スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

赤石岳を目指して・・・初日

2012/12/30(Sun)


午前4時過ぎに目が覚める・・・。

外の様子を伺うと曇り空、天気予報では雨になっていましたが、冬型の気圧配置なので、ちょっと登れば、「雪に変わるだろうなぁ~」と安易に考えながらダムサイドの道路を安全運転で走って、5時30分過ぎに沼平の登山口に到着。15台ほど停める事ができる駐車場は、すでに2/3ほどが埋まっている状態でした。車を端の方に駐車して準備を開始。今にも雨が降ってきそうな空模様だったので雨具のズボンを装着、その他の準備も手早く済ませると、ゲート入口横にある登山指導センターへ登山届を提出に行きました。室内には指導員が2人居られ、厳しい目線で登山届をチェックされていました。単独なので、それを指摘されたら登る事ができないので、ドキドキしながら待っていると、「問題ありませんね、ラクダの背は右側に雪庇が張り出しているので注意して下さい」と、登山情報を貰って、無事に届け出を済ませる事ができました・・・ホッ。

登山指導センターを出ると、雨がポツリ、
気温4℃、早く雪に変わる事を祈りつつ、6時42分に出発。

畑薙湖を横目を見ながら20分ほど歩くと夜も明け始め、2年前に歩いた『南アルプス南北縦走』の時の懐かしい景色が広がってきました。7時31分、標高960m、茶臼岳の登山口がある畑薙大吊橋を過ぎると、本格的に雨が降り始め、それ以降、雪に変わる所か、この時期にしては珍しい土砂降りとなりました・・・(苦笑)

「しんどいなぁ~」

デジタルオーディオプレーヤーで音楽を聴きながら歩いているとは言えども、単調な17kmの林道歩きは面白くなく、畑薙橋を過ぎた頃から気温は-2℃、天から注ぐ雨は氷雨となって舞い降り、容赦なく体温を奪っていきます。

更に先に進むと、中ノ宿吊橋付近から先の林道は本格的に積雪していましたが、雨で雪が解けて、林道は氷の川と化していました。ダブルのブーツのおかげで冷たくは感じないのですが、明日以降の事を考えると、あまりブーツは濡らしたくないので、なるべく水に入らないような工面をしながら歩き、11時29分、赤石ダムに到着(-3℃)

肉体的と言うよりも、冬山に登りに来たのに土砂降りの中を歩いているという精神的な疲労が強く、いつも以上に疲れを感じます。大好きなカリントウを食べながら小休止して、叱咤激励して先を急ぎました。

赤石トンネルを抜けると、雪崩れて林道を寸断している所がありました。この辺り一帯は落石も多く、長居はしたくないので足早に歩き、標高1,140mの聖沢登山口を通過、更に林道を詰めて、13時29分、標高1,120mの椹島に到着。

予定では、このまま赤石小屋まで登るつもりでしたが、明日から本格的にやって来る寒波に備え、濡れた物を乾かしておきたかったし、この氷雨で登る気力も失せていたので、今日の行動はここで切り上げる事にしました。林道から10分ほど下りると、椹島ロッヂの冬期小屋に到着。ガラガラと扉を開けると、室内は真っ暗、誰も居ないようです。「今宵は貸切かなぁ~」と思いながらザックから装備を出していると、30分も経たないうちにガイド2人が引率している10人ほどの登山グループが入ってこられ、ガイドから話を聞いてみると、今日は赤石小屋に居たが、雨の為、赤石岳へのアタックを断念してここまで下山して来たとの事でした。今日は標高2,500mオーバーの赤石小屋付近でも雨だったと言うのだから、おっかなビックリです(苦笑)

その後、荒川三山を目指すという単独の若者も到着し、小屋の中は大賑わい!?な感じとなりました。今日はこれ以上の登山者は増えないようなので、濡れた衣類から登山靴まで乾かす為に小屋内にテントを設営する事にしました。パパッと設営し終えると、歩いて5分ほどの所を流れている大井川に水を汲みに向かいました。相変わらずの土砂降りの中、冷たい川の水を2リットルほど汲んでから小屋へと戻りました。

小屋の中に設営したテントの中に潜り込むと、ウイスパーライトインターナショナル(灯油)に火を入れ、登山靴には新聞紙を詰め、とにかく、濡れた物を全て乾かす事に努めました。その結果、夕闇が迫る頃には8割ほどが乾き、ようやく明日からの寒波にも対応できると安心したら、お腹の虫がグゥ~と鳴り始めたので、ささやかな夕食タイムを楽しむ事にしました。

2012123001.jpg

さて、今回の遠征でも主食は切り餅(1日:50g×2ヶ)をメインに、大分県佐伯市在住の友人が暮れに送ってくれた『スープなしあわせ 和風でしあわせ』の中から、今宵は『鮭とキャベツの石狩汁』をセレクト。これに焼いた餅をトッピングして、今宵の夕食の完成!!

2012123002.jpg
鮭とキャベツの石狩鍋

シンプルながら、これが美味しくて、大満足の夕食タイムとなりました。

 2012123003.jpg

お腹も膨れると、睡魔が襲ってきたので、
明日は晴れる事を祈って、今宵は早めの18時30分に就寝・・・2日目に続く。

         
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。