スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

茶臼岳&光岳縦走・・・3日目

2011/08/03(Wed)


午前1時45分、携帯のアラームで目が覚める・・・。

テントの前室の気温は10℃と冷え込んでいたので、晴れているのでは・・・と
ちょっと期待しながら、ベンチレーターから外の様子を伺うと、オォ~、満天の星空♪

どんな夜明けのショーが見れるのか・・・

考えただけで今から落ち着かず、すぐにでも飛び出した気分でしたが、
特製ココアとビスケットで朝食をとってから、3時20分、ゆっくりとスタートします。

2011080301.jpg
お気に入りの朝食メニュー

本日は南アルプス深南部に鎮座する光(テカリ)岳までのピストン、約11時間の行程ですが、せっかくなので、仁田岳、イザルヶ岳にも足を伸ばしてみたいと考えています。日帰り装備+カメラ機材だけなので、カラダが軽い、軽い。散歩気分でグングン登って、3時55分、茶臼岳(標高2,604m)に到着(6℃)

2011080302.jpg
上河内岳と富士山


黎明の富士山(↑クリックで拡大↑)

2011080304.jpg
雲走る上河内岳

2011080305.jpg
茶臼岳山頂

2011080306.jpg
上河内岳と聖岳

2日間、樹林帯の中で写真という写真も撮れず、悶々とした日々を過ごしていたので、久しぶりに夜明けのショーをゆっくりと楽しむ事ができました。もうしばらく居たかったのですが、本日は長丁場なので、5時26分、後ろ髪を引かれながら、茶臼岳をあとにしました・・・。


目的地は遥か彼方・・・

斜面を10分ほど下ると平坦路の木道で歩きやすく、
すぐ横には仁田池もあり、湖面に映る青空が美しいです♪

2011080308.jpg

2011080309.jpg
仁田池

更に先へ進み、5時58分、仁田岳との分岐地点、シラビソに囲まれた希望峰に到着。仁田岳に先に立ち寄るか帰路に立ち寄るかで悩みましたが、帰路も晴れている保証はないので、先に立ち寄る事にしましたが、これが大失敗。前日の雨で濡れたハイマツが登山道を覆っていたので、下半身と登山靴がずぶ濡れに・・・。引き返すわけにも行かず、更に進んでいると、前方にライチョウの親子を発見!!昨晩の雨で凍えたのでしょうか、ヒナは動かず、陽を浴びて、カラダを暖めているようでした。ずぶ濡れになって、なんだか惨めな気持ちになっていましたが、驚かせないようにソッと眺めていたら、ほのぼのした気持ちになりました♪

2011080310.jpg
仁田岳を望む

2011080311.jpg
ライチョウのヒナ

「ライチョウ親子に出逢えたので良かったなぁ~」と思いながら歩き、6時23分、仁田岳(2,523.8m)に到着。早速、登山靴を脱ぎ、濡れたソックスを絞るのですが、こんな事になるんだったら、予備のソックスを持ってくるんだったなー(苦笑)

悔やんでも仕方がないので、今日は濡れたソックスで先へ進む事にしました。

2011080313.jpg
仁田岳山頂

2011080312.jpg
光岳方面を望む

登りの時に露払いしていたので、あまり濡れず、10分ほどで希望峰まで戻りました。濡れている登山靴の水分をソックスが吸収して不快だったので、また絞ります。この作業を何度も繰り返せば、服の着干しならぬ靴の履干しができそうです。

もちろん、良質のウールソックスだからこそ出来る技ですが・・・。

2011080314.jpg
希望峰

標高2,300m付近まで下ると、小さなアップダウンを繰り返しながら進みます。針葉樹林帯で展望はありませんが、シダの群生が素晴らしく、楽しみながら歩く事ができます♪気持ちの良い樹林帯を快適に飛ばして、7時54分、易老渡(イロウド)との分岐地点、易老岳に到着。

2011080315.jpg
シダに彩られた登山道

小腹が空いたので、緑茶と東京カリントの蜂蜜かりんとうを頂きます。

2011080316.jpg
易老岳

10分ほど休憩して先へ進みましたが、この頃から青空はガスに覆い隠され、先ほどまでの晴天が嘘のように怪しげな天気に変わっていました・・・。急く気持ちを抑えつつ、先へ進みます。しばらくはシダの群生に囲まれた登山道で歩きやすかったのですが、三吉平と呼ばれる鞍部を過ぎると、薄暗く、ジメッとした林で、石がゴロゴロ、足場の悪い谷筋の急登へ・・・。おまけに谷筋は風が吹かずに蒸し暑く、汗がダラダラ止まりません。今まで良いペースで進んでいたのですが、暑いのが苦手なので、ガクンとペースダウンしてしまいました・・・。

2011080317.jpg
三吉平付近

2011080318.jpg
谷筋の急登

休憩を2回挟みながら、なんとか登りきって、10時8分、静高平に到着。

2011080320.jpg
静高平(旧制静岡高校(静岡大学)山岳部が野営を記念して名づけたそうですが、現在はキャンプ禁止)

まだ蕾の状態でしたが、周囲はミヤマトリカブトやハクサンフウロの群生地で、
オマケに樹林帯の縁からは冷たい湧水も出ており、楽園のような場所でした♪♪

2011080319.jpg
蕾を膨らませるミヤマトリカブト

2011080331.jpg
ハクサンフウロ

2011080321.jpg
南アルプス屈指の極上の湧水

いつ雨が降り出すか、ガスに包まれて分からない状態だったので、光岳登頂後に静高平を満喫する事にして、ここではグッと我慢して先を急ぐ事にしました。この先は登りという登りもなく、センジガ原のイザルヶ岳分岐を見送り、木道を辿って、10時28分、光小屋に到着。外には誰も居らず、閑散としていたので立ち止まらず、光岳山頂を目指しました。


2011080322.jpg
ガスに包まれる登山道

2011080339.jpg
木道を歩くセンジガ原

2011080323.jpg
光小屋

※光小屋の食事の提供は、全員50歳以上かつ3名以下のグループで、午後3時までに手続きされた方のみとの事。例外として、三伏峠以北より縦走して来られた方は、50歳以下でも提供されるそうです。

山頂までは小屋から15分との事でしたが、斜面を巻くように登山道が続いているので、
天候も相まってか、意外に遠く感じながら、10時45分、光岳(標高2,591.1m)に登頂(14℃)

2011080324.jpg
光岳山頂へ続く登山道

2011080325.jpg
光岳にて

山頂は樹林に囲まれて展望はありません。10m先に展望台があるとの事で行ってみましたが、ガスっているので、やっぱり展望はありませんでした。光石まで7分と標識にかいてあったので、空荷で行ってみる事に・・・。かなりの急勾配を下って行くので、帰りの事を考えるとツライのですが、今は何も考えずに下って、11時1分、石灰岩の光石に到着。せっかく足を伸ばしたのに、こちらもガスに包まれままで展望がなかったので、8分ほど滞在しただけで往路を戻りました。

2011080326.jpg
光石

2011080327.jpg
タカネコウリンカ

10分ほどで山頂に戻り、11時17分、光岳をあとにしました・・・。足早に下って、20分ほどでセンジガ原のイザルヶ岳分岐に到着。ザックをデポして山頂を目指しましたが、8分ほどでイザルヶ岳(標高2,540m)に到着。ガスっているのが残念でしたが、樹林に囲まれて展望がない光岳よりも、360度の展望を楽しむ事ができるイザルヶ岳こそが日本百名山の1つに相応しいと思うのですが・・・。

2011080328.jpg
イザルヶ岳

展望がないので長居は無用と駆け足で戻り、お楽しみの静高平へ向かいました。

2011080329.jpg
再び、静高平へ(^o^)

登山靴やソックスを脱ぎ、裸足で水に浸かると、とっても気持ち良かったのですが、あまりに冷たくて、30秒が限界です!何度も繰り返し浸かりながら、、ゆっくりと涼を満喫しました♪それにしても、この静高平の湧水の美味しい事、この上なし・・・今のところ、南アルプスNo.1の美味しい湧水です\(^o^)/

2011080330.jpg
カップ付の美味しい湧水とベビースター(カレーうどん)

のんびりしていたら、あっと言う間に30分が過ぎ去っていました。茶臼小屋まではまだ5時間近くかかるので、12時32分、静高平をあとにしました・・・。行きでは誰との会わなかったのですが、帰路は易老渡から多くの登山客が登って来られていましたが、やっぱり、皆さん、あの谷筋の登山道でグロッキー寸前でした(苦笑)そんな休憩中の方々に捕まりながらも先を急いで、13時43分、三吉平に到着。この頃になると、太陽も顔を出していたので、このチャンスを逃すまいと思い、登山靴やソックスを脱いで、一気に乾かしてしまう作戦に出ましたが、すぐに雲隠れしてしまいました・・・残念。

2011080332.jpg
シットリとした樹林帯

2011080333.jpg
シラビソの苗木に守られるギンリョウソウ

2011080340.jpg
三吉平

気を取り直して、先へ進もうとすると、更に天候が悪化・・・。なんとか雨が降り出す前に茶臼小屋まで帰り着きたかったのですが、希望峰の手前からパラパラと雨が降り始めました。行きも帰りもアップダウンが続くので、この頃になると、日帰り装備とは言えども、さすがに疲労困憊、思うようには足が進みません。希望峰を過ぎ、茶臼岳への登りに取り付く頃、いよいよ本降りになってしまいました。2日間の気候を見る限り、雷はないだろう・・・と予測し、雨具を出す時間も勿体ないので、傘を差しながら先を急ぎます。16時52分、無事に茶臼岳を過ぎると、もう安心、一目散に下って、17時15分、茶臼小屋まで無事に戻って来る事ができました。

2011080334.jpg

2011080335.jpg
再び、雨のテント場

テントの受付(500円)に行くと、「雨の中、お疲れさん」と言われ、饅頭5個とゼリーを頂きました♪

2011080336.jpg
茶臼小屋で頂いたゼリーと饅頭

水を汲んでテントに戻ると、まずは今回の縦走の始点となる光岳登頂をお祝いして、乾~杯!!

くぅ~、雨に濡れて、ちょっと肌寒いけど、ウマイッ♪♪

2011080337.jpg
お気に入りのチーズかつお

ほろ酔い気分になると、お腹が空いたので夕食を作る事に・・・。

今宵は茹でた餅に、キューピーの『あえるパスタソース めんたいマヨ』をトッピング。

最後に付属のきざみ海苔をかけて出来上がり~♪

このパスタソース1食分(40g)だけで225kcalもあり、切り餅×2個(232kcal)と合わせると、457kcalも摂取する事ができます。味の方はめんたいがちょっと辛いのですが、マヨネーズのおかげでまろやかになっているので食べやすいです。また、トロッとしたパスタソースに伸びのある餅の食感が相まって、喉越しも良く、とても美味しかったです・・・パスタに絡めるわけではないので、ちょっと濃い味気味ですが、運動してきたカラダにはちょうど良いみたいです(^o^)

2011080338.jpg
めんたいマヨ餅

お腹いっぱいになると睡魔が襲ってきたので、
明日の準備を手早く済ませて、シュラフに潜り込んで、20時30分過ぎに就寝・・・4日目に続く。
         
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。