スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

冬の終わりは星生山で(^o^)

2016/02/28(Sun)


冬の終わりは山頂でのんびり過ごしたいと思い、「どこが良いかなぁ~」と迷った末に白羽の矢が立ったのが星生山!!午前8時30分過ぎの牧の戸峠は晴れ、すでに冬の気配は過ぎ去り、春霞の景色が広がっていました。気温は3℃ほどでしたが、放射冷却で前日の雨が凍り付いて、登山道はガチガチのアイスバーンになっていました。さすがに今日はアイゼンを装着しておかないと大変そうなので、『転ばぬ先のアイゼン』を装着してから、午前9時6分に出発。沓掛山付近まで登って来ると、登山道はアイスバーンから泥んこ登山道に変貌し、違う意味で転倒しないように、汚れても大丈夫なテムレスの助けを借りながら、慎重に先へと進みました。見通しは良くないので黙々と登って、11時4分、星生山に到着。

2016022801.jpg 2016022803.jpg

2016022804.jpg 2016022805.jpg

2016022806.jpg 2016022807.jpg

2016022809.jpg 2016022810.jpg

2016022811.jpg 2016022812.jpg

2016022813.jpg 2016022814.jpg

今日は久しぶりに山頂でクッキング・・・と言っても、ホウレンソウとシメジを入れただけのスープですが(笑)パンと一緒に食べてお腹いっぱいで無事に完食(^^♪珈琲タイムとお昼寝まで楽しんでから、12時39分に下山開始。途中、先週まで固かった結びが春の陽気に誘われて、ようやく綻び始めた黄色いリボンに春の訪れをより一層感じながら、泥んこまみれの登山靴も何のその、足取りも軽やかに、50分ほどで下山する事ができました<(_ _)>

2016022815.jpg
三俣山を望む

2016022817.jpg 2016022818.jpg

2016022820.jpg 2016022821.jpg

         
スポンサーサイト

中岳に行って来ました

2016/02/21(Sun)


冬は冬らしく・・・先週は泥にまみれた登山だったので、「今週こそは『白銀の久住山』を拝みたい!」そんな強い願いが山の神様に通じたのか、朝方から雪が降り始め、午前7時過ぎには瀬ノ本高原も雪化粧していました(^o^)逸る気持ちを抑えつつ、久しぶりの雪道を慎重に車を走らせて、8時過ぎ、牧の戸峠に到着(-3℃)すでに20台以上が駐車しており、誰もが待ちに待った『待望の雪』だったようです(笑)そんなこんなで、パパッと準備を済ませて、8時30分に駐車場を出発。最初の急登も踏み固められて、すでに多くの登山客に踏み固められており、とても歩きやすく、無雪期よりも楽に沓掛山を越える事ができました(^^♪

2016022101.jpg
寒さに耐える馬酔木

2016022102.jpg
マンサクも耐える

2016022103.jpg 2016022104.jpg

沓掛山を越える頃には青空も見え始め、西千里浜に入ると、念願だった『白銀の久住山』も拝む事ができましたヽ(^o^)丿気分良く爽快に歩いて、10時14分、久住分かれ避難小屋に到着。せっかくなので、小屋内で珈琲タイムを楽しんでいると、『まっくろくろすけ』を発見(謎)小屋に居た皆さん、「初めて見たかも~」とか「カワイイ~」を連発されていましたよ!

2016022105.jpg 2016022106.jpg

2016022107.jpg 2016022108.jpg

2016022109.jpg
久住山

2016022110.jpg 2016022111.jpg

時折、青空が見えるも、なかなかスッキリとは晴れてくれないのですが、「登っているうちに晴れてくれるだろう・・・」と、10時43分、避難小屋を見切り発車('◇')ゞそんな考えを嘲笑うかの如く、天狗ヶ城、中岳の両峰のピークを踏んだ時は、ガスで真っ白(涙)少しガッカリしましたが、今日の昼食は鍋焼きうどん♪♪気温-9℃、山頂滞在1分ほどで一目散に下山し始め、池の小屋へと駆け込みました。「う~ん、美味しい」やっぱり、冬山は鍋焼きうどんが一番!!

2016022112.jpg 2016022113.jpg

2016022114.jpg 2016022115.jpg

2016022116.jpg 2016022117.jpg

2016022118.jpg 2016022119.jpg

2016022120.jpg 2016022121.jpg

2016022122.jpg 2016022123.jpg

珈琲タイムまで楽しんだ後、12時41分に下山開始。完全凍結した御池で思い思いに遊ぶ登山客を見ながら、のんびり下って、本日も部分的に泥んこになった登山道に悪戦苦闘しつつ、青空をバックに、先週よりも少し蕾を膨らませたマンサクに春の到来を感じながら、14時12分、頑張った甲斐あって、今日はあんまり汚れずに下山する事ができました<(_ _)>

2016022125.jpg 2016022126.jpg

2016022127.jpg 2016022128.jpg

2016022129.jpg 2016022130.jpg

2016022131.jpg 2016022132.jpg

2016022133.jpg 2016022134.jpg

2016022135.jpg
早く開花しないかなぁ~
         

久住山に行って来ました♪

2016/02/14(Sun)


悪天候に加え、雪は無い・・・そんな事は分かっていたのですが、無性に登りたくなる事って、たまにありませんか?僕にとって、今日がその時・・・別に今日がバレンタインデーで、下界に居たくないっていうわけではございませんので、悪しからず(''◇'')ゞ)

前置きはさておき、のんびり自宅を出発して、牧の戸峠に到着したのが、9時過ぎ・・・。天候待ちで数台居ましたが、あまりの烈風と雨の為、1台去り、また1台去り・・・。「帰ろうかなぁ~」と思ったけど、10時を過ぎる頃になると、ちょっと天候回復の予感(^o^)バタバタと準備を済ませて、10時33分に駐車場を出発(3℃)

2016021401.jpg
風は冬山、気温は春

雨は止んだものの湿気タップリのガスで、カラダはシットリ濡れてしまいましたが、今日は山に登れただけでもラッキー(^^♪牧の戸峠コース名物の泥んこ登山道もあまり気にならず、足取りも軽やかに11時58分、久住分かれ避難小屋に到着。

2016021402.jpg 2016021403.jpg

2016021409.jpg
久住分かれ避難小屋

小屋内で小休憩した後、久住山に向かって出発。かなりの強風が吹き荒れており、進むのに難儀しましたが、一瞬、晴れて、久住山の姿が見え、青空も見え始めたので、「これはひょっとして、山の神様からのバレンタインデープレゼントなのかなぁ~」と、ちょっと嬉しい気持ちになって、12時30分、久住山の頂に辿り着く事ができましたヽ(^o^)丿

2016021406.jpg 2016021407.jpg

2016021408.jpg
久住山

登頂の喜びをゆっくりと噛み締めたかったのですが、小雨がパラパラ降り始めたので、急ぎ下山開始。足早に下って、20分ほどで久住分かれ避難小屋まで戻って来ました・・・ふぅ~(汗)早速、珈琲タイム(^^♪本日の珈琲豆はグァテマラ&キリマンジャロで、ホットで美味しい時間を過ごす事ができました!!

2016021410.jpg
至福のひととき(^o^)

あまり長居をすると、更に天候が悪化しそうな予感がしたので、13時30分に下山開始。泥んこ登山道もハマって歩けば楽しいもので、田んぼで遊んでた頃を思い出しながら童心に戻り、蕾を膨らませるマンサクに春遠からじを感じつつ、悪天候も何のその、愉快に歩いて、14時35分、一度も滑る事もなく、無事に下山する事ができました<(_ _)>

2016021411.jpg 2016021413.jpg

2016021412.jpg
蕾を膨らませるマンサク
         
Calendar
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。