スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

赤石岳を目指して・・・3日目

2013/01/01(Tue)


午前2時に目が覚める・・・。

外の様子が気になるところですが、『一年の計は元旦にあり』と言われているので、初日の出に間に合わないと初っぱなから躓いたような感じがして嫌なので晴れている事を信じ、急く気持ちを抑えつつ、出発の準備を進めました。

忘れ物がないかを再度確認してから、バランスオン クリームサンド(クリームチーズ)と紅茶オレで朝食を済ませてから外に出ると、「オォ~、満天の星空♪」でも、気温は-20℃、これから朝方にかけて、更に冷え込む事が予想されます。寒いけど、絶景が待っている・・・と思うと、気持ちはすでに富士見平に向かっており、5時24分に赤石小屋を出発。

シラビソの樹林帯の中を積雪は膝付近のラッセルを強いられましたが、
6時54分、なんとか夜明け前に富士見平まで辿り着く事ができました・・・ふぅ~。

2013010102.jpg
富士見平

富士見平付近の気温は-24℃、強風が吹き荒れて地吹雪がキレイでしたが、三脚は立てられず、カメラを持つ手もウールのグローブと三本指のオーバーグローブを着用していましたが、注意していないとすぐに体温を奪われて動かなくなってしまいます。

明日からは、ブラックダイヤモンドの『ソロイストロブスター』で行動しよう・・・。

肝心の御来光は、御利益テキメン・・・なはずの富士山方面から上がって来ました♪

2013010103.jpg
2013年初日の出

30分ほど撮影タイムを楽しんでから出発。この先から雪崩の危険性がある北沢カールを通る夏道は使わず、冬期は、赤石岳東尾根の核心部である『ラクダノ背』と呼ばれる岩稜と雪稜のミックスルートを登って赤石岳の山頂を目指します。最初は雪深く、時折、落とし穴にハマって苦労しましたが、特に難しい所はなく、気温は-17℃でしたが、風もなく穏やかだったので、気持ちの良い汗をかきながら、8時16分、1つ目のコブに到着。

2013010104.jpg
冬期ルート

ここで、登って来られた男女のパーティー、単独の男性に追い越されました。目の前にそびえる赤石岳、ラクダノ背の最後のピークである小赤石岳まで続くルートがとても美しい・・・。雪質も良く、このまま順調に稜線まで辿り着けそうな感じでしたが、ただ1つ気になる事は、赤石岳の稜線付近に雲が押し寄せては消えているので、稜線上では強風が吹き荒れているかもしれません。

2013010105.jpg
赤石岳と小赤石岳

一抹の不安を抱えながらも2つ目のコブを乗り越え、ナイフエッジの雪稜を足場を確かめながら慎重に歩き、最後の難関の岩と雪のミックスルートを登って、12時56分、小赤石岳(標高3,081m)に到着。懸念していた通り、稜線上は気温-23℃、烈風が吹き荒れて、地吹雪が絶え間なく襲って来ます・・・。ここまでの登りで汗ばんだカラダは一気に冷やされてしまい、この状況下では、ザックから防寒着を出すのも困難だったので、ラクダノ背攻略の喜びもそこそこに、赤石避難小屋を目指して歩き始めました。

20130101006.jpg
ラクダノ背

20130101007.jpg
赤石岳

20130101008.jpg
ピットインリキッド(ウメ)

20130101009.jpg
ナイフエッジ

2013010112.jpg
ナイフエッジから望む富士山

2013010113.jpg
小赤石岳直下

2013010111.jpg
岩と雪のミックスルート

2013010114.jpg
小赤石岳

稜線上は烈風と地吹雪、雲が飛び交い、真っ直ぐ歩くのが困難でしたが、この稜線上で唯一憩える場所は、赤石岳避難小屋のみだったので、疲れたカラダに鞭打って先へと進み、14時16分、南アルプス南部の雄である赤石岳山頂(標高3,120.1m)に登頂(-24℃)

2013010115.jpg
3,000mの稜線上は極寒

登頂の証拠写真を急いで撮ろうと、オーバーグローブとウールのグローブを外して薄手になったのが悪く、瞬く間に指の感覚が無くなってしまいました。「さすがに、これはマズイ」写真を撮り終えると、一目散に赤石岳避難小屋へ逃げ込みました。

2013010116.jpg
赤石岳にて

指の感覚がなかったので、なかなか登山靴を脱ぐ事ができずに焦ってしまいましたが、なんとか脱ぐ事ができ、室内に入ると、ラクダノ背でお会いした男女二人組のパーティーが居られました。この時、烈風と低温で体温を奪われて低体温症になっており、話し掛けられるのですが、うまく答える事ができません。とりあえず、ザックからウイスパーライトインターナショナル(灯油)を取り出して、点火しようとするのですが、あまりの低温に100円ライターもなかなか火が付きません。それでも何度か挑戦して、ようやく点火・・・ホッ。両手の指も鈍痛と共に感覚が戻ったので、ひと安心。  大好きなぜんざいを作って食べると、低体温症も良くなり、ようやく普通に会話できるようになりました。

2013010118.jpg
ぜんざい

2013010119.jpg
甘い食べ物が疲労回復の特効薬です

こちらの方は色々な山に登られており、面白い話を聞かせて頂き、外は快晴ながらも全ての物を瞬時に凍らせるかのような勢いで烈風が吹き荒れていましたが、室内は和やかなムードで過ごす事ができました。本日も室内にテントを張り、明日からの悪天候に備え、凍りついたグローブなどを乾かす事で忙しいです。ひと通りの作業を終えて落ち着くと、ダウンジャケット&ダウンパンツで防寒してから、アーベントロートを期待して、再度、赤石岳の山頂へ向かいましたが、相変わらずの烈風に、長時間滞在は叶わず、すぐに避難小屋に退却しました(苦笑)

2013010120.jpg
南アルプス南部の山々

2013010121.jpg
荒川三山

小屋に戻ると明日のルートを確認して、18時過ぎに就寝・・・4日目に続く。

         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。