スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

再び、冬山へ・・・プロローグ

2012/12/29(Sat)


2008年から2009年の年末年始の白峰三山の縦走でアクシデントが重なり、両手両足に重度の凍傷を負ってから早3年の月日が流れ、この間、極度の末端冷え性との戦いでした。医者からは、再び凍傷になったら、今度は両手の小指だけでなく、両手両足の指も切断しなければならない・・・と宣告されました。それで冬山そのものを止めれたら良いのですが、バカは死なないと治らないとは良く言ったもので、あの景色、あの濃厚な時間、そして、自然との全ての力を出し切って真剣勝負する事への充実感・・・。他人から見たら滑稽かもしれませんが、僕にはそれが全て、その為に生きているのです。いや、そこに生きる価値を見出しているのかもしれません。

もちろん、死ぬ為に登るのではないので、凍傷にならない、悪化させない為に万全の体制で登らないといけません。初年度は受傷した箇所が冷えに対して過敏に反応し、その年の12月に北アルプスに入りましたが、とても冬山に登れる状態ではなく、標高2,500m付近で撤退。それからは、如何にして末端冷え症を克服するかが課題となりました。登山靴に関しては、日本の冬山は湿度が高いので汗もかきやすく、少し湿った状態でも、標高3,000m付近の稜線に立てば、条件次第では、保温材の入ったシングルブーツでも凍結してしまい、足先は冷えてしまいます。このような状態での長期の縦走は難しく、何よりも足先に冷えを感じると、とても怖いです。

そこで、ダブルブーツの出番なのですが、近年は化繊のプリマロフトやGORE-TEXデュラサーモなどの保温材の入ったシングルブーツが台頭しており、ダブルブーツは、プラスチックブーツか、数種類の登山靴しかありません。おまけに、どれも取り扱いは28.5cmまでしかなく、大きめの29.5cmが欲しかったのですが、国内では見つける事ができず、結局、海外から個人輸入して、LA SPORTIVA(スポルティバ)のスパンティークを手に入れる事ができました。これは、『ダブルブーツの常識を変える驚きのフィット感』のキャッチフレーズの通り、ダブルブーツにありがちなロボット歩行のように歩きにくい事はなく、シングルブーツ並みに快適に歩く事ができました。

2012122900.jpg
LA SPORTIVA(スポルティバ)のスパンティーク

次にグローブですが、今は化繊素材の扱いやすく、操作性の良いグローブがたくさん出ていますが、これは短期の縦走や気温-15℃程度までは良いかもしれませんが、長期の縦走では、昔ながらのウールのグローブと三本指のオーバーグローブを組み合わせたものが乾かしやすく、汚れによる保温力低下も少ないような気がします。それから、強風が吹き荒れ、気温が-20℃を下回るような状況下では、中綿の入ったグローブでないと安心して行動できません。気が付いたら、指が動かなくなっていた・・・という事も珍しくありませんので(苦笑)

ミトンのグローブはよく見かけるのですが、三本指で操作性が良い中綿入りのグローブはなかなか見つかりません。しかし、盛夏の頃、ぶらっと立ち寄った好日山荘で、ブラックダイヤモンド(Black Diamond Equipment Ltd.)のソロイストロブスター(Lサイズ)という名前のプリマロフトの中綿入りの三本指のグローブが叩き売られているのを発見。早速、試着してみて、ようやく理想に近い中綿入りのグローブを定価の30%オフで手に入れる事ができました(笑)

これで両手の憂いも限りなく無くなり、準備も万端、12月も押し迫り、いよいよ決行と相成ったのですが、出発する数日前に転倒して左側の肋骨を強打してしまい、あまりに痛みがひかないので病院に行ってみると、案の定、肋骨にヒビが入っていました・・・。「これでは遠征は無理かな」と思いながらも、ドクターストップがかからないようであれば、行こうと思い、「激しい運動はやっぱり止めていた方が良いですよね?」と恐る恐る医者に尋ねてみました。意外にも医者の回答は「胸骨が膨らまないようにコルセットで絞めていれば大丈夫ですよ」との事。あとは痛みとの相談なのですが、とりあえず、患部に湿布を張り、コルセットで絞めて様子を見ながら、登山を中止にするかは現地入りしてから判断する事にしました。

12月28日未明、雨が降る中、自宅を出発。

まだラッシュとは無縁の高速道路を安全運転に努めてひた走り、途中、福山SAで仮眠して、翌日の17時過ぎに静岡市に到着。静岡市内にある『天然の静岡温泉 美肌湯』で長時間の運転疲れを癒した後、車を1時間30分ほど、山中を走らせて、井川ダム湖畔にある『井川展示館の駐車場に到着。こちらには、近くにトイレもあり、沼平の登山口まで30分ほどで行けるので、今宵はこちらで就寝する事にしました。

明日の準備を済ませて、缶ビールでささやかな祝杯を上げ、
22時前に就寝しましたが、寝返りを打つと、肋骨が痛い(苦笑)

「明日の朝、登るか登らないか、判断しなければ」

しかし、ここまで来れば、撤退の意思表示は無理に等しいかな・・・。

色々考えると、寝れなくなるから明日の事は明日考えよう!

初日に続く・・・。

         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。