スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

常念山脈縦走・・・6日目

2011/05/06(Fri)


午前4時2分、気持ち良く目が覚める(テント内の気温0℃)

さすがにお腹が空いたので、あべかわ餅を作って食べましたが、
これが絶品、幾らでも入るほど美味しかったです♪

110506_050440.jpg
あべかわ餅(F-01C撮影)

食後に特製ココアを飲んだ後、テント泊も6日目に入ると、すでに日常化しているので、テキパキと撤収作業をこなして、7時7分に出発(-2℃)今朝は氷点下まで冷え込んだおかげで、ズボッと嵌まる事もありません。少し進むと踏み跡を発見しましたが、少し様子が変です。なぜかと言うと、踏み跡の向きは徳本峠だけに向いているだけで、大滝山方面に向いている踏み跡が1つもないのです。「おかしい??」と思い、この踏み跡は信用せず、しばらく歩いていましたが、この踏み跡の主もGPSを利用されていたようで同じルートを辿っているようなので、この踏み跡を辿れば、間違いなく徳本峠に着くと確信しました。それにしても、この踏み跡の主も日中にこのコースを歩いたのか、ズボズボ雪に嵌まって、相当苦労されたようです・・・昨日は行動を切り上げて正解でした。その後もルートを確認しつつ、慎重に先へと進んで、8時45分、徳本峠の徳本峠小屋に到着(8℃)

2011050601.jpg
踏み跡発見!?

2011050602.jpg
標高2,246.5mのピークへの登り

2011050603.jpg
徳本峠へ下る

2011050604.jpg
徳本峠小屋を眼下に・・・

徳本峠小屋は4月下旬から営業しており、10張程度のテント場もあります。テント場まで行くと、小屋の方が2人、外で作業中です。「おはようございます」と挨拶すると、「大滝山から来たの?」と聞かれました。「はい」と答えると、「オッ、九州からやね」と言われたので、この人はエスパーかと疑っていると、実は2人共九州の出らしく、1人の方は博多、もう1人の方は荒尾市出身との事でした。まさか、このマイナーなコースで同郷の人に会えるなんて・・・。故郷の話で盛り上がりつつ、テントの設営開始。テント場には他に誰も居らず、どこでも張り放題でしたが、一番手前に張る事に決めて、パパッと設営。

2011050605.jpg
穂高岳をバックに・・・

荷物の搬入も終わり、せっかくの晴天、逃す手はあるまいと思い、
往復7時間15分(無雪期のコースタイム)かかりますが、霞沢岳を目指す事に・・・ラストピークへ続く。
         
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。