スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

黒部五郎岳を越えて・・・最終日

2013/08/17(Sat)


午後23時40分、携帯のアラームで目が覚める・・・ふぁ~、よく寝た!

すぐに外の様子を伺うと、予想通り、満天の星空(^o^)

急ぐ気持ちを抑えつつ、抜き足差し足、
静かに撤収作業を進めて、0時52分にキャンプ場を出発(4℃)

予定ではあと一泊、もう一度、薬師峠キャンプ場で泊まる予定にしていましたが、初日のあまりの混雑具合に閉口したので、強行軍ですが、今日中に折立まで下山する事にしました・・・。

黒部五郎岳の山頂までのルートには、稜線を辿るコースとカール内を辿るコースの二通りのコースがあるのですが、闇夜の行軍で景色は堪能できないので、どちらを辿っても構わないのですが、カール内を辿るコースの方が30分ほど早く山頂に立つ事ができるので、こちらをチョイス!

2013081701.jpg
黒部五郎岳カールコースへ

最初は樹林帯の中を歩き、しばらくすると、雪解けの水なのか、
幾つかの沢を渡りながら標高を稼いで、4時前に黒部五郎岳の肩に到着。

2013081702.jpg
黒部五郎岳

2013081703.jpg
立山方面

ここまで来れば、山頂まであと少し、
稜線を辿って、4時22分、黒部五郎岳(標高2,840m)に登頂(4℃)

2013081704.jpg
モーニング珈琲タイム♪

昨日、黒部源流の水で作った水出し珈琲を温めて、モーニング珈琲に舌鼓を打ちながら、
絶景を期待して夜明けを待つも、雲に邪魔されて、パッとしない夜明けとなりました(苦笑)

2013081705.jpg
槍・穂高連峰遠望

2013081707.jpg
黒部五郎岳にて

さぁ~、今日も長丁場、気を取り直して、5時43分に出発。

2013081706.jpg
笠ヶ岳

一旦、黒部五郎岳の肩まで戻り、北ノ俣岳を目指します。

2013081709.jpg
トウヤクリンドウ

中俣乗越までは下り、それから登り返して、8時29分、赤木岳に到着。

2013081710.jpg
中俣乗越付近から赤木岳、薬師岳を望む

ここから陽射しが厳しくなり始め、ペースもガタンと落ち込み、
30分に1回の休憩を挟みつつ、頑張って歩いて、9時39分、北ノ俣岳(上ノ岳)に到着(24℃)

2013081708.jpg
北ノ俣岳(上ノ岳)を望む

2013081712.jpg
北ノ俣岳(上ノ岳)にて

行動を開始してから早9時間・・・。

さすがに疲れたので、登山靴とソックスを脱いで、20分ほどクールダウン。

2013081711.jpg
エネルギー補給

この北ノ俣岳を越えれば、あとは楽々コースで太郎平小屋まで行けると思っていたのですが、だらだらと続く稜線歩きは、暑さも相まってキツく感じられてバテバテでしたが、薬師岳の雄大な山容やハクサンイチゲの群生に励まされながら、11時54分、ようやく、太郎平小屋まで戻って来る事ができました。

2013081713.jpg
薬師岳がグッと近づく

2013081714.jpg
有峰湖

2013081715.jpg
疲れたぁ~

2013081716.jpg
ハクサンイチゲ

2013081717.jpg
絶景が広がる

2013081719.jpg
太郎山から望む薬師岳

2013081720.jpg
太郎平小屋

ここから折立の登山口までは3時間ほど、このままの状態ではキツイと思い、1時間ほど昼食を兼ねた大休憩をとる事にしました。ソーダスパークルを取り出して炭酸水を作り、シュワッと一気飲みすれば、疲労も炭酸の泡と共に消え、昼食にカップヌードルに切り餅を1個トッピングして、久しぶりに力餅ラーメンを作って食べれば、エネルギーの補給は完璧、最後に水出しアイス珈琲で締めたら、元気も湧き出て、再び歩き続ける事ができるようになりました(^o^)

2013081721.jpg
今回、利用したクーラーバッグ

2013081723.jpg
ソーダスパークル

2013081722.jpg
昼食タイム♪♪
2013081724.jpg
魅惑のアイス珈琲(^o^)

黒部五郎岳にお別れして、13時ジャストに下山開始。

2013081725.jpg
ニッコウキスゲ

時折、睡魔に襲われながらも往路を頑張って歩き、三角点のあるベンチには、14時55分に到着。

2013081726.jpg
登山口まで 遠いなぁ~

2013081728.jpg
三角点から薬師岳遠望

2013081727.jpg
ソルティライチ

ここで薬師岳とお別れなので、最後の1本となったソルティライチを飲みながら、その山容を目に焼き付けてから下山開始。太陽が傾き始めたとは言えども、樹林帯の中はまだまだ暑く、下山後のコカ・コーラを楽しみにしながら歩いて、16時8分、無事に下山する事ができました。

2013081729.jpg
樹林帯の登山道

2013081730.jpg
くぅ~、コーラがウマイ(^o^)

下山後、有峰林道入口付近にある亀谷温泉『白樺ハイツ』で汗を流すと、富山駅方面へ・・・。

2013081731.jpg
白樺ハイツ

住所:富山県富山市亀谷1-10
TEL:076-481-1301
営業時間:10:00~21:00(受付は20:00まで)
入浴料金:600円

2007年の北アルプス遠征の時に教えて貰った『勝駒』という日本酒を探しに行ったのですが、近年、人気が出て、特にお中元シーズンの今頃は、どこにも置いていないとの事でした。仕方がないので、たまたま入った石川酒屋さんのオススメの地酒を2本ほど購入し、ついでに「日本酒に合う地産のオツマミは何かないですか?」と尋ねたら、「えびよねが良いよ」と教えて貰いました。「えびよね??」と思いつつ、真向かいにあるスーパーに行って探すのですが、見つからず、店員さんに尋ねてみるも首をひねるばかり・・・。「困ったなぁ~」と思っていたら、酒屋のご主人が心配になって、わざわざ来て下さいました・・・ありがとうございます♪

どうやら、僕の聞き間違いのようで、すぐに分かりました(汗)

『えびよね』は商品名ではなく、『蛯米水産』という会社名との事。商品名は『黒作り』という、イカの胴体にイカの肝臓とスミを合わせて、熟成醗酵させた塩辛で、富山県でしか作られていない珍味だそうです。日本酒によく合うとの事で帰宅してからが楽しみです(^o^)

2013081733.jpg
今回の遠征の戦利品(^o^)

再訪を約束して酒屋のご主人と別れると、一般道をぶらぶらと走って、小杉インターから高速道路に入り、明日は渋滞はないだろうと予測し、今宵は無理をせず、パーキンエリアで車中泊、缶ビールでささやかな祝杯をした後、21時過ぎに就寝・・・。

2013081732.jpg
尼御前サービスエリアの能登いか明太子丼

翌朝、午前3時から走り始め、1,000kmの道程を
14時間ほどかけて走り切り、無事に帰宅する事ができました。

         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。