スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

三俣山&星生山に行って来ました。

2008/08/03(Sun)



満天の星空

午前2時過ぎの長者原は晴れ、上空には
満天の星空が広がっており、絶好の朝駆け日和でした♪

いつものように珈琲を飲みながら手早く準備を済ませ、大曲の登山口に車で移動した後、3時11分に三俣山を目指して出発(19℃)満天の星空を仰ぎ見ながら鉱山道路をてくてく歩き、スガモリ越の急登もゆっくり、ゆっくりと登って、4時ジャストにスガモリ峠の休憩所に到着(16℃)

ここで大船山上空に広がる星空を眺めていると、どこから湧いてきたのか、背後から雲が忍び寄っていました。西峰を見上げると、すでに雲に飲み込まれている模様・・・ふぅ~、ガスってる(苦笑)夜明けの時刻までには晴れ渡ってくれる事を祈りつつ、4時19分、休憩所を出発。斜面をゆっくりと登り、西峰の山頂付近に到着する頃には完全にホワイトアウト&強風、おまけに湿り気たっぷりのガスの為、全身がしっとりと濡れて、短パン半袖ではちょっと寒い。その後もガスと強風の中を黙々と登り続けて、5時1分、主峰近くの第Ⅳ峰に到着(14℃)

「うっ、さっ寒い・・・」

すぐに長ズボン&山シャツにチェンジして、防寒対策は完璧!あとは周囲を覆っているガスが劇的に晴れてくれるのみ・・・チラチラッとガスは晴れるのですが、なかなかスッキリは晴れてくれず、結局、ガスのシルエットのご来光は拝めたものの、相変わらず、ガスったままでしばらくは晴れる気配もなさそうなので、6時ジャストにⅣ峰に別れを告げ、主峰に寄り道した後、スガモリ越の
休憩所に下り始めました・・・う~ん、残念。気を付けながら、ゆっくりと下って、6時54分に到着(16℃)

ザックを下ろして休憩していると、単独の登山者の方が登ってこられたので、しばらくの間、山談義に花を咲かせた後、今から三俣山に登られるとの事だったので「ガスが晴れるとイイですね」と言って、7時20分に休憩所を出発しました。ガレ場を軽やかなステップで下り、お気に入りの場所である北千里浜へ・・・このロケーション、くぅ~、絶景かな、絶景かな♪あちらこちらで足を止めては「う~ん、サイコー!」とニコッと素敵な笑顔♪そんなこんなで楽しい時間を過ごした後、ガスが渦巻く久住分かれに向かって斜面を登り始めました。ハァ~ハァ~と息を乱しながらも、今日は気持ちの良い風が吹いているので大汗をかく事もなく、8時46分、久住分かれまで登りきった後、避難小屋に移動すると、春雪氏が居られたので少し談笑した後、待望のコーヒータイム~♪本日は福岡県八女市にある野田製菓本舗の日本一の玉露の産地・星野の高級抹茶をふんだんに使用した「さつき」をご用意・・・抹茶の風味がとっても絶妙♪

そんなこんなで鋭気を補給した後、星生山を目指して、9時27分に避難小屋を後にしました。外に出ると霧雨みたいな雨がパラパラしていましたが、本降りになる事はないと判断、あまり気にせずに星生崎の斜面を登り、9時37分、星生崎に到着・・・相変わらず、ガスに包まれたまま(苦笑)

このまま何も見えないまま、稜線歩きをしても楽しさが半減してしまうので、「劇的に晴れてくれないかなぁ~」と少し待機していたのですが、日頃の行いが悪かったのか、願いが通じる事がないまま、9時45分、星生崎を出発。ただひたすら黙々と稜線を歩き続けて、10時5分、星生山頂に到着(17℃)相変わらず、ガスったまま・・・くぅ~、チラッとでも良いから晴れてくれないかなぁ~。

「まぁ~、食事でもしながら待っていたら晴れるだろう」

という事で、昼食タイムの始まり、始まり~♪さて、本日は「Welcome August&Welcome midsummer」と題して、いつもよりちょっと豪華に、石鍋の代わりに黒皮鉄板のフライパンを使用した石焼風ビビンバ&皿うどん、デザートには最近、巷でも姿を見せ始めた浮羽町の巨峰をご用意♪まずは石焼風ビビンバ・・・パクッとひとくち、オォ~、お焦げが美味しい!次に皿うどん・・・パリパリッ、くぅ~、これも美味しい~♪この2品をガツガツと平らげ、デザートの巨峰に下鼓を打っていると周囲を覆っていたガスも動き始め、九重山群を眺める事ができて大満足♪

そんなこんなで楽しい時間を過ごして、11時54分、山頂を後にしました。下山路は久しぶりに星生新道経由で下る事に・・・大曲の登山口まで一気に下る事ができるこのコース、急な天候の変化にも対応できるので、「なんかこのまま下るのも勿体無いなぁ~」と思い始め、12時30分、見晴らしの良い台地まで下りてきたところで、アフタヌーンコーヒータイム・・・この時間帯のコーヒータイムには心もカラダも癒されます♪そんなこんなで、流れる雲を見ながら、の~んびりと堪能していると、ウトウト・・・うぅ~、睡魔が~。という事で、夏の陽射しをたっぷりと浴びながら光合成・・・ではなかった、お昼寝タイム~♪ジリジリと焦げる肌、気持ちの良い風に夏の盛りを感じつつ、夢の世界へzzz

30分ほど魅惑の世界で過ごした後、後片付けを手早く済ませ、13時58分、見晴らしの良い台地を後にしました。この先からこの星生新道の一番シンドいところ・・・急坂でズルズル滑りやすい登山道に悪戦苦闘しながらも、今日は一度も尻餅をつく事もはなく、14時34分、無事に下山する事ができました。


シルエットの夜明け


ガス蠢く


北千里浜を眼下に


北千里浜を歩く


仰ぎ見る硫黄山


久住分かれ避難小屋にて


ガスに包まれる星生稜線


ちょっと豪華な昼食タイム~♪


鎮座する三俣山


星生新道にて


見晴らしの良い台地にて
         
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。