スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

赤石岳を目指して・・・2日目

2012/12/31(Mon)


午前3時30分に目が覚める・・・。

昨日から降り続いた雨は小康状態でしたが、室内の気温は-4℃と昨日に比べ、
徐々に冷え込みが厳しくなってきているので、いよいよ寒波襲来と言ったところです・・・。

本日の行程は、標高1,120m付近にあるこの椹島から東尾根(大倉尾根)に取り付き、標高2,500m付近にある赤石小屋までの標高差約1,400mを登る長丁場ではありますが、夕方までに小屋に辿り着くと良いので、気持ちにもまだ余裕があります。

バランスオン クリームサンド
(1袋:140kcal)とミルクココアで朝食を済ませた後、至福のひとときであるモーニングコーヒータイムを楽しみながら、ゆっくりと片付け等を済ませて、6時ジャストに椹島ロッヂの冬期小屋を出発(-8℃)

2012123101.jpg
朝食のバランスオン クリームサンドとミルクココア

登山道は、昨晩の雨を吸った雪がガチガチに凍り付いていましたが、
アイゼン&ピッケルのお世話になる事もなく、ダブルストックで調子良く登って行きます。

2012123102.jpg
東尾根(大倉尾根)入口

1時間ほど登ると夜も明け始め、ヘッドランプの助けも要らなくなってきました。しかし、夜が明けてくると、今度は寒さが更に厳しくなり、中厚手のパタゴニアのストレッチエレメントグローブ(現在は廃盤)を装着した両手の指先が冷たくなり始めたので、まだ我慢できる状態でしたが、今後の事も考え、症状を悪くしないように、早めにグローブを交換する事にしました。「まだ序の口でこの状態、先が思いやられるなぁ~」と愚痴りながら、厚手のウールグローブ&イスカ3本指のオ-バ-ミトンに変更、やっぱり、冬山では天然素材が安心で暖かく感じます。

2012123103.jpg
標高1,300m付近

標高1,500mを越える頃には陽射しも射し込むようになったので、
今度は大汗をかかないように、ペースを少し落しながら登って行きます。

2012123104.jpg
標高1,500m付近

陽光に照らされながらの登山は気持ち良く、重荷もあまり気にならず、足取りも軽やかに登って、9時4分、標高1,700m付近の林道跡のヘアピンカーブに到着。休憩するにはもってこいの場所だったので、5分ほど小休憩してから出発(-9℃)

2012123105.jpg
標高1,700m付近の林道跡のヘアピンカーブ

標高を稼ぐにつれ、登山道に陽射しが射し込んで暖かいのですが、気温の上昇はなく、逆に下がりつつあるようです。出発前の長期予報では、平年並みの寒波がやって来ると言っていたので、気温低下もあまり気にする事はありません。

標高1,830m付近の『樺段(カンバダン)』と呼ばれる区間を越え、途中、1本満足バー(シリアルホワイト)でエネルギーを補給し、その後も針葉樹林の中を淡々と登って、12時35分、標高2,300m付近に到着。

2012123106.jpg
標高2,000m付近

2012123107.jpg
1本満足バー(シリアルホワイト)

2012123108.jpg
標高2,300m付近

標高も2,300m付近になると積雪量は増し、気温も-16℃まで下がっていました。そして、午前中の好天が嘘のように雪が降り始めました。本降りになる前に赤石小屋まで辿り着きたいと思い、ペースを少し上げながら先に進みました。しかし、30分ほど登ると、赤石小屋への最後の関門『歩荷返し』と呼ばれる急登が行く手を遮ります。

2012123121.jpg
最後の関門『歩荷返し』

2012123110.jpg
標高2,360m付近

2012123111.jpg
標高2,450m付近

急登にあえぎながらも、最後の力を振り絞って突破し、
14時59分、今宵の宿である標高2,500m付近にある赤石小屋に到着。

2012123112.jpg
標高2,460m付近にある標識・・・赤石小屋まであと30分

2012123113.jpg
赤石小屋

早速、扉を開けて室内に入りましたが、誰も居らずにガランとしていたので、
今宵も低温対策と汗や雪で濡れた衣類を効率良く乾かす為、小屋内にテントを設営します。

2012123114.jpg
赤石小屋内部の様子

2012123115.jpg
エアライズ2

無事に設営も終わり、アウターを脱いで、テント内でリラックスしたいところでしたが、時間に余裕のある今日のうちに所用を済ませておきます。天候や行程に合わせて、便通をコントロールする事も登山の立派な技術の1つだと僕は思いますが・・・。

外は出ると吹雪いていましたが、設置してあるトイレは雪に埋もれておらず、
利用する事ができたので、吹雪かれずに気持ち良く所用を済ませる事ができました。

その後、ビニール袋に雪を集めてから飲料水を作ります。コーヒーを飲みながら黙々と作っていると、最初に単独の登山者、それから男女2人組が続け様に来られました。それまで静寂が支配していた小屋内も多少は賑わうようになり、ようやく年末らしくなったような気がします。

2012123116.jpg
コーヒータイム

2012123117.jpg
コーヒー用のフィルターで漉しながら飲料水を作ります。

とりあえず、飲料水は3リットルほど作ったので、夕食を作り始めました。今宵も切り餅2個を焼き、『スープなしあわせ 和風でしあわせ』の中から『鴨つくねと根野菜のけんちん汁』にトッピングして美味しく頂きました。

2012123118.jpg
『鴨つくねと根野菜のけんちん汁』と切り餅

2012123119.jpg
即席雑煮

さて、お腹は膨れましたが、今宵は大晦日・・・。

山中に居ても、やっぱり、そういう気分だけは味わいたいのですが、明日の行程を考えると、とても日付が変わる頃までは起きていられません。そういった事情なので、早めに年越し蕎麦を頂き、ちょっとだけ大晦日の気分を味わう事ができました♪

2012123120.jpg
どん兵衛のそば・・・美味しいですよ(^o^)

明日の準備も終えると、明日は初日の出を拝みに、標高2,701mにある
富士見平まで朝駆けする予定なので、18時38分、早めに就寝・・・3日目に続く。

         
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。