スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

泉水山周遊

2009/12/06(Sun)


2009120601.jpg
冬枯れの長者原

午前8時過ぎの長者原は曇りでしたが、時々、小雪が舞って寒々としていました・・・。

いよいよ、ウインターシーズンの到来です♪

という事で、ユーミンの「ブリザード~♪ ブリザード~♪」を口ずさみながら、
パパッと準備を済ませ、バターボールを口に放り込んで、7時53分に出発(2℃)

本日は久しぶりに泉水尾根を辿って、黒岩山を目指す事にしました。コスモス荘の横から取り付き、最初はなだらかな登りの樹林帯、その後はガツンとした急登が立ちはだかりますが、長くは続かず、20分ほどで突破すると見晴らしの良いなだらかな登りになり、冬枯れの風景を楽しみながら歩き、あせびのトンネルを抜けると、8時52分、下泉水山に到着(-2℃)

2009120602.jpg
ガスかかる三俣山遠望

2009120603.jpg
アセビのトンネル

2009120604.jpg
上泉水山を仰ぎ見る

10分ほど鑑賞したところで、正月に凍傷を負った左足の爪先部が痛み出したので、動いて温めようと次の目的地である上泉水山を目指して歩き始めましたが、あまりに調子が悪いので、登山靴とソックスを脱いでチェックしてみると、冷たく、白くなっていたので、両手で温めながらマッサージをしてから先を急ぎました・・・まだ初冬なのに、これからの冬本番がちょっと心配です。

その後はだいぶ調子も良くなり、
登山道脇を彩る霧氷の華にウットリしながら登って、9時52分、上泉水山に到着。

2009120607.jpg
霧氷がビューティフル♪

ちょっと小腹が空いたので
板チョコを食べたのですが、今日みたいに寒い日の行動食はチョコに限りますね!

2009120606.jpg

ですが、山でチョコを食べると、日常生活でも
しばらくの間は欲する傾向にあるので、チョコっと恐いです(笑)

のんびりしていたら団体さんが来られたので早々に立ち去って、黒岩山を目指しました。

ここから先はちょっと下り、大崩ノ辻との分岐に差し掛かったので、ちょっとぶらぶら散策してみる事にしました。霧氷に彩られた上泉水山がキレイだったのでクマザサの斜面を振り返り見ながら登っていたのですが、先ほどの団体さんが僕に向かって「ヤッホー」と言われるのです。どうリアクションして良いのかが分からず、しばらくの間、固まってしまいました(苦笑)

2009120608.jpg
上泉水山を振り返る

結局、団体さんが見えなくなるまで動けませんでしたが、その後は気を取り直して斜面を登りきると、「あれっ、岩の上にタヌキの置物がある」この置物、ただ置いてあるだけでなく、セメントか何かでちゃんと取り付けられていました。

2009120609.jpg

「何の理由で?」と疑問を残しながらも先へと進み、
笹草原を散策していると、黒岩山斜面の見晴らしが良い場所に辿り着きました♪

2009120610.jpg

2009120611.jpg
霧氷に彩られた黒岩山

ビッシリ咲く『冬の華』にウットリしながら鑑賞しながら歩いて、
黒岩山の山頂へと続く登山道に戻り、タタッと登って、11時10分、黒岩山の山頂に到着。

2009120613.jpg

う~ん、こちらも霧氷の海が広がっていて、絶景かな、絶景かな♪

2009120612.jpg
一瞬、青空も♪

山頂に設置してある温度計は-5℃をマークしていて寒かったのですが、せっかくなので、この霧氷を独占しながら昼食タイム。本日はキャベツ、ジャガイモ、ニンジン、ウインナーを用意して、ポトフを作りましたが、色んな食材の旨味がドッキングして、とっても美味しかったですぅ♪

2009120615.jpg

もちろん、締めにはご飯とチーズを投入して、
チーズリゾットを作り、こちらもハフハフしながら美味しくいただきました!

2009120616.jpg

食後の珈琲タイムも楽しんで、13時12分に山頂をあとにしました。

2009120617.jpg

2009120614.jpg

ここからは往路を辿らずに牧の戸峠へ下りて行くのですが、濡れた黒土の登山道は滑りやすく、本日一番の緊張を強いられながらも焦らず騒がず、ゆっくり下って、13時37分、牧の戸峠展望台に到着。この頃になると天候は急速に回復して、あっと言う間に青空が広がり、先ほどまでの寒々とした雰囲気はどこへやら、暖かな陽射しが注ぎ始めました・・・これぞ、くじゅうマジック(笑)

2009120619.jpg
沓掛山を望む

2009120618.jpg
ビタミン補給も忘れずに!!

いつもは苦痛となるコンクリートに固められた九州自然道も、今日は白く彩られた山々と青空とのコントラストを楽しみながら、軽快なフットワークで歩いて、1時間ほどで長者原まで下る事ができました。

2009120620.jpg
冬枯れだけど、温かい雰囲気の遊歩道

2009120621.jpg
三俣山を望む
         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。