スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

北股岳を越えて・・・2日目

2012/08/12(Sun)


午前5時2分に目が覚める・・・。昨日の疲れはほとんど残っておらず、
本日も元気に歩けそうな感じですが、今にも雨が降り始めるような空模様に意気消沈(苦笑)

2012081201.jpg
杁差小屋のテント場

2012081203.jpg
杁差小屋内部

天気予報では雨が降るような事を言っていなかったので、「雨具を着ろうか着るまいか」と悩みながら出発の準備を進めていたのですが、朝食のバランスオン・ク リームサンドを食べながら、あれこれ思案しているうちにパラパラと降ってきたので、「これはダメだ」と雨具のズボンだけ履いてから、6時25分に出発。

2012081202.jpg
バランスオン・クリームサンド・・・クリームのおかげで、パサツキが緩和されるので食べやすい♪

20分ほど歩くと雨足が強くなり始めたので、しばらくは止まないと判断し、雨具の上着も着込み、完全武装で先に進みました。展望はガスに包まれてほとんど望む事はできませんでしたが、登山道の至るところがお花畑なので、悪天候ながらも実に楽しいです♪

2012081204.jpg
鉾立峰を望む

2012081205.jpg
ハクサンシャジン

軽快な足取りで、鉾立峰(標高1,573m)には7時4分到着しましたが、雨足は強くなる一方・・・。天候は不安定ながらも雷の心配はないと思い、このまま 先に進む事にしました。鉾立峰を出発して20分も歩くと、雨は止み、周囲を覆っていたガスも少しずつ薄くなっているような感じがしました。大石山(標高1,567m)が近づいてくると、杁差岳ピストンに向かう空荷の登山客とすれ違うようになりました。その中の1人に天気予報をお聞きすると、本日は晴れとの予報でした・・・これから回復するのかなぁ~。8時1分、大石山に到着。

2012081207.jpg
大石山

ファ ミリーマートで見つけた草大福餅を食べながら休憩していると、待ち望んでいた太陽が顔を出し始め、天候も急激に回復していきましたが、雨具を着ているので、どうにも暑くてたまりません。ここからは、Tシャツ&短パンのいつもの夏山スタイルにチェンジしてから出発。この大石山から、いよいよ、飯豊連峰の縦走路へと足を踏み入れます♪

2012081208.jpg
飯豊連峰縦走路

チングルマやクルマユリなどの花々を愛でながら、
50分ほど稜線散歩を楽しんで、頼母木(タモギ)小屋に到着。

2012081210.jpg
チングルマ

2012081209.jpg
クルマユリ・・・背景の花は、タカネマツムシソウ

2012081211.jpg
お花畑が延々と続く

2012081212.jpg
頼母木(タモギ)小屋

冷たい湧水が引かれていたので、カルピスを作って喉を潤しました(^o^)

2012081213.jpg
ジュース類も販売しています

2012081214.jpg
カルピス

2012081215.jpg
男は黙って、一気飲み・・・プァ~\(^-^)/

あまりに気持ちの良い所だったので、30分近くも滞在してしまいました(笑)

2012081217.jpg
小屋前から杁差岳を振り返る

2012081216.jpg
バイオトイレ・・・ペダルを踏んで、オガクズを撹拌する仕組みになっています

さてさて、「先を急がねば・・・」と重い腰を上げて、30分ほど斜面を登ると、頼母木山(標高1,730m)に到着しましたが、今回の遠征の目的の1つ、飯豊連峰の固有種であるイイデリンドウ が咲いているではありませんか!先ほど大休憩してしまったので、また、「ここで時間を割いてしまうのもどうだろうか・・・」とも思ったのですが、イイデリンドウの可憐な魅力にあがらう事などできようはずがなく、三脚を立てて、ゆっくりと撮影タイムを楽しみました♪

2012081218.jpg
頼母木山へ

2012081219.jpg
頼母木山

2012081220.jpg
イイデリンドウ

これから遅れた分を取り戻さないといけないので、決意も新たに、頼母木山を10時30分に出発しましたが、稜線にガスが飛び交うようになり、天候は一寸、怪しげな感じに変わり始めました・・・。

2012081221.jpg
再び、ガスの中を行軍

地神北峰(標高1,800m)には11時10分、地神山(標高1850m)には11時29分に到着。

2012081222.jpg
地神北峰

2012081224.jpg
地神山

行動食の筆頭になった芋けんぴを食べ、
お腹を満たすと、「雨よ、降るな」と念じてから出発。

2012081225.jpg
ガス飛び交う縦走路

梶川尾根との分岐地点である、扇ノ地紙には12時16分に到着(12℃)

2012081226.jpg
扇ノ地紙

1組のご夫婦と単独の男性が憩われていたので、この方々と10分ほど談笑し、この先にそびえ立つ北股岳の登りに備え、ひとくち羊羹を食べてエネルギーを補給してから先に進みました。

2012081227.jpg
シットリとしているので、食べやすいです(^o^)

胎内山(標高1,890m)に寄り道しつつ、20分ほど歩くと、門内小屋に辿り着きましたが、人の気配が感じられなかったので、そのままスルー、5分ほど登って、門内岳(標高1,887m)に到着。

2012081228.jpg
雪渓発見!

2012081229.jpg
胎内山

2012081232.jpg
門内小屋

ここから北股岳(標高2,024.9m)までが、キツイ、 キツイ。延々と続く急登に、時折、現れる偽ピークが憎らしい・・・。北股岳の山塊の大きさにグロッキー寸前でしたが、ハクサントリカブトやミヤマリンドウ などの花々に励まされながら頑張って登り、14時26分、北股岳に登頂(13℃)周囲はガスに包まれて展望はありませんでしたが、苦労して登った山、ここ まで辿り着けただけで感無量です\(^-^)/先ほど、扇ノ地紙で一緒だったご夫婦にパシャッとシャッターを押して頂き、本村製菓の佐賀藩丸ぼうろを食べてから先を急ぎました。

2012081233.jpg
ハクサントリカブト

2012081234.jpg
ミヤマリンドウ

2012081236.jpg
中腹から北股岳山頂を望む

2012081237.jpg
北股岳

2012081238.jpg
佐賀藩丸ぼうろ

30分近く下ると、梅花皮(カイラギ)小屋に到着。

2012081239.jpg
梅花皮小屋

本日の目的地である御西小屋まではまだ4時間以上歩かなければいけません。昨日も陽が暮れてからの到着だったし、「なんだかなー」と思っていたら、先着されていた先ほどのご夫婦が「泊まっちゃいなよ~」と誘惑してこられる・・・。そして、他の宿泊客からの「雪渓で冷やしたビールもありますよ」の一言がトドメとなって、本日の行動はここで切り上げて、今宵はこちらで宿泊する事にしました(笑)この梅花皮小屋では、テント泊も可能 でしたが、植生保護の為になるべくご遠慮下さいとの事だったので、小屋に素泊まりです。それに素泊まり料金1,500円で、あの小屋泊の雰囲気を味わえるんだったら、北アルプスの山小屋などに比べたら格安と思います。飯豊連峰の山小屋は、基本的に避難小屋なので飲食や寝具の提供はないのですが、レトルトカ レーやレトルトご飯の提供はあるようです。

小屋から歩いて50mほどの場所にある水場で飲料水を確保して戻ると、最初はガランとしていた 部屋も宿泊者も増え始めたようです。時間が経つにつれ、更に増え、寝るスペースが畳一畳分もありません。トドメは大阪からお越しの10名ほどの年配の男女 パーティー、この方々が実に賑やかでした(苦笑)とりあえず、片付けや明日の準備を済ませると、オツマミの燻製かきを持って逃げるように、ビール (350ml:700円)を買いに行きました。外に出ると、今まで周囲を覆っていたガスが晴れ始め、飯豊連峰の最高峰である大日岳(標高2,128m)の 姿まで望む事ができました。強風が吹き荒れて、ちょっと寒かったのですが、大日岳を見ながら、プシュッと乾~杯♪

2012081241.jpg
燻製かきをお供に・・・

2012081242.jpg
梅花皮岳

2012081243.jpg
大日岳

心行くまで絶景を堪能した後、部屋に戻ったら、今まで外の美味しい空気を吸っていたせいか、この部屋に充満している汗やら、生乾きの服やら、ソックスやらの複合された異様な臭いに思わず、ゴホゴホ、むせてしまいました(苦笑)これはたまらんと思い、早速、消臭効果のある珈琲を淹れて、部屋の中を珈琲のイイ香りに変えました・・・これで大丈夫(笑)

2012081244.jpg

しばらくすると、お腹も空き始めたので、夕食の準備を開始!今宵は室内という事で、切り餅は焼かず、茹でて食べる事にしました。柔らかくなった切り餅2個にキューピーのパスタソース、本日はめんたいマヨをトッピングして美味しく頂きました♪

2012081245.jpg
めんたいマヨと切り餅

食後、梅酒に舌鼓を打ちながら、他の登山客の方々と山談義に花を咲かせていたのですが、どうにもこうにも眠くなってしまい、夕暮れ前の18時過ぎに就寝・・・3日目に続く。

         
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。