スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

日本三大雪渓を辿って・・・最終日

2010/07/28(Wed)


午前1時30分、携帯電話のアラームで目が覚める。本日はいよいよ最終日ですが、有終の美を山頂で飾ろうと思い、蓮華岳まで朝駆けです。夜明けに間に合わなかったら嫌なので朝食は割愛して、テント内を片付け、サブザックにカメラ機材を詰め込んで、パパッと準備を済ませて外に出ると、満天の星空が広がっていました♪テントはあとから撤収する事にして、ロキソニンを飲んでから、3時30分にテント場を出発(9℃)風があって肌寒かったので、最初はソフトシェルのジャケットを羽織っていたのですが、ひと登りすると暑くなったので、ひと登りしたところで衣類調整。その後も気持ちは急くも、慌てず急がず、夜明けには間に合うように登って、4時32分、今回の遠征で最後のピークである蓮華岳(2,798.6m)に登頂。

う~ん、感無量♪

2010072801.jpg
朝焼け

2010072802.jpg
夜明けを待つ峰々

しばらくの間、他に誰も居ない貸切の山頂で
今回の山旅を振り返りながら、夜明けのショーを堪能しました。

2010072803.jpg
蓮華岳にて

いつまでも居たい気分でしたが、5時30分に下山を開始。山頂直下では船窪岳方面に向かわれるkasimaさんと再会したので、餞別にひとくち羊羹をお渡した後、ガッチリと握手を交わしてお別れしましたが、またどこかでお会いできる日を楽しみにしています♪

2010072804.jpg
針ノ木岳方面
2010072805.jpg
遠くには槍ヶ岳の姿も♪

この蓮華岳、登っている時は暗くて
よく分からなかったのですが、かなりの数のコマクサが群生しています。

2010072806.jpg

2010072807.jpg
アオノツガザクラ

2010072808.jpg
針ノ木小屋を眼下に・・・

白花のコマクサもあるとの事だったので右に左に探しながら歩きましたが、
今回は残念ながら、白花のコマクサとは出逢い叶わずで、針ノ木々小屋まで戻って来ました。

2010072809.jpg
テント場

ポツンと1つだけ残ったテントをパパッと撤収した後、下山ルートは日本三大雪渓の針ノ木雪渓を下るので、小屋で軽アイゼン(500円)をレンタルして、7時22分に下山開始。やっと風呂に入れる喜びと100km以上の道のりを歩き通せた達成感で足取りも軽いのですが、それと同時に名残惜しいような後ろ髪を引かれるような気持ちも同時に込み上げてきます・・・。そんな複雑な心境の中、ジグザグの登山道を30分ほど下ると、 冷たい雪解け水が勢いよく流れる沢に到着。

2010072810.jpg

キーンと冷たい雪解け水で顔を洗い、シッカリと目を覚ましてから先を急ぎました。
少し下ると雪渓の入口になったので、小屋でレンタルした軽アイゼンを着用してから進みました。

2010072812.jpg
どこまでも続くスプーンカット

2010072811.jpg

2010072813.jpg
ココを下ります!!

最初はサクサクと調子良く歩く事ができたのですが、時間が経つにつれて雪が溶けて柔らかくなり、ズルッと滑って、アイゼンがあまり効きません。時折、尻餅をつきながら難儀して歩いていると、ストック代わりになりそうな枝を発見!!もう1つ見つけて、即席のダブルストックで先に進みましたが、使い勝手良好でした(笑)陽射しや雪からの照り返しで暑かったのですが、底の方からそよそよと吹いてくる風はとても涼しくて、天然の冷風機です。束の間の『涼』を楽しみながら歩いて、9時3分、雪渓出口に到着。

2010072814.jpg
針ノ木雪渓をバックに・・・

軽アイゼンを脱着して先を急ぎましたが、今まで快適だった分、この先からは非常に暑く感じました。

2010072815.jpg

汗をダラダラかきながら歩いて、9時43分、大沢小屋に到着。
こちらには休憩所や湧水もあり、カップラーメン(450円)と冷たくて美味しい水をいただきました。

2010072816.jpg
最後のカップラーメン

お腹も膨れたところで、10時2分に出発。しばらくは気持ちの良い樹林帯を楽しみながら歩いていましたが、その後、乗車予定のバスの発車時刻(11時25分)に間に合うか、ちょっと怪しくなってきたので小走りで先を急ぎ、数回、道路を横切って、11時1分、無事に扇沢まで下山する事ができました。

2010072817.jpg
樹林帯が続く

2010072818.jpg
無事に下山♪

記念撮影も無事に終え、バス乗り場がある扇沢駅方面に歩き始めましたが、すでにここは観光地なので、薄汚れた身なりの僕にはちょっと居辛い場所でした。足早に切符売り場に向かい、大町温泉郷までの切符(990円)を購入して、バスに乗り込むと、そこは僕と同じ身なりの方々がたくさん居られました・・・ホッとしました(笑)そんなこんなで、定時の11時25分にバスは動き出し、扇沢をあとにしました。大町温泉郷には15分ほどで到着したので、バス停から徒歩で2分ほどの場所にある『大町温泉郷 湯けむり屋敷 薬師の湯』に行きました。

2010072819.jpg
薬師の湯

〒398-0001
長野県大町市大町温泉郷 
TEL:0261-23-2834

4/25~10/31
6:00~21:00(最終入館 20:30)

11/1~4/24
8:00~21:00(最終入館 20:30)

入館料(施設利用料・入浴料含む)は通常600円だったのですが、100円引きの割引券をゲットしていたので500円になりました♪さて、公共機関を利用しての遠征で日帰り温泉を楽しむ時、デカザツクの置き場に毎回困るのですが、この『薬師の湯』では通路にザック置き場を設けてあるので、とっても助かりました!!

2010072820.jpg
ザック置き場

ザックから貴重品と温泉セットだけ持ち出すと、いざ、浴場へ・・・。旧館にある『体験風呂の館』か新館にある『アルプス自然浴の館』の「どちらに入ろうかなぁ~」と悩みましたが、露天風呂がある新館をチョイスしました。脱衣所でパパッと衣類を脱ぎ捨てると、まずは洗い場に向かい、9日間の旅の垢を擦り落としました・・・3回ほどゴシゴシ洗って、ようやくキレイになりました(笑)その後、露天風呂で気持ちの良い風に吹かれながら、30分ほど湯船に浸かって疲れを癒しました♪温泉から出ると、まずは祝杯をあげねば・・・と、館内にある食堂に行き、生ビール(500円)と唐揚げ(300円)、山菜そば(600円)+おにぎりを注文しました。座敷に移動して、「乾~杯!!」と小さな声で言って、グビッ、グビッと極上の一杯を唐揚げと一緒に楽しみましたが、この唐揚げは油っぽくてイマイチでオススメできませんが、その代わり、山菜そばはなかなかの味わいで、オススメできる逸品でした♪


2010072821.jpg
唐揚げはイマイチ

2010072822.jpg
山菜そばはオススメ!!

その後、500mlのビールを飲み干し、
食後のデザートに木イチゴのアイスを食べて、昼間のプチ宴会はお開き。

2010072823.jpg

使わなかった予備日の2日間を消化すべく、ゆっくりと余韻に浸れる場所に移動します。先ほどのバス停から信濃大町駅まで行き、こちらから電車で信濃木崎駅まで移動するつもりでしたが、駅員さんに尋ねてみると次の電車まで1時間ほど待ち時間があります。

2010072826.jpg

「ちょっと時間が勿体無いなぁ~」と思いながら、駅入口にあるコンビニで買い物をして、外でアイスを頬張りながら、ポ~としていると、先ほどの駅員さんが来られ、大町市民バス『ふれあい号』が出ている事を教えて下さいました・・・ありがとうございます。この『ふれあい号』だと20分ほど待てば来るとの事だったので指定の乗り場で待機して、無事に乗り込む事ができました。車内では利用状況を調べているとの事でアンケートをお願いされたり、途中から乗員は僕1人だけになったので、入浴施設『ゆ~ぷる木崎湖』に到着するまでの間、運転手さんとお話しながら楽しい時間を過ごさせていただきました。

2010072828.jpg
ゆ~ぷる木崎湖(入浴料:600円)

2010072827.jpg
ふれあい号・・・平日だけの運行だそうです

『ゆ~ぷる木崎湖』は明日の楽しみにして、1kmほど先にある『木崎湖キャンプ場』に向かいます。

2010072829.jpg
田園風景

のどかな風景を楽しみながら歩いていると、犬を散歩中のおじさんに「どこから登ったの?」と話し掛けられたので「親不知海岸から」と言うと、「オォ~、オレも負けておられん」と言われましたが、大漁を狙って明日から岩魚釣りに行かれるとの事でした。このおじさんとはキャンプ場までお喋りしながら歩き、お裾分けに若干の期待を膨らませながら、キャンプ場入口でお別れしました。

2010072830.jpg
気をつけて~

早速、管理棟で受付( テント持ち込み フリーサイト 1泊1名あたり:1,200円)を済ませた後、木崎湖の見晴らしの良い場所にテントを設営しました。

2010072824.jpg
ロケーション抜群!!

その後、先ほどの管理棟で生ビール(500円)を購入して、宴会の始まり、始まり~♪

2010072831.jpg
つまみは残り物で・・・

2010072825.jpg
アウトドアな風景

無線機でラジオを聴きながら旅の余韻に浸っていたら、ちょっと離れた場所でキャンプされていたファミリーのご主人が「良かったら、どうぞ」とサザエとトウモロコシを差し入れして下さいました・・・ありがとうございますぅ~♪♪

2010072832.jpg
ウマイッ!!

旅先で人から受ける優しさや親切は、とても有り難くて、とても嬉しいものです。今回の遠征ではたくさんの方々と出会い、たくさんの方々に助けて頂きながら、無事に歩き通す事ができました。このように良い山旅ができたのも、出産を控え、身重な身体で不安も多々あるにも関わらず、快く送り出してくれた奥様に感謝をしながら、今回の『北アルプス北部遠征』を終わりたいと思います・・・ありがとうございました♪


歩行データ(クリックで拡大)


今回の遠征の軌跡(クリックで拡大)
         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。