20台ほどの駐車場もほぼ満車状態。さすがは、GWの北アルプス。鹿島槍ヶ岳のアプローチは、当初、赤岩尾根と東尾根を利用するつもりでしたが、今年は融雪の進み具合が早く、ブッシュの中は歩きたくないので、爺ヶ岳南尾根を利用する事にしました。柏原新道を50分ほど登ると、南尾根の入口(標高1,640m)に到着。このまま直進すると、種池山荘に辿り着くのですが、雪崩の危険があるので立入禁止です。南尾根に入ると、積雪量は増し始めたのですが、まだまだアイゼン、ピッケルの出番ではありません。天候にも恵まれ、吹き上げてくる風は心地好く、快調に登って、9時18分、爺ヶ岳南峰に到着(1℃)ここまで来れば、鹿島槍ヶ岳アタックのベースキャンプ地となる冷池山荘まで目と鼻の先・・・ファイト一発で頑張ろう!!

2014050301.jpg 2014050302.jpg

2014050303.jpg

2014050304.jpg 2014050305.jpg

2014050306.jpg 2014050307.jpg

2014050308.jpg

2014050309.jpg 2014050310.jpg

2014050311.jpg

2014050312.jpg 2014050313.jpg

2014050314.jpg

2014050315.jpg

すぐに爺ヶ岳主峰である中峰(標高2,669.8m)の分岐があったので、ちょっと寄り道をして、9時57分に到着。ライチョウにも出逢えて、ラッキーでしたが、この頃になると薄曇りに変わってしまったのは残念。黙々と歩いて、11時15分、冷池山荘に到着。まだ誰もテントを張っていない、珍しく一番乗り\(^-^)/早速、山荘でテントの受付(500円)を済ませて、気に入った場所に設営する事ができました。

2014050316.jpg 2014050318.jpg

2014050317.jpg

2014050319.jpg
鹿島槍ヶ岳

2014050320.jpg
冷池山荘

2014050321.jpg
マウンテンハードウェア EV2

持参して来た生鮮食品を雪の中に埋めてから、ハムステーキをお供にビールで乾~杯!!

2014050322.jpg 2014050323.jpg

昼食に『そばめし』を食べていたのですが、一寸雲行きが怪しくなり始め、雨が降り始めました。天気が良ければ、鹿島槍ヶ岳に夕駆けするつもりだったんだけどなぁ~(苦笑)小屋の人曰く、ここ数日はこんな感じで夕立が来ていたそうです。この時期でも夕立が来るんだ!

2014050324.jpg 2014050325.jpg

こんな感じなので、夕駆けは中止、山頂へは明日の早朝にアタックしたいと思います。という事で、昼下がりのコーヒータイムを楽しんだ後、ビールを片手に、夕食作り。今日は、ウインナーとアスパラガスのスープを作りました♪夕食後、晴れてきたので、ワカン・ツリーを見ながら焼酎のお湯割りで晩酌タイム。明日からの天気予報をラジオで聞いていたら、明日までは晴れるそうですが、明後日は荒れた天候になるとの事でした。4日分の食料を持ち込んで、ノンビリと撮影を楽しむ事にしていましたが、どうやら、明日には下山した方が賢明なようです。そうと決めたら、あとは寝るだけ、18時20分に就寝・・・明日に続く。

2014050327.jpg

2014050326.jpg 2014050328.jpg

2014050329.jpg 2014050330.jpg

2014050332.jpg 2014050333.jpg

2014050331.jpg

2014050334.jpg

2014050335.jpg
ワカン・ツリー

2014050336.jpg 2014050337.jpg

         
Calendar
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。