祖母山&障子岩縦走・・・4日目

2012/01/10(Tue)


午前1時45分、携帯電話のアラームで目が覚める・・・。

本日は泣いても笑っても山で過ごす最終日、
ここまで来たからには意地でも3泊4日にこだわりたい。

連日の長距離の縦走で疲労が蓄積されているはずなのですが、食料計画が功を奏したのか、筋肉痛などの症状もなく、一寸眠いのを除けば、体調は万全です。また、九折越やこのブナ広場の水場の状態から考えれば、祖母山頂直下にある九合目小屋の水場も大丈夫なはずなので、担ぐ飲料水の量を減らして進む事ができます・・・それでも、用心の為に2リットルは担ぎますけどねぇ。

小麦胚芽のクッカー&クリームチーズを2個食べて朝食を終えてから外に出ると、
月光に照らされたブナ広場がなんとも幻想的で、急ぐ気持ちを抑えて、三脚をセットして、パシャッ!!

2012011001.jpg

その後は慌ただしく撤収して、3時33分に出発。気温は-8℃と適度に冷え込んでいたのですが、樹林帯の登りでは暑くなるのでジップアップを着込んだだけで登り始めましたが、それでもすぐに暑くなってしまいました(苦笑)古祖母山への登りになると、登山道はスズタケに囲まれて展望もなく、ひたすら登るのみとなってしまいます。それでも、山頂が近づくにつれ、「本日の夜明けはいかがなものだろう」などと考え、絶景を思い浮かべると、思わず、笑みが溢れてしまいます。そんなこんなで、暗闇に浮かぶハシゴを無事に登って、5時50分、古祖母山(標高1,633.1m)に到着(-8℃)

2012011002.jpg

2012011003.jpg
古祖母山にて

この頃になると運悪く、周囲はガスに包まれてしまいました。「このまま障子岳まで進もうか」とも思ったのですが、今から足早に進んでも、障子岳到着は夜明けにギリギリ間に合うか間に合わないか・・・だったので、後半の障子岩尾根に備え、前半はできるだけ体力を温存しておきたかったので、一途の望みに託し、先を急ぎたい気持ちを抑えて、このまま、古祖母山で待機する事にしました。冷たい風が吹き付ける山頂で待つ事1時間、願い叶わず、周囲を覆っていたガスが晴れる事はありませんでした。

2012011004.jpg
古祖母山より

仕方なく、絶景を拝むのは諦めて、健男社までの完登を心の励みにして先へ進む事に・・・。古祖母山から先は簡易アイゼンを装着して進みます。ガスの中での前進でしたが、この先は意外と好きなコースなので、楽しみながら歩き、山頂が近づくにつれ、「何か白いなぁ~」と思っていたら、山頂直下から先は霧氷に彩られていました。

ようやく、冬らしい風景に出逢え、嬉しくて足取りも軽やかに、障子岳(標高1,703m)に到着。
 
2012011005.jpg

2012011006.jpg
障子岳直下は霧氷で真っ白

2012011007.jpg
障子岳にて

山頂はまともに風を受けて寒かったので、せっかく温まったカラダが冷えるのを嫌い、小休憩のみで先を急ぐ事にしました。ガス越しに見え隠れする天狗岩が近づくにつれ、天候も急速に回復し、目の前にそびえる祖母山の勇姿も拝めるようになってきました。

2012011008.jpg
薄っすらと祖母山が姿を現す

こうなってくると縦走冥利に尽きるもので、気持ち良く歩を進める事ができたので、天狗岩との分岐には思っていたよりも早く、9時8分に到着。先を急ぐ身でしたが、どうにもこうにも立ち寄らないと後味が悪くなりそうな感じだったので、ザックをデポして、散歩気分で天狗岩を往復して来ました。

2012011009.jpg
気持ちの良い縦走路

2012011011.jpg
天狗岩

2012011012.jpg
祖母山

再び、ザックを背負って祖母山方面に進みます。斜面を下って黒金尾根との分岐を過ぎ、しばらくは積雪していたので簡易アイゼンを装着していたままだったのですが、中間辺りまで来ると、陽当たりが良いので、積雪量はグッと減って疎らになったので、途中から外しました。

2012011013.jpg
霧氷のトンネルを歩く

2012011014.jpg
祖母山頂と霧氷

祖母山頂への取り付きまでは簡易アイゼンの助けを借りる事もなかったのですが、問題は取り付きの岩場です。遠目ではハシゴもロープも出ているので問題はなさそうです。簡易アイ ゼンでも大丈夫そうですが、できれば、6本爪ぐらいは欲しいところです。ここまで来て12本爪アイゼンを出すのもシャクなので、このまま簡易アイゼンで進みます。

2012011015.jpg

最初の岩場のトラバースは短いながら積雪していたので、トレースが崩れない事を祈りながら通過し、急斜面はキックステップで足場を確保しながら登って、10時43分、祖母山(標高1,756.4m)に到着(-1℃)

2012011016.jpg

2012011017.jpg
祖母山頂にて

ここまで来れば、残るは障子岩尾根のみ、もっと時間が掛かってしまうと思っていましたが、予定していた時刻よりも早く到着できたので、気持ちに余裕ができるようになりました。せっかく、遠路はるばる幾つもの山々を乗り越えて辿り着いた祖母山頂でしたが、先の事を考え、ここでは記念撮影程度に済ませて、九合目小屋に向かいました。

2012011018.jpg

2012011019.jpg

10分ほどで到着し、早速、水場へと向かいましたが、そこには目を疑う光景が・・・
なんと、まさか、まさか、問題ないと思っていた水場がガチガチに凍り付いていました(驚)

2012011021.jpg

「えっ、嘘だろうぉ~」と我が目を疑いましたが、どうやら現実のようです(苦笑)

気を取り直して、「もしかしたら、 飲料水があるかも・・・」と
九合目小屋を訪ねてみましたが、管理人さん不在で誰も居ませんでした。

2012011020.jpg
九合目小屋

手持ちの飲料水は1リットルほど残っていましたが、障子岩尾根を歩くので、2リットルは欲しいところです。幸いな事に小屋周辺は飲料水を作れるだけに必要な雪が残っていたので、雪から飲料水を作る事にしましたが、今回の縦走では雪から飲料水を作らない事を想定していたので、ガスカートリッジは250を1つしか用意しておらず、今宵の夕食分の燃料が足りなくなるかもしれませんが、仕方がありません。貴重な燃料なので、手際良く、雪を溶かして飲料水を作っていくのですが、溶かしてみると、やっぱり、ゴミが目立ちます。

2012011022.jpg
飲料水を作る

2012011023.jpg
溶かした水に↑これだけのゴミが

このままでは飲料水としては不合格なので、
秘密兵器のスーパーデリオスで濾過してから飲料水として使います。

2012011024.jpg
プラティパスに到着して!

1リットルの飲料水を作って、11時40分に出発。飲料水作りで50分ほど時間をロスしてしまい、気が急いていたのでしょうか、積雪した馬の背を無事に過ぎて安心していたら、大事な三脚を忘れている事に気付き、ザックをデポして、すぐに取りに戻りました。

2012011025.jpg
馬の背

痛恨のミスに悔 しがるも、自分の不注意なので仕方がありません。30分ほど時間をロス、なんとか暗くなる前に前障子まで辿り着きたいところです。宮原まではトレースもあったので順調に進み、13時6分に到着(1℃)宮原から池の原へと続く登山道にはトレースはなかったのですが、積雪量は落ち葉にうっすらと雪化粧する程度でたいした事はなく、順調に距離を稼いで、13時45分、池の原の展望台に到着。

2012011026.jpg

2012011027.jpg
展望台から祖母山を望む

祖母山を仰ぎ見ながら、5分ほど休憩してから先を急ぎ、
急登に喘ぎながらも特に緊張する場面もなく、14時48分、八丁越に到着。

2012011028.jpg

この先から岩稜のアップダウンが続き、さすがに疲労困憊で遠くに見える大障子岩のピークはなかなか近づいてきません。それでも、日没までにはなんとか障子岩尾根を通過しておきたいと思ったので、全力を出し切るつもりで頑張って、15時34分、大障子岩(標高1,451m)に到着(3℃)

2012011029.jpg

2012011030.jpg

2012011031.jpg

2012011032.jpg
大障子岩

2012011033.jpg
大障子岩にて

やっと辿り着いたのですが、天候も怪しげだったので、10 分ほど休憩してからラストピークの前障子を目指して歩き始めました。この先も樹林帯のアップダウンが続くのですが、倒木などがあって少々荒れ気味な上に積雪している場所もあり、滑りやすかったので、その度に簡易アイゼンを装着したり、外したりするので、距離をなかなか稼ぐ事ができません。

2012011034.jpg

2012011035.jpg

2012011036.jpg
前障子

それでも周囲が徐々に暗くなり始めた、17時29分、ようやく、前障子ピーク直下の岩場に到着。

2012011037.jpg

このジャックナイフのような岩場を越えれば、
ラストピークの前障子の頂がある・・・くぅ~、長かったなー。

上部のトラバースする所は積雪していたので、腰にぶら下げていた簡易アイゼンを装着しようとすると、片方の歯が外れてありません。どうも、どこかで落としてしまったようです(汗)ここまで来て、12本爪アイゼンを出すのも何だかな~と思い、ザックから出す時間も勿体ないので、このまま、ノーアイゼンで取り付く事にしました。岩のクラックをしっかりホールドしながら慎重に登って、17時35分、無事に前障子(標高1,409.2m)に到着・・・う~ん、感無量!!

2012011038.jpg
前障子にて

これで天候が良ければ、夕照に映える山々を拝む事ができたのですが、あいにくの曇天模様で残念です。このまま、縦走達成の余韻にいつまでも浸るわけには行かず、下山する事にしましたが、行きはよいよい、帰りは恐い、夕暮れ時のこの時間帯、疲労困憊、簡易アイゼンの故障、事故が発生する条件が3拍子揃った中、無事に下山してこその完登なので、まだ、ここで終わるわけにはいかず、より一層の注意を払いながら、滑りやすい岩場を慎重にトラバースしながら下って、無事に戻れた時はホッとひと安心しましたが、緊張から解放された反動で、ドッと疲れが出てきました。

「これから、これからが長い」

今から漆黒の闇の中を下らなければなりませんが、残りの体力を考えれば、もうルートミスは許されません。ヘッドランプを装着して、17時42分に前障子に別れを告げて樹林帯を下り始めました・・・。目印を追いながらも倒木に行く手を阻まれるので、念には念を入れて、10分に1回の割合でGPSでルート確認をしながら慎重に下って、19時48分、水場に到着。冷たい沢の水で顔を洗い、喉を潤すと、幾ばくかの体力が回復したようで、その後も疲労困憊でし重い足取りでしたが、最後の伐採地を歩くのは少々堪えましたが、月光に照らされた山々を見ながら集落を抜け、21時10分、無事に健男社近くの大障子登山口まで辿り着く事ができました。

2012011039.jpg
大障子登山口

下山後、明朝一番の『おがたコミュニティバス』に乗車すべく、今宵は健男社前の駐車場に宿泊する事にしました。胃袋が疲弊しているのか、空嗚咽を繰り返しながら、テントの設営を終えると、テント内へ倒れ込むように入りました。

2012011040.jpg

餅も残っていましたが、下山途中から無性にラーメンが食べたかったので、燃料が持つか心配でしたが、『うまかっちゃん』を作る事にしました。心配していた燃料は、ラーメンを作り終えても、僅かでしたが、まだ残っていました。

2012011041.jpg

あっと言う間に食べ終えた後、バスの便が限られているので乗り遅れないように、
携帯電話のアラームを5時30分にセットして、22時30分過ぎに就寝・・・最終日に続く。
          

傾山・・・3日目

2012/01/09(Mon)


午前4時にパチッと目が覚める・・・。

本日は大小合わせて20以上のピーク、10ヵ所以上のハシゴが行く手を阻む九州屈指の難コースである杉ヶ越を越え、尾平越のブナ広場を目指します。朝食メニューは昨日と変わらず、小麦胚芽のクッカー&オニオンコンソメでしたが、長丁場になるので、おつまみに持参したクリームチーズを1個追加して食べました。この小麦胚芽のクッカーとクリームチーズの相性はバツグンで、いつもは食が進まない縦走中の朝食でしたが、幾らでも食べれそうな感じで、あっと言う間に完食となりました。

2012010901.jpg

その後、手早くテントを撤収して、5時36分に出発(-5℃)今朝は昨日までと違って、周囲にはガスが立ち込めていました。視界の効かない樹林内の下りは目印を見逃すと大変な事になるので、石橋を叩いて渡るような気持ちで、GPSで頻繁に位置を確認しながら歩きます。30分ほど下ると、小雪が舞い始めたので、天候が悪化しない事を祈りながら、先へと進みました。地図のコースタイムでは、新百姓山から杉ヶ越までは50分となっていたので、てっきり下るだけかと思っていたのですが、杉ヶ越の前哨戦のように幾つもの小ピークがあり、思いの外、時間を食ってしまって、杉ヶ越大明神の社には7時9分に到着(-4℃)

2012010902.jpg
杉ヶ越大明神の社

せっかくなので、健男社まで、
無事に辿り着ける事を祈願してから先を急ぎました。

石段を下ると、『傾山へ』の標識があり、最初は歩きやすい平坦な杉林を鼻唄気分で進み、10分ほどで尾根道に入りました。
しばらくは気持ちの良い照葉樹の森の中を楽しく歩き、巨岩を過ぎると鞍部まで下って、鳥屋ダキとの分岐まで登ると、いよいよ大小のピーク、杉ヶ越コースの核心部に突入です。

2012010903.jpg

2012010904.jpg

障子岩を過ぎ、大小幾つかのピークを越えると、展望は良くなりましたが、頑張ったわりには一向に標高を稼げず、時間だけが無情にも過ぎ去っていきます。でも、焦っても危ないだけなので、傾山~尾平越まではかつて知ったコースなので、暗くなっても歩ける自信があるので、タップリと時間を掛けて、この杉ヶ越コースを越える事にしました。マイペースでゆっくり進んで、9時41分、『この先危ないですから十分注意して登山しましょう』の標識がある所に到着。

2012010905.jpg

気温は-1℃でしたが、陽射しが差し込んで暑いので、アンダーシャツやアンダータイツを脱ぎ、衣類調整してから出発。Tシャツ1枚になって、だいぶ涼しくなったのですが、それでも空気が乾燥しているので、やたらと喉が渇く・・・。十分な飲料水(本日は2リットル)を担いでいるとは言え、あまり頻繁に飲んでいたら、途中で足りなくなるかもしれません。一応、残量を頭に入れながら考えて飲む事にしました。 トラバース路やハシゴ場付近に雪が残っていたので、多少の緊張は強いられましたが、この先に現れた杉ヶ越名物!?の三段ハシゴは別段難しい事はなく、その先から続く長い急登で体力をだいぶ削り取られながら、11時59分、九折越からの登山道と合流(6℃)

2012010906.jpg
樹林の合間から傾山を望む

2012010907.jpg

2012010908.jpg

2012010909.jpg

2012010910.jpg
三段ハシゴ

2012010911.jpg
三段ハシゴ・・・上から覗いてみました

2012010912.jpg

2012010913.jpg
上部にもこの標識がありました

2012010914.jpg
九折登山道と合流

ザックを下ろしてバタンと寝転がって休憩しましたが、まだまだ先は長いので、5分ほどで切り上げて、三脚片手に水筒だけを持って、散歩気分で傾山を目指しました。後傾まではなんの問題もなく順調に進めましたが、後傾から本傾へと続く登山道は積雪していたので、滑らないよう慎重に先へと進みます。途中、顔を雪に埋めると、日焼けした所がなんとも気持ち良く、シアワセな気分になります。そんなこんなで、体力の回復を図りながら登って、12時18分、傾山(標高1,602.2m)に到着。

2012010915.jpg

2012010916.jpg
傾山山頂にて

ここで、3日振りに登山客4名と出会いましたが、挨拶を交わす程度。記念撮影を終えると、踵を返して、先ほどの分岐まで戻りました。15分ほどで戻ると、すぐにザックを背負って出発。冬枯れの気持ちの良いセンゲン尾根を歩いて、13時37分、九折越に到着。

2012010917.jpg
本日のラストピークになる本谷山を望む

2012010918.jpg
センゲン尾根

2012010919.jpg
九折越

すぐに見立側に7分ほど下って、水場に向かいました。「出ているかな?」と心配していましたが、今まで訪れた中で一番の水量豊富に力強く流れ出ていたので、この水量だったら、厳冬期でも凍る事はないでしょう!

2012010920.jpg
水場

グビグビと500mlを一気飲みした後、本日の残りの行程は尾平越まででしたが、まだ4時間ほど歩かないといけないので、途中でビバークする事も考えて、2.5リットルの飲料水を汲んでから戻りました。10分ほどで九折越に戻ると、お気に入りの丸ぼうろを食べてエネルギーを補給し、これから急速に気温が低下していくので、汗冷えしないようにTシャツの下にアンダーシャツを着込んで衣類調整をしてから、14時15分に出発。

2012010921.jpg

ダラダラとした登りが続く樹林帯は苦手で、これまでの疲労も手伝って、なかなかペースを上げる事ができません。やたらと時間を食いながら、笠松山の偽ピークを過ぎ、縦走路からちょっと離れた所にある本物の笠松山(標高1,522m)には、15時34分に到着。。西日に照らされた傾山方面がとてもキレイでしたが、日没まで時間がないので、三角点にタッチしただけで先を急ぎました・・・くぅ~、残念(涙)


2012010922.jpg
笠松山にて

この先の登山道から5センチほど積雪していたのでサクサクと踏み音が心地良くて軽快に 歩く事ができ、16時46分、本谷山(標高1,643m)には予想していた時間よりも早く辿り着く事ができました。

2012010923.jpg

2012010924.jpg
本谷山にて

ザックを下ろして、ヘッドランプを装着、夕暮れ後の気温低下に備えて、アウタージャケットを着込んでから出発。本谷山を出発すると、すぐにガスに包まれてしまいましたが、ガス越しに見え隠れする夕日がなんとも幻想的で、つい、足を止めて見いってしまいます。

2012010925.jpg
ガス越しの夕暮れ

周囲がブナの木々に囲まれ始める頃、ヘッドランプを点灯。黙々としばらく歩くと、心地良い水の流れる音が聴こえてきたので先を急いで、18時18分、ブナ広場に到着。テントを設営する前に飲料水を汲みに行きましたが、冷たくて美味しい湧水が勢い良く出ていました。

2012010926.jpg
ブナ広場の水場

5リットルの飲料水を確保してからブナ広場に戻るとガスも晴れたので、月夜の明かりに助けられながら、テントの設営を無事に終える事ができました。テント内に入ると、ようやく飲料水の心配が不要になったので、珈琲を飲んで疲れを癒します。

2012010927.jpg

その後、お腹はペコペコだったのですが、長時間行動の影響で胃袋が疲弊しているのか、持参したゴボウやニンジンなどはカラダが受け付けてくれない様子だったので、こんな時の為のスペシャルメニューのぜんざいを作って食べましたが、とても美味しく感じ、長時間行動や疲労がピークの時は普通の夕食よりも、ぜんざいのような甘味な食べ物の方が胃袋が素直に受け付けてくれるように思います。

2012010928.jpg
1人分のレトルトが100円前後でスーパーに売られているので入手が容易なのもgood(^o^)

2012010929.jpg
餅との相性は言うまでもありませんねぇ~♪

その後、別腹メニューの骨付きフランクをお供に、
梅酒で晩酌タイムを楽しんだ後、明日も長丁場になるので、21時30分に就寝。

2012010930.jpg

祖母山&障子岩縦走の4日目に続く・・・。
         

鹿納山&夏木山縦走・・・2日目

2012/01/08(Sun)


 午前4時、シュラフ内で行方不明の携帯電話のアラームで叩き起こされる(苦笑)

森永製菓の『小麦胚芽のクッカー』とクノールの『オニオンコンソメ』で簡単に朝食を終えると、テキパキと撤収作業を進めて、6時ジャストに出発しましたが、本日の行動分2.5リットル、今宵の夕食用に1.5リットル、明日の行動分2.5リットル、計6.5リットルの飲料水を担いだので、ズッシリと重いです(汗)

2012010830.jpg

今朝も快晴、放射冷却で気温は-10℃と、しっかりと冷え込んでいたので、アウタージャケットを着込んで登り始めました。最初は苦手なスズタケのトンネルでしたが、昨日、克服した(はず)ので、順調に登って行く事ができ、6時27分、鹿納山(鹿納坊主とも呼ぶ、標高1,567m)に到着。今朝はこの頂で夜明けを迎えたいと思います。狭い山頂なので動き回る事もできず、ジッと夜明けを待つだけなので、カラダが冷えて寒かったのですが、夜明けの時間が近づくにつれ、「今朝はどんな夜明けのショーが見れるんだろう」と考えると、ウキウキして寒いのも忘れてしまいます。

2012010801.jpg
鹿納山にて

それに槍ヶ岳の山容にソックリな日隠山に興味津々、
宮崎にもこんな山があったなんて、新しい発見があって、とても新鮮です♪

2012010802.jpg
大崩山の夜明け

2012010803.jpg
日隠山

2012010804.jpg
本谷山を望む

その後、昨日に引き続き、今朝も絶景を堪能できたので、幸先の良いスタートが切れました。

鹿納山を7時40分に出発しましたが、第三鹿納の岩峰を右に巻いて登る所を誤って隣の岩峰に登ってしまい、30分ほど時間をロス、無事に縦走路へ戻ると、早朝の快晴とは打って変わって曇り空になったのは残念でしたが、その後は快調に歩いて、9時28分、鹿納の野(標高1,548m)に到着(-7℃)なかなか良い所なので、機会があれば、ここでテント泊するのも楽しいかもしれません。

2012010806.jpg
鹿納の野

30分ほど歩くと、ブナの三差路に辿り着きましたが、
立派なブナの木で、みなぎる力を感じる事ができました・・・パワースポットかも♪

2012010807.jpg
ブナの三差路

この頃になると、再び天候も持ち直し、気持ちの良い青空の下、
楽しい縦走ができて、10時29分、お姫山(標高1,550m)に到着(-5℃)

2012010808.jpg
縦走路

2012010809.jpg
山名からは想像できない山容のお姫山

2012010810.jpg
お姫山にて

レーズンチョコを食べながら小休憩してから先を急ぎ、
お姫山から40分ほどで五葉岳(標高1,569.7m)に到着。

2012010811.jpg
五葉岳を望む

2012010812.jpg
五葉岳

2012010813.jpg
五葉岳から歩いてきた道のりを振り返る

この先の頭巾岳分岐から先のルートは、手持ちの地図では難路を示す破線で表示されていたので気合いを入れて進みましたが、「何故、破線表示なの?」と思うほど、開放感のある気持ちの良い冬枯れの樹林帯が続きました。一体、いつ、危険な区間が現れるのか・・・それが気掛かりでしたが、結局、そのような区間が現れる事もなく、13時11分、夏木山(標高1,386m)に到着(1℃)

2012010814.jpg
気持ちの良い縦走路

2012010815.jpg
夏木山にて

どうやら、あの破線はこの地図を作成した昭文社のミスのようですこの先の鋸切尾根は危険マークがあるのに破線表示ではないので、きっと、こちらと間違ったのでしょう((この地図の発行が2002年なので、現在は修正されているのかなぁ~?)

アケボノツツジの頃は登山客で賑わう山頂も冬枯れの現在は寂しい雰囲気でしたが、僕はこんな侘・寂の雰囲気が大好きです♪ 先を急ぐ必要がなければ、珈琲でも飲みながらゆっくりと楽しむのですが、本日の幕営地まではまだまだ遠いので、名残を惜しみながら、山頂をあとにしました。

この先には本日の難所、大鋸&小鋸の岩場が通過が待ち構えています。軽装であれば、通過は問題ないと思うのですが、大きなザックを背負っての通過は岩にザックが当たったりして、バランスを崩しやすいので、一歩、一歩、確実に確保してからの通過となります。山頂直下の岩場のトラバース&ハシゴ場は積雪していたので緊張しましたが、その先の大鋸の通過は足場もあり、ザイルもぶら下がっているので全く問題なく、小鋸の方は60mほどの垂直に近い岩場を登って行くのですが、木の根やクラックなどを利用して、しっかりと確保できるので、こちらも全く問題なく、15時42分、犬流れ分岐に到着・・・フゥ~。

2012010816.jpg
山頂直下の岩場

2012010817.jpg
大鋸

2012010818.jpg

2012010819.jpg

2012010820.jpg 
小鋸の登り

2012010821.jpg
犬流れ分岐

テント場に最適な場所でしたが、明日の行程を考え、新百姓山まで頑張る事に・・・。しかし、この先の桧山(標高1,297m)までの登りはツライ、ツライ(苦笑)急登な上に落ち葉等が降り積もって、やたらと滑りやすい。それでも、なんとか頑張って、16時51分、桧山に到着。

2012010822.jpg
桧山への登り

2012010823.jpg
桧山

体力を使い果たして疲労困憊でしたが、夕闇が迫りつつあったので、休憩はお預けで先を急ぐ事にしました。途中、小規模の氷爆を発見、「もしかしたら、雪解けの頃には水場になるのでは?」と期待に胸を膨らませながら登って、17時25分、ヘッドランプのお世話になる前に新百姓山(標高1,272.5m)に到着。

2012010824.jpg
可能性を秘めた氷爆

2012010825.jpg
新百姓山への登り

2012010826.jpg
新百姓山にて

夕闇に閉ざされる前に最適なテント場を探して、あちらこちらを物色して、
杉ヶ越方面に50mほど下った登山道に平らな場所を見つけて、無事に設営完了。

2012010827.jpg

テント内に入ると夕食はそっちのけで、
厚切りのロースハムステーキをお供に、梅酒で晩酌タイム(^o^)

2012010828.jpg
 
その後、昨夜と同じ食材を使って、今宵はそばつゆに入れてから美味しくいただきました♪

2012010829.jpg


明日はいよいよ、キツイと噂の杉ヶ越コースなので、
念入りにルート確認をしてから、22時に就寝・・・3日目に続く。
         
Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
New diary
Archive
Category
Search in the blog
くじゅうの空

Web PhotoGallery


Cafe@Master

かふぇ@マスター

matsuzaki


QR
Favorite store
さかいや・オンラインショップ
アイシーアイ石井スポーツ
好日山荘Webショップ
山渓オンラインショップ
アウトドアーズvic2
ロッジ楽天市場店
アシーズブリッジ
Advertisement