スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

餓鬼岳・・・初日

2009/09/19(Sat)


午前3時30分過ぎ、何やら人の気配で目が覚める・・・。

すぐに入口の方に目をやると、ご年配の男性の方が1人立っておられ、「あっ、ゴメン、起こしてしまったね」と言われました。それから「ドコに登るの?」とか「ドコから登るの?」などなど質問攻撃(笑)さすがに寝起きでは脳内はまだ半分夢の中なので、この男性の方が現実の人なのか、夢の世界の住人なのか、それさえ判別出来ずにたので、質問にお答える事ができません(笑)ですが、徐々に覚醒していくと質問にも答えられるようになり、「白沢三股から餓鬼岳に登ります」など、1つずつ質問にお答えしていきました。すると、この男性の方、「僕もその登山口まで行くから乗っけてやるよ」との事、「えっ、イイんですかぁー」と喜んではみたものの、僕は昨夜、アルプス第一交通に配車予約をしている・・・。その事をお話しすると、「キャンセルすれば」と言われたので、アルプス第一交通に電話して事情を正直に話すと、とても快くキャンセルに応じていただき、ありがとうございました♪

という事で、登山口まで送っていただけるようになったのですが、
この男性の方、大阪から徹夜で車を飛ばして、ココまで来られたとの事でした・・・やりますね~♪

早速、缶コーヒーを手土産に車へと便乗させていただき、
4時30分、一夜の宿を提供いただいた信濃常盤駅をあとにしました。

さて、この大阪の方の予定としては、先ほどの待合室兼用の駅舎にザックをデポして、白沢三股の登山口に車を駐車した後、自転車で信濃常盤駅まで戻り、今度はそこに自転車をデポして、電車で穂高駅まで移動し、中房温泉行きのバスに乗り込まれ、今日は燕山荘でテント泊、明日は大天井岳方面までピストンされ、翌日に餓鬼岳へ縦走されるとの事でした。なので、「2日目の燕山荘のテント場で一緒になりますね、ウマいビールで乾杯しましょうー」と僕が言うと、「実はね・・・」と、大阪の方は下戸に近いとの事でした。ですが、テント場などで周りが美味しそうに飲んでいるのを見ると、やっぱり飲んでみたいと思われていたそうで、「飲みきれなかったのは僕が飲むので、ぜひぜひ乾杯しましょうー」とお伝えしました・・・楽しみが増えたなぁー♪

そんなこんなで車内で盛り上がりながら、4時58分、白沢三股の登山口に到着。

ここで初めて、お互いの自己紹介をし、大阪の方のお名前がNさんと分かりました。その後も周囲が明るくなるまで車内で待機させていただき、5時59分、Nさんに見送られ、再会を楽しみにして出発しました・・・色々とお世話になり、ありがとうございました。

2009091901.jpg
お世話になったNさんとツーショットで♪

さて、まずは平坦路を歩き始めるのですが、真っ先に僕の大好きなアケボノソウが出迎えてくれました。Nさんのご好意やアケボノソウとの出逢い、序盤から良い事ばかりなので、今回の山旅も成功間違いナシと確信し、軽やかな足取りで沢沿いの気持ちの良い登山道を歩いて行きました。途中、紅葉ノ滝、魚止ノ滝を見物し、7時35分、最終水場手前付近の沢で水を2リットル補給してから先に進みました。少し上に行くと、最終水場の標識とベンチがあり、憩われていたご夫婦と談笑してから先を急ぎましたが、この先からジグザグの急登になり、ズッシリと重くなったザックも影響して、なかなか思うように先に進む事ができません。それでも、1歩1歩確実に標高を稼いで、10時5分、標高2,079mの大凪山に到着(12℃)この辺りから赤や黄色などに色づき始めた木々が目立ち始め、樹林帯の尾根道をウットリとしながら登って行くと、百曲りと呼ばれる登りになり、もう少し、もう少しと鼓舞して登って、13時12分、餓鬼岳小屋に到着・・・なかなか趣のある建物でgood!実はこの山小屋、『ランプの宿』と食事にグレープフルーツが出るという事で有名らしいです。早速、テントの受付(500円)を済ませましたが、小屋番の方もとても親切で好印象でした♪

2009091902.jpg
大好きな花に出逢えるとやる気も出ます!!

↓↓意外とデンジャラスな登山道↓↓
2009091903.jpg

2009091904.jpg

2009091905.jpg
まだ大丈夫!!

2009091906.jpg
紅葉ノ滝

2009091907.jpg
沢沿いは涼しくて好きですぅ♪

2009091908.jpg
ヤッヤバイかも(汗)

2009091909.jpg
最終水場を過ぎれば急登の始まり、始まり~

2009091910.jpg
ゴゼンタチバナの果実

2009091911.jpg
大凪山

2009091912.jpg

2009091913.jpg

↓↓紅葉狩りをしながら↓↓
2009091914.jpg

2009091915.jpg

2009091916.jpg

2009091917.jpg
餓鬼岳小屋

店内を見回すと、コカ・コーラ(400円)の文字を発見したので購入して、餓鬼岳を見ながら乾杯!!

2009091918.jpg
くぅ~、このシュワッとした爽快感、たまりません♪

このシュワッのおかげで疲れも吹っ飛んだのでテント場に移動すると、誰も居ない・・・本日一番乗り~♪このテント場、MAXで5張程度しか設営できない為、誰も居なくて安心しました。それにしても、連休初日だというのに、この静さは・・・小屋番の人も山頂に遊びに行っちゃったし、これから増えるのかなぁー。気になるところですが、とりあえず、一番良さげな場所にテントをゆっくりと設営し、室内の整理整も終えると、14時51分、周囲はガスに包まれていましたが、小屋から5分ほどで到着できる餓鬼岳の山頂に向かう事にしました。

2009091919.jpg
特等席

てくてく歩いていると、途中、カメラを抱えた男性二人組に話し掛けられ、僕がテント場に向かう頃は晴れて槍ヶ岳まで望む事ができたよ・・・と教えていただきました。見れなかったのは残念でしたが、きちんと寝床を確保できなければ、写真撮影もゆっくりと楽しめないので、落ち込む事はありませんでした(笑)

2009091920.jpg

二人とお別れした後、15時12分、餓鬼岳(標高2,647.2m)の山頂に登頂。

2009091921.jpg

ガスってはいますが、ここまでの道のりを考えれば、感無量で、無事に記念撮影を済ませた後、タイムリミットの夕暮れまでにはまだ2時間以上あるので、必ず晴れる事を信じ、珈琲を飲みながら、その時、その瞬間を待つ事に・・・。

2009091922.jpg
のんびり待つのも楽しい~♪

それから1時間ほどが経過した頃、周囲を覆っていたガスが動き始めたので、急いでストームクッカーを片付け、スタンバイしていると、稜線上にガスが飛び交いながらも槍ヶ岳が姿を見せ始め、あっと言う間に晴れ渡りました・・・信ずるものは絶景にめぐり逢える♪


稜線に雲飛び交いて


射光線に心惹かれましたぁ♪


鹿島槍・立山を望む


裏銀座コースの夕暮れ

1ヶ月ほど前、あの場所で夕暮れを迎えていたと思うと、とても嬉しい気持ちになります♪


夕焼け小焼け

2009091928.jpg
餓鬼岳山頂の夕暮れ

その後も一喜一憂しながら、シャッターを押し続け、裏銀座コースの落日を見送った後、夕焼け小焼けも堪能する事ができ、18時3分、大満足で下山し、5分ほどで小屋に到着すると、水を4リットル(1リットル:200円)とビール(350ml:600円)を購入してからテント場に戻りましたが、わっ、満員だぁ~(苦笑)

まっ、そこそこ距離が離れているので、あまり気にはなりませんけどねぇ・・・。

気を取り直し、テント内に入ると、夕食の準備開始・・・今宵の食材にはキムチ、ぶなしめじ、えのき、ニラを用意し、キムチ鍋を作りましたが、やっぱり、ウマい!!もちろん、最後の〆はアルファ米と生卵をトッピングして雑炊を作りました・・・ふぅ~、お腹いっぱい♪

2009091931.jpg
↓↑今宵のディナー↑↓
2009091932.jpg

さて、食後はプシュッとビールを片手に大好きな『海味鮮』をお供にして、晩酌タイムを楽しみました♪

2009091930.jpg

その後、今朝が早かった事もあり、明日の長丁場に備え、20時前に就寝・・・2日目に続く。
         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。