スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

韓国岳・・・1日目

2008/11/02(Sun)


_MG_0644.jpg
錦秋の大浪池

午前7時過ぎの大浪池登山口周辺は曇り、
強風が吹き荒れていて肌寒い朝でした・・・。

車内から外の様子を伺うと、昨晩は3台しか駐車していなかったのに、
いつの間に増えたのか、すでに満車状態・・・大人気ですね~(笑)

さて、昨晩の鴨鍋にうどんと卵を投入して、
ホットな朝食タイム・・・温かい食べ物が美味しい季節になりました!

その後、洗面等を手早く済ませてから、モーニングコーヒータイム♪

珈琲を片手に手際良く準備を済ませて、8時23分に登山口を出発。パッと目に飛び込んできた色鮮やかな紅葉に心躍りながら気持ちの良い樹林帯をてくてく歩いて、8時52分、大浪池入口に到着(4℃)「今日はあいにくの曇り空なので韓国岳は望めないだろう」と思っていたのですが、嬉しい誤算で前回訪れた時よりも鮮明に見えている♪ただ、天気がいつまで持つか分からない状態だったので、今回も東周りコースで先を急ぐ事にしました・・・が、大浪池の紅葉はとても素晴らしく、あちらこちらで寄り道を繰り返し、その都度、感嘆の声を上げては感動して・・・気が付けば、50分で通過できるコースを2時間も掛かって通過していました(笑)

上空を見上げると、いよいよもって怪しげな空模様だったので、短パン半袖の夏山スタイルに衣替えして、11時4分、昼食タイムを堪能されている登山客の方々を横目に見ながら、足早に分岐地点を出発しました・・・登頂するまで降らないと良いのですが。今までの遅れを取り戻そうといつもよりペースを上げて階段を登り続けて山頂直下まで来ると、小雨がパラパラ、「ついに降り出したかぁ~」と足早に山頂を目指していると、擦れ違う登山客の方々から異様な目で見られている事に気付く・・・。「何だろう?」と思っていたら、1人の登山客の方に「寒くないんですか?」と聞かれたので、「汗をかく方が嫌なので・・・」とだけお答えして、その後も周囲の目を気にしながら更に登り詰め、11時54分、無事に韓国岳の山頂に到着・・・こんなに強風が吹き荒れているのにたくさんの登山客の方々で大賑わい♪

とりあえず、山頂標識にタッチだけして風を避けられる場所を探していると、「あんた、なんで全裸で居ると?」と男性の方に話し掛けられ、何の事か分からずキョトンとしていたのですが、この男性が去った後、よく考えてみると、こんなに天候の日(5℃)に半袖&短パンで居るのは何も身に着けていないに等しいという事なのかな(笑)そんな事もありながら、なんとか風を避けられる場所を見つける事ができ、やっと、ザックを下ろす事ができました・・・ふぅ~。腰を下ろすと、先程の方に言われたから・・・ではありませんが、カラダを冷やさないように上半身はレインウェアを纏い、下は再び長ズボンにチェンジして、高千穂峰を見ながら、コーヒータイム~♪本日の珈琲のお供には京銘菓の蕎麦ぼうろをご用意・・・大好物の蕎麦ぼうろを食べながら飲む珈琲は極上の味わいでした!

さて、「そろそろお腹が空いたなぁ~」と思いつつも、この歩行に支障をきたすようなほどの強風下での調理はいささか困難なので山頂での昼食タイムは潔く諦めて、12時47分、避難小屋を目指して下山開始。時折、小雨がパラパラする中をタンタンとリズム良く階段を駆け下りて、13時22分、避難小屋まで戻って来る事ができました。小屋内には1名だけ先客が居られたので、「こんにちわ」とご挨拶して、小屋内へと上がり込みました。

さてさて、さすがに空腹も臨界点を突破しているので、早速、昼食タイム・・・本日の食材は豚肉、キャベツ、ニンジン、もやし、ぶなしめじ、椎茸、えび、イカ、アサリ、そして、うどんをご用意♪これらの食材をフライパンに投入して、最後にパラッとかつお節を振りかければ、焼きうどんの出来上がり♪それでは早速、パクッとひとくち・・・くぅ~、この食材の旨味とソースのコラボがうどんの麺に便乗して、口の中へと広がるぅ♪♪と、貸切状態になった小屋内でポツンと1人、昼食タイムを堪能しました(笑)この後、食後のコーヒータイムを楽しんで、14時54分、ザックカバーを取り付け、先程と同様に上半身だけレインウェアを着込んで避難小屋を出発。

あの感動をもう一度・・・という事で、帰りも東周りコースを通る事にしました。小雨が降る中、絶景を振り返り見ながら歩いて、15時53分、入口にある休憩所に到着。ここでザックカバーを外し、レインウェアも脱いで、半袖スタイルになって出発。

相変わらず雨は降り続いていましたが、登山道上空を覆う木々のアーケードのおかげで、ほとんど濡れる事もなく快適に下って、16時23分、無事に下山する事ができました。

下山後、道中で出会った地元の登山客の方に「湯質がとても良い」と教えていただいた「民営国民宿舎 霧島みやま荘」へと車を走らせました。大浪池の登山口から8分ほどで到着。フロントにて入浴料の300円を支払って、いざ温泉へ・・・。手早く衣類を脱ぎ捨て、カラダを洗った後、露天風呂へ・・・源泉掛け流しで「あぢぃ」と苦笑いしながら浸かりましたが、湯の花がいっぱいで気持ち良いなぁ♪しばらくの間、他の入浴客の方々と談笑して過ごした後、茹で蛸のように真っ赤になって、フラフラと撤退しました(笑)

温泉から出ると辺りは夕闇に包まれ始めていたので、今宵の宿泊地であるえびの高原の駐車場へと車を走らせました。駐車場に到着すると、先ずは明日の準備を済ませ、その後、夕食タイム・・・今晩の食材は豚肉、白菜、春菊、ニラ、もやし、ニンジン、ぶなしめじ、椎茸をご用意♪これらの食材を鍋に放り込んで、豚キムチ鍋の出来上がり~♪さて、気になる味は、ビールが1本2本、3本と、くぅ~美味しい♪そんなこんなで楽しいえびの高原の夜は更けていきました・・・明日に続く。

_MG_0667.jpg
高千穂峰を望む

_MG_0685.jpg
韓国岳を望む

_MG_0717.jpg
高千穂峰を望む

_MG_0732.jpg
賑わう山頂

_MG_0742.jpg
山頂直下より大浪池を望む

_MG_0761.jpg
避難小屋前の紅葉

_MG_0775.jpg
昼食タイム♪

_MG_0776.jpg
避難小屋にて

_MG_0789.jpg
絶景を望む

_MG_0794.jpg
本日のディナー

         
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。