スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

白峰三山縦走・・・6日目

2009/01/02(Fri)


_MG_1860.jpg
無事に朝を迎える

午前8時30分過ぎ、外の明るさで目が覚める・・・まっ、眩しい。

とりあえず、なんとか無事に生き残る事ができたようで、ホッとひと安心♪

胸を撫で下ろし、外の様子を伺おうと入口のジッパーを開けて顔を出してみると、あいにくの曇り空でしたが、昨夜の出来事が夢か幻と思えるようにとても静かな朝でした・・・。しばらくの間、放心状態でボ~としていたのですが、意識がしっかりして来ると徐々に生存の喜びが湧いてきて、思わず歓喜を声を上げました♪

それにしても、あのブリザードの中で10時間近くも熟睡していたとは・・・この遠征中で最長の睡眠時間でした(笑)小さい頃から両親に「アンタは家が火事になっても気付かんで寝とるんやろ~ねぇ」と言われ続けて今日まで生きてきましたが、「ごもっとも、さすがは親だなぁ」と思い出し笑いをしながら後片付けを開始しました(笑)幸いな事に今朝は昨日までと比べ、気温-14℃と寒気も緩んでいたので作業も多少はやりやすく思えました。先ずは濡らさないようにシュラフ等を収納した後、着替えを済ませ、テント内で散乱している荷物を全部外に出してから故障などしていないか点検をしてからザックにパッキングしていましたが、相変わらず感覚の鈍い両手での作業はなかなか思うようには進みません。それでも黙々と作業を進めて、テント以外の荷物をパッキングし終えると、あとはテントを撤収するだけ・・・と思っていたら、「あっ」と重大な事に気付きました。昨夜、保温する事ができなかった登山靴がガチガチに凍りついていたんです(涙)この凍りついた登山靴を履けば、間違いなく両足も凍傷になるだろう・・・。ただでさえ両小指の凍傷も更に悪化して黒化が始まり深刻な状態になっているのに今度は両足も凍傷になる可能性が出てくるとは・・・う~ん。

少し考えた後、今の両小指の状態は一刻も早く標高を下げないと壊死してしまう危険な状態だったので、凍った登山靴を履くリスクを承知の上で、テントを撤収した後、池山御池小屋を目指して、11時30分に出発。しばらくすると暖かい陽射しが差し込むようになり、12時23分、ボーコン沢ノ頭に到着する頃には青空も広がり、絶好の登山日和になっていました♪名残を惜しむように北岳を眺めながら、10分ほど休憩してから先を急ぎました・・・さらば北岳、今度はいつ逢えるだろうか。

ここから先は展望の開けない樹林帯に突入するのですが、もう風の心配をしなくて良いと思うと、ホッとひと安心しました。これで軽快に下れると思っていましたが、昨日からほとんど何も食べていない状態ではバテバテで、少し下っては座り込んでしまいます。塩キャラメルを口に放り込んでエネルギーを供給しながら、また歩き出して少しずつ標高を下げてゆくのですが、弱ったカラダにはこの下りが延々と続くかのように思えます。それでも黙々と下り続けて、15時28分、標高2,200m付近にある池山御池小屋に到着(-12℃)

到着してすぐは折れたポールを修理してテント泊をしようと思っていたのですが、これで生き残れる…と思ったら、ドドッと疲れが噴き出したので、明日の事も考えて、今宵は小屋に泊まる事にしました。開きの悪い扉をガラガラ~と開けると、中にはテントが1張りあるだけで、他には誰も居らず、ガラ~ンとしていました。「こんにちわ」と挨拶してザックを下ろし、登山靴を脱ぐと両足の感覚がない…予想通り、凍傷になってしまったかもしれないと不安でしたが、とりあえずは今宵の寝床を作ってから・・・と準備をしていると、お隣さんから話し掛けられたので、今までの苦労話を面白おかしく話して楽しい時間を過ごしました…久しぶりに心の底から笑ったなぁ♪

そんなこんなで寝床が出来上がると、次は夕食の準備開始!今晩が山で最後の夕食になるので、締めはやっぱり豚キムチ鍋で・・・という事で、食材には豚肉、キムチ、コチュジャン、えのき、ぶなしめじ、ニンジン、ニラをご用意!これらを鍋に放り込んでしばらくの間グツグツ煮込むと、冬山では定番メニューになりそうなほど美味しい豚キムチ鍋の出来上がり~♪パクッとひとくち・・・くぅ~、やっぱり美味しすぎるぅ♪お隣さんが居なかったら間違いなく喚起の雄叫びを上げていた事でしょう(笑)小屋内をキムチのニオイで充満させながら美味しくいただいていたのですが、2/3ほど食べたところでお腹いっぱいになったので、残りは朝食に回す事にしました・・・ゴチソウサマでした!食事が終わると無線機でラジオを聴きながら、凍傷が悪化するのでホントは飲むといけないのですが、頑張った自分へのご褒美にちょっとだけ霧島のお湯割りをいただきました・・・美味しい♪

至福の時を過ごした後、痺れたまま感覚が戻らない両手両足を念入りにマッサージして、血管拡張剤とビタミン剤を飲み、明日にはきっと良くなっている事を祈って、20時30分過ぎ、昨夜がハードだったので今夜は早めに就寝しましたが、スリーシーズン用のシュラフでの小屋泊はヒンヤリと肌寒く感じ、なかなか寝付けない夜を過ごしましたが、疲れに勝る寒さではなかったようで、いつの間にか寝ていました・・・7日目に続く。

_MG_1864.jpg
倒壊したテント

_MG_1865.jpg
北岳バットレスを望む

_MG_1866.jpg
歩きやすい吊尾根

_MG_1869.jpg
富士山遠望

_MG_1870.jpg
ガスかかる間ノ岳

_MG_1873.jpg
ボーコン沢ノ頭

_MG_1878.jpg
池山御池小屋

_MG_1875.jpg
雪に埋もれる御池

_MG_1879.jpg
今回の遠征最後のディナー♪
 


         
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。