スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

祖母山&大障子岩縦走

2012/04/14(Sat)


天狗岩分岐付近まで来ると天候は急速に回復し始め、
ようやく・・・ようやく、待ちわびた、気持ちの良い青空が広がり、良い縦走日和となりました♪

20120414②22
天狗岩

20120414③01
ローソク岩

やっぱり、景色を見ながら歩くとテンションもアップ、疲労の度合いもだいぶ軽減されるので足取りも軽やかに歩き、祖母山頂直下の岩場も慎重に通過して、16時3分、祖母山頂(標高1,756.4m)に到着(9℃)

20120414③02
山頂直下の難所

20120414③04
傾山を望む
 
これで祖母・傾山の日帰り縦走は達成したのですが、完全縦走を達成するには障子岩尾根を越えないといけません。まずは宮原分岐で尾平への誘惑に負けないようにしなければ(苦笑)ちょうど、山頂には北谷登山口から登って来られたというご夫婦が居られたので、山頂とのツーショット写真をお願いしてから九合目小屋に向かいました。

20120414③03
祖母山頂にて

ゆっくり下って、10分ほどで到着。冬場は凍結して味わえなかった水場は普通に出ていたので、これから夜間行軍になるので、不慮の事態に備え、2.5リットルの飲料水を確保しました。その後は1個で500カロリーオーバーというドラえもんもビックリの大きなどら焼きでエネルギーを補給してから小屋をあとにしました。

20120414③05
水場

20120414③06
栗入り(^o^)

スズダケのうるさい登山道を抜け、馬の背を慎重に通過、誘惑の宮原分岐には17時6分に到着。休憩すると完全縦走達成への気持ちが途切れて下ってしまいそうになるので、足を止める事もなく、障子岩尾根方面に向かいました(苦笑)

20120414③07
馬の背より

20120414③08
障子岩尾根へ

寂しげな雰囲気の樹林帯を急ぎ足で通過して、17時29分、池の原の展望台に到着。

20120414③09
展望台より

せっかくの絶景、ゆっくりと楽しみたいところでしたが、
まだまだ先は長いので、後ろ髪を引かれながら先を急ぎました・・・。

甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根にある刃渡りのような岩場を過ぎると、大障子岩がグッと近づいて来るので、
いつもここで「あと少しで山頂」と喜ぶのですが、まだまだ、そう簡単には辿り着く事はありません(苦笑)

20120414③10
刃渡りの岩場

20120414③11
大障子岩、カッコイイなぁ~

周囲がアーベントロートに照らされる頃、ようやく大障子岩直下に辿り着きました。

20120414③12

20120414③13
アーベントロートに染まる大障子岩

なんとか太陽の残照があるうちに山頂に辿り着きたかったので、
急登を息を弾ませながら駆け登って、18時40分、大障子岩に到着(標高1,451m)

20120414③14
いよいよ、日没の時・・・

20120414③15
大障子岩にて

ホッとひと息したいところでしたが、まだ前障子が残っているので、ここで緊張の糸を切らすわけにはいかず、5分ほど休憩してから出発。これからが正念場、少し荒れ気味なルートなので、ルートを確認しながら慎重に先へと進まないといけません。残照があるうちに不明瞭なところは抜けておきたい、少しでも明るいうちに距離を伸ばしておきたいと先を急いで、20時8分、漆黒の闇にそびえる岩峰を無事に乗り越えて、ラストピークの前障子(標高1,409.2m)に到着。

P4143766.jpg

P4143767.jpg
前障子にて

周囲は夜の帳が下りているので何にも見えませんでしたが、
ここまで歩き通せた達成感、充実感で心がとても躍っています\(^o^)/

これから登山口まで2時間ちょっと・・・。

さすがに疲労の色が隠せませんが、自分自身を鼓舞しながら、前回はダラダラの下り道に嫌気が差したので、今回はその対策にデジタルオーディオプレーヤーをご用意(^o^)ローキーのテーマソングメドレー(Gonna Fly Now→Eye Of The Tiger→Burning Heart)で元気を貰いつつ、ラストはChariots of Fire(炎のランナー)を聴きながら、22時55分、無事に健男社まで戻って来る事ができました。

P4143770.jpg
鹿避けネット

P4143775.jpg
健男社にて

日帰りの縦走でも長期の縦走でも、軽荷でも重荷でも、縦走とは疲労→回復を繰り返しながら先に進む事だと僕は思っています。簡単に言えば、急登で体力を消耗した分、下りや平坦路では遅れた時間を取り戻そうと急がずにマイペースで疲労回復に勤め、更なる難所に備えると言ったところでしょうか(^o^)これは意外と簡単なようで難しく、常に先の事を考えながら進まなければできない事です。これらは入念な下調べや計画があって初めてできる事だと思います。

これから歩くコースの全容、自分の体力や体調等が把握できていなければ、知らない分だけキツイと思うし、その知らない分だけリスクを背負うと思います。今はインターネット最盛期、調べれば、大概の情報は手に入れる事ができるので、知り得た情報を頭に入れながら、日頃から良い方にも悪い方にも、色々な場面を考えながらイメージトレーニングをしていると、実際に縦走した時に気持ち分かもしれませんが、ちょっとは楽になると思うし、安全登山にも繋がると思います。

孫子の兵法にも『彼を知り己を知れば百戦して殆うからず』と書いてあるので(^o^)

自然を自分の目線以下に落として見ないように恐れ敬い、時には親友や恋人と接するような気持ちでも接して欲しいと思います。 ではでは、ゴールデンウィークは安全を第一の目標に掲げ、怪我等のない、充実した山歩きをお楽しみ下さい<(_ _)>
         
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。