スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

永田岳・・・初日

2007/12/29(Sat)


2007122901.jpg
ターミナルにて

午前6時過ぎ、ターミナルの横にある有料駐車場に到着。

昨晩から降り続いていた雨は止んでいましたが、
鹿児島市内の上空はどんよりとした厚い雲に覆われていました・・・。

屋久島行きの高速船トッピーの出航時刻は7時40分、まだまだ時間があるので、モーニング珈琲タイム・・・昨晩は近くにある城山公園で車中泊したのですが、ここは夜景が見れる人気のデートスポットのようで頻繁に車の出入りがあり、あまり熟睡する事ができずに少し寝不足気味でしたが、カフェインのおかげで、スッキリと目が覚める珈琲タイムでした~♪

その後、トッピーの中でも優雅な時間を楽しみたいなぁ~と、テルモスにも珈琲を入れたりしていたら、時計の針は7時過ぎ・・・「そろそろ行かねば」と、準備万端でターミナルへと向かいました。

乗船手続きは事前にネットで予約手続きをしていたので、窓口に郵便局の払い込み証明書を提出して、往復のチケットを受け取りました・・・運が良い事に予約手続きをした12月から割引になっていて、これに予約割引も重なって、通常の12,000円から8,100円になったので、とってもラッキー♪

これで駐車料金の足しになるなぁ~と・・・
1週間近くも駐車すると、駐車料金が10,000円近くになりますからね(苦笑)

しばらくの間、ロビーで待機して7時30分頃になると、
乗船できるようになり、ドキドキ♪ワクワク♪でトッピーへと乗り込みました・・・

船内は満員かと思えば、ガラガラだったので
ザックを隣の席に置かせて貰って、7時40分、快適な船旅のスタート~♪

が、今日は波が高く、かなり揺れていたのですが、そんな事は睡眠不足の僕にはノープロブレムで、
揺りかご代わりに「ぐぅ~ぐぅ~」と爆睡して、気が付けば、もうすぐ宮之浦港・・・ふぁ~、よく寝た~♪

予定時刻よりも5分ほど遅れて、宮之浦港に到着・・・ターミナルには出迎えの人々で賑わっていましたが、もちろん、僕には出迎えてくれる人は居ませんので、賑わう人々を横目に見ながらスルーして、永田行きのバス停へと足早に向かいましたが、強風が吹き荒れ、小雨も降ってきて寒い(涙)

そんな時、乗船売り場の人でしょうか・・・

「待ち時間があるなら、あそこに観光案内所があるよ」と声を掛けて貰いました・・・

さり気ない親切が、うぅ、嬉しいなぁ~♪

が、10時5分のバスがもうすぐ来るので、暖かい親切をカイロ代わりにして待っていると、少し遅れてからバスが到着しました・・・結構、人が乗ってる。ほとんどが一般客でしたが、中にはザックを背負った外人さんも居られ、言葉は交わしませんでしたが、ニコッと笑うと、向こうもニコッと笑って、世界の屋久島をたっぷりと満喫されたような笑顔でした・・・僕も帰る時はあんな笑顔になりたいなぁ~と思いながら、バスに乗り込みました。

ガラガラになったバスの最後尾で登山準備をしていたのですが、連続するカーブに悪戦苦闘・・・ちょっと気分が悪くなりながらも、なんとか無事に準備完了。ほどなく「次は永田入口~」とのアナウンスが・・・あんまりバスに乗った事がない僕は慌てふためいて、ピンポーンと押して、下車しようとしたのですが、念の為に「登山口はここですよね?」と運転手さんにお尋ねしてみると、「いや、登山口はもう一つ先だよ」との事・・・聞いてみて良かったなぁ~♪

登山口である次の永田にはすぐに到着したのですが、運転手さんから「頑張ってな」と
エールを貰ってから下車して、まずは登山口とは逆の海抜0mの砂浜へと向かいました・・・。

波を被りそうになりながらも無事に記念撮影も終わり、11時11分、バス停に戻ってから登山口へと出発。田園風景を眺めながら集落の中を歩いて、しばらくの間歩くと、今度はポンカン畑の中を歩くようになり、いい香りに癒されながら、ゆっくりと歩いて、横河(ヨッゴ)渓谷駐車場(トイレあり)に11時34分到着(15℃)

この頃から雨もパラパラと降り始め、雨具を羽織るほどではありませんが、これ以上強く降りませんように・・・などと祈りながら、てくてくと林道を歩いて、11時59分、永田歩道入口に到着。ここで水を補給したり、コーヒータイムを堪能していると、地元の男性の方がパジェロに乗って来られ、「今から行くの?」「キツいぞぉ~」とか「俺も1,000m付近まで登った事があるぞ」などと脅されたり、プチ自慢されり・・・別れ際には「頑張れよ!」と力強いエールを貰って、12時45分、半袖短パンの季節感が全くないスタイルで、いざ世界遺産へ・・・。

先程の入口付近が標高100mほどなので、宮之浦岳までは標高差1,800mちょっと「まだまだ先は長いなぁ~」とマイペースで登り始め、順調に標高を稼いで、550m付近まで登ったところで、先程まで降ったり止んだりを繰り返していた雨が本降りになり始め、雨具は暑いので着用は先送りして、ザックカバーだけを取り付けて先を急ぎました・・・これ以上、強く降りませんように~。

ヤクザルの鳴き声に耳を傾けながら更に登り続けて、第二休憩所付近と思われる標高700m付近に14時45分到着(10℃)少し下りると沢があったので水を5リットルほど確保して、雨足が強くなってきたので雨具の上着を羽織って、10分ほど休憩してから出発。

ここから5分ほど登ると、水鳥沢と呼ばれる場所に到着。この時点で15時15分過ぎ・・・樹林帯は暗くなるのが早いので、ルートミスなどの事故を防ぐ為に行動は16時までとして更に先へ進む事にしました。

雨具を着用したら暑くなり、40分ほど額に汗しながら登った場所に泊まれそうな場所を見つけたので本日の行動は終了・・・早速、設営開始(7℃)風は強いものの木々で遮られているので、あっと言う間に設営完了。片付けなどが終わったところで、クッキーをお供にルート確認をしながら、コーヒータイム・・・疲れが吹き飛ぶなぁ~♪

その後、初日だけのお楽しみである豚味噌鍋を作る事に・・・ザックが重くなっても、初日ぐらいは鍋が食べたい~♪食材は豚肉、えのき、サツマイモ、ニンジン、ニラ、キャベツ、餅・・・締めはうどん♪燃料節約で弱火にてトロトロと煮込んで、ちょっと時間が掛かりながらも出来上がり・・・外は強風が吹き荒れ、冷え込んできましたが、温かい豚味噌鍋と焼酎(黒霧島)のお湯割りで心もカラダもポッカポカ・・・明日からのやる気も養われ、22時過ぎ、もののけ姫の曲(はりつめた~弓の~♪)をBGMにシュラフへと潜り込んで就寝しました・・・2日目に続く。


2007122902.jpg
海抜0mのスタート地点

2007122903.jpg
田園風景を歩く

2007122904.jpg
コーヒータイム~♪

2007122905.jpg
永田歩道入口

2007122906.jpg
水鳥沢

2007122907.jpg
本日の食材

2007122908.jpg
今夜は豚味噌鍋~♪

         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。