スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

宮之浦岳・・・4日目

2008/01/01(Tue)


2008010101.jpg
テントの撤収作業中

午前5時30分に目が覚めるが、テントを叩きつける雪の音と猛烈な風が吹き荒れていたので起きるのを一旦見送って、6時30分に起床(テント内の気温-3℃)登山靴もザックも何もかもが凍っている・・・まさに冷凍庫(苦笑)シュラフ内で保温していた水は大丈夫だったので、「珈琲が飲める♪」と、ひと安心・・・こんな天候の中、寝起きから外に出たくありませんからね(苦笑)

早速、守り切った水を使って朝食タイム・・・元旦の朝だというのに、コーンクリームに食パンをトッピングした定番メニューですが、このトロ~リ感が冷え切ったカラダを暖めてくれて、おせち料理に負けず、とっても美味しい~♪その後はもちろん、今年初のモーニングコーヒータイム~♪テントは昨夜と同様に相変わらずグラングランと揺れていましたが、こんな悪天候の時に飲む珈琲は格別な味わいなんですよね・・・撤収の事を考えなければ(苦笑)

さて、楽しかったコーヒータイムも終焉を迎え、レインウェアで完全武装して、いざ外へ・・・と思ったら、「うっ、入口が雪で埋まっているよ」さすがは九州最高峰の宮之浦岳、降雪量もハンパじゃありません。こちらの雪は雨がそのまま固まったような・・・霰のような雪が叩きつけるように降って来るので、これが皮膚が露出した顔などに当たるとめちゃくちゃ痛い・・・今日まで強風とこの雪に苦しめられたんですが、それも今日で終わり・・・明日からは観光登山~♪

おっと、その前にテントの撤収・・・ふぅ、また吹雪だよ。昨日、雪に埋めていたペグは微動だにせず、しっかりと凍りついて強風に耐えてくれたのですが、その分、回収が大変で数箇所の穴掘り作業を頑張って、全てのペグの回収完了。テントの撤収作業も凍っているテントを収納するのに苦戦しましたが、これも無事に収納完了・・・ホッと、ひと安心♪

ザックへのパッキングも終わり、「さて、そろそろ出発するかな」と、軽アイゼンを装着していたら、「あっ」と声を掛けて来る人が居られたので、声のする方向を見てみると、昨日、永田岳の下りで擦れ違った人でした・・・。「どうしたんですか?」とお尋ねしてみると、尾根に出ると僕のトレースは消え去っており、ルートを探している内に暗くなり始め、結局、進退窮まって、風を避けられる場所(祠)を探し当てて、そこで一晩、シュラフとマットだけで過ごされたの事・・・ホントに無事で何よりでした♪

しばらく談笑した後、この方(大阪から来られたとの事でした)は今日は新高塚小屋に泊まられるとの事なので、「気を付けて~」と見送った後、9時46分、九州最高峰の宮之浦岳に出発しました(-7℃)

相変わらずの強風と雪のブリザード状態で、登山道の積雪は40~60㎝と、風で飛ばされるのか思っていたほどの積雪ではなかったのですが、もちろん、今日もトレースは全く無く、この霰の雪の為に雪質はサラサラしており、一歩登っては半歩下がるという効率の悪い登りだったので、なかなか思うように進む事ができず、時間だけが過ぎ去っていきましたが、焦る気持ちを抑えつつ、頬を突き刺す強風と雪に耐えながら、マイペースで進んで登って行き、10時43分、九州最高峰の宮之浦岳1,936mの頂上に立つ事ができました・・・永田を出発して、4日目・・・長かったなぁ~♪

もう一つ嬉しい事に、2008年の一番最初に九州最高峰に登頂した人になれた事←まぁ、自己満足ですけどね(笑)そんなこんなで、ゆっくりと余韻に浸りたかったのですが、今日の宮之浦岳はちょっと厳しすぎる・・・気温は-8℃程度でしたが、烈風が吹き荒れ、あの霰のような雪が四方八方から襲いかかって来るので、さすがに白旗を揚げて参りました・・・と、11時25分、名残惜しいのですが、潔く下山を開始・・・次は穏やかな時に来たいです(苦笑)

登りで苦労した分、帰路はとっても楽チンで雪の中を楽しみながら下って、
11時41分、昨晩、宿泊した焼野三叉路に戻って来ました(-6℃)

最初、今日の行動は新高塚小屋まで・・・と予定していたのですが、この降雪量なので更に積雪する事が予想されるので、頑張って今日中に縄文杉の近くにある高塚小屋まで下れば、明日がゆっくりできると思って、すぐに出発。

10分ほど下ったところで二人組の登山客の方々と擦れ違い、これから先は、この方々のトレースがあったので、これから楽に歩ける・・・と思っていましたが、それもしばらく進むと消え去ったので、GPSとコンパス、地図で現在地を確認しながら進んで、平石と呼ばれる岩に囲まれた場所に12時33分到着(-5℃)

この場所には休憩に最適な岩屋があったので、20分ほど休憩してから出発・・・強風と霰のような雪に悩まされながら、黙々と歩き続けて、13時30分、第二展望台に到着・・・が、ガスって何も見えない為、そのままスルー(苦笑)

第二展望台から10分ほど歩くと、「登山道に何か居る、何だろう??」と近寄ってみると、「おっ、ヤクシカさんじゃないですかぁ♪」何かを貪るように食べている・・・何を食べられているかは存じ上げませんが、よっぽど美味しいんだろうなぁ~♪僕の事は眼中に無し・・・それならばと、カメラを構えると、あぁ~、レンズが曇ってる・・・くぅ~、肝心な時に~(涙)その隙にヤクシカさんはその場所のご馳走を食べ終わり、ゆっくりと斜面の方に歩いて行かれ、そのまま居なくなるのかな・・・と思っていたら、今度はその斜面で美味しい食べ物を発見されたようで、再び、お食事タイム♪その間にレンズを拭いて、再度、撮影タイム・・・そんなこんなで楽しいひと時を過ごした後、このヤクシカさんもお腹いっぱいと帰宅され、僕も先を急いで歩き始めました・・・。

ここから10分程度で第一展望台に到着しましたが、何も見えないので、そのままスルーしました・・・う~ん、残念。少し進むと、気持ちの良いヒメシャラの森に入ったので、その風景にウットリしながら進んでいると、パッと開けた場所に出て、新高塚小屋に14時32分到着(-2℃)

ガラガラと扉を開けて中の様子を覗き込むと、室内には二人ほど居られるようで、焼野三叉路で出会った方はお昼寝中のようで起こすのも悪いと思い、すぐに扉を閉めて、テラスにて、お気に入りのフロランタンをお供にコーヒータイム・・・行動中で久しぶりに珈琲を飲んだような気がします♪

そんな久しぶりのリラックスタイムを過ごした後、15時12分、高塚小屋を目指して出発しました。積雪した気持ちの良い森の中を30~40cmほどのラッセルをしながら、今年の干支である鼠の運動会を見たり、ヤクシカの親子と出逢ったりしながら、ゆっくりと歩いて、コースタイム通りの約1時間、16時10分に高塚小屋到着(-2℃)

早速、小屋内を覗きに行くと、結構、泊まりの人が居るみたいで、小屋中に居た方から「泊まられます?」と言われたので、「いや、テントで泊まります♪」とお答えすると、「大丈夫ですか?」との事・・・心配されちゃった~♪トイレの場所を確認した後、適当なテント場を探して、邪魔にならない場所に決めて、設営開始・・・昨日と比べたら、天国と地獄で、ゆっくりと設営を楽しんで無事に設営完了。

近くの沢で4リットルの水を確保してからテント内へ・・・。ダウンのベストとパンツ、テントシューズを装着して、テント内の片付けをしていると、カップルの方がマイホームを見に来られたので、しばらく談笑した後、降雪が激しくなってきたのでお別れして、カップルの方は小屋内へ、僕はテント内に逃げ込みました・・・ここまで下ってくると、あの霰のような硬い雪ではなく、湿った柔らかい雪になるんですね。

さて、今日は元旦なので、少しでもお正月らしい食べ物を・・・という事で、
お餅がお正月っぽいという理由で、おしるこをご用意・・・この甘さが疲れたカラダに染み渡る~♪

その後、昨日まで最低限に抑えてきたので、今日から豪華な夕食タイム・・・今晩は手始めに赤飯とラーメンのコラボ~♪久しぶりのラーメンはホントに美味しいなぁ~♪心も胃袋も満足したところで、晩酌タイム・・・この悪天候での九州最高峰への登頂の喜びとここまで来れた安堵感で今日は酔いが回るのも早い・・・スッカリ、いい気分になったところで、シュラフに潜り込み、いつものように濡れた物をシュラフ内に入れて、外は相変わらずの降雪でしたが、明日の縄文杉を楽しみに23時過ぎに就寝しました・・・5日目に続く。

2008010102.jpg
宮之浦岳を望む

2008010103.jpg
頂上に到着

2008010104.jpg
九州最高峰にて

2008010105.jpg
悪天候の中を下る

2008010106.jpg
平石

2008010107.jpg
ヤクシカとの出逢い

2008010108.jpg
恐怖の階段

         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。