スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

上高地へ・・・最終日

2009/08/16(Sun)


午前1時過ぎ、ちょっと肌寒くて目が覚める・・・

標高3,000m近くにある穂高山荘、さすがに着の身着のままではちょっと寒いです(苦笑)

せっかく起きたのでトイレに向かうと、あれっ、何やら雨音のような音が外から聴こえます。

土間に戻り、外の様子を伺ってみると、やっぱり、雨が降っていました。

今日も晴れの予報だったのになぜ・・・。

とりあえず、朝駆けはキャンセルし、
ゆっくり眠る事にして、オールウェザーブランケットを羽織って再び就寝zzz

その後、3時30分過ぎに起床し、すぐに外の様子を伺ってみたのですが、まだ雨模様。ですが、小屋にあるパソコンと携帯電話のiモードで天気予報を2重でチェックしてみたのですが、この雨は朝方までという結論に至りました。

その後、混雑する前に用を済ませにトイレへ・・・扉を開けてビックリ、なっなんと温座のトイレだったんです・・・とってもキレイで、ここはホントに山小屋のトイレなのか、錯覚してしまいました(笑)

さて、土間に戻ると、フルーツグラノーラ、チーズ、ドライアップル、コーンスープで朝食タイムを終えた後、今回の遠征で最後の珈琲タイム・・・幸か不幸か、今朝は予想外の雨のおかげでゆっくりと過ごせます。そんなこんなでマッタリとした時間を過ごしていると、予想通り、朝方には雨も上がり、上空を覆っていた雲も消え始めたので、何か良い風景が見れるかも・・・と思い、片付けを済ませた後、小屋前で三脚を構えてスタンバイ。ふと横に目をやると、お姉さんもカメラを片手にスタンバイされておりましたが、あっ、アーストレックのTさん・・・おはようございますぅ♪夜明けはまだかな・・・と待機されていたのですが、朝食の時間が迫り始めたので、夜明けの風景は僕に託されて小屋に戻られました。

その後の夜明けは良い感じに雲が広がったのですが、夜明け前に散り始め、ちょっと残念・・・。


奥穂高岳の夜明け


涸沢を望む

そんなこんなで、土間に戻ろうとしていると、再びTさんが登場され、なっなんと、小屋のお弁当を分けていただきました・・・うぅ、貴重な食料をありがとうございますぅ♪♪意気揚々と土間に戻ると、だいぶ混雑していたので外で出発の準備をしていると、アーストレックの皆さんも出て来られました・・・おはようございます♪今日もコースが一緒なので、またどこかで再会できる事を楽しみにして、5時30分、穂高山荘を出発しました(13℃)

2009081605.jpg
穂高山荘

この先、ハシゴ場やクサリ場が連続するのですが、昨日の行程から比べれば大した事はなく、順調に標高を稼いで、6時24分、奥穂高岳(標高3,190m)に登頂。石が積み上げられた祠の上での記念撮影で少し混雑していましたが、男性の方にパシャッと撮影していただきました・・・ブロッケンも見る事ができて、ラッキー♪15分ほど休憩した後、ジャンダルムに別れを告げ、奥穂高岳をあとにしました。

2009081606.jpg


ジャンダルムの朝

2009081608.jpg
奥穂高岳山頂にて

絶景を堪能しながら吊尾根の縦走路を歩いて、7時57分、紀美子平に到着。デカザックをデポし、カメラと三脚、水をサブザックに放り込んで軽量なスタイルで登り始め、急登にあえぎながら登り、8時34分、穂高連峰最後のピークである前穂高岳(標高3,090.2m)に登頂・・・今回の遠征で一番の天候に恵まれ、360度の大パノラマに感無量♪ しばらくの間、記念撮影や絶景を楽しんでいると、アーストレックの皆さんも登って来られました・・・おめでとうございますぅ♪

2009081609.jpg

2009081610.jpg

2009081611.jpg

2009081612.jpg

2009081613.jpg
前穂高岳にて


槍ヶ岳遠望

談笑した後、僕は一足先に下る事にして落石しないように慎重に下って、
紀美子平が間近に見えるようになった頃、「あっ、マスター」との声が・・・昨日の3人組の方々♪

またお会いする事ができて、とっても嬉しいです♪

今から前穂高岳の山頂を目指されるとの事、くれぐれもお気を付けて・・・上高地で再会できるかなぁ~。
 
9時18分、紀美子平まで戻ると、アーストレックの皆さんの帰りを待ちわびているTさんを発見し、お喋りを楽しんでいたら、皆さん下山して来られました・・・おかえりなさい♪ここで皆さんは昼食を食べられるとの事、僕もご婦人にお弁当を分けていただいたので、Tさんにいただいたお弁当と一緒に美味しくいただきました・・・あぁ~、シアワセ♪遠征中、一番お腹いっぱいになり、元気100倍となったところで、10時10分に紀美子平をあとにしました。

2009081616.jpg
めっちゃ美味しかったぁ~♪

紀美子平直下のスラブ状の岩をクサリを頼りにクリアーした後、
デジタルオーディオプレーヤーで『穂高よさらば』を聴きながら下る事に・・・


1. 穂高よさらば また来る日まで   
  奥穂に映ゆるあかね雲   
    返り見すれば遠ざかる   
    まぶたに残るジャンダルム

2. 滝谷さらば また来る日まで   
    北穂へ続く雪の道   
    返り見すれば遠ざかる   
  まぶたに残る槍ヶ岳

3. 涸沢さらば また来る日まで
  横尾へ続く雪の道
  返り見すれば遠ざかる
  まぶたに残る屏風岩

4. 岳沢さらば また来る日まで
  前穂をあとに河童橋
  返り見すれば遠ざかる
    まぶたに残る畳岩


前後に誰も居ない事を確認して「穂高よ~さらば~♪」と口ずさみながら意気揚々と下り、ミヤマトリカブトなどの花々が咲くお花畑の登山道を通り抜け、11時41分、岳沢ヒュッテ跡に到着(25℃)ここで20分ほど休憩してから先を急ぎました。 ここから先は長い長い樹林帯の下りが続き、夏の陽射しも手伝って、大汗をかきながら下っていると、天然クーラーと書かれた看板が目に飛び込んできて、12時54分、夏場のオアシスである風穴に到着・・・くぅ~、めっちゃ涼しい♪でも、あんまり長居すると離れなくなるので、少しだけ涼んだだけで先を急ぎました。

2009081617.jpg


岳沢パノラマ展望台より

2009081619.jpg


ミヤマトリカブト

2009081621.jpg
お花畑の登山道

2009081622.jpg
岳沢ヒュッテ跡

2009081623.jpg
ひんやり♪

この先から一歩進むたびに沢の涼しげな音が近づき始め、13時24分、岳沢登山口に到着。

2009081624.jpg
ヤッター♪





ここから先は観光客に紛れながら木道をてくてく歩いて、20分ほどで河童橋に到着。

2009081627.jpg

この付近は観光客でごった返しており、山から下りて来たばかりの僕は身の置き所が無くて、無事に下山できた喜びに浸る間もなく、昨夜、新潟の方に教えていただいた温泉『上高地アルペンホテル』に向かいました。梓川沿いの涼しげな遊歩道を7~8分ほど歩いて到着。

2009081628.jpg

ちょっと場違いなホテルのロビーで入浴料の500円を支払って、いざ浴場へ・・・
久しぶりの温泉で旅の垢を落とし、湯船に浸って旅の疲れを癒やしました・・・ふぅ~、気持ちイイ♪

その後、温泉から上がり、バスの時刻表を確認してみると・・・ヤッ、ヤバい(汗)

「1便勘違いしていたぁー」

さて、この遠征一番の危機にどうしたものか・・・
焦ったのですが、とりあえずは急いでバスターミナルまで行ってみる事に・・・。

観光客の波を掻き分け、バスターミナルに到着し、念の為、係の人に次のバスの出発時刻を 尋ねてみたのですが、やっぱり、次のバスでは電車の出発時刻には間に合いません。こうなれば、タクシーで松本駅に向かうしか間に合う方法はありません。今度はタクシー乗り場に向かい、「松本駅まで行きたいのですが・・・」と言ってみたのですが、「1時間30分ぐらいだから、18,000円ぐらい掛かるよ」との事、うわ~、やっぱり高いなぁー(苦笑)

「もう帰るの諦めて、小梨平辺りでテント泊しようかなー」

そんな事を本気で考え始めていたのですが、哀れな僕に同情なされたのか、
1人のタクシーの運転手さんが「12,000円だったら、どうかな?」とのご提案。

即答で「宜しくお願いします」と貸し切ったタクシーは、なっなんと、ジャンボタクシー(笑)

2009081629.jpg

10名乗車できる車内を1人貸し切って、ちょっとセレブな気分に浸りながら、
運転手さんとのマンツーマンの会話を楽しんで、電車の発車時刻20分前に松本駅に無事到着・・・ホッ。

2009081630.jpg
ジャンボタクシーとお世話になった運転手さん

タクシー料金の12,000円を支払いましたが、弁当と ビールを購入できる程度のお金は手元に残ったので、ビールと牛肉弁当をゲットして『ワイドビューしなの20号』へと乗り込み、車内で細々と乾杯をしながら、松本駅をあとにしました。

2009081631.jpg

2009081632.jpg

その後は名古屋駅で新幹線『のぞみ51号』に乗り換えるつもりが、ちょっと前の新大阪行きの新幹線に乗り込んでしまい、ちょっと冷や汗・・・無事に京都で乗り換えに成功し、事なきを得ました(苦笑)その後は順調に進み、22時44分、博多駅に到着。博多駅からは『有明27号』に乗り換え、日付が変わる頃、無事に帰宅する事ができました・・・ふぅ~、疲れたぁー。


さらば穂高よ、また逢う日まで・・・

2009081615.jpg
         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。