スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

三度の白峰三山縦走・・・9日目

2011/08/09(Tue)


午前3時43分、パチッと目が覚める(11℃)

いよいよ、本日から南アルプス北部の山々に登り始めるのですが、
過去に2度登っており、コースも覚えているので、精神的にとても楽です。

プレミアムクラッカー&コーンスープで朝食を終えると手早く撤収作業を終えて、5時30分に出発。本日の農鳥小屋までの行程は3時間程度、今までと比べて小屋間の移動時間は短く、ようやく夕立の心配をせずに縦走する事ができそうです。ここまで来ると食料等などの消費装備がだいぶ減っているので、少しはザックの重荷を気にせずに歩く事ができそうです(笑)マルバダケブキのお花畑を見ながら40分ほど歩いて、6時13分、三国平の分岐に到着。

2011080901.jpg
マルバダケブキのお花畑

2011080902.jpg
三国平・・・奥の山は塩見岳

2011080903.jpg
仙丈ヶ岳を望む

晴天に恵まれて、風は心地良く、周囲の山々を望む事ができ、とても気持ち良いです。三国平から農鳥小屋までは、間ノ岳の南西斜面をトラバースしながら歩きます。ハイマツ帯と岩礫のトラバース路を50分ほど歩くと、三国沢の水場に到着。

2011080904.jpg
トラバース路からハイマツ帯越しに塩見岳を望む

2011080905.jpg
西農鳥岳と塩見岳

2011080906.jpg

2011080907.jpg
三国沢

冷たい水が流れていたので顔を洗ったり、タオルを濡らしてカラダを拭いたり、サッパリしてから先を急ぎました。水場から先は歩きやすかったのですが、斜面を巻きながらダラダラと歩くので、一向に稜線が近づいて来ず、なかなかシンドかったのです。それでも休憩せずに頑張って、8時48分、農鳥小屋に到着。

2011080909.jpg
手前が西農鳥岳、奥に農鳥岳が見える

2011080910.jpg

2011080911.jpg
稜線から西農鳥岳&農鳥岳を望む

早速、テントの受付(500円)を済ませて、空きがあるテント場を
あちらこちらと物色、気に入った場所を見つけて、テントを設営しました。

2011080912.jpg
テント場

この頃になると怪しげな雲も多くなり始め、太陽が顔を出しているうちに濡れている物を乾かそうと、シュラフなどを広げて天日干し。それから農鳥岳に登る準備をしていると、農鳥小屋の名物親父さんが「今日も雨が降るから早く登った方が良いよ」とアドバイスして下さいました・・・ありがとうございます♪。ある程度、登山靴などの濡れ物が乾いてくれたので、9時51分にテント場を出発(17℃)ザックの中身は基本装備&カメラ機材のみなので、散歩気分で軽快に登る事ができます。

2011080913.jpg
いざ、農鳥岳へ

山での楽しみまで軽量化するのは嫌なのですが、たまにはベースキャンプから軽装で登るのも良いものです。重荷を背負っていると、いつも多くの登山客に追い抜かれるので、「あぁ~、自分って、なんてダメなんだろう~」と落ち込んでしまう事もしばしば、「重荷を背負っているのだから・・・」と自己弁解すると、自分がダメな事に対して言い訳しているようで、更に落ち込んでしまいます(苦笑)でも、今日は今まで頑張った分だけ、背中に羽が生えた如く、軽快に斜面を登って行く事ができ、11時ジャスト、農鳥岳(標高3,025.9m)に登頂する事ができました(15℃)

2011080914.jpg
西農鳥岳から農鳥岳方面

2011080915.jpg
農鳥岳までの縦走路

2011080916.jpg
農鳥岳にて

2011080918.jpg
やっぱり、東京カリントのかりんとうはウマイッ(^o^)

頑張って登って来たのですが、残念ながら展望には恵まれず、
ずっと、ガスに包まれたままだったので長居はせず、10分ほどで下山開始。

2011080917.jpg

2011080919.jpg
冬期遠征時、強風に煽られて転倒した場所・・・生きてて、良かった~(笑)

30分ほど戻ったところで、ポツポツと雨が降り始めましたが、
雨具は着用せずに先を急いで、12時21分、本降りになる前にテント場まで戻る事ができました。
 
2011080920.jpg
農鳥小屋

テント内に入ってしばらくすると本降りに・・・。このテント場は標高2,800m付近にあるので、昨日のような雷雲の発生が怖かったのですが、本日は雨は降っても、雷雲の発生まではなさそうです。1時間ほど経つと雨も上がったので、小屋にビール(350ml:600円)と水2リットル(1リットル:100円)を購入しに行きました。ガスに包まれる農鳥岳を見ながら、今まで大事に残していた『まぐろチーズ』をお供に、プシュッとビールを堪能しました♪

2011080922.jpg
ガスかかる農鳥岳方面

2011080923.jpg
贅沢なひととき・・・

ほろ酔い気分でテントに戻ると、分厚い雲の隙間から太陽がチラッと顔を出したので、
久しぶりに『AAソーラーチャージャー 』をテント上に広げてから、お昼下がりの珈琲タイム♪

2011080921.jpg
AAソーラーチャージャー


2011080925.jpg 
オヤツがいっぱい\(^o^)/

珈琲を片手に地図を広げながら、今まで歩いてきた道のりを思い出して、マッタリとした時間を過ごす事ができました♪そんなこんなで、ノンビリと流れる時間を楽しんで、時刻は16時過ぎ、そろそろお腹も空いてきたので、夕食の準備を開始。本日は切り餅を2個、久しぶりにマルチロースターで焼き、お吸い物亭(鯛)に投入して、即席雑煮の完成\(^o^)/

2011080926.jpg
食欲をそそられる焼き色(^o^)

2011080927.jpg
シンプルながら、鯛の風味と焼き餅の香ばしい香りに食欲をそそられます。

上品に食べ終わると、まだ夜の帳も下りてないうちから晩酌タイム♪

2011080928.jpg

大好きなあたりめと黒霧島のコラボで、ゆっくりとした時間を楽しんで、
明日は間ノ岳に朝駆けなので今宵は早めに、19時前に就寝・・・10日目に続く。
         
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。