スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

白峰三山縦走・・・4日目

2008/12/31(Wed)


_MG_1778.jpg
テント場にて

午前4時30分、パチッと目が覚めるが、
ホットなシュラフの誘惑を振り切る事ができず、しばらくの間、ボ~と過ごす・・・。

外は相変わらずの強風でテントが揺りかごのように
左右に揺さぶられていました・・・よく倒壊しなかったものだな、さすがはエアライズ♪

1時間ほど経過したところで、ようやくシュラフの誘惑を振り切る事ができ、無事に起床・・・ふぅ~、相変わらず、カラダが重く、食欲もない。とりあえず、ウイスパーライトに火を入れてお湯を沸かし、コーンスープをゆっくりと飲み干しましたが、うぅ、スープでさえも戻しそうになる。こんな体調なので大好きな珈琲も飲む気にならず、代わりにほうじ茶をゆっくりと飲み、行動用にも山専ボトルにほうじ茶を500ml入れ、テント内の片付けも済ませ、8時過ぎに外へ・・・。

強風が吹き荒れていましたが、今日も快晴・・・さぶい(-15℃)

今朝も強風下での撤収作業、昨日よりも風が強いので、更に細心の注意を払わないといけないし、
凍結したポールのジョイント部に息を吹きかけて溶かしたり・・・朝一から骨の折れる作業の連続です(苦笑)

そんなこんなでしたが、本日も無事に撤収作業を終了して、10時ジャストに農鳥小屋を出発。陽射しが眩しくて気持ち良かったのですが、真っ直ぐ歩く事が困難なほどの強風に悩まされながら、油断するとすぐに体制を崩されるので、絶景をゆっくりと堪能する事もできず、ただひたすら重荷と強風に堪えて歩いていると、1時間ほど登った辺りから先程までの強風が嘘のように止んだので、「これでやっと絶景を堪能できる」と強風から解放され、リラックスした状態で雪上散歩を楽しみながら、ゆっくりと標高を稼ぎ、13時過ぎ、標高3,000m付近まで登ってきたところで、左手の異変に気付きました・・・うっ、小指が動かない。

急いでアウターグローブとインナーグローブを外してみると、右手の小指は蝋人形のように真っ白に、右手の小指以外の両手の指先もピリピリと痺れたようになっていました・・・第1度の凍傷だな。原因は低温と強風、過度の疲労や食欲不振によるエネルギー不足に水分不足、そして、出発前にインナーグローブがほんの少しだけ湿っていたのですが、強風下での交換はグローブを紛失する恐れがあったので、快晴なのですぐに乾くだろうと交換しなかったのが一番の原因かもしれません。右手の小指は全く感覚もなく、冷たく凍り付いた状態だったのですが、口の中に入れて温めると、すぐに鈍痛が始まり、再び感覚が戻り始めたので、血管拡張剤を飲んで応急処置を施してから先を急ぎました・・・ホッ。

右小指の凍傷の事を気にしつつも、「これが雪山登山だよなぁ~」などと思いながら、絶景に酔いしれ、クラストした斜面は登りやすく、アイゼンでサクサクと軽快に、塩キャラメルでエネルギー補給をしながら順調に標高を稼いで、15時8分、間ノ岳(標高3,189m)に登頂(-17℃)

夏に来た時はガスの中だったのですが、
今日は天気にも恵まれて絶景を見る事ができて、とっても嬉しい♪

山頂付近では珍しく、今日は風も穏やかなので、記念撮影を済ませた後、ゆっくりと山頂周辺を散策してみると、あまり整地の苦労をせずにテントが設営できそうな場所を発見!両手の凍傷の事も気になるし、体力の面からも今日はここに泊まるのが最善と判断して、早速、テントを設営する事にしました・・・北岳のアーベントロートも見たいので♪

昨日までに比べたら、テントの設営は楽勝だな・・・と思っていたら、ポールのショックコードがこれまでの低温と強風の為に伸びきっており、使い物にならなくなっていました。とりあえず、修理をしなくては・・・と思い、オーバーグローブを着用したままで作業をするのですが、なかなかうまく進まず、このままテントが設営出来なければ、アーベントロートどころか命が危うい・・・。凍傷を患った両手を寒気に晒すのは大変危険でしたが、意を決して、インナーグローブ1枚で作業再開。凍傷が原因なのか、それとも高山病になったのか、思うように手が動かなかったので、口をうまく使って、なんとか日没前に作業終了・・・ホッ。

アーベントロートにはまだ間に合うと、急いで準備をしようとすると空嘔吐を何度も繰り返してしまいました・・・。それでも這うように山頂に戻ると、目の前にはアーベントロートに燃ゆる北岳がそびえ立っていました・・・何も言葉を発する事が出来ず、ただただ見惚れるのみ、気が付けば、目から涙がこぼれ落ちていました。しばらくして、ハッと我に返ると、再び空嘔吐が始まり、こちらでも涙目になりがらシャッターボタンを押して、何とか絶景をカメラに収める事ができました。そして、夕暮れも感動のフィナーレを迎える頃、周囲にも夜の帳が下り始め、寒さがツラくなり始めたので、足早にテント内へと撤収しました。

テント内に戻ると、いつものように整理整頓&着替えをしようとするのですが、押さえきれないほどの睡魔が襲ってきたので、マットだけ敷いて少しだけ横になる事にしました・・・。30分ほど寝たところで寒さで目が覚め、少しだけスッキリしたので、テント内の整理整頓&着替えを済ませ、食欲はないものの現在のテント内の気温は-19℃、無理にでも何か食べて熱エネルギーに変換しないと寝たら最後、確実に起き上がれなくなると思い、今晩は鴨鍋を食べる事にしました。食材は初日と同様に鴨肉、鶏のつみれ、白菜、白ネギ、ニンジン、ニラ、もやし、えのき、ぶなしめじをご用意。それらを鍋に放り込んで、しばらくの間、ぐつぐつと煮込めば出来上がり♪少しだけでも食べなければ・・・と思い、一口、二口と食べて、1/3程度食べたところで、やっぱり、胃が受け付けずに戻そうとするので、これ以上は断念しましたが、とりあえず少しだけでも食べれたので安心しました。

その後、心配していた両手の凍傷を見てみる事にしました。インナーグローブを脱いでみると、右手の小指の第一関節から上は紫色に変色、両手の症状に変化があまりなかったのは安心しましたが、左手の小指の先端が少しだけ紫色に変色していたのが気になりましたが、とりあえず、明日以降も寒冷に晒されるので、水泡ができる温水治療はせず、血行を良くする為、丹念にマッサージした後、血行促進剤を飲んで治療を終えました。そして、シュラフに潜り込んだ後、ほうじ茶を飲みながら、無線機でラジオを楽しみ、至福のひとときを過ごした後、カラダで一番暖かい股間で両手を温めながら、21時30分過ぎに就寝・・・5日目に続く。

_MG_1783.jpg
雪に埋もれる農鳥小屋

_MG_1791.jpg
間ノ岳を目指して

_MG_1792.jpg
農鳥岳方面を振り返る

_MG_1796.jpg
富士山遠望

_MG_1797.jpg
風雪紋と北岳

_MG_1802.jpg
ピークまであと少し・・・

_MG_1809.jpg
間ノ岳登頂♪

_MG_1810.jpg
アーベントロートに染まる北岳
 


         
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。