スポンサーサイト

--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

坊ガツルでテント泊・・・2日目

2009/04/18(Sat)


_MG_2547.jpg
霜が降りた早朝の坊ガツル

午前6時過ぎに目が覚めましたが、ホットなシュラフの誘惑を
なかなか断ち切る事ができず、30分ほどゴロゴロ過ごしてから起床(-5℃)

とりあえず、オリジナルチャイで、ポッと温まった後、朝食の準備開始・・・昨夜の鴨鍋にご飯を投入して、グツグツ煮込み、最後に卵と小ネギをトッピングすれば、美味しい雑炊の出来上がり~♪

では早速。パクッとひとくち・・・う~ん、温まるなぁ♪

_MG_2564.jpg
朝食タイム

あっと言う間に完食した後は、ミルでゴ~リゴリ~と、モーニング珈琲タイム♪

テントという小さな空間で珈琲の香りに包まれると、何とも例えようがないほどシアワセな気分になります♪

IMG_0018.jpg
魅惑の珈琲タイム

さて、そんな極上の空間内で珈琲を飲みながら今日の予定を考える事に・・・
久しぶりに立中山経由で大船山に登ろうかな。

という事で、9時24分に坊ガツルを出発しました・・・う~ん、イイお天気♪

途中、登山道脇に咲き乱れるタンポポに目を奪われながら、てくてく歩いて、9時41分、法華院温泉山荘に到着(16℃)次にここに来る時は冷た~いビールをグイッと飲むぞぉーと気合いを入れ直して、いざ鉾立峠へ・・・。

_MG_2579.jpg
バックにそびえるのは白口岳

花が散り、葉だけが残ったアセビのトンネルをくぐり抜け、
坂を登りつめ、20分ほどで鉾立峠に到着・・・う~ん、風が気持ち良い♪

_MG_2582.jpg
鉾立峠より三俣山を望む

ここは携帯が圏外ではないので、mamatiasさんにメールの返信をしていると、立中山方面から下りてきた男性の方に、「立中山から大船山に直登するルート知りませんか?」と問われたので、「知りませんよ」とお答えし、メールも無事に送信完了した後、10時32分に出発(14℃)

_MG_2586.jpg
咲き誇るアセビと大船山

ここからは短パンにチェンジして、
斜面をタタッと軽快に登って、10時48分、立中山の山頂に到着(19℃)

_MG_2590.jpg
立中山にて三俣山を望む

ちょっと小腹が空いたので、おやつタイム!

本日は京都の老舗・本家尾張屋さんの
そばぼうるをご用意・・・やっぱり、そばぼうるはここのがサイコーだな♪

_MG_2592.jpg
美味しい~♪

胃も心も満足した後、目の前にそびえる大船山の頂を目指して出発。

これから先の登山道は木々に覆われており、手足に傷を増やしながら、文字通り、身を削って先へと進んでいると、樹林帯の間からチラッと見えた大船山が直登コースにおいで、おいで、と手招きなさっている(笑)これは行かねば、男が廃る・・・と、目印を頼りに樹林帯をてくてく歩いて、標高1,400mを越えた辺りから直登らしく急傾斜になり、木々の助けを借りながら気持ちの良い汗を流して樹林帯を抜け、九重連山の見晴らしの良い標高1,600m付近に到着したのですが、これから先は浮き石だったガレ場なので、落石がいつ降って来るか分からないので、絶景に見惚れるわけにも行かず、周囲を注意深く観察しながら慎重に登って、13時30分、大船山頂直下に到着。ここまで来れば、山頂は目と鼻の先なので、ホッとひと息ついてから最後の斜面を登りきり、13時39分、大船山頂に登頂(15℃)

_MG_2594.jpg
目の前にそびえる大船山・・・標高1,380m付近

IMG_0024.jpg
山頂はまだ見えず・・・標高1,620m付近

IMG_0027.jpg
振り返る・・・標高1,670m

IMG_0026.jpg
ガレ場を慎重に登る・・・標高1,730m付近

_MG_2603.jpg
大船山頂にて

6e487c71.jpg
ルートの概要

このコース、とっても静かで、いつもと違った大船山の景観を楽しむ事ができて面白いのですが、最後のガレ場が非常に不安定なので、落石を誘発する危険性が大の下りで使おうとは思いません。それに、このコースは下りに使うよりも登りに使った方が圧倒的に面白いです♪

さて、時計の針はもう14時近く・・・とにかく、お腹が空いたので、適当な場所を見つけて昼食タイム♪本日の食材にはうどん、豚肉、キャベツ、ニンジン、白ネギ、もやしをご用意・・・これらの食材をフライパンに放り込んで、パパッと炒めて、最後に卵と小ネギをトッピングすれば、焼きうどんの出来上がり~♪

_MG_2596.jpg
なかなかの出来栄え♪

「いただきま~す」

くぅ~、ほっぺが落ちそうなほど美味しい・・・やっぱり、空腹はサイコーのスパイスですね(笑)フライパンごと食べてしまうような勢いであっと言う間に完食した後、デザートのパール柑も美味しくいただきました♪

_MG_2601.jpg
デザートタイム

そして、お昼下がりの珈琲タイムを大好きなアマンドショコラをお供に堪能した後、15時48分、誰もいなくなった山頂をあとにしました・・・。食べる物を食べてしまったら、ザックも軽くなり、飛ぶような勢いで段原まで駆け下りると、「あっ、あれは・・・」と落とし物のデジカメを発見!下山後、温泉に入りに法華院温泉山荘まで行くので、その時に事情を話して預かって貰おうかな・・・。そうと決まれば、拾ったデジカメを懐にしまい、下山を再開し、16時58分、坊ガツルの我が家まで無事に下山する事ができました。

その後、温泉セットを持って、いざ法華院温泉山荘へ・・・ビール♪ビール♪

早歩きで向かい、5~6分で到着。すぐに受付に行き、
事情を話して拾ったデジカメを預け、入浴料の500円を支払って、いざ温泉へ・・・。

昨日は貸切でしたが、今日は意外と多く、湯船は適度に埋まっていましたが、カラダを洗ってから僕が入る頃には隙間だらけになったので、ラッキーでした・・・夕映えの大船山もビューティフル♪

そんなこんなで、いつもより長湯してしまいましたが、失った水分はエビス顔の500mlで補う事にして、自販機で500mlを2本ゲットして、談話室に向かおうとしたら、「あの~」と声を掛けてこられる方が・・・なっ、なんと、あの拾ったデジカメの持ち主の方でした。デジカメを忘れた事に気付き、明日の仕事をお休みされ、今宵は法華院に泊まって、明日もう一度、大船山に登られるようになされていたとの事でした・・・無事に持ち主の手元に戻って、良かったですぅ♪それで、そのお礼にと エビス顔の500mlが2本追加となりました・・・今宵は大いに飲めという事かなぁ、ありがとうございました♪


エビス顔が4つ♪

さて、とりあえずは大船山の1日の終わりを見ながら、プシュッと晩酌タイム・・・くぅ~、たまりません(喜)

これであと3本、残りはディナーの時に・・・と、懐に大事に抱えて、マイホームへと戻りました。

帰宅すると、すぐに夕食の準備開始。

_MG_2620.jpg
今日は外で夕食の準備・・・酔ってます(笑)

今宵は昨夜と同様に鴨肉、白菜、ニンジン、白ネギ、春菊、しらたき、豆腐、えのき、ぶなしめじをご用意。これらの食材を鍋に放り込んで、グツグツと煮込むと、かもスキの出来上がり~♪

_MG_2624.jpg
今宵のディナー

まずはパクッとひとくち・・・ウマい♪

ビールとの相性もバツグンで、グビグビと美味しくいただき、3本目まで飲み終わった頃、さすがにお腹いっぱいになり、ウトウトと眠くなってきたので、22時31分過ぎに早々と就寝してしまいました・・・3日目に続く。

_MG_2629.jpg
満天の星空に見守られながら就寝zzz
         
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Web PhotoGallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。