村山古道を歩く・・・2日目

2009/05/04(Mon)


_MG_2889.jpg
いざ村山古道へ・・・

午前2時過ぎ、携帯のアラームで目が覚め、厳かな朝を迎える・・・。

シュラフとの決別も今朝は寒くないので、あっさりと終わり、外の様子を伺うと、あいにくの曇り空でしたが、雨の心配はなさそうなので、ホッとひと安心しました。その後、お湯を沸かし、アルファ白米を仕込み、出来上がるまでの間、オリジナルチャイでホットなティータイムを過ごしました。10分ほど待つとアルファ白米も出来上がり、最後はこれにハウス食品のとろ~りおいしいコーンシチューの素を入れ、更に3分ほど待つと出来上がり。早速、パクッとひとくち・・・う~ん、このトロトロ・トロ~リ感がたまりません♪そして、モーニングタイムを楽しみながら後片付けを済ませた後、テントの撤収等々を済ませ、水6リットルを補充して、5時ジャストに村山浅間神社を出発(8℃)

本日の行程は村山古道を辿り、標高2,500mの
新六合目まで・・・標高差2,000mかぁ、頑張るぞぉー!!

入口から続く石畳はすぐに車道と合流し、目の前にそびえる富士の頂に身震いしながら緩やかな坂道を歩いていると、民家の庭に居たワンちゃんがけたたましく吠えるので、足早に過ぎ去ろうとしていたら、家の人が出てこられました。「朝早くから騒がせてすいません」と思っていたら、「オッ、今から」と話し掛けてこられたので、よく見てみたら、あっ、昨日の面白い人♪「今から登ります」とお伝えすると、「頑張って!」とエールをいただき、幸先の良いスタートを切る事ができました♪

_MG_2896.jpg

_MG_2898.jpg
あの頂を目指して

その後、所々に設置してある標識を頼りに道路を詰めていき、5時33分、林道へと突入。こちらも緩やかな坂道で気持ちの良い汗をかきながら歩いて、5時46分、いよいよ草が生い茂る古道らしい道に・・・大丈夫かなぁ(苦笑)その心配は見事に的中し、必要なところには目印などはなく、誤って整備された道に進むと、下り始めたりして間違いに気付き、戻って、よ~く辺りを見回すと、「これ道かなぁ?」と疑ってしまうほどの獣道を先に入ってみると、今にも切れそうな白いビニールの紐が下がっていたり・・・この先、ホントに大丈夫かなぁ。その後も何度か同じような場面に遭遇しながら、何とか村山古道の攻略のヒントを掴む事ができました・・・それはズバリ、道は道にあらず、道なき道こそ、真の村山古道(笑)

_MG_2905.jpg
段々と険しくなり始め・・・

そんな風に思うようになってからは道に迷う事も無くなり、趣のあるケヤキの老木(幹周り3.5m)が1本立つ札打場跡(標高811m)に到着(8℃)ドカッとザックを下ろして、設置したある長椅子に腰掛けて休憩タイム。結構歩いたと思うのに、まだ標高811mとは・・・先はまだまだ長いなぁー。

_MG_2906.jpg
イイ感じの雰囲気♪

_MG_2913.jpg
現在も札がぶら下がる

10分ほどの休憩を終えると、更に奥地へと出発・・。杉林からヒノキ林の植林帯へと変わると、古道の踏み跡もしっかり残っていたので、ニリンソウなどの花々を愛でながら、マイペースで登り続け、8時8分、天照教富士山本社近くの道路(標高1,000m)に到着(10℃)ここから先は短パンにロングスパッツのニュージーランドスタイルで進む事にしました・・・このスタイルにはマックパック(カスケード75FL)のザックがよく似合います♪

_MG_2914.jpg
歩きやすい古道

ここから先はオリエンテーリングのコースにも利用されており、しっかりした踏み跡が続いているので安心しました。そんなこんなで、重荷に堪えながら、ゆっくり登って、8時54分、多数のベンチが設置してある緑陰広場(標高1,088m)に到着・・・ミズナラやブナ、ヒメシャラの木々が立ち並び、とても過ごしやすい場所だなぁ~♪せっかくなので、ザックを降ろして休憩タイム。目を閉じ、小鳥のさえずりを聴いていると、そのまま意識が遠のき、夢の世界へウトウト・・・。「ハッ、いかん、いかん、まだまだ先は長いのだから」と叱咤して、危険な誘惑が渦巻くこの場所から逃げ出すように先へと進みました(苦笑)

_MG_2918.jpg
気持ちイイ~♪

静岡県の教育施設である富士山麓山の村の立派な建物を横目に見ながら先へ進み、スズタケが密集している古道をてくてく歩いていると、木々の隙間から前方に軽トラックを発見。狩猟目的だと思うので、「間違って撃たれないだろうか・・・」など、音を立てないように抜き足差し足忍び足で冷や冷やしながら近づいてみると、男性の方が3人、すぐ横に猟銃を置いて休憩されていました。「どこまで行くのか?」と聞かれたので、「山頂まで行きます」とお答えすると、「頑張れよ」とエールをいただき、更に歩いて、10時27分、バイケイソウが群生する中宮八幡堂跡(標高1,266m)に到着。「昔の人々もバイケイソウに囲まれながら憩われたのかな」などと思いを馳せながら、5分ほど休憩してから出発。

_MG_2922.jpg
中宮八幡堂跡

この場所から20分ほど登ると富士山スカイラインに出たので、飛ばしてくる車に気を付けながらタタッと横断し、その後も適度に休憩を入れながら、ただ黙々と登り続け、13時51分、不動明王の石像が1体、お地蔵さんの石像が1体、首なしお地蔵さんの石像が2体並ぶ平坦地(標高1,864m)に到着(6℃)さすがにバテてしまい、30分ほど大休憩をする事にしました。登山靴とソックスを脱ぎ、足裏をマッサージし、白桃を食べて元気を取り戻し、14時28分に出発。

_MG_2931.jpg
不動明王

_MG_2932.jpg
その昔、廃仏毀釈で壊されたとか・・・

_MG_2930.jpg
デザートタイム♪

この先の大倒木帯を無事に抜け、再び樹林帯へと突入すると、さすがに標高1,800mを越えているので、古道にも腐れ雪がかなり残っていました。時折、ズボッと嵌りながらも先に進んでいると、なぜか、途中から目印が消失・・・無雪期時であれば踏み跡の痕跡もあったと思いますが、それも今は腐れ雪の下、う~ん、困った。とりあえず、GPSで目的地の方向は分かるので斜めに登りながら、目印が残っていないか、目を皿にしながら先へと進みました。ですが、なかなか目印を見つける事ができず、雪も段々と深くなり始め、このまま暗くなったらヤバいなぁと思いながら、思い切って、目的地と逆の方向へ登ってみると、オォ~、目印発見♪この辺りから目印も復活し、17時22分、宮口五合目登山口・宝永山分岐地点(標高2,371m)に到着(3℃)

_MG_2938.jpg
大倒木帯に突入

_MG_2941.jpg
腐れ雪出現

_MG_2944.jpg
宮口五合目登山口・宝永山分岐地点

宮口五合目登山口駐車場へと続くトレースはあるのですが、村山古道は新六合目まで真っ直ぐ目指しているので、僕も例外なく直登する事にしました。ややクラスト気味の斜面に悪戦苦闘しながらも、ゆっくりと確実に登り、途中から崩れやすいガレ場にトラバースして、転倒や落石などに気を付けながら慎重に登っていると、ガスでよく見えないのですが、前方に建物のようなシルエットを発見。あれがきっと新六合目に違いない・・・そう思うと、残っている全ての力を振り絞って登り、18時12分、村山古道完歩&雲海荘・宝永山荘が立ち並ぶ新六合目(標高2,500m)に到着(-3℃)

_MG_2948.jpg
あと少し・・・


あのシルエットは・・・

「ヤッター♪♪」と満面の笑みでパシャッと記念撮影を済ませた後、今宵は雲海荘の前にテントを設営させて貰う事にしました。風もなかったので、パパッと設営を完了し、荷物の搬入も済ませ、さぁー、テント内に入ろうとしていたら、誰か下山してこられたので呼び止めて、上の状況をお尋ねしてみました。その方の話では、アイゼンの爪が刺さらないほどクラストしている所があるとの事でしたが、どれも部分的なものなので、転倒などしなければ大丈夫との事でした・・・貴重な情報をありがとうございました。

_MG_2951.jpg
感無量ですぅ~♪♪

_MG_2959.jpg
宝永山を望む

_MG_2961.jpg
今宵の宿泊地

その後、テント内へと潜り込み、夕食タイム。今宵の食材も昨夜と同様にベーコン、キャベツ、ニンジン、ぶなしめじ、それから中華麺をご用意。これらをフライパンに放り込み、塩・コショウ「助さん」と焼きそばソースで味付けをし、最後に青のりを振りかければ、ソースの香りが食欲をそそる焼きそばの出来上がり♪早速、パクッとひとくち、くぅ~、疲れたカラダにこの濃厚な味わい、たまりません(喜)もちろん、特製焼酎と一緒にとっても美味しくいただきました。ゆずの風味が疲れたカラダを癒してくれます♪

そんなこんなで、後片付け等を済ませ、
明日もハードなので、21時40分、早々と就寝・・・3日目に続く。

_MG_2966.jpg
今宵のディナー
         

海抜0mを出発・・・初日

2009/05/03(Sun)


_MG_2807.jpg
駿河湾をバックに・・・

午前3時30分過ぎにパチッと起床・・・隣の人のイビキがスゴイなぁ(苦笑)

さすがにまだ誰も起きていないので、音を立てないようにソォ~と洗面等を済ませに行った後、到着までお気に入りの魔女の宅急便のサントラ(海の見える街が特に好き♪)を聴きながら、のんびりと過ごした後、時間通りの5時9分、富士駅に到着。ここから5時38分発のローカル線に乗り換えて、4分ほどで吉原駅に到着。その後、海抜0mの駿河湾(田子の浦)の砂浜に向かおうと駅のホームを出た瞬間、消防車のけたたましいサイレンの熱烈な歓迎を受けました・・・前途多難の予感(苦笑)

気を取り直し、住宅街の中を20分ほどてくてく歩いて砂防林を抜けると、待望の砂浜を発見!

とりあえず、駿河湾を眺めながらの優雅な朝食&コーヒータイムを楽しんでから、スタートラインの海抜0mへと向かいました。その昔、富士登山をする人々は、安全登山を祈願してこの海で禊ぎを済ませてから富士の山頂を目指されたとか・・・僕もそれを模倣して、ちょっと足を浸けるだけの禊ぎをする予定でしたが、海をバックに記念撮影をしていたら、ザバァーンと膝下まで波をかぶってしまいました(笑)そんなこんなで予想外の禊ぎになりましたが、気を取り直して、遥か彼方にそびえる富士の頂を目指して、7時16分、駿河湾の砂浜を出発(18℃)

_MG_2820.jpg
遠くにそびえる富士の頂

先ずは禊を終えた人々が海岸の石を1つずつ置いていったという富士塚に向かうのですが、どこにあるのかがよく分かりません。公園内を歩き回っていると、前方に腹筋をしている男性の方とベンチに腰掛けている年配の男性の方を発見したので、年配の男性の方に「富士塚、どちらにあるかご存知ですか?」とお聞きしたら、腹筋をされていた男性の方が「案内しますよ」と言われ、富士塚(標高9m)まで案内していただきました。この男性の方、ボーイスカウトをなされているそうで、村山古道やこの辺りの歴史などを詳しく教えていただきました・・・富士塚は戦国時代の砦だったそうですよ。

_MG_2822.jpg
富士塚

その上、僕がここから歩いて富士山頂を目指すとお伝えすると、「道中かなり長いから」と、
缶コーヒーと爽健美茶の差し入れをいただきました・・・ありがとうございますぅ♪その後も話に花を咲かせ、8時ジャストに富士塚をあとにしました・・・地元の人々は今回辿る予定の村山古道から富士山へと登るルートを世界遺産に登録させるのが悲願との事、こんな風にメディアを通さない地元の人々の生の声を聴けるのも旅の醍醐味の1つです。

_MG_2829.jpg
ツーショットで♪

さて、僕は常々、旅の成功の秘訣は最初にありきと思っているのですが、今回は最初からとても良い人に出会う事ができたので、今回の山旅の成功を確信しながら歩き始め、一旦、吉原駅に戻るのですが、地下道を通って駅構内をパス、車通りの激しい旧東海道をてくてく歩いて、8時38分、左富士神社(標高8m)に到着(18℃)10分ほど休憩タイムをして、旅の安全を祈願してから先を急ぎました。

_MG_2830.jpg
まだまだ旅は始まったばかりだなぁ~

_MG_2832.jpg
左富士神社

_MG_2834.jpg

_MG_2833.jpg
狛犬の姿形も地域によって違うんだなー

出足好調で馬頭観世音や平家越の石碑など、あちらこちらに残っている歴史に触れ合いながら道路をてくてく歩き、アーケードのある吉原本通り(標高18m)まで来ると、人混みができて何やら騒がしい様子・・・。「何かな?」と思いながら近寄ってみると、「あっ、火災現場だ!!そうか、今朝の消防車はこちらに向かっていたんだな・・・火の用心」

IMG_0128.jpg 
馬頭観世音の石碑

_MG_2837.jpg
平家越えの石碑

IMG_0134.jpg
吉原本通りを歩く

_MG_2838.jpg
火災現場

IMG_0136.jpg
重々しい雰囲気

気持ちの良い汗をかきながら更に先へと進み、9時58分、ちょうど例大祭が斎行されている富知六所浅間神社(標高17m)に到着。露店が軒をつらねており、カキ氷に強く惹かれたのですが、まだ準備中だったので諦めました・・・残念。ところで、この神社、なぜかは分からないのですが、ドラえもんのキャラクターの石像が境内のあちらこちらに設置してあり、不思議な雰囲気がありました(笑)

_MG_2847.jpg
富知六所浅間神社

_MG_2848.jpg
ドラミちゃん

_MG_2851.jpg
ジャイアン

_MG_2850.jpg
スネ夫

_MG_2852.jpg
ドラえもん

今日は薄曇りで過ごしやすいといえば過ごしやすいのですが、さすがに長時間のアスファルト歩きはキツく、途中、100円の誘惑に負けて、カルピスソーダで元気を取り戻し、緩やかな坂道を更に歩き続けて、10時52分、広見公園(標高92m)に到着(20℃)木陰にあるベンチに腰掛けて、いただいた缶コーヒーでエネルギーを補給したり、トイレを済ませたりして、20分ほど休憩してから先を急ぎました。

_MG_2853.jpg
休憩タイム♪

公園内にある地下道を歩き、富士インターをパス、「トトロ」という名前の喫茶店を右折して緩やかな坂道を登りきると、「富士山 表口 村山登山道 三ツ倉町 村山-吉原」と明記してある標識を発見・・・やっと、それらしくなってきたなぁ。その後も緩やかに続く坂道を歩き続けていると、広々とした道路に今まで歩いてきた道が分断されていました。「う~ん」とちょっと悩んだのですが、とりあえず、北に進めば間違いはないので、北へと進み、しばらくすると、周囲も静岡らしく茶畑が広がり、お茶のイイ香りに包まれながら歩いて、12時12分、天満宮(標高200m)に到着(18℃)ザックを降ろし、境内で休憩していると、前方に洗面所を発見。今宵の宿泊地である村山浅間神社で水が得られるかどうかが分からなかったので、この先にあるローソン富士大渕店で水を購入する予定でしたが、せっかくなのでこちらで汲んでいく事に決定・・・明日明後日の分の計7リットルをゲットしてから先を急ぎました。

_MG_2856.jpg
お腹空いたなぁ~

_MG_2858.jpg
群生するマツバウンラン

_MG_2859.jpg
茶畑が広がる

ズッシリと重さが増したザックのおかげで汗を噴き出しながら歩いて、12時48分、ローソン富士大渕店(標高231m)に到着。炒飯ミックス弁当と頑張っている自分へのご褒美にエビスビール350mlを1本購入し、駐車場に座って美味しくいただきました・・・イイ汗かいた後の1杯は甘露な味わいです♪その後、食後のデザートに僕の大好きなサクレも購入して美味しくいただきました。

_MG_2860.jpg
昼食タイム♪

IMG_0156.jpg
お気に入り~♪

お腹も膨れ、大いに満足した昼食タイムを過ごした後、13時24分に出発。車道を黙々と歩いていると、途中、工事をしていた男性の方に「どこまで行くの?」と聞かれ、「富士山頂まで」とお答えすると、「頑張って!」とエールをいただき、俄然、やる気を出して、15時16分、次郎長親分の次郎長町に到着。「ハァ~、もうダメ」とお休み中のヤマザキ(標高344m)の前にある自販機でコカ・コーラ500mlを購入して休憩タイム・・・プァ~、この喉越しを刺激する感じ、たまりません♪そんなこんなでヘトヘトになったカラダも見事に復活し、更に先を急ぎました。

_MG_2863.jpg
黙って歩くのみ・・・

_MG_2864.jpg
富士の肩がチラッと

段々と傾斜が増してきた道路に目的地が近い事を悟り、「もう少し、もう少し」と自分自身に言い聞かせながら歩いていると、16時8分、村山道の道標(標高422m)を発見(16℃)この先からグッと急勾配になるのですが、この坂を登りきれば、本日の目的地である村山浅間神社に到着するので、道路脇に咲くニリンソウに励まされながら最後の力を振り絞って歩き続け、16時33分、本日の目的地である村山浅間神社(標高495m)に到着・・・フゥ~、疲れたぁ~。

_MG_2870.jpg
道標を発見!

_MG_2874.jpg
村山浅間神社

先ずは神社に参拝、これからの旅の安全を祈願した後、境内を散策して、富士山頂へと続く村山古道の入口、水場とトイレを確認・・・水場があって、ホッとしました。真向かいには山本商店というお店もあり、自販機で淡麗生350mlを購入後、店内に入ってみると、ご年配の夫婦の方が居られました・・・オッ、またサクレを発見!とりあえず、「テントを張っても良いですか?」とお聞きすると、神社横の小さな公園内には張っても良いとの事で、「ありがとうございました♪」とお礼を言ってから、サクレと淡麗生を大事に持ち帰り、17時25分、公園内にテントの設営完了。

_MG_2875.jpg
無事に登れますように

_MG_2878.jpg
村山浅間神社のイチョウ
樹高16m、目通り9.2mの県指定の天然記念物だそうです。

_MG_2880.jpg
村山古道入口

_MG_2885.jpg
山本商店

_MG_2883.jpg
サクレに癒される

サクレで1日の疲れを癒した後、夕食の準備開始・・・今宵の食材にはベーコン、キャベツ、ニンジン、白ネギ、ぶなしめじ、うどんをご用意。これらをフライパンに放り込み、ギャラリー茶屋オリジナルブレンドの塩・コショウ「助さん」とめんつゆで味付けをし、最後にかつお節をかければ出来上がり・・・淡麗生と一緒に、とっても美味しくいただきました♪

_MG_2886.jpg
今宵のディナー

さて、大満足な夕食タイムを終え、後片付けをしていると、犬を散歩中の男性の方が話し掛けてこられ、「何食べたの?」、「どこから来たの?」、「どこまで行くの?」などなど、マシンガンのような質問攻めでしたが、「焼きうどんを食べました」とお答えしたところで、「もっと話していたいんだけど・・・」と言われながら、犬に引きずられるように去って行かれました・・・面白い人だったなぁ(笑)

片付けも無事に終了し、夜の帳が下りる頃、だいぶ肌寒くなってきたのでテント内に入り、ゆず+レモン+蜂蜜をブレンドした特製焼酎のお湯割りを楽しんだ後、19時38分、早々と就寝・・・2日目に続く。
 


         

日本一の標高差に挑戦・・・前日

2009/05/02(Sat)


_MG_2800.jpg
まだ時間があるなぁ~

博多駅からひかり588号に乗り込み、
九州に別れを告げ、22時53分、姫路駅に到着。

寝台特急サンライズ瀬戸の到着まで40分ほど時間があるので、
駅構内で作戦会議をしながら晩酌タイム・・・こういう時間も楽しみです♪

_MG_2802.jpg
でん六の海味鮮がお気に入り♪

そんなこんなで、23時35分、寝台特急サンライズ瀬戸に乗り込み、今まではB個室寝台ソロ(7,710円)だったのですが、今回はちょっとしたミスでノビノビ座席と呼ばれる普通車指定席(1,770円)での就寝になりました・・・

この値段は魅力的です♪

IMG_0109.jpg
寝台特急サンライズ瀬戸

車内は隣同士にカーテンなどの仕切りはなく、プライベートな空間を持てない事への不安はありましたが、どうせ寝るだけなので、23時50分、備え付けのタオルケットを羽織って寝台特急の余韻に浸ることもなく就寝zzz・・・初日に続く。

IMG_0111.jpg
仕切りが欲しいなぁ~
         
Calendar
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

Web PhotoGallery


Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
Advertisement