スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

くじゅう三山縦走

2011/07/16(Sat)


午前2時30分過ぎの大曲登山口は快晴、風もなく、穏やかで静かな夜でした。

月光に照らされながら準備を済ませて、2時55分に駐車場を出発(19℃)

短パン半袖の涼しげなスタイルで、のんびり歩いて、3時54分、ズガモリ峠の休憩所に到着。三俣山西峰で夜明けを迎えるには早過ぎるし、かと言って、本峰や南峰まで足を伸ばすと夜露でビショ濡れになるので、前回に引き続き、ビショ濡れになりがらの夜明けは避けたい・・・という事で、月光に照らされた北千里浜を「月の砂漠を~♪はるばると~♪」と口ずさみながら歩いて、4時41分、久住分かれに到着。夜明けには間に合いそうなので、星生崎に駆け上がるよ、あらら、岩陰にボッチさんを発見!!誰も居ないと思っていたので、ちょっとビックリしながら「おはようございます」とご挨拶。その後はピーカンながらも、久しぶりにスッキリした夜明けのショーを楽しむ事ができました♪

2011071601.jpg
平治岳の夜明け


モルゲンロートの星生山(クリックで拡大)

2011071603.jpg
早朝の三俣山

2011071604.jpg
扇ヶ鼻

素敵な夜明けを堪能した後は、ゆっくりとモーニング珈琲タイムでも・・・と言いたいところでしたが、本日はまだまだ先があるので、ここはグッと我慢して、5時40分、星生崎を出発。

2011071606.jpg
本日2度目の夜明け

気温18℃、下界では考えられない涼しげな環境の中、早朝の風景を堪能しながら久住山を目指していると、久しぶりにぎんさんとお会いし、その後も山下さん、そして、絶景をカメラに収められて、『ルンルン』という言葉が見えるような感じで下りて来られた原園さんともお会いする事ができました・・・のんびりとお話できるのもスカッと晴れた天候のおかげ、感謝、感謝♪

2011071607.jpg
久住山直下から望む星生山

久住山頂には6時37分に到着。

山下さんから「阿蘇山方面の雲海がキレイ」と伺っていたので、
貸切状態の山頂で10分ほど鑑賞してから稲星山に向けて出発。

2011071633.jpg
星生山を望む

2011071608.jpg
阿蘇山

2011071609.jpg
ノリウツギはもう少しで開花

途中、久住山と稲星山との鞍部にある神明水に立ち寄りました。冷たい水が湧き出ていましたが、そのまま飲用すれば、砂等が混入する可能性があるので、気になる方はコーヒー用のフィルターなどで濾した方が賢明かもしれません。

2011071610.jpg
神明水から望む祖母山

2011071611.jpg
神明水

顔を洗ったりして、5分ほど休憩してから出発。

2011071612.jpg
深緑の久住山・・・後方の山は星生山

緩やかな斜面を気持ちの良い汗をかきながら登って、7時34分、砂礫の稲星山に到着。

2011071614.jpg
大船山を望む

先週も登ったので、今回はスルーして先を急ぎます。

2011071615.jpg
稲星越から望む白口岳

2011071613.jpg
乱舞するオトギリソウ

2011071616.jpg
深緑の双耳峰

白口岳に、8時34分に到着。山頂から鉾立峠までは
急斜面の下りが続くので、靴紐と気持ちを締め直してから出発。

2011071632.jpg
稲星山を望む

2011071617.jpg
落石注意!!

眼下に広がる坊ガツルを眺めながら、足元に注意して下って、40分ほどで鉾立峠に到着。

2011071618.jpg
坊ガツルを眼下に・・・

2011071619.jpg
鉾立峠から見上げる白口岳・・・カッコイイ♪

この頃になると、さすがに夏山、下るだけでも大汗をかきましたが、おかげで鉾立峠を吹き抜ける風がとても気持ち良く感じます。こうなると、グビィッと早く飲みたくなるので、一路、坊ガツルへと急ぎます!!途中、法華院温泉山荘にて、エビス顔をゲットする為に立ち寄りましたが、山荘付近は大規模な工事を行っているので、通行には注意が必要です。

2011071620.jpg
法華院温泉山荘

2011071621.jpg
工事の邪魔にならないように、きちんと歩行者通路を歩きましょう

2011071622.jpg
坊ガツルから望む大船山

9時58分、坊ガツルに到着しましたが、すでにテント場はいっぱい・・・30張以上あります。

さすがの坊ガツルも、太陽の下では、この時間帯でも暑い・・・。

暑いのが苦手なマスターは日陰に逃げ込んで、ゆっくりと、ビールタイム♪♪

2011071623.jpg
あらびきステーキとエビス顔(^o^)

その後、待望の素麺タイム!!

2011071624.jpg
やっぱり、夏は坊ガツルで素麺に限ります♪

すっかり、イイ気分で珈琲タイムまで終えると、近くに居た初老の男性に話しかけられ、夕立が恐いので12時過ぎに出発する予定が、この方の「オレのテント広いから泊まりなよ~」とか「酒とツマミの心配はいらないから」などと誘惑され、迷いに迷って、伸びに伸びてしまい、結局、15時30分過ぎに出発。おかげさまで、久しぶりにフェアビューさんとお会いする事ができたし、おニューの山グッズにもお目にかかれたので良かったです♪

2011071625.jpg
珈琲タイム

2011071626.jpg
ノハナショウブと三俣山

坊ガツルを出発する頃は一寸妖しげな空模様でしたが、
16時30分、雨ヶ池に到着する頃には天候も持ち直し、気持ちの良い草原歩きをする事ができました。

2011071627.jpg
テントの花咲く坊ガツル

2011071628.jpg
群生するイブキトラノオ

気になる雨ヶ池のノハナショウブは、木道脇にヒッソリと咲く程度で、今年はちょっと残念。

2011071629.jpg
平治岳を望む・・・池も枯渇しています

ですが、樹林帯に入ると、今を盛りに咲き乱れるヤマアジサイが出迎えてくれました♪

2011071630.jpg
ブルーの明かりを灯すヤマアジサイ

途中、九州自然歩道から指山自然観察路へ進路をとると、虫の音がなんとも心地良く、疲れたカラダも癒されます。ですが、17時32分、指山自然観察路入口に出てから鉱山道路を歩き始めると、疲れと暑さから、一気に疲れがピークに達し、キツイ、キツイ(苦笑)

それでも、三俣山が見えるところまで登ると面白い雲が出ているので、
楽しみながら歩く事ができ、18時24分、無事に大曲登山口まで下山する事ができました。

2011071631.jpg
鉱山道路から三俣山を望む
         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。