スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

徳沢に下山・・・4日目

2009/09/22(Tue)


午前1時過ぎにオーディオプレーヤーのアラームで目が覚める・・・。

ふぁ~、よく寝たー(喜)

すぐに入口から外の様子を伺うと、星は出ているものの明らかに昨日までの天候とは違っていました。とりあえず、夜明けは見れないとしても早めに出発した方が良さそうです。なので、コーンスープはお預けで、グラノーラと チーズで簡単に朝食を済ませ、テント内の片付けも終えると、登山靴を履いて外に出たのですが、槍ヶ岳方面を見ると、ドップリと分厚い雲に包まれていました・・・。

急いでテントを撤収して、ちょっと離れたところにあるベンチまで移動してからパッキングしていると、ご婦人が2人来られました。「今からですか?」と聞かれたので、「はい」と答えると、「あらっ、ご一緒しようかしら・・・」と、僕は・・・絶句(苦笑)早朝ぐらいは静かにゆっくりと登りたい・・・と思い、ご婦人方がトイレに行かれた隙を狙って、3時35分に出発(7℃)

常念岳の山頂まではガレた急登が続くので、ルートを見失わないように慎重に進んで行きました。中腹付近まで来た時、あのご婦人方が追いついて来られたので、道を譲って先行して貰いましたが、すぐに道を間違えられました(苦笑)危なっかしいので、結局、先行する事にしました・・・ハァ~。

そんなこんなで、4時52分、なんとか無事に常念岳の山頂(標高2,857m)に登頂(5℃)

2009092202.jpg
一瞬、赤くなるも・・・

2009092201.jpg
ちょっと苦笑いしながら

冷たい風が吹き荒れ、周囲はガスに包まれて展望はゼロ。それでも夜明けの時間までは粘りましたが、やっぱり、ダメでした(涙)この頃になると続々と登って来られ、狭い山頂は大賑わい。ワンダーフォーゲル部?のようなグループの方が前常念岳への下山口に悩まれていたので、GPSの素晴らしさをお伝えして、5時54分に山頂をあとにしました。

2009092203.jpg

ガスかかる登山道をルートを外れないように慎重に下っていると、前方にライチョウファミリーを発見!後ろから来られた方々にも「シィー」と合図してから、ヒソヒソ話でライチョウが前方に居る事をお伝えしました。今日はガスっているので警戒心もさほど強くないので、半径2m以内まで近づいても大丈夫でした・・・カワイイなぁー♪

さて、その後も順調に歩いていたのですが、天候は更に悪化の一途を辿っているようで、ついにパラパラと雨が降り始めました。穂高連峰方面はすでに分厚い雲の中で、すでにシッカリと降っているようなので、こちらも本降りになる事を感じつつも、雨具やザックカバーの着用は後回しにして先を急ぎました。

2009092204.jpg
穂高連峰方面を望む


秋深まる縦走路

2009092206.jpg

その後は予想通り、本降りになってしまいましたが、樹林帯である事とシトシト雨なので稜線上に出るまでは雨具を着用しなくてもあまり濡れる事はないだろうと思い、そのまま登りました・・・ザックはマックパックのアズテックですからね!

2009092207.jpg

2009092208.jpg

あいにくの天候にちょっと気持ちが乗らないのですが、それでも樹林帯の登り下りを何度か繰り返して、8時54分、蝶槍に到着(8℃)こちらでは鳥取県から来られているご夫妻が食事をされていたので、パシャッとシャッターを押していただきました・・・ありがとうございます♪ しばらくの間、ご夫妻と楽しく談笑して、ザックカバーと上半身だけ雨具を着用してから歩き始めました。

2009092209.jpg

2009092210.jpg
蝶槍にて

さて、ここからは晴れていれば楽しい稜線歩きができたのですが、本日はあいにくの空模様なので、
高低差もさほどなく、ガスと草紅葉のコラボを楽しみながら歩いて、10時1分、蝶ヶ岳ヒュッテに到着。

2009092211.jpg

2009092212.jpg

早速、小屋内に入り、「何か温かい食べ物ある?」と尋ねると、「今の時間帯はカップヌードル(500円)しかできません」との事、「オォ~、カップヌードルで全然OKだよ!」と言って、早速、オーダーして、ほどなく、カップヌードルが手元に届くと、ズルズルッとホットな気分で美味しくいただきました♪

2009092213.jpg
あったまりますぅ~♪

さて、お腹も膨れたところで出発の準備をして、10時39分に蝶ヶ岳ヒュッテをあとにしましたが、2~3分で蝶ヶ岳(標高2,677m)に到着しました。こちらには先ほどの鳥取県のご夫妻、単独行がしてみたくて、常念岳山頂で仲間と別れ、単騎駆けでここまで来られた東京からお越しのお姉さんが居られ、あまりに呆気ない登頂に皆さんで大笑い。蝶ヶ岳登頂記念に、お姉さんにパシャッと記念撮影していただき、この先の下山ルートも同じなので、ご一緒させて貰う事にしました♪

2009092214.jpg

楽しいお喋りに花を咲かせながら、妖精ノ池や登山道脇の色付き始めた木々を愛で歩き、長塀山(標高2564.9m)を通過して、その先のちょっとした広場になっているところで休憩タイム。さすがに樹林帯は暑いので、ここからは雨具を脱ぎ、半袖&半ズボンにロングスパッツの涼しげなニュージーランドスタイルにチェンジしてから歩き始めました。



↓↑妖精ノ池の秋↑↓



2009092217.jpg

↓↑楽しみながら歩く↑↓

2009092218.jpg

途中、ご夫妻の馴れ初めやご当地である大山の話を興味津々でお聞きながら楽しく下って、13時2分に昼食タイムをする事にしました。僕はパパッと珈琲を淹れて、皆さんに差し上げたのですが、とても喜んで下さったので、嬉しかったです♪

さて、お腹も心も膨れ、ザックも多少軽くなったところで、13時42分に出発。徳沢園まであと少しと思いながらも、このあと少しがなかなか辿り着きません。こういう時、単独であれば、結構キツい場面なのですが、今日は楽しいお喋りのおかげで、さほどまでキツくありません。むしろ、「もう少しでお別れだなぁー」と思うと寂しい気持ちでいっぱいになります。でも、無事に下山できる事が一番嬉しい事なので、最後まで気を抜かずにしっかり歩いて、14時39分、徳沢園に到着。

2009092219.jpg

2009092220.jpg

2009092221.jpg
無事に下山!!

僕はこの徳沢園でテント泊、東京のお姉さんは徳沢ロッヂで宿泊予定で、ご夫妻は今日中にご自宅まで帰られるとの事だったので、ご夫妻とはここでお別れです。お互いの自己紹介をした後、皆さんで記念撮影を楽しみました。その後、お姉さん(Tさん)とは生ビールで乾杯の約束をして、Tさんとご夫妻(Nさんご夫妻)を見送りました・・・また何処かの山でお会いできる時を楽しみにしています♪

その後、フロントでテント泊(500円)の受付を済ませると、コカ・コーラ(250円)を片手に設営開始。この頃には雨も止んでおり、水はけのよい下地も手伝って、のんびりと作業を進める事ができました。さて、テント内の整理整頓も終わり、サブザックにお風呂セット、宴会の為のおつまみを入れると、16時過ぎに徳沢ロッヂへ・・・温泉♪温泉♪、久しぶりの温泉~♪

2009092222.jpg

2009092223.jpg
気持ちの良いテント場です♪

2009092224.jpg
徳沢ロッヂ

テント場から5分もせずに到着したのですが、外来入浴は16時30分からとの事、16時から勘違いしていました。まぁ~、別に待つ分は大丈夫なのですが、扉の張り紙には本日満員の為、受付は14時まで・・・と書いてあったので、もしかしたら、Tさんは宿泊できなかったのでは・・・と思っていたら、室内からひょこっと、サッパリとした様子で現れたので安心しました(笑)ご本人は早く生ビールを飲みたい雰囲気でしたが、今から僕はお風呂に入るという戦いが残っているので、「もうちょっとだけ待ってて下さいね」とお伝えして、16時30分をスタートに一気に室内へと雪崩れ込みました(笑)

すぐに脱衣場で衣類を脱ぎ捨て、いざ浴場へ・・・う~ん、狭い(苦笑)

オマケにタオルを脱衣場に忘れたので急いで取りに戻り、洗う順番は2番手に後退(笑)

それでも待っていたら、次は自分の番になるので気持ちが高ぶりますぅ♪

いよいよ自分の番になったのですが、後ろに並ばれていると、さすがに落ち着いてゆっくりと旅の垢を落とすという事はできませんので、髭を剃ってサッパリとするのは明日にして、ここではカラダと洗髪を済ませるだけにしました。なかなかできない体験をしつつも、ホッとして上がろうとしていたら、「マスター?」と声が掛かりました。「えっ、自分の事?」と戸惑っていたら、nana to campingのしんちゃんのお友達の方で僕のブログも見て下さってるとの事でした♪オマケにお住まいも割と近くで、こんなに狭い空間で、まさか、まさかの出会いに嬉しくて興奮してしまいました♪もっと、ゆっくりとお話したかったのですが、ここはお風呂の戦場なので、ゆっくりとは話せません(笑)「今夜は飲み明かしましょう」とお誘いいただいたので、「徳沢園の食堂に居るので声を掛けて下さいね!」とお伝えしてお別れしました♪

さて、嬉しい出会いにルンルン気分でお風呂から上がると、
Tさんと徳沢園の食堂に行って、待望の生ビール(1,000円)で乾杯~♪

2009092225.jpg

くぅ~、無事に下山&お風呂上りの生ビールはめっちゃウマい!!

楽しい山談義に1杯、2杯(500ml:550円)と進み、
時刻はあっと言う間に消灯近くになっていたので、この辺でお開き。

2009092226.jpg
おでん(600円)もあります!

Tさんを徳沢ロッヂまで送った後、テント場に戻ると、なんか無性にラーメンが食べたくなったので、
パパッと作り、缶ビール(350ml:450円)を美味しくいただきました。

2009092227.jpg

その後、北アルプス最後の夜に名残を惜しみながらも、22時過ぎに就寝しました・・・最終日に続く。

2009092228.jpg
         
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。