スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

坊ガツルでテント泊・・・1日目

2011/12/17(Sat)


午前8時30分過ぎの吉部登山口付近は快晴、気持ちの良い青空が広がっていました(^o^)

今回も有料駐車場(1~5泊まで500円)を利用しました。駐車場までの林道は積雪していましたが、問題になるような箇所もなく、スムーズに辿り着く事ができました。忘れ物がないように、念入りに準備を済ませて、9時2分に出発(-6℃)今回は大船山の夕景撮影がメインなので、シュラフ&マットは軽量化の為に省略しましたが、それでも、 ザックの重量は39kgほどなので、牛歩でゆっくりと登って行きます。2分ほどで大船林道に合流すると、今まで駐車規制していた路肩のロープは取り除かれており、以前のように駐車できるようになっていました♪

これで今冬も、気軽に暮雨の滝の凍結具合を見に行く事ができますね!

2011121702.jpg
鳴子川

落ち葉の上に薄っすらと雪化粧した対岸の登山道を
重荷に耐えながら、ゆっくりと登って、9時54分、再び、大船林道と合流。

2011121703.jpg

2011121704.jpg
誰の足跡かなぁ~?

動物の足跡を辿りながら40分ほど歩いて、鳴子橋に到着(-4℃)

2011121705.jpg
三俣山を望む(クリックで拡大)

30分ほど撮影を楽しんでから坊ガツルへ・・・。

2011121706.jpg
坊ガツルを歩く

2011121707.jpg
純白の大船山・・・この時期に、こんなに真っ白なのも近年珍しいのでは(^o^)

夕暮れに思いを馳せつつ、11時35分、坊ガツル野営場に到着(-2℃)

すぐにスナフキンの設営開始、今日は風もなく、
穏やかな陽気だったので、楽しみながら設営する事ができました!!

2011121708.jpg
似たもの同士(笑)

お腹が空いてきたので、ラジオを聴きながら優雅にランチタイム!!

2011121709.jpg
今回はテーブル2台体制

2011121710.jpg
本日は特製チャンポン

その後、先にテントを設営して昼寝されていた
ぴろ氏を叩き起こして、一緒に珈琲タイムを楽しみました(笑)

2011121711.jpg
今回はブレンドをご用意

2杯目の珈琲を飲み終わると、ぴろ氏を一緒に大船山へ夕駆けします。16時33分にテント場を出発、アウターシェルまで着込んでいたので汗だくになりながら登って行きます。5合目を過ぎると、霧氷のトンネルに「綺麗だね~」と感動しながら、ゆっくりと先に進んで、16時32分、段原に到着(-5℃)

2011121712.jpg
霧氷のトンネル

ぴろ氏は大船山へ、僕は大船山の雄姿を撮影したかったので、北大船山に登りました。

2011121713.jpg
北大船山

夕暮れ前には九重連山方面にドップリとガスが発生していたので、
夕景は「どうかなぁ~」と心配していましたが、心躍る大船山を見る事ができました\(^o^)/

2011121714.jpg
中岳の夕暮れ

2011121715.jpg
大船山(クリックで拡大)

夕暮れ後、段原でぴろ氏と合流すると、足取りも軽やかに下って、18時36分に坊ガツルまで戻って来る事ができました。各々のテントに戻ると、温泉セットを持ち出して、法華院温泉山荘へ・・・。入浴料の500円を受付で支払って浴場に向かうと、温泉入口に設置してある自販機にエビス顔の琥珀を発見!!

2011121716.jpg

「温泉後が楽しみだ♪」と言いながら、
目線を下にやると、「あっ、プレミアムまで入っているぅ~」

くぅ~、ココに無いからと500ml担いできたのにぃ~(涙)

そんなこんなで、ぴろ氏と2人、貸切の温泉を楽しんだ後、談話室で風呂上りのビールタイム!!

2011121717.jpg

さて、今宵はスペシャルなディナーが待っているので、
こちらでは500ml1本だけで切り上げて、テント場に戻りました。

それで、スペシャルなディナーの1つが↓コレ↓

 2011121718.jpg
だいせんロースハム(内容量:750g)

定価は4,200円と明記してありましたが、
某スーパーにて、980円で叩き売られているのを見事にゲット\(^o^)/

2011121719.jpg
男らしく、豪快に切ります(笑)

そして、フライパンで焼いていくのですが、
分厚過ぎて、中までなかなか火が通りません・・・

一応、生でも食べれるんですけどねぇ(苦笑)

しばらく待って、ようやく完成・・・プレミアムと一緒にいただきます♪

2011121720.jpg
プレミアムなディナー

現在のテント内の気温は-8℃、少々氷結気味のプレミアムでしたが、だいせんロースハムの美味しい事この上なし、こんな贅沢なハムは今まで食べた事がありません。ひと口食べる度に、ぴろ氏と「美味しいっ」と絶叫し合いながら、ニコニコしながら完食(2/3ほどはお持ち帰り)しました(^o^)

さて、これからが今宵のメイン、鴨ネギ鍋の登場です!!

2011121721.jpg
ヤットコ鍋と木蓋で雰囲気はバッチリ♪

鴨と相性が良い白ネギをタップリ入れて、素材の旨みを引き出します。

2011121722.jpg
鴨ネギ鍋

本当はセリが欲しかったのですが、まだ出回ってないので、水菜で代用しました。

鍋には欠かせない、日本酒も熱燗でご用意!!

2011121723.jpg
盃&徳利は今秋にゲットした小石原焼(^o^)

2011121724.jpg

ストーブ改も持参してみましたが、そのポテンシャルの高さにはぴろ氏も絶賛(笑)

顔がポワ~ンと暖かくなるんですよね~♪

2011121725.jpg
背景は何かを熱く語るぴろ氏

そんなこんなで、楽しい宴は日付が変わる頃まで続きました・・・。

2011121726.jpg

さて、就寝時ですが、今宵はシュラフ&マットがありません。今回はオフシーズンに安くゲットできたダウンフーディー(重量は1,030gと重いです)の性能テストも兼ねているので、ドキドキしながらの就寝となります。上半身は大丈夫だと思いますが、下半身は薄手のタイツ&フリースパンツ、テントシューズだけなので、シュラフカバー&インナーシーツに潜り込んだ後、ザックに突っ込みました。これで膝付近までのマットは不要、あとは首から太腿付近までのカバーですが、アウターやザックカバーなどの着用しない物をスタッフバッグに平たく詰め込み、足りない部分は座布団タイプのエアーマットを敷きました。これで地面からの冷気は問題ありません。

現在のテント内の気温-11℃、美味しい食べ物をいっぱい食べたので、
このまま目が覚めない事はないので、安心して1時過ぎに就寝・・・2日目に続く。
         
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。