スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

白峰三山縦走・・・3日目

2008/08/14(Thu)


2008081401.jpg
ガスの切れ間からの夜明け

午前0時40分、携帯のアラームで目が覚める・・・さっ、寒い。

さすがは標高2,800m付近にあるテント場、外気温は8℃・・・寒いのも納得!おまけにテントの外は強風が吹き荒れており、体感温度は5℃以下かな(苦笑)でも、昨晩の願いが通じたのか、上空には満天の星空が広がっている(喜)早る気持ちを抑えつつ、カラダを暖めようと、お湯を沸かして、コーンスープをカラダに流し込む・・・ふぅ、ぽっかぽか♪その後、いつものモーニングコーヒータイム・・・後片付けをしながらも、美味しくいただきました!

テント内の片付けも済んだので体温を奪われないように上半身だけレインウェアを着用してから、意を決して、いざ外へ・・・。吹き飛ばされないように細心の注意を払いながら、慌てず騒がず、ゆっくりとテントを撤収して、無事にザックへと収納完了・・・ホッと、ひと安心♪パッキング等を手早く済ませ、2時46分、テント場を出発。

まず本日最初に目指すは間ノ岳、標高3,189mの頂・・・今日も1日頑張るぞぉ♪

瞬く星空の下、ヘッドランプの灯りを頼りに強風が吹き荒れる中、汗をかかないようにゆっくりと登っていると、中腹を過ぎた頃からガスがかかり始め、あっと言う間に周囲は真っ白・・・日頃の行いかな(苦笑)それでも夜明け前には晴れる事を祈りつつ、ガスの中を黙々と登り続けて、4時34分、日本第4の高峰である間ノ岳の山頂に登頂!

が、相変わらず、周囲はガスで真っ白・・・おまけに寒い(5℃)

とりあえず、風を避けられる岩陰を見つけて待機・・・せっかくだから御来光を拝みたいなぁ。しばらくすると、周囲を覆っていたガスに動きがあり、チラッとだけ御来光を拝む事ができました・・・ラッキー♪その後もブロッケンが見れたりして楽しい時間を過ごす事ができましたが、ガスの切れ間から見えた北岳にかかる笠雲やレンズ雲が気になったので、「午後から雨になるかも」と思い、6時9分、間ノ岳山頂を後にしました。

相変わらず、ガスったままだったので、ただひたすら歩き続けて、7時10分、中白根山(標高3,055m)に到着しましたが、ふぅ~、やっぱりガスったまま・・・(8℃)「晴れないかなぁ」と少し待っていると、一瞬だけ晴れただけで、しばらくは晴れる気配もなさそうだったので先を急ぐ事に・・・う~ん、残念。

気を取り直し、てくてく歩き続けて、眼下に北岳山荘を望める所まで来た頃、周囲を覆っていたガスがパァ~と晴れ始め 、秀麗な富士山を望む事ができました・・・ビューティフル♪急ぐ気持ちを抑えつつ、50分近く、絶景を堪能してから出発。

15分ほど斜面を下ると、北岳山荘に到着(15℃)上空を旋回するヘリコプターが気になりながらも、ここでレインウェアを脱ぎ、ハーフパンツに切り替え、夏山仕様にチェンジして、9時ジャストに日本第2の高峰である北岳を目指して出発。

登り始めて、しばらくすると、再び、ガスってしまい、ダラダラと続く登りを黙々と先に進んで、ハシゴ場を無事にクリアーして、更に歩を進めると、9時59分、八本歯ノコルからの登山道との合流地点に到着(10℃)15分ほど休憩してから出発。

もうすぐ山頂だと思うと、力も湧いてくるのですが、
やっぱり、最後の登りはキツいなぁ(笑)

落石等に細心の注意を払いながら、山頂直下まで来たところに山岳警備隊の方々が2名待機しておられ、「何かあったのかなぁ??」と思いながら少し先に進むと、もう1名警備隊の方が居られ、肩ノ小屋と無線連絡中だったので、ちょっと聞き耳を立ててみると、誰かこの北岳山頂直下で滑落されたようで、先ほどのヘリは生死の確認に来ていて、残念ながら死亡を確認されたとの事・・・。亡くなった方のご冥福を祈りながら、自分も気を付けねば・・・と、再度、気合いを入れ直し、更に登り続けて、10時36分、北岳山頂(標高3,193m)に到着(14℃)

相変わらず、ガスったままでしたが、標高850mの
奈良田を出発して3日目、標高差2,343m、キツかったけど、感無量♪♪

さすがは日本百名山の1つであり、日本第2の高峰である北岳の山頂・・・大勢の登山客の方々で賑わっており、山頂標識も大人気でしたが、気長に待って、無事にパシャッ♪その後、隅っこの邪魔にならない場所に移動して、登頂祝いにコーヒータイム・・・大好きなフロランタンをお供に美味しく頂きました♪

その後も登頂の余韻に浸りながら過ごしていたのですが、どうも天候がヤバそうな感じだったので、まだまだゆっくりしたかったのですが、11時58分、後ろ髪を引かれる思いで山頂を後にしました・・・安全第一!

足元に気を付けながら、30分ほど下ると北岳肩ノ小屋(標高3,000m)に到着。多くの登山客の方々で賑わっており、僕も休憩タイムをしたくなったのですが、今にも雨が降ってくるような雰囲気だったので、ここはグッと我慢して先を急ぐ事に・・・なるべく早く、標高を下げなければ。

ちょっと足早に下っていると、前方にライチョウが・・・今回も出逢う事ができて嬉しいなぁ♪急ぐ気持ちを抑えつつ、しばし出逢いを楽しんで、その後も順調に下って、13時9分、小太郎尾根分岐(標高2,850m)に到着(11℃)

この先から草スベリと呼ばれる長い下りが続くのですが、森林帯になるので、これで雷様が来襲されても、とりあえずは大丈夫・・・と思いながら休憩していたら、ついに雨が降り始め、「本降りになる前に少しでも下ろう」と出発。

ホソバトリカブトやミネウスユキソウなどの花々を愛でながらも、樹林帯に突入すると蒸し暑く、汗がダラダラ・・・ふぅ~、暑いのは苦手だな(苦笑)それでもてくてく下り、白根御池小屋が見え始め、登山道がヤナギランやミヤマハナシノブ、クガイソウの花々に彩られ始めた頃、長い下りで足に相当の負担がかかってしまったようで激痛が走る・・・。このまま眼下に見える白根御池小屋まで我慢すると後に引きずると思い、とりあえず、適当な場所を見つけて休憩タイム。登山靴とソックスを脱ぎ、足をリラックスさせて、入念にマッサージをして、痛み止めを飲んで急場を凌ぐ事に・・・おかげで、だいぶ痛みも緩和されてきたので、15時25分、再び下り始めました。

お花畑に癒されながら、ゆっくり、ゆっくりと下って、15時12分、白根御池小屋(標高2,230m)に到着(16℃)テント泊のカップルの方に話し掛けられて、10分ほど談笑してから出発。再び、樹林帯の中をウンザリするほど下り、身体中が疲れ果てた、17時17分、大樺沢からの登山道との合流地点(標高1,660m)に到着・・・ふぅ~、疲れた。

でも、ここまで来れば、本日の幕営地である広河原山荘(標高1,550m)まで30分ほどなので、10分ほど休憩した後、残り少ない力を振り絞って出発。ゆっくり、ゆっくり、一歩一歩を確実に歩いていると、前方に屋根が見え始め、足取りも軽やかになり、半ば駆けるように先を急いで、17時45分、広河原山荘に到着・・・やっと着いた~♪

先ずは山荘前のベンチで憩われている登山者の方々の注目を全身に浴びていたので、大きな声で元気よくご挨拶(笑)隣りに座られていた方と少し談笑した後、テントの受付(1人1泊500円)に行くと、生ビール(800円)があるという事を発見したので、早速、ご注文♪おまけにシャワーも完備(3分間300円)されているとの事、本日も山荘前を流れる川で水浴びをしようかな・・・と思っていただけに、これはとっても嬉しいなぁ♪とりあえず、今日1日頑張った自分に、生ビールのご褒美を・・・くぅ~、めっちゃ美味しい♪♪

ちょっとほろ酔いのいい気分になりながら、憩われている方々と楽しく談笑した後、テント場へ・・・。幕営3日目になると、テントの設営も手際良くなり、あっと言う間に設営完了!テント内の片付けをパパッと済ませ、アルファ米にお湯を注いで夕食の準備を済ませた後、汗を流しにシャワー室へ・・・くぅ~、気持ちイイ~♪

そんな至福のシャワータイムを過ごした後、テント内に戻り、夕食タイム・・・本日は牛丼をご用意!「たいの味噌汁」と一緒にガッツリと食べて、明日への活力を補った後、今日は遅くまで行動したので、今晩はカラダが求めるだけの睡眠を摂ろうと思い、携帯のアラームはセットせずに、20時30分、明日の準備をする気力もなく、半ば倒れこむように爆睡・・・4日目に続く。

2008081402.jpg
間ノ岳山頂にて

2008081403.jpg
中白根山を振り返る

2008081404.jpg
雲隠れする北岳

2008081405.jpg
秀麗な富士山

2008081406.jpg
北岳をバックに♪

2008081407.jpg
斜面に広がるお花畑

2008081408.jpg
八本歯との分岐地点

2008081409.jpg
無事に登頂♪

2008081410.jpg
百獣の王と北岳

2008081411.jpg
賑わう北岳肩ノ小屋

2008081412.jpg
ライチョウファミリー

2008081413.jpg
ヤナギランと鳳凰三山

2008081414.jpg
生ビールをぐびっと♪

2008081415.jpg
気持ちの良いテント場

2008081416.jpg
本日のディナー
         
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。