スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

五竜岳へ・・・2日目

2013/05/04(Sat)


午前4時30分、携帯のアラームで目が覚める(-10℃)

昨日、バターで焼いておいた『こっぱもち』で朝食を済ませてから外に出て、夜明けの時を待ちましたが、水平線に雲が多くてご来光は望めませんでした。手早くパッキングを済ませて、6時23分に出発。

2013050401.jpg
御来光

2013050402.jpg
モルゲンロートの五竜岳

2013050403.jpg
そびえ立つ五竜岳

2013050404.jpg
遠見尾根

20分ほどで中遠見山(標高2,037m)を通過すると、あちらこちらにテントが設営してあります。

西遠見山直下までに30張ほどありました・・・ちょっと、ビックリです!

2013050405.jpg
中遠見山にて・・・ブラックダイヤモンドのアーク

2013050406.jpg
鹿島槍ヶ岳・カクネ里

※カクネ里・・・平家の落人が隠れた里で、隠れ里が転じて『カクネ里』と呼ぶようになった。

2013050407.jpg
中遠見山~大遠見山

2013050408.jpg
西遠見山直下のテント場

2013050409.jpg
西遠見山へと続く登り

2013050410.jpg
西遠見山直下から望む五竜岳

アイゼンの効き具合を確かめながら斜面を登り、8時54分に西遠見山(標高2,268m)へ・・・。その先の標高差100mの急登を登ると、白岳(標高2,541m)の山頂に到着。ここまで来れば、五竜山荘は目と鼻の先で、10時6分に到着(-5℃)

2013050411.jpg
五竜山荘

幕営装備をデポしてから五竜岳の頂を目指しました。晴れ間も出ていましたが、ペースを上げないと天候は一寸怪しげな感じです。G0、G2の岩峰を巻きながら稜線を進み、最後の難関である山頂直下の雪壁を登って、11時56分、五竜岳の頂(標高2,814m)に登頂しましたが、あいにく、周囲はガスに覆われてしまいました(-11℃)

2013050412.jpg
五竜岳の頂へ

2013050413.jpg
岩峰を巻きながら登る

2013050414.jpg
最後の難関

2013050415.jpg
五竜岳にて

10分ほど休憩してから下山開始!!

2013050416.jpg
行きは良い良い、帰りは怖い

1時間ほどで五竜山荘に戻ると、
デポしていた装備をパッキングしてから出発(-8℃)

2013050417.jpg
五竜山荘

この頃から本格的に雪が降り始め、白岳を越えた辺りから猛吹雪となって冬山に逆戻りしていました。、周囲はガスで覆われてしまい、数メートル先の視界が利かないホワイトアウト、そして、所々にシュルンドの落し穴や雪庇が出ているので、慎重なルート選びが要求されます。

2013050418.jpg
遠見尾根分岐

2013050419.jpg
シュルンド

※シュルンドとは、雪渓の下などに発生する空洞の事。

ライチョウとの出逢いに心を和ませつつ、GPSと地図、コンパスを駆使しながら先へと進み、牛首の岩稜線にあるクサリ場を越えると、17時01分、当然、ガスの中から唐松岳頂上山荘の建物が出現しました・・・ホッ。

2013050420.jpg
ライチョウ(ウインターバージョン)

2013050421.jpg
ホワイトアウト

2013050422.jpg
牛首の岩稜線

2013050423.jpg
クサリ場が続く

2013050424.jpg
唐松岳頂上山荘

ザックを下ろしてから山荘内に入ると、雪まみれの姿が異形の人に見えたのか、宿泊客の注目を集めました。その中の1人の女性が近づいてきて「寒かったでしょう、雪を払ってあげたいわ」と言われました(笑)テントの受付(700円)を済ませると、歩いて数分の所にあるテント場へ・・・。雪は止んでいましたが、風が強くて寒いです。ですが、幸いにもテント場はガラ空きで、すでに防風壁も出来上がっていたので、気に入った場所を見つけると、すぐにテントを設営する事ができました。

2013050425.jpg
テント場

飲料水用の雪を集めていると、再び吹雪いてきたので、急いでテント内に逃げ込みました。

先ずは、先程、山荘で購入したスーパードライ(600円)とウインナーで晩酌タイム(^o^)

2013050426.jpg
お楽しみ~♪♪

気分良く飲んだ後は夕食タイム!!今宵は、少し残しておいたウインナーを使って、アスパラとウインナーのスープを作って頂きましたが、アスパラガスに含まれているアスパラギン酸が疲労を回復してくれたので、明日へのスタミナも十二分に蓄える事ができました♪

2013050427.jpg
アスパラとウインナーのスープ

そんなこんなで、明日の準備を済ませてから、20時過ぎに就寝・・・最終日へと続く。

         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。