スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

暴風雨の飯豊詣で・・・3日目

2012/08/13(Mon)


午前1時、外の様子が何となく気になって目が覚める・・・。寝ている方々を起こさないよう、抜き足差し足で寝床をすり抜けて外に出ると、オォ~、晴れてる~\(^-^)/事前に入手していた天気図では、本日の9時頃には飯豊連峰の上空は低気圧がドップリ鎮座している模様。今が束の間の晴天である事は間違いなく、そうなると、悪天候前の朝焼けがあるかもしれない・・・。

天候の悪化も気になるものの、まだ見ぬ絶景に胸を踊らせて、2時17分に小屋を出発。

2012081301.jpg
伊予の心づくしを朝食代わりに・・・

気温は10℃前後、ジャケットを羽織ってちょうど良く、
マイペースで淡々と登って、2時53分、梅花皮(カイラギ)岳に到着。

2012081302.jpg
梅花皮岳

ひと息入れてから烏帽子岳に向かいましたが、梅花皮岳から烏帽子岳までは30分ほど、目と鼻の先なので、夜明けに間に合わない事はなく、星空でも眺めながら、ノンビリと歩いて、3時34分に到着。夜明けまでまだ1時間以上あるので、カップヌードル(醤油味)を食べながら、のんびり過ごしました。

2012081303.jpg
リフィルのカップヌードル

肝心の夜明けは、夜明け前に出てきたガスに阻まれて、薄っすら見えたものの、あえなく撃沈。

ご来光も大日岳の姿も見れたので良しとしなければいけませんね!

2012081304.jpg
飯豊本山と月

2012081305.jpg
夜明けを待つ北股岳

2012081306.jpg
薄っすらとご来光が顔を出す

天候もこれから下り坂になるのは間違いなく、いつまで持つか、神に祈るのみです。とりあえず、縦走路から外れている所にそびえる飯豊連峰最高峰の大日岳だけでも、雨が降ってくる前に片付ける事ができたら、ちょっとは余裕ができるのですが・・・。

2012081307.jpg
烏帽子岳をあとにする

2012081308.jpg
ガス越しに見える大日岳

2012081309.jpg
一瞬、黄金色に色づいた

2012081310.jpg
ニッコキスゲ

2012081311.jpg
ガスにむせぶ縦走路

雪渓の横を通過すると、ヒンヤリと冷たい感じが心地良く、今までに見た事のない斜面一面に咲き乱れるカラマツソウの群生にウットリしながら、気持ちの良い稜線歩きを楽しみます。途中、御手洗ノ池でひと息入れて、6時56分、天狗の庭に到着。

2012081313.jpg
群生するカラマツソウ

2012081312.jpg
カラマツソウ

2012081315.jpg
御手洗ノ池

2012081316.jpg
歩きやすい縦走路

2012081317.jpg
シナノキンバイ

2012081320.jpg
天狗の庭

ガスの切れ間から、再び姿を現した大日岳に一喜一憂しながら、5分ほど休憩してから出発。

2012081321.jpg
天狗岳への登り

天狗岳に登りきると、ここから御西小屋までは目と鼻の先で、7時58分に到着(14℃)

2012081325.jpg
御西小屋

ちょうど管理人が出て来られたので、「荷物を置かせて下さい」とお願いすると、快く了承して下さり、隅っこにザックを置いていると、「小屋入口に置いていいよ」と優しいお言葉まで頂きました。今日、これからの天候について聞いてみると、日本海から分厚い雲の塊がこちらに向かって来ているようで、昼頃から大荒れになる・・・との事。

「急がねば・・・」

ザックからカメラ類と水、行動中に必要な物以外はスタッフバッグに放り込んで、小屋入口にデポして、8時8分に出発。御西小屋から大日岳までのコースタイムは、行きで2時間、帰りで1時間40分になっているのですが、今朝、烏帽子岳から尾根道を見た感じでは、そんなに時間が掛かるようには思えませんでした。「大幅に時間をとられる難所が待ち受けているのか?」よく分からないまま、とりあえずは急ぎ足で山頂を目指します。

2012081327.jpg
文平ノ池

2012081326.jpg
大日岳は雲の中

30分ほど歩くと、急登に差し掛かりましたが、あまりにも近過ぎる・・・。

GPSで確認してみると、

「やっぱり、この上が大日岳だよねぇ」

どうやら間違いなさそうです。

俄然やる気を出して急登を駆け登り、
8時19分、飯豊連峰最高峰の大日岳に登頂(標高2,128.6m)

2012081328.jpg
大日岳にて

周囲はガスに包まれて展望はありませんでしたが、感無量\(^-^)/

2012081329.jpg
白岳を奉納

山頂に居られた仙台市からお越しの男性にシャッターを押して貰い、記念撮影をしてから下山開始。帰路は小雨がパラパラと降り始めるも、この男性と山談義に花を咲かせながら、御西小屋までの道のりを楽しく歩く事ができました。

2012081330.jpg
雨がパラパラ

10時32分、御西小屋に戻ると、急いでパッキングを済ませます。ですが、パッキングが終わる頃、ついに雨が本降りに・・・。風も強くなり始め、いよいよ、低気圧襲来か・・・と言ったところです(苦笑) 上下の雨具を着込み、マックパックのカスケードゲイターの下に、イスカのウェザーテックのショートスパッツを装着して、足回りの防水処理は完璧です(^・^)日中は雷の心配も無かろうと判断して、先へ進む事にしました。11時ジャスト、門内小屋に向かわれる仙台市からお越しの男性とお別れの挨拶を交わして出発。歩いて数分もしないうちに水場との分岐に出たので、ザックをデポして、水汲みに行く事にしました。緩やかな斜面を8分ほど下ると、とても冷たい水がホースからガンガン出ていました。

2012081331.jpg
御西小屋の水場

早速、プラティパスに2リットル汲んだ後、
お決まりのカルピス一気飲みで締め、往路を10分ほど登って戻りました。

2012081332.jpg
病み付きになりました

風は強さを増すものの、雨は思っていたよりも降らないのかな・・・と安堵しつつ、風に煽られながらも少しずつ前に進んで、12時23分、草月平に到着。ピットインリキッド(ウメ味)でエネルギーを補給しながら、5分ほど休憩していたら、いよいよ雨足が強くなり始めました。

2012081333.jpg
ホワイトアウト

2012081334.jpg
ピットインリキッド(ウメ味)

「あぁ~、やっぱり、どんどん荒れていく一方なんだね~」と意気消沈しながらも、ここまで来たら引き返すわけには行かず、行け行けドンドン精神で先に進み始めましたが、飯豊山の斜面に取り付くと、雨風共に更に激しさを増し、まともに歩く事ができません。揉みくちゃにされながら斜面を登りきって、ようやく飯豊本山の山頂かぁ~と思ったら、手前にある駒形山(標高2,038m)だったので、ちょっとガッカリ・・・。

2012081335.jpg
天候は更に悪化

2012081336.jpg
駒形山

それでもこの山を越えない限り、安全な場所はどこにもないので、這いつくばるようなスタイルで、ゆっくり、ゆっくり、確実に標高を稼いで、13時22分、飯豊連峰の盟主である飯豊山(標高2,105.2m)に登頂しましたが、あまりの雨風の強さに登頂の喜びを噛み締める事も叶いません(苦笑)

2012081337.jpg
飯豊本山

2012081338.jpg
飯豊本山にて

せっかくなので、九州から持参した黒霧島を祠にお供えし、
あの手この手を駆使して記念撮影を終えると、本山小屋を目指して一目散に下りました。

2012081339.jpg
黒霧島を奉納

ホワイトアウトの稜線を20分ほど下って、今宵の宿泊地である本山小屋に到着。

2012081340.jpg
本山小屋方面へ

2012081341.jpg
本山小屋

ようやく、ホッとひと息、緊張から解放されました・・・ふぅ~。

今宵は更に荒れそうな天候なので、大事をとって、今宵も小屋に宿泊します。小屋番さんに声を掛けて、宿泊の手続き(素泊まり:2,000円)を済ませると、歩いて10分ほどの水場へと向かいましたが、かなり薄いとの事なので心配です。水場はテント場から左に入り、5分ほど斜面を下って辿り着きましたが、ホースからはチョロッ、チョロとしか出ていません(苦笑)

これでは全部汲み終わるまで、かなりの時間が掛かるなぁ~

根気良く、プラティパスが2.5リットルの満タンになるまで、どしゃ降りの中、ジッと我慢しましたが、いっその事、ホースの脇を流れる雨水を汲んだ方がよっぽど早かったかも(苦笑)

なんか疲れ果てた状態で小屋に戻ると、外の嵐もなんのその、とても賑やかです。2階は十数名の団体さんで貸切状態、1階もほとんど満員状態で、寝床は昨日のかいらぎ小屋よりも狭い感じです・・・無理をしても、テント泊が良かったかな(苦笑)

濡れ物を干し、荷物の整理整頓、明日の準備まで済ませてから、至福の珈琲タイム♪

2012081344.jpg

イイ香りを漂わせながら、いつものように小屋独特の匂いを消臭しました(笑)

その後、外の様子を見に行くと、「あっ、オコジョ」

2012081342.jpg
オコジョ

天然記念物のオコジョを発見\(^-^)/

急いでカメラを取りに戻って、他の宿泊者の方々と一緒に撮影タイム♪

お気に入りの写真が撮れたかはさて置き、オコジョと出逢った喜びで胸いっぱいになりましたが、興奮したせいか、急にお腹が空いてきたので、小屋内に戻ると、早速、夕食の準備を開始・・・

その前にビール(350ml:衝撃のプライス1,000円ナリ~)で登頂のお祝いをしました・・・。

2012081343.jpg

今宵はお吸い物(鯛)に、茹でた切り餅2個をトッピングして、美味しくいただきました。

2012081345.jpg
シンプルイッツベスト(^o^)

食後は先ほど飯豊山にお供えした黒霧島のお湯割りで晩酌タイム♪

鮭とばをお供に楽しいひとときを過ごした後、朝が早かったせいか、
猛烈な睡魔が襲ってきたので、今宵も早めの18時10分に就寝・・・4日目に続く。

2012081346.jpg

         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。